So-net無料ブログ作成

広沢タダシ カフェライブ @martha [広沢タダシ/LIVE記録(ワンマン)]

久しぶりの広沢君のカフェワンマン[るんるん]
朝から広沢君のツイートやブログに、若干ネタバレ感を感じつつ(苦笑)

大阪はまるで地上にいるのに地球を見てるような(この感覚をわかってくれる人にはまだ出会わない、、、)、良い空してたんだよ~[晴れ]

20110626.jpg


開場時間が近づくにつれ、なんとなく怪しげな様相を呈してくる阿波座の空。

martha2.jpg


さすが雨神様、広沢タダシ[exclamation×2](笑)
開場時間にはポツリポツリと雨粒が落ちてきていた。


2011年6月26日(日)[晴れ]

martha5.jpgmartha3.jpg


そう、そしてここmarthaはライブ前の軽い食事も楽しみのひとつ[ビール]
色々迷った挙句、結局いただいたのは前回と同じコレ[右斜め下]
martha4.jpg

具だくさんのミネストローネ*フォカッチャ付き


これが美味しいんだよ[ドコモポイント][グッド(上向き矢印)]

ちょうど良い感じに小腹が満たされたところで、広沢君の登場[exclamation×2]

さて、今回のライブは2部構成。
第一部は現在製作中のアルバムに収録される予定の曲を。
第二部はデビュー当時の懐かしい曲を。


[るんるん]第一部セットリスト
  1.ジャメヴ
  2.Reading
  3.I love you, You like me
  4.君に会いたくない
  5.Dreamer
  6.流れ星
  7.光

『ジャメヴ』、『Readin』は似たテイストの楽曲。
久しぶりに聴いた『ジャメヴ』は思いの外短くて、「こんな曲だったっけ~??」って感覚。

『I love you, You like me』では、新兵器“オートハープ”が登場[exclamation×2]
初めて目にした楽器は、ちょっと小ぶりな“大正琴”。
指先にフィンガーピックみたいなのを付ける広沢君。
椅子に腰掛けて、膝の上にオートハープを乗せての弾き語り。
華奢な身体がさらに華奢に見えた[わーい(嬉しい顔)][たらーっ(汗)]
オートハープの音は、PAを通してなかったせいか、広沢君の膝に乗せられていたせいなのか、それともまだまだ広沢君が自分のものに出来てないからなのか・・・
綺麗な音ではあるけれど、期待したほどの音の広がり感はなくて、アタシとしては心許なく感じた。

ちなみにこの楽器は広沢君曰く、「誰でも弾けます。Gって書いてるとこ押さえて弦を弾いたら誰でも綺麗な音が出ます」。
「皆さんもよかったら買ってください」だって(笑)
ちなみに15万円くらいなんだって。思ったより安い[exclamation×2]

『君に会いたくない』は初めて聴いたせつないバラード曲。
「会いたくない」と思う男性心理がちょっと理解できなかった。
だからもう一度じっくり歌詞を確認したい。

そして、新曲たちの中でアタシのハートを一番痺れさせたのが『Dreamer』[るんるん]
広沢君の真骨頂って感じのミディアムナンバー。
詞もメロディーもス~っと身体にしみこんでいく感じ。
これは早く音源が欲しい[exclamation×2]

これまたライブでははじめましての『流れ星』[るんるん]
レコーディング風景垂れ流しのユーストでは部分的に聴いてたんだけどね~。
これはアコースティックよりバンドのが良さそうな感じだね。

第一部ラストは『光』。
この曲は聴くたびにどんどん良くなるね[ぴかぴか(新しい)]
曲が成長していく過程を見させてもらってる感じがする。


今作ってるアルバムは、アコースティックな楽曲も結構あるらしく、全体的にシンプルな構成になってるんだって。
ん~、正直バンドサウンドのが好きなんだけどな~[わーい(嬉しい顔)][あせあせ(飛び散る汗)]


ということで、第一部はバラードやミディアムナンバーで、アッパーな曲は1曲もないという、しっとりと落ち着いた大人のライブだった。


20分の休憩。
すかさずチョコレートをつまみに、ホワイトホースをロックでいただく[わーい(嬉しい顔)]

酒に夢中になってるところに再び広沢君が登場[exclamation×2]


[るんるん]第二部セットリスト
  1.Party
  2.らせん階段
  3.悲しみのぬけがら
  4.アンソニー
  5.虹のつづき
  6.The Rose(カバー/Bette Midler)
  7.ルパン三世のテーマ(カバー/大野雄二)
  8.まあるい日々

 EN.くちづけ


『Party』は、初めて参加した広沢君のワンマンライブのオープニングを飾った曲で、あの時のゾクゾクきた感じは未だ忘れられない[揺れるハート]
「えらい暗いパーティーですねぇ」って言われたことがあるらしいけど、アタシはこのムード好きだよ。
でも、やっぱちょいヘビィなバンドサウンドがいいなぁ[るんるん]
『らせん階段』は意外な選曲。
そして、アタシが大好きな広沢君のクールでファンキーな1曲、『悲しみのぬけがら』[るんるん]
この曲で、この日初めてオーディエンスからフーフー言う声が飛んだような気がする。
皆もこの感じを待ってたのかな??(笑)
デビュー前からあった広沢君も大好きな楽曲で、『手のなるほうへ』とデビューを争った曲。
最近よく歌ってるけど、10周年を目前に「俺はこっちをデビュー曲にしたかったんや[exclamation×2]」っていう意思表示なのかしら??(爆)
『アンソニー』も意外な選曲。
いつぞやの曲説を思い出し、ちょっとニヤついてしまった[あせあせ(飛び散る汗)]
「アンソニー」に意味はないんだよね。ただ語呂が良かっただけという・・・(笑)

っと、ここでシークレットゲスト、わたなべゆう君登場[exclamation×2]

わたなべゆうって聞いた瞬間、「来る[exclamation]」って思った『虹のつづき』[黒ハート]
こないだのイベントで二人のセッション聴いてヤラレたんだよ~[ぴかぴか(新しい)]
タイトルコールあった瞬間、どよめいたね[exclamation×2]
ゆう君のギターで、広沢君が歌う。
ギターを持たない広沢君の右手はとにかく手持ち無沙汰な感じで、そして細さが際立つ(爆)
この細い身体から、どうしてこんな伸びやかなパンチのある声が出るんだろう??
やわらかいギターの音色にのっかる広沢君の伸びのある艶やかな声は圧巻だった[手(チョキ)]
折角なので、ゆうくんのギターも。
「透明感のあるやつとアップテンポとどっちがいいですか?」ってことで、決を採ったら圧倒的に「透明感」。むしろ「透明感」を希望する人しかいなかった。
さり気なく「透明感のあるアップテンポ」ってつぶやいてみたら、ゆうくん困惑しつつ「ないです、、、」って苦笑い[わーい(嬉しい顔)][たらーっ(汗)]
で聴かせてくれたのが『The Rose』。
ここぞとばかりに手元をガン見[目][exclamation×2]
するとね、ギタリストらしからぬいかつい指してることに驚いた。
あの指からこの柔らかい音が出るのか[exclamation&question]と・・・。
ホントに気持ちの良い音色で、旦那も「ええ音や~」ってうれしそうな顔してた。
予定では1曲だったんだけど、広沢君の「アップテンポなんもやって」という鶴の一声で、『ルパン三世のテーマ』も[るんるん]
もちろんとてもステキな演奏だったけど、ゆうくんのギターはしっとりとした曲のが好きだなぁ。。。
とにかく広沢君がこの音色にメロメロなんだな(笑)

本編ラストは『まあるい日々』。

アンコールの登場もはやっ[exclamation×2](爆)

最後はアッパーな『くちづけ』でスッキリ[exclamation×2]


最新の曲からなつかしい曲までじっくり楽しめたライブだった[手(チョキ)]

嗚呼、もうなんだろなぁ・・・
アルバムも待ち遠しいし、何より10周年記念ライブが俄然楽しみになってきたわけで[手(チョキ)]

リクエスト3曲・・・
3曲にしぼる作業が困難を極めていて、禿げそうだ[あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)]

うっすらこうかなぁ??って考えてたのも、今回のライブで白紙状態だよ・・・ったく(苦笑)





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。