So-net無料ブログ作成

「キミにあって、ボクにないもの。」vol.10スペシャル~Revenge~ @LIVE HOUSE Rumio [LIVE記録(インスト、フリー、ブッキング等)]

2016年3月6日

20160306-2.jpg


あの日、ステージに千綿さんの姿はなかった。
代わりに、お客さん一人一人に配布された千綿さんからの手紙。
絶望の淵で必死に振り絞って書いたであろう言葉ひとつひとつに、胸が軋んだ。

あれから約2年半。
満を持して臨んだ2018年9月30日。
今度はまさかの台風で開催出来ず、、、

3度目の正直でようやく迎えることが出来た「キミにあって、ボクにないもの。」vol.10スペシャル!!

2019年2月3日(日)

20190203Rumio.jpg


ステージに一人姿を現した千綿さんのうれしそうな表情。
これまでの経緯を説明しながら、喜びが溢れ出しそうになっていた。

今回千綿さんの他に集まったのは、あの主のいないイベントを温かく盛り上げてくれたこの3名。

<登場順>
アダチケンゴ
大橋タカシ
ササキオサム

トップバッターのアダっちゃんは、声がとても響いていた。
盛り上げる曲、しっとりと聴かせる曲で、一気にオーディエンスを“聴く”空気へ導いた。
2番手に登場の大橋君も、ポップな曲でオーディエンスを動かし、最後はぐっと惹きつける。
3番手に登場のオサムさんはもう・・・笑いのるつぼ。
MCがとにかく自由でおかしくて。
でも、それはウケを狙っている訳ではなくて、会場はドッカンドッカン!!
だけど、大人のロックをバッチリ聴かせてくれた。

出てくるミュージシャンがそれぞれに自分の色を最大限に出しきったような、素晴らしいステージ。
そして、千綿さんへの温かい想いと、また共演できることの喜びを語ってくれた。
これだけ楽しくてあったかい空気を皆が作ってくれた中、最後に登場したのが千綿偉功!!

◆セットリスト
1.変わり往く世界で...
2.この旅路の向こうに
3.魔法のことば
4.翼
5.Cry
6.ほこり
ss.友よ

意外な曲からスタートしたステージ。
じっくりと、一言一言言葉を丁寧に重ねながら唄い上げられていく曲たち。
オーディエンスの五感が千綿さんの唄1点に集中するような、とても心地よい緊張感が会場を包み込んでいた。
この状況で千綿さんが熱くならない訳がなく、『Cry』で一気に沸点へ。
ラストに用意していたアップな曲を「もうアップな曲はいいかな」ということで、急きょ『ほこり』にスイッチ。
上がった分すぅ~っと静かに、でもしっかりと心に着地。
1曲1曲にじっくりと熱を込めたようなステージだった。

ラストは皆で『友よ』をセッション!
ステージの皆の表情がとにかく輝いていて、うれしそうだった~♪
それぞれの愛情があふれたようなセッションに、会場中が笑顔に包まれたよ。

更なるアンコールの要求に、この日が丁度節分だったこともあり、豆まきが!!
そして、豆を片手にみんなで記念撮影☆彡
こうして、3年越しに無事、大盛況のうちに終了したのでした♪

最高に楽しく、最高にあったかいLIVEでした。
共演の皆さんの千綿さんへのあったかい気持ちがとてもうれしかったし、皆が本当にうれしそうに楽しそうに、そしてそれぞれが最高のパフォーマンスを見せてくれた最高の夜でした!!

本当に楽しかった!!
どうもありがとう☆彡
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。