So-net無料ブログ作成

千綿偉功バースデーワンマン「バンドでやります!平成最後の誕生日!!」 @Yokohama O-SITE [千綿偉功/LIVE記録(ワンマン)]

祝!SOLD OUT!!

2019年4月6日(土)
20190406o-site3.jpg


千綿偉功、47歳の誕生日をお祝いするバンドワンマンライブ♪
会場はYokohama O-SITE。
客席を見渡せば、ぎっしりのお客さん。
ちらほらとデジモンファンと思しき方も見受けられました。

LIVEは『アイブミ~Love Letter~』からスタートしました。
いきなり伸びやかな声が会場に響き渡りました。

◆セットリスト
1.アイブミ~Love Letter~
2.モザイク
3.rain
4.モノクローム
5.拝啓、風上の君へ
6.今 君を
7.正体
8.アイノウタ
9.ちくわ焼きの唄
10.魔法のことば
11.翼
12.ドン底から見上げる空
13.GOAL
14.不死蝶たちの歌~Repuiem to the Phoenix~
15.Butter-Fly
16.ハルカ
17.友よ
18.ねがい
En1.カサブタ(原曲ver.)
En2.カミヒコーキ進化論

今回のバンドメンバーは、

Gt. 今野竹雄
Ba. 西原浩
Pa. 小島英雄
Pf. 佐藤大

竹雄君が以前よりもあか抜けていた印象。
アコースティックバンドっていう編成は、私としては初めてじゃないだろうか?
乾いたギターの音がとってもよく響いていて、それはそれで雰囲気がありました。
また、この会場にはグランドピアノがあるので、ピアノがぐっと映えるような曲として『魔法の言葉』『翼』を千綿さんのギターとピアノだけで聴かせてくれました。
千綿さんだけの弾き語りでも、お休みしていた時に出来た『ドン底から見上げる空』と、最近出来た新曲『GOAL』を聞かせてくれました。

それぞれの曲に込めた想いなどを語ってくれながら、時に激しく、時に優しく、また時に切なく、とても気持ちよさそうに楽しそうに気持ちを載せて唄う千綿さん。
その唄声を聴いているだけで、その姿を見ているだけで、何て言うか、「うれしい」っていう感情が沸き起こってくるのでした。
『GOAL』や和田君に向けて作った『不死蝶たちの歌』は、日常のふとした時にサビが頭をぐるぐる回ることもあり、その度に「またキャッチーな曲を作りよったな・・・」とニヤリとしてしまうのです。

アンコールの時に登場したバースデーケーキを照れながらもうれしそうに一舐めして、『カサブタ』を原曲バージョンで唄ってくれた。
そして、「新しいアルバムを作って秋にはリリースしようと覆っています。出来るかな!?」と一瞬弱気な発言をしたと思ったら、すぐさま「いや!出します!」と力強く言い直したりして(笑)。
まるで心の動きが見えるようでした。
最後は皆でカミヒコーキを飛ばし、大盛り上がりで終了。
みんなで記念撮影もしましたね。

20190406o-site4.JPG


終演後、私の後ろの席からこんな会話が聞えてきました。
「あの、『Buter-Fly』みたいな曲、良かった~」
「うん。あと友達のことを思って作ったっていう曲も、よかった」
「思ったよりもすっごい良かったね」

私は後ろは振り返らなかったけど、そんな会話がただただうれしくて、とてもハッピーな気持ちに包まれていたのでした。

帰りは千綿さんが出口でお見送りをしてくれました。
やりきったようなすっきしりた笑顔がまぶしかったです。

47歳、お誕生日おめでとう♪
最高のスタートダッシュが切れたんじゃない!?
カッコ良かった。

「この人を信じてきて良かった・・・」そんな風に心から思えるLIVEでした。
どうもありがとう。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

KOBUKURO 20th ANNIVERSARY TOUR "ATB" @ホクト文化ホール大ホール [コブクロ/LIVE記録(ワンマン)]

大阪の桜は満開まであともう一息、といったところでしょうか?
この時期は桜だけでなく、ネモフィラやマリーゴールド、パンジーなど世界が色に溢れていていいですね♪
春に生まれた人がうらやましいです。

さて、先月からいよいよスタートしたコブクロの20周年を記念したツアー!!
会館からスタートなんて、いつ以来のことでしょうか?
初日は逃したものの、無事、長野2日目に参加してきましたよ!!
なんと、ぴあ先行で取れるというミラクル!!

以下はネタバレになります。

続きを読む。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。