So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

トミタショウゴ×岡野宏典×臼井嗣人 3 on 3 @someno kyoto [LIVE記録(インスト、フリー、ブッキング等)]

ヤバイですね、、、
4月から放置してしまっていました、、、
気が付けばコブクロのツアーも始まっていて、ニシヘヒガシヘ飛び回っております♪

そんな中、何度もリフレーミングにトライしてみるのだけど、
アタシが考えることではないと言い聞かせてみるのだけど、、、
どうしても結局元の思考に戻ってしまう、、、
胃が熱い日々を過ごしております、、、とほほ

さて、ちょっと気分を変えて、春の話(笑)。

2018年3月25日(日)

高瀬川.jpg


桜がまだ咲き始めたころの麗らかな京都の日曜日。
高瀬川沿いをふらふらと散歩。
桜の花びらが川面を流れていく様がとても情緒的で素敵。
そして、初めてのsomeno kyotoへ。
お店の方がこちら側の気持ちをよくわかってくださってるのか、整列から入場までの案内にまったくストレスがなかったんですよね。。。
お客さんを不安にさせない手際の良さを感じました。

20180325someno kyoto.jpg


会場は50~60人くらいかなぁ?
カフェバーのような感じで、落ち着いた良い雰囲気のお店。
gee-geみたいな雰囲気かな??

そこで、トミタショーゴ君、岡野宏典君、臼井嗣人君のスリーマン♪
ここ最近、よくこの3組でやってるのよね。
なんかね、いい感じなのです( ̄▽ ̄)

まあ、もう記憶も遠いんだけども、憶えてることだけ、登場順に書きます。

今回のトップバターは臼井君。

◆セットリスト
1.愛文
2.サボテンのせい
3.mother
4.花吹雪
5.blue moon naight

たぶん、こんな感じ(汗)
全体的に春のやわらかい空気にあうような、セットリスト。
『花吹雪』はお約束の岡野君とセッション♪
なんかのMCで会場近くを流れている川の話になって、川の名前がなかなか出てこなくて・・・
会場の脇から「高瀬川」って男の人の声が聞えてきてね。
それがなんと岡野君だったのよね。

次の登場が岡野君。

◆セットリスト
1.京都慕情(カバー/渚ゆう子)
2.note
3.待ち人
4.南風
5.雨の神保町

いや、わかる!確かにすぐそこに高瀬川が流れてて、しかも丁度一番情緒を感じる良い季節だ。
だけどね、5曲しか唄わない中にカバーを入れられると、、、(^▽^;)
そうでした、これが岡野君でした(笑)。
私のメモに『待ち人』って書いてあるんだけど、これあってるの?(爆)
まったく記憶にないのだけど、トミショーとセッションでもしたんだっけかな??
わかんない。
いや、たしかこの時は『南風』をトミショーと演っていたような気がするが、、、
そして、岡野君と臼井君が共作した『雨の神保町』。
よく聞くと、どことなく『雨空』のテイストが入っていることに気付いた。

ラストはトミショー!!
たしか『突破口』はじまりだったんじゃないかな??

セッションとかもしたと思うんだけど、、、

ああ、そうだ!!
このLIVEの為に3人で作ったCDがあって、それを購入したよ!!
と、そのCDを探し出したところ、『待ち人』が収録されている事実!!
しかも岡野君と臼井君の共作!!\(◎o◎)/!
後でゆっくり聞いて記憶を呼ぼ戻したいと思います。

ということで、LIVE後はそのCDを購入。
岡野君からトミショー、臼井君と流れ作業でサインが進んでいく・・・

昼ライブだったので、外はまだまだ春の柔らかい陽ざしに包まれていて、なんだかとても良い穏やかな日曜日になりました。
どうもありがとう。



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

千綿偉功バンドワンマンライブ『今こそキミに伝えるよ』 @佐賀GEILS [千綿偉功/LIVE記録(ワンマン)]

やっとたどり着きました!!
千綿さんのバンドワンマン♪(その前に去年のこと書け!とか言わないよ!笑)

暖かい日が続いていた中で、ふっとまた寒さが戻ってきたタイミングでした。
昨年の11月以来の佐賀でした。

2018年3月9日(金)

千綿さんの愛犬ムクちゃんの13回忌ということもあり、ムクちゃんとの出逢いの日であり、お別れの日でもある3月9日「サンキューの日」に、地元佐賀で6年ぶりのバンドワンマンライブ開催です!
千綿さんの意気込みも強く、絶対に観ておかないといけないLIVE!!

平日と言うこともあり、開演は遅めの1930。
開演は少し押していたように思います。
ブログで集客が足りないような雰囲気を出していたので少し心配していたのだけど、振り返った時には会場の奥の方までびっしりとお客さんが入っていて、ニンマリ(#^^#)

20180309GEILS.jpg


開演予定時間から遅れること10数分。
バンドのメンバーが登場。

Guitter & keyboard  松ケ下宏之
Guitter 今野竹雄
Bass ニッシー
Drams 小島英雄
二胡 里地帰

2012年のサンキューツアーのバンメンがそのままステージに居ました。

少し遅れて千綿さんがこれ以上ない笑顔で登場し、待ちに待ったバンドワンマンライブがスタートです♪

◆セットリスト
1.アイブミ~Love Letter~
2.この声が聞えますか
3.モザイク
4.beginning
5.いのちのたね
6.証
7.アイノウタ
8.遠くまで
9.Dear~愛する君へ~
10.それでも僕らは
11.ハルカ
12.Cry
13.キミが教えてくれたもの
14.友よ
15.ねがい
16.なにもないけど
EN1.翼
EN2.カミヒコーキ進化論

どんなセットリストかと思ったら、とてもシンプルな構成。
アルバム「サンキュー」をベースに、前半はその収録順に曲を並べてきました。
いきなり『アイブミ~Love Letter~』を唄い上げると、ぐっと盛り上げていこうと『この声が聞えますか』。
私も含めて、お客さんは立ちたいんだけど立っていいのかそわそわしている感じで、千綿さんからも「立って!」って声が聞えてきているようで・・・。
『モザイク』でどっちも我慢できなくなったように、千綿さんのスタンダップのジェスターで一斉に立ち上がります♪
「大好きー!大っキラーーーイ!」久しぶりに叫びました。

MCで着席を促され、ゆったりと『beginning』を堪能。
『いのちのたね』は大幅にアレンジを変え、なんとジャズバージョンで聴かせてくれました。
ほっこりとした優しい曲をジャズアレンジにしたことで、童謡っぽさが消えていました。
そして、今回のメインと言ってもいいかもしれない『証』。
ムクちゃんの想い出話から曲に入ったんだけど、「♪出逢ったあの日に戻れても・・・」から歌詞が出てこない!!
一旦演奏を止めて、照れ笑いでもう一回!
でも、やっぱり出てこない。「ムクがいたずらしてる」ってうれしそうに笑いながら、お客さんに助けてもらう始末。(笑)
本来、この曲は結構シリアスな曲なんだけど、その一言で会場の空気がとてもあたたかくなったように感じられました。
ただ、千綿さんの気持ちがどんどん高ぶって来たのでしょうか?
『アイノウタ』のラストでは千綿さんの鬼気迫る魂の声が会場に響き渡っていました。

MCでクールダウン。
高校時代のバンド活動の想い出話から集客の話になり、最近の若手ミュージシャンが自分で集客しないことに対して、「お客さんを呼ぶ努力をしろ!」って吠えています。
その話に、私も思うことがあったので大きく頷きながら聴いていました。
そんな風に荒ぶりつつも、『遠くまで』を優しく聴かせてくれました。
『Dear~愛する君へ~』をみんなで唄うと、新しいギターが登場しました!!
見た目、今まで使ってきたギブソンと一緒で、ただ真新しく光っていました。
年代は違うモノの、型は同じギブソンチェリーサンバースト。
前のは「ギブ子」で今度のは「ギブ美」なんですって。
先輩がやられているギターショップで出逢って、買おうかどうしようか迷ってて。
今回のLIVEで貸してくれるというので、リハで鳴らしたらめちゃくちゃいい音がして、すぐに「買います」って電話したんだとか。(笑)
ギターはヴァイオリンと一緒で弾けば弾くほど音色に深みや丸みが出てきて、自分の音になっていくんですよね。
だからヴィンテージとか、めちゃくちゃ高かったりして。
この「ギブ美」もこれからどんどん千綿色に染めていくってうれしそうに笑ってましたよ。
で、そのギターで聴かせてくれたのが、『それでも僕らは』と『ハルカ』♪
ここから「サンキュー」から少し外れます。
この2曲をバンドで聴いたのはもちろん初めてなわけで。
めちゃくちゃカッコ良かった。
だけど、『ハルカ」はまだまだカッコよくなる予感がします。期待大ですね♪
会場はどんどん盛り上がって来て、『Cry』で再びお客さんスタンダップ!!
一瞬千綿さんが右耳を気にするシーンがあってヒヤッとしたけれど、大丈夫だったみたいですね。
『キミが教えてくれたこと』ではタオルがぐるぐるまわっておりました。
千綿さんも楽しくて仕方がないようで、超ごきげん!!
そして、この後です!!

最初は盲腸のお話を「盲腸はノーマークでした!」っておどけていたのだけど、徐々に空気が変わっていくのを感じました。
「盲腸をとったら風が変わった。」って。
「いろんな話が舞い込んで来て、今すごくポジティブなんです。盲腸君がこれまでの悪い“気”のようなものを全部持って行ってくれた!」って。
そして、私たちはこの言葉を聞いたのです!!
「50歳に武道館で演ります!4年後に武道館で演るために、本気で計画を立てました!」
会場からは歓声や拍手が鳴り響いています。
千綿さんが何か言う度にものすごい盛り上がりです。
そんな中、私は静寂に包まれていました。
というか、歓声や拍手のトンネルの中を通ってくる千綿さんの声だけしか聞こえていない感覚です。千綿さんの声以外の音はぼやけていました。
想定外の決意表明でした。
私は拍手もしなければ声を上げるでもなく、笑う事すらできず、ただ自分の手を固く握りしめていました。
この時の私は、千綿さんの言葉にいつもとは違う本気を感じていて動けなかったんです。
本気を感じたから、これから変わっていくであろう色んな状況を想像して動けなかったんです。
聞こえるのは千綿さんの声と自分の心臓の音だけでした。
この日のどんな曲よりも、この決意表明が心臓に突き刺さったのです。
そんな中で聴いた『友よ』は正直記憶がありません!
というか、その後の大好きな『ねがい』も『なにもないけど』も正直どんなふうに聴いたのか思い出せません。
そのぐらいの衝撃が私にはあったのです。

アンコール待ちで気持ちを整えました。
アンコールの『翼』はギターの弾き語りだったでしょうか?
最後に「みんなアレ用意してきた?」って。
もちろん用意してきましたとも!!
ステージの千綿さんに向けて目一杯カミヒコーキを飛ばしました。
何機かは千綿さんに命中してしまって、ゴメンナサイ。
ステージ一杯に色とりどりのカミヒコーキ。

20180309GEILS2.jpg


最後はそこでみんなで記念撮影!!

今、めちゃくちゃポジティブだという千綿さん。
それは見た目にもわかるくらいイキイキとしていました。
この2年は耳の病気で音楽活動がままならない苦しい日々を過ごしてきて、それを乗り越えての決意表明。
あえて言葉にすることで、逃げないように自分を追い込んだんだと思うのです。
年齢的に考えても、「今」しかもうない!そう感じたんでしょうね。
強い男です。やっぱり千綿さんは強かった。。。

唄が吹っ飛ぶくらいの衝撃を受けた決意表明。

千綿さんの“夢”が“目標”に変わった瞬間を目撃することが出来たこと、本当にうれしく思います。
その力強さに、また力をもらえた気がします。ありがとう。
私も負けずに頑張りますよ!!

同い年。「まだまだやれる!」って勇気がわいてくる、腹にぐっとくる最高の夜でした。

本当にありがとう!!

間違いなく、忘れられないLIVEのひとつになりました♪

20180309GEILS3.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

広沢タダシ Chapel Concert ハルノツカイ @島之内教会 [広沢タダシ/LIVE記録(ワンマン)]

月初にひいた風邪が思わぬ方向へ…
一時はどうなることかと思ったけれど、無事、千綿さんのバースデーワンマンに参加出来てほっとしています。
とは言え、良くないねぇ、、、良くない!!
アルコールは控えめにしてるし、イヤフォン出来ないから音楽聴くのもままならず、フラストレーションが溜まっておる!!
体温は37℃をキープして2週間。
平熱が36℃前半のアタシなので、本来なら倦怠感とかあるはずなのに、ここまで続くと身体が順応してしてきて、もはや普通に…(^▽^;)
なんだかスッキリしない春だよ、、、とほほ。

さて、まだ寒かった時の話を。

2018年2月24日(土)

島之内教会.jpg


ここ最近の広沢君の音楽性がアタシの聴きたいものとギャップが出てきたこともあり、当初は参加するつもりがなかった広沢君のワンマンライブ。
だけど、今回会場が教会。そこに朗々と響くであろう広沢君の唄声を想像したらムクムクと聴きに行きたい衝動に駆られて、結局参加。

島之内教会2.jpg


教会LIVEなんて初めてだからワクワク♪
街の中の教会なのに想いの外大きな礼拝堂にびっくり。
なんとも言えない空気感が漂っていた。

今回はここで広沢君のギター1本の弾き語りLIVE♪
セットリストは覚えてないんだけど、ちょっとだけスマホにメモが残ってた。



ふるさと
Last train
おしり
500マイル(カバー)
雷鳴
ハルノツカイ
旅に出ようぜ
ありふれた日々



オープニングに『光』を持ってきたのはよかったね☆彡
想像通りの響きがそこにあったよ。
『LAST TRAIN』はかなり久しぶりだよね??
これは想定外でうれしい曲をやってくれましたよ!!
まあ、まさかこんな神聖な場所で『おしり』を聴くことになるとは思わなかったけど(笑)
とは言え、この曲は愛に溢れた優しい曲なんだよね。。。
ピアノで聴かせてくれた曲もあったね♪
一番最後はマイクオフで聴かせてくれたっけ。
一言一言置いていくように丁寧に唄い上げてくれてたよね。。。

教会特有の残響音がとても心地よく、とても落ち着いた上質なLIVEでした。

LIVE後に気付いたのだけど、この教会、実はJANUSと目と鼻の先の距離にあったの!!
驚いたな~!!

そして、その後フラフラと心斎橋にある路地裏の隠れ家的ビストロへ♪
LIVE帰りの私の為に、お店に広沢君の唄が流れ出す・・・。
話の流れから千綿さんの話になり、ちょうど持っていたライブアルバムをプレゼント☆彡
すると、その場でかけてくれてね。
ずっと千綿さんの歌を聴きながらお酒を飲み、美味しいお料理をいただきながら、お話につきあっていただきました♪

「きれいな声。一度生で聴いてみたい」という言葉をもらって、ルンルンでお店を後にしたのでした。

そんな風に少しずつ知ってもらって、最後には武道館かな??


とても良い時間をくれた広沢君、ありがとうね♪
マスターご夫婦もありがとう!!
また伺います(*´ω`*)




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

BHC SPRING CAMP 2018 アルバム全曲ライブ!VOL.1~青春ラジオ @IMPホール [馬場俊英/LIVE記録(ワンマン)]

ここにきてまさかの熱発、、、
この休みはほぼほぼベッドの中で過ごし、今日は年に一度の友達との「桜を愛でる日」をキャンセルしてしまいました、、、
申し訳ないです、、、
幸か不幸かこのタイミング。
週末までにはなんとか持ち直したいところ。

さて、千綿さんが先か私が先か(笑)、あの日のことも書きたいから、それまでに溜まっていることも書かねばなりません。

微熱の中、PCの前に座るです。。。


2018年2月17日(土)

20180217IMP HALL.jpg


恒例の馬場さんのファンクラブ『BABA HEADS CLUB』のSPRING CAMP♪
会場は何年か前も会場となったIMPホール。
入場直前にちょうど平昌オリンピック男子フィギュアの決勝をやっていて、羽生君の金メダル、宇野君の銀メダルを見届けて会場に入りました。

今回のCAMPは例年とは違い、2枚のアルバムを全曲披露してくれるというもので、ガッツリとLIVEになるため、恒例のツーショット写真撮影会も、カルトQクイズのような余興も予定されていませんでした。
でも、私としてはその方がうれしいのです。
だって、今回はインディーズ時代のアルバム「フクロウの唄」と「鴨川」の曲をすべて聴けるんですから!!
こういうのですよ!こういうのを待っていました!!

セットリストは、多少前後するかもしれませんが、こんな感じでした。

◆セットリスト
1.ここさ
2.針と糸
3.本日のコーヒー
4.春のレイン
5.プリズナー
6.フクロウの唄
7.Something Blue~きっといいこと
8.怪物たちの古戦場
9.ウォーキング・マン
10.ふたつのハートがスローなダンス
11.あのうた
12.フォーリン・レイン
13.ボーイズ・オン・ザ・ラン
14.鴨川
15.I write a book
16.陽炎

EN1.ウォーキング・マン
EN2.ここさ


メジャーで結果を残せずにインディーズのフィールドに戻ってきた馬場さん。
今までいた人たちが一気にいなくなり、挫折感を味わっている中で、「まだ自分にやれることがあるんじゃないか?」って思って、宅録で自分の為に作ったのが「フクロウの唄」。
そんな中最初に作った曲が『ここさ』だったのだけれど、この曲が意外にあっけらかんとしたような曲で。
中には『プリズナー』のように胸が苦しくなるような曲もあるんだけど、全体的には悲壮感がなくて、どっちかというとほんわかとしていて、ポップなんですよね。

そして、このアルバムのプロモーションの為に京阪神のCDショップを自らの足で回るんです。
でも、相手にしてもらえなくて、自分を否定されたような気分になって、歩きながら泣いたって。
この話は初めて聞いた話ではなく、何度か聞いてきた話だけど、何度聞いても腹が熱くなる。

そん時の悔しい想いとか、自分を奮い立たせようとした曲が「鴨川」に収録されている「陽炎」なのかなって勝手に想像しているんです。
だけど、この曲も悲壮感はなく、めちゃくちゃ力強くて疾走感のある馬場さんらしい曲なんですよ!
アタシの中のナンバー1と言っても過言ではありません。
アアシはきっと馬場さんのこういう部分が好きなんだろうなって思います。

辛いことを辛いとは言わず、それを力に変えて前に進もうとする姿が馬場さんの歌の中にあると思うんです。
その姿こそが馬場さんの生き様だと思っているので、だからアタシにはこの当時の曲が一番胸に落ちてくる気がします。

それにしても、『ここさ』『針と糸』『春のレイン』『フクロウの唄』『怪物たちの古戦場』『ウォーキング・マン』、6曲??
10年以上馬場さんを聴いていてもまだ聴いたことがなかった曲があったんですよね~。
今回『ウォーキング・マン』を聴けたことがうれしかったです。
「右足と左足のデッドヒートなんだ」って表現がいかにも馬場さんらしくて、私はこの人のこういう言葉のセンスが好きです。
そして、厳しい状況におかれてても、それをあっけらかんと唄うハートの強さに憧れます。

最後にファンクラブの運営についてお話をしてくれました。
その中で「マニュアルの無いハートの部分を引き継ぐことは難しい。スタッフが変わっても同じサービスを提供することの大切さを実感しています」という言葉がとても印象に残っています。
それはどんな仕事でも通じる話だから。

マニュアルの無いハートの部分

つまり、それは“理念”なんですよね。
理念に共感出来れば同じ方向向けるんだけど、これはもう伝えていくしかないんですよね。。。
理念に共感してくれる人を集める。それが大切なんだなって思います。

これまですべてのCAMPに参加してきましたが、今回のCAMPが一番充実感ありました。
ツーショット写真がないのはちょっぴり淋しいけれど、馬場さんから手渡しでもらったお土産と、変わらないでっかくてあったかい手にありがとうがいっぱいです。

今年もまたいっぱい会いにいきますね♪

bhc2018.jpg

今年のおみやは、ストラップとアルバムのステッカー、そしてツーショットの代わりに全体写真♪



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ONE VOICE 2018.2.4 @CASH BOX [LIVE記録(インスト、フリー、ブッキング等)]

春は色んな色が溢れていていいですね♪
菜の花の黄色、桜のピンク、そして青空のブルー♪
それだけで気持ちが上がります↑↑

昨日の人間ドックでどんな現実を目の当たりにしたとしても、、、(汗)

さて、佐賀に飛んだり東京に飛べなかったり色々ありましたが、泰然としてココを更新していくです。。。

2018年2月4日(日)

201802cashbox.jpg


まだまだ寒い神戸でした。
久しぶりのCASH BOXで、岡野宏典君、門松良祐君、田中雄也君のスリーマンLIVEでした♪

では、登場順に振り返ります。

トップバッターは最年少田中君。
昨年の夏ごろにここで観たことがあります。
アタシが遅刻して会場に入ったから、途中から観たんだけど、そん時すでに盛り上がりのゾーンだったみたいで、そういうイメージを抱いていました。
今回は最初からしっかりと観させてもらったのだけど、そのイメージとは違って、割としっとりとした曲も聴かせてくれてました。
アタシの印象としては、彼はやっぱりアッパーな方がいいかなって思いましたよ。

2番手で登場したのが岡野君。

◆セットリスト
1.ハジマリノウタ
2.南風
3.田園
4.旅路
5.コトノハ

なかなかな、マニアックなセットリスト。
これで盛り上がるのは、何年も聴いてきているアタシ達でも正直厳しいかと、、、
終始ネガティブなMCに久しぶりにイラッとしました(笑)
まるで5年くらい前にタイムスリップしたような感じで苦笑い。
ここの所そういうネガティブマインドは影を潜めていたのに、どうしたのかな??
スリーマンの割りに曲数も少なくて、ちょっと物足りないステージになりました。
これだけは忘れないでいて欲しいと思うのだけど。。。
アナタの唄を聴きに来てくれている人はたくさんいる。
アナタがまずしっかりと唄を届けないといけないのは、そういう自分の唄を楽しみに聞きに来てくれた人たち。
たまたま居合わせた人が盛り上がるかどうかを気にするのは、まずそれが出来てから考えること。
というか、それが出来れば必然的にその周りの人の心にも唄は届くし、LIVEも盛り上がるんだから!!
ということで、終演後どうしてやろうかと考えたりしていたのでした(笑)

トリは門松君。
門松君はもともとはひまりとして2人組のヂュオで活躍していたんだけど、何年か前に解散したんですよね。
意外にもこれまでちゃんと聴いたことがなくて、1月のナカノ君のイベントでチラリと聴いた程度。
なので、今回が初めてといってもいいような状況でした。
一言で言えば、とっても明るい!!
いるだけでその場がぱっと明るくなるような感じだった。
この日は衣装を持ってくるのを忘れたとかで、普段着でステージに登場!!
ポップな曲やミディアム、色々聞かせてくれました。
楽しいステージでした♪
岡野君のこともイジリながらフォローしてくれてありがとう!

ラストは3人で何か聴かせてくれたように思うのだけど、記憶はもうキラリと光ってベテルギウスの空に消えました。。。

さあ、この日は買いたいチケットがあったから物販へ参りますよ(笑)。
ちゃんと叱っておきました。
岡野君もアタシの顔見た瞬間身構えてました(笑)。
だけど、最後は「頑張ろ!」って笑顔で握手出来たので、良かったのかなって思っています。
わかってくれてるとは思うけど、その言葉の後ろには「一緒に。」って言葉が続くんだよ。。。


明日は京都でLIVEですね。
どんなステージを見せてくれるのか楽しみにしていますよ♪( ̄▽ ̄)




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

千綿偉功ワンマンイベント~今の僕に出来ること~ @カフェCHI-MM [千綿偉功/LIVE記録(ワンマン)]

ここ数日の大阪は随分と暖かくて、昨日、今日はコートがいらないくらい。
いよいよ春が来たな~という感じ。
でも、今週は寒の戻りがあるようなので、気を付けないといけません。

今年はどれだけの最強寒波が襲来したのかな?
今年初の遠征となった札幌も、ちょうど最強寒波が襲来していたっけ。。。

2018年1月27日(土)

前日の夕方は大阪も吹雪に見舞われて、「まずいなぁ」と思っていたの。
週明け月曜日は、絶対に穴を空けられない仕事が入っていたから、大阪に戻ってこられないことが予想された場合は諦めようと思っていた。
ところが、お仕事を目一杯頑張ったご褒美か?
神様はちゃんと見てくれていますね☆彡
1/27の大阪はとても良い天気で、絶好のフライト日和となったのです。
ということで、ピュンと北海道までひとっ飛び!!(内心はドキドキだったんだけどね・汗)

20180127hair.JPG


札幌も良い天気で、思ったほど寒くもなく、まずは去年の秋に来た時にお邪魔したラーメン屋さんで腹ごしらえ。

20180127sapporo2.JPG


ホテルで一休みしてからライブ会場へ。

chi-mm.jpg


ビルの地下にある「カフェ CHI-MM」。
入っているビルのビジュアルが想像外だったこともあり、すぐ近くにいるのになかなか見つけられず、、、
近くの紳士服のお店の方に教えていただいて、なんとか到着!!(笑)

キャパは40人くらいかな??
コンパクトな会場だったけど、カフェにしてはステージがちゃんと一段高くなっていて、そこにカーペットが斜めに敷かれていて素敵★

ここで、アタシにとっては初めての札幌での千綿LIVE♪

客席の後方から、千綿さんがギターを持って登場!!
元気いっぱい、笑顔いっぱいだ☆彡
今回はお客さんからのリクエストを中心に唄ってくれる「今の僕に出来ること」の札幌編!!
気になるセットリストは次の通り。

◆セットリスト
1.この声が聞こえますか
2.枯れない花
3.逢えない夜を越えて
4.あなたに逢いにいこう
5.新宿17:05
6.モノクローム
7.beginning
8.小さな街の片隅で
9.One~ただそれだけで~
10.それでも僕らは
11.ハルカ
12.カサブタ(原曲ver.)
13.愛のカケラ
14.Cry
15.魔法のことば
16.翼
EN1.カミヒコーキ進化論
EN2.星降ル夜ニ

殆どがリクエスト曲だったのかな??
1曲1曲、リクエストに寄せられたメッセージや、その曲にまつわるエピソードなどを話してくれながら、ゆっくりとライブは進んでいきます。
お客さんとの会話もずいぶんと楽しんでいるようでした。
実はもう2年以上聴けていなかった私にとって大切な1曲『枯れない花』はあえてリクエストせず、いつその時がくるのかを何か月もじっと待っていたの。
今回がその時になった。
リクエストフォームには名前を記入する欄はないのだけど、どのリクエストも誰のリクエストかわかっているようだったね(笑)
そんな中でも今回『カサブタ』を聞きたくて初めて参加したという女の子が千綿さんの目の前に座っていて。
彼女のリクエストには『カサブタ』に対する熱い想いが書かれていて、千綿さんも相当うれしかったんだろうね。
今回はなんとプロトタイプで唄ってくれたのです!!
彼女も大喜びで、「かっこいいーー!!」って黄色い声を上げていたよ。
かわいかったなぁ♪
こういうのって、ミュージシャンにしたら堪らない瞬間なんだろうなぁ。。。
アタシがリクエストした曲はあったのか、なかったのか・・・(笑)
最後にぐっとくる2曲。
アンコールにはまさかの『カミヒコーキ進化論』!!
想定外でカミヒコーキは用意していなかったのだけど、周りの方に分けていただけました。
どうもありがとうございました!!
飛ばしたカミヒコーキの幾つかは千綿さんに命中してしまって、「ごめん!」って謝ったり、ギロっとにらまれたり(笑)、とても楽しい時間だった♪
楽しくてあったかい時間はあっという間に終わりがきちゃいました。
だけど、とても充実感のあるLIVEでした。
また、たくさんの力を貰えました。
いつもありがとうね♪

chi-mm.jpg


この日はCHASEとマリラブのシングルを集めたシングルコレクションと、CHASEのアルバム「CHASE」の販売があったよ。
それを用意してきてくれたことがうれしかった。

札幌の夜はとてもホットな夜になりました。
どうもありがとう!!

LIVEのあとは狸小路のおでん屋さんで、マスター相手にひとり酒。
千綿さんの宣伝をして店を後にし、ほろ酔い気分で狸小路を歩いていると、前からなんか知ってるフォルムの人型が近づいてくるの。
次の瞬間、声をかけてたよ、「千綿さん!良いお酒を~!」って・・・(笑)

20180127sapporo3.JPG


最後の最後まであったかい良い夜だった。。。

まさか、この一週間後に盲腸を発症するなんてね、、、(汗)
1週間前でも1週間あとでもヤバかったタイミング。
うん。やっぱり神様は見てくれています。。。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

アツアツとチワチワ 夜公演 @TAKADAMA BASE [LIVE記録(インスト、フリー、ブッキング等)]

日に日に春の気配が漂ってきて、なんだか落ち着かなくなってきました。

昨日は店内に千綿さんのライブアルバムが流れる中、ひとり酒♪
実はこのお店、昨年の秋にコブクロのLIVE帰りに立ち寄ったビストロなんですが、お料理が美味しいのはもちろん、私たちがLIVE帰りだということを察知すると、さり気なくBGMをコブクロに変えてくれ、店内のTVにはコブウロのライブDVDを流してくれたりと、ホスピタリティが最高なのです!!
昨日は広沢君のLIVE帰りだったんですが、話の流れで千綿さんの話になり、アプリでさっそく千綿さんの曲をかけてくれたんですよ!
もともとご本人たちも実はコブクロファンなので、もしかしたらヒットするかもと思い、持ち歩いていた『ライブ盤』をプレゼントさせていただきました!!(しかもサイン入り!!)
するとさっそく店内でかけてくださいました。
なかなかないシチュエーションに感動で心が震えましたよ!!
「きれいな声ですね。生で聴いてみたいです!」
いただきました!!待ってましたよ!!その一言を!!
いつか本当に生で聴いてもらえる機会があればうれしいな~(#^^#)


話は変わって、今年最初の最強寒波が大阪を襲っていたころのお話です。

2018年1月13日(土)

20180113takadama base.jpg


今年1発目のROCK TOWNでのLIVEから二日後。
とても寒い日でした。
JR高槻駅のすぐ近くにあるフリースペース「TAKADAMA BASE」で千綿偉功とナカノアツシのツーマンライブ「アツアツとチワチワ」の夜公演に参加してきました♪
「せっかく大阪にくるんだから、もう1本一緒にLIVEをしよう!」ということで、ナカノ君がセッティングしてくれました!!
ありがとうね~♪

会場は居酒屋の2Fというか、民家の2Fみたいなもんですね。
家感アリアリで、そこに色んなところからかき集めたような椅子が並べられていて、手作り感満載のあったかい空間。(実際は空調が効いてなくて少々寒かったのだけど・笑)
30人くらいなのかな?とってもコンパクトでこぢんまりとしてた。

ここ高槻はナカノ君の地元だし、ナカノ君が用意してくれたLIVEなので、もちろん千綿さんからスタートだと思っていたのだけど、「千綿君の後には唄いたいくない」という理由でナカノ君のステージからスタートしました♪

元気いっぱいに響くナカノ君の声。
だからと言って元気な歌ばかりではなく、心にそっと寄り添ってくれるような曲も唄ってくれました。
『電話BOX』(タイトル合ってる?)って曲が好きだな。
擬人化された電話BOXの優しい目線がとても暖かく感じました。
「芝居とかやりたいね」という千綿さんとのいつかの飲みの席でのお話や、芝居の難しさとか、興味深い話をたくさんしてくれました。
楽しいステージでした。

そして千綿さん。

■セットリスト
1.この声が聞えますか
2.迷子の時代に生まれて
3.あなたが傍にいるだけで
4.ONE~ただそれだけで~
5.翼
6.Dear~愛する君へ~
7.モザイク
8.遠くまで

ナカノ君のお父さんと深酒をしたようだけど、楽しそうに、うれしそうに笑顔いっぱいのステージでした。
大阪の人にとっては「待ちに待った」千綿さんのLIVEだったので、そんなみんなの「おかえり~!」って気持ちが会場にあふれている感じがしました。
このところのLIVEはリクエストLIVEが殆どで、二日前のLIVEもナカノ君へ向けたセットリスト。
そう考えると、今回のこのセットリストは千綿さん自身の心が決めたセットリストと捉えてもいいのかな?
『あなたが傍にいるだけで』は意外な選曲だったけど、アタシとしては今回の一番のフックになる曲でした。
休んでいる間のナカノ君とのコミュニケーションも、「男同士」って感じで素敵でした☆彡
こうやってセットリストを見ていると、お休みに入ってからまた唄えるようになるまでの心の動きを表現しているようにも感じられたりして。
そして、何と言っても「まだ心の炎が消えていない」ということを感じられる言葉があったのが、とにかくうれしくて、思わず眼がしらに力を入れる瞬間がありましたよ。
とってもあったかい、希望の光があふれてくるようなステージでした☆彡

そして、ナカノ君再び登場!!
ここからはちょっとしたトークタイム。
誕生日プレゼント制作秘話とか、お父さんとの深酒の話とか。
極めつけは二人でお酒を飲んだ帰りの駅で、寝込んでる人に大声で声をかける千綿さんのお話とか、とにかくおかしくて、会場は爆笑!!
千綿さん自身もヘタッって笑ってました。
こういう光景を見ているだけで、なんだかとってもハッピーな気分でしたよ。

最後に二人で『翼をください』をセッション♪
k.i.Dさんも大活躍でしたね(笑)
みんなの声も重なって、あったかい空気の中、笑顔いっぱいで終演となりました。

とってもとっても楽しくてハッピーな時間を作ってくれてどうもありがとう!!
同じ世代、まだまだやれる!!
がんばってこーね!!

20180113takadama base.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ナカノアツシ生誕祭2018 @ROCK TOWN [LIVE記録(インスト、フリー、ブッキング等)]

びっくりしますね!
年が明けてからの1月は、会社のイベントごとやその準備に追われ、とても慌ただしくあっという間に過ぎて行ってしまいました(;''∀'')
年始の風邪を引きずりながら、肩こりによる頭痛まで出てしまうという悪循環の中であれやこれやがあり、少々気が滅入っておりまして、、、
メンタルやられてるな~って思ってたんですよ。めずらしく(笑)
そんなタイミングで、いつもお世話になっている心理学の先生の研修があり、どさくさ紛れに簡単なカラーセラピーで精神状態を見てもらったところ・・・

「問題ありません!」とニッコリ言われました♪

さて、心身ともにすっかり元気になりまして、いよいよアタシの2018年が始まる!といったところでしょうか??

そうなんですよ。。。
ここ放置状態だったんですよ、、、(;´・ω・)
昨年のLIVEのことも9月以降書けてない感じで、ここをどう進めていこうか考えてたんですけどね。
とりあえず、まずは今年のことからやっつけて、去年のことはこっそり記録して行くことにしましてん!(笑)

そんなわけで、今年になってなんやかんやすでに5本くらい??LIVEに参加しているので、そのへんから書いていきます。


2018年1月11日(木)

20180111rock town.jpg


今年1本目のLIVEは、あべのROCK TOWNで千綿偉功!!
思えば2年前、2016年1月11日の四谷天窓。
なんだか様子がおかしい千綿さんのことが気になって、いつもなら眠りにおちる新幹線で全く眠れずに、もやもやしながら帰ってきたあの日を思い出しながら、この日を迎えたのです。

今回は同い年のミュージシャン仲間であるナカノアツシ君が自分の生誕祭に呼んでくれたのです♪
出演者は登場順に、

ナカノアツシ
キャラメル・パッキング
そよかぜ
kadota60
アイラブユーベイビーズ
千綿偉功
GRAND COLOR STONE

の、ナカノアツシ君と親交の深い全6組!!
千綿さんにとっては2年ちょっとぶりの来阪!!
ナカノ君には、本当に「呼んでくれてありがとう」という感謝しかないです。

さて、今回はまさかのオールスタンディング!!
会場の隣にあるカフェにもステージが設置され、さながらフェス的にイベントに!!

まずはカフェのステージでナカノアツシ君が弾き語りでLIVEはスタート!
あえて、抑えた感じのテンションのセットリストで会場にはあったかい空気が漂っていました。

会場を本来のハコに移して、ここからはドカンと派手にキャラメル・パッキングとそよかぜのステージが展開されたよ★
キャラメル・バッキングは初めてだったのだけど、関西人らしくしゃべりが達者で楽しかった。
ただ、PAの問題なのか、機材の問題なのか、アタシの位置の問題なのか、音がちょっと、、、
「ROCK TOWNってこんな音だっけ?」って感じで、特にベースの振動が気持ち悪くて、もともとスタンディングに自信のないアタシなので、ちょっとヤバかったんですよね、、、
ベースがドンドンくるのはキライじゃないんだけど、この日はちょっとツラかった。
身体がふわんふわんしてきてしまって、やっぱりあまり体調が良くなかったんでしょうね(;^_^A

そよかぜも久しぶりでした。
2015年の栄ミナミ音楽祭で観た以来。
もっと言えば、2006年のコブクロファンフェスタで会場前で唄ってる彼らを見たのが最初。
当時はヂュオで、それこそコブクロのコピーばっかりしてた頃。
随分と音楽性が変わったね~。

ステージ替わって、またまたカフェステージ。
こちらでkadota60という、元ひまりの門松良祐君とスムルースの徳田君のユニット。
ちょっと観てたんだけど、アタシのラインではない感じがしたのと疲れてたこともあり、申し訳ないなと思いつつも休憩させてもらってました。

本会場に戻り、今度はアイラブユーベイビーズがバンドでドカンと!!
サナダヒデト君のバンドで、バンドで唄うサナダ君を初めてみた。
去年だったかな??サナダ君の印象がガラッと変わって(良い意味で)、今回はバンドってことで興味を持って見てた。

そしていよいよ千綿さんが元気に登場!!
ナカノアツシ君への想いを込めたセットリストは次の通り。

■セットリスト
1.Butter-Fly
2.アイブミ~Love Letter~
3.君がもしいなければ
4.友よ
5.モザイク

笑顔いっぱいに、久しぶりの大阪の空気を全身で浴びているように見えました。
いつも通り、ギター1本の弾き語りだけど、その佇まいはやっぱり威風堂々としていて、惹き込まれました。
千綿さんを迎えるお客さんも、「待ってたよ~!」って空気感があって、あったかい時間でした。

最後はGRAND COLOR STONEのステージ!!
ナカノ君はその身をセットアップに包み、バンドのヴォーカルとしての姿を見せてくれました。
何気にお初でした。
途中、演者全員がナカノ君のものを身に付けて、ステージに登場!!
千綿さんはナカノ君のTシャツを着て、手には紙袋。
その中には夜なべして作ったうまい棒のタスキが!!(笑)
みんなからの手荒いお祝いと胴上げにはあはあ言いながらも、喜んでいるのが伝わってきましたよ♪
隣の人と肩を組んで・・・とかは意外にも苦手なので遠慮させてもらったけど(笑)、大阪的ノリで楽しかったなぁ(笑)


4、5時間にも及びスタンディングはさすがに足腰に堪えたけど、でもとっても良いLIVE初めになりました!!


千綿さん、おかえりーー!!
今年の一発目に大阪を選んでくれてありがとう♪
また大阪で千綿さんのステージが観られて、本当にうれしかったです☆彡
また近いうちに来てね!(^_-)-☆
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

新年、明けてました(汗) [あんなこと、こんなこと。]

新年が随分と明けております、、、

出遅れましたが、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

例年は元旦に「今年のテーマ」などを宣言しているのですが、今年はめずらしく元旦の夜に熱発してしまい、2日の日には少々寝込んでおりました、、、
一度下がった熱が夜にまた上がる、、、
と言っても、それほど高くはありません。
が、元々あまり高い熱は出ないので、ここぞとばかりに寝込んでみました(笑)
実は今もまだ少々引きずっているのですが、今日は何と言ってもほら、アレなんで・・・( ̄▽ ̄)

そう!そうですよ!!
あたくし、無事にXPを1ポイント獲得いたしましたよ♪
そんなアタシに今年も馬場さんからかなり心に沁みるメッセージが届けられました!!
いつも素敵なメッセージをくれるんですが、今年はいつも以上にまるでアタシのことをどこかから見ていてくれたようなどストライクなメッセージで、胸が熱くなりました。
去年よりも優しく、そして強い人になれるよう、ちゃんと自分と向き合って頑張りますね☆彡
見ててくださいよ~♪

さて、そんな馬場さんから今年も年賀状をいただきましたよ♪
2018BABA.jpg

今年は馬場さんだけ~♪
またいつかここに1枚増えることを心より願っております。。。

今年のお正月、大阪はとても天気が良く、家で寝てるのが悔しいくらいでした!!
まだ熱が出る前に恒例の住吉大社へ初詣に行ってきました!
2017年が健康に楽しく過ごせたことのお礼と、千綿さんが元気に戻って来れたことのお礼をお伝えしてきたので、今年もきっと大丈夫!!
20180101.jpg


恒例のおみくじは・・・
20180101OMIKUJI.jpg

むぅ、、、中途半端な「小吉」!!
しかも、なんかうれしくないこと書いてる~!!(笑)
まだまだピチピチのギャルをつかまえて、何を言うか~!!
けど、そこに書いてあるように、健康には気を付けていきたいと思います。

今年は仕事関係もますます忙しくなりそうな予感。
人が増えたこともあり、組織化されてきましたよ。
去年は広報のお仕事を手探りでしていたけれど、今年はちゃんと勉強してもう少し成果を出せるようにしたい!!
そのために、仕事は前倒しを心掛けて、勉強できる時間を捻出したい!!
お客様の心に一言でも刺さる様な言葉を紡げるよう、語彙を増やしたい!!
「この人の笑顔を見ると元気になる」「この人にまた会いたい」と思ってもらえるように、素敵に笑っていたい!!
そして、そんな風に頑張ったご褒美として、大好きなミュージシャンたちの唄を聴きに飛び回りたい!!
仕事でもプライベートでも頑張る人を応援できたら、そんなに楽しい事はないなぁ☆彡

ということで、今年のテーマは次の通りにしたの。

キリッとした姿勢で、ドシッと受け止めて、サクッと行動し、ビシッと決めて、キラッと輝く☆彡
そして最後にはニコッと笑いたい!!

ちょっとしたことでいちいち心乱されることなく、自分をしっかり持って、自分のすべきことをしっかりやって、思いっきり楽しむ!!
あ、ここも頑張ります!!(;''∀'')


そういう訳で、今年は1月から飛ばしていこうかと( ̄▽ ̄)

コブクロのツアーも発表されたしね☆彡
今年は5月からツアーが始まる!!
初日はエコパなので、ここは是非とも押さえたい!!
今年は千綿さんの予定も入ってくるだろうから去年よりも慎重にエントリーしないといけないなぁ・・・ってドキドキハラハラしてますよ(;^_^A

この感覚は久しぶりだな~♪
ということは、今年は去年よりももっともっと楽しい1年になりそうだ(#^m^#)


今年もいっぱい遊んでくださいね~♪

20180106.jpg

オパールのネックスレス買ってもらいました~♪
誕生石はガーネットですが、、、(笑)
nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

2017年の軌跡。 [アタシの音楽活動♪]

アタシが駆け抜けた2017年の記録[足]

*********************************************************************

1月27日(金) CIRCLE OF LOVE @下北沢440
1月29日(日) WATTS LIVE @SOLE CAFE
2月1日(水) TOYONAKA LIVE SQUARE 2017 @豊中市立文化芸術センター 大ホール
2月9日(木) What's happened!?-第三夜- @京橋SEVEN DAYS
2月18日(土) Cash box → Next「ミトカツユキ×岡野宏典×Psalm」 @CASH BOX
2月22日(水) 広沢タダシSpring Tour 2017 39 Girl @umeda Shangri-La
2月25日(土) Spring camp 2017~BHC5周年スぺhサル @エル・シアター
3月8日(水) Chicago Poodle presents CON ∞ NECT A LIVE @心斎橋JANUS
4月15日(土) 岡野宏典AOZORA LIVE vol.8 @浜松窓枠 cafe AOZORA
4月16日(日) ドアロード・アコースティック・フェスティバル2017
4月23日(日) ドミタショウゴPresents 「Do the JOB」 @shibuya gee-ge.
5月14日(日) 浅田信一×岡野宏典presents ”うなぎの街からこんにちは~Vol.2” @浜松窓枠
5月21日(日) 広沢タダシ 帰国ライブ @guittone
6月11日(日) ORB Premium Afternoon Set @Billboard LIVE OSAKA
6月17日(土) such a lovely place vol.14 @CASH BOX
6月18日(日) 馬場俊英BAND LIVE TOUR 2017 「GOOD LUCK」 @NHK大阪ホール
6月25日(日) やわらかい休日 @なかちよ
7月9日(日) 岡野宏典Cafe LIVE vol.16 @SOLE CAFE
7月15日(土) アダチケンゴ×岡野宏典×磯貝マナト @Ageha Base
7月28日(金) KOBUKURO LIVE TOUR 2017 ”心” @パシフィコ横浜
8月5日(土) チャリティーライブ 2017 HOME vol.10 @PLAZA 656
8月6日(日) トミタショウゴPresents 「夢のつづき」 @南堀江knave
9月2日(土) KOBUKURO LIVE TOUR 2017 ”心” @ニトリ文化ホール
9月16日(土) KOBUKURO LIVE TOUR 2017 ”心” @エコパアリーナ
9月17日(日) KOBUKURO LIVE TOUR 2017 ”心” @エコパアリーナ
9月18日(月) REBORN ARTRIUM ササキオサム×岡野宏典 @ARTRIUM
9月23日(土) KOBUKURO LIVE TOUR 2017 ”心” @マリンメッセ福岡
10月3日(火) KOBUKURO LIVE TOUR 2017 ”心” @大阪城ホール
10月4日(水) KOBUKURO LIVE TOUR 2017 ”心” @大阪城ホール
10月7日(土) One place for thousand heroes @天窓comfort.
10月24日(火) 岡野宏典デビュー10周年記念 LIVE WORK 「NIGHT」 @浜松窓枠
11月3日(金) 千綿偉功ワンマンイベント「今の僕に出来ること」 @LIVE BAR 雷神
11月18日(土) KOBUKURO LIVE TOUR 2017 ”心” @京セラドーム
11月19日(日) KOBUKURO LIVE TOUR 2017 ”心” @京セラドーム
11月25日(土) 馬場俊英LIVE TOUR 2047 ~街路樹が今日も見つめている 語られることのない季節を @フェスティバルホール
12月2日(土) キャッスルウインドアンサンブル 第8回定期演奏会 祭 2017 @ソフィア・堺 中文化ホール
12月9日(土) 広沢タダシ アルバムリリースツアー 'SIREN you can hear' @umeda TRAD
12月15日(金) Chicago Poodle presents [RE:CON ∞ NECT] @心斎橋JANUS
12月16日(土) 桑田佳祐 LIVE TOUR 2017 「がらくた」 @京セラドーム
12月17日(日) 千綿偉功ワンマンイベント~今の僕に出来ること〜 @タロカリ
12月24日(日) 岡野宏典 Cafe Live vol.17 昼の部 @SOLE CAFE
12月24日(日) 岡野宏典 Cafe Live vol.17 夜の部 @SOLE CAFE

*********************************************

全部で42本。
うん。去年よりもほんの少し少ないくらい。
まあ、仕事に影響出ることがないように配慮すると、こんなくらいが丁度いいのかなぁ・・・。
秋~冬に少し偏りが出たけども、コブクロのツアーがあったのと、うれしいLIVEがちらほらと入って来たから♪
今年のコブクロは9本。最初はどうなることかと思ったけれど、徐々にエンジンがかかってきて、終わる頃には「最高やったー!!」って叫んでる自分にニヤリ( ̄▽ ̄)
千綿さんも少しずつ活動を再開し始めて、去年よりも全然元気な姿にひとまずほっとした。
最初のハコライブでは少々浮足立っていたけれど、佐賀ではもう完全に”千綿偉功”の唄を聴かせてくれて、やっぱすごい唄うたいだなぁとうれしさがこみ上げてきているのです。。。
でも、まずはゆっくり自分のペースで少しずつ活動を増やしていただければ、と思います。

ということで、今年の重大ニュースを振り返るです。

1.「HOME」10回目にして初参加!!
2.千綿偉功、元気に活動再開。
3.コブクロライブツアー2017
4.岡野宏典デビュー10周年記念ライブ開催
5.桑田佳祐ライブツアー2017参加!!

何と言っても、今年は千綿さんが元気に帰って来てくれたことが本当にうれしい☆彡
HOMEで顔を見た時、去年とは違うなって思ったの。
年明け早々は、正直去年よりもいろんな面で状態が悪くなってるんじゃないかって心配で仕方なかったから、本当に安心したんだ。
その後も何本かステージを観るチャンスがあったのだけど、どのステージも千綿さん本人が本当にうれしそうに楽しそうに唄ってるのが伝わってくる、本当に熱いLIVEでした!!
そんなLIVEを見せられたらついつい欲張りになっちゃうけど、アタシらが煽る様なことしたらダメよね??
自分の心と体の声を聴きながら、ゆっくりと帰って来てくれたらうれしいよ。

コブクロは今年は北海道から福岡まで飛び回った~♪
前回に比べるとちょっと拍子抜けするようなセットリストだったけど、徐々に仕上がって来て、最後は最高のパフォーマンスを見せてくれた二人に拍手!!
なんでか誰かのお誕生日のお祝いをする日にぶつかることが多く、レアな曲やスペシャルなシーンを楽しませていただきました!!
ともちゃんの件は秀逸でした!!(笑)
2018年は二人だけの弾き語りでツアーを回るコブクロ。
アタシがリクエストした10曲のうち、どれかは唄ってもらえるのかしらん?( ̄▽ ̄)
どんなことになるのか、今からとっても楽しみである!!何本参加出来るかな~??

そしてそして、今年は岡野君のデビュー10周年!!
正直、よくここまで続けてこれたなぁ~って思う。
岡野君がもがき苦しんでる時を見てきたら、感慨もひとしお。
ほんと、途中でやめちゃうんじゃないかって思ったこともしばしばだったもんね。
結局、歌に対する想いが、アタシが考えていたよりも強かったんでしょう。
弱いように見えて、なかなか強い男である!!
けど、『ゴール』での号泣は笑ったな~(笑)

今年も桑田さんのLIVEに行けたんですよ!!
いやぁ、いろんな面で格の違いを見せつけられました!!
一流と超一流の違いを思い知った気がします。
超一流は、お客様のためにお金を使ってくれる。いや、お客様の為に大きなお金を動かす力がある。
それもさり気なく。。。
そんな風に思いました。
還暦を越えた桑田さんがあんなLIVEを魅せてくれるんだから、みんなもまだまだいけるってことよね!?
そう思えることがなんとも心強いのです!!


さあ、2018年はどうなりますか?
ここもだいぶ放置状態になってしまっておりますが・・・
ちょっとね、お仕事で考えることが多くて、家に帰ってPCの前に座るということがしんどいのが正直なところ。
もちろんここは続けていくんですけどね。。。

仕事をしている以上、仕事に影響出るようなLIVEの楽しみ方はしない!!
というのがアタシの流儀。
体調管理とスケジュール管理をしっかりしないといけないですね。

コブクロはおそらく今年と同じ時期にツアーでしょう!!
可能な限り行きたい!!(笑)
岡野君もこないだのLIVEで作品をいっぱい作って、LIVE活動もたくさんしたいって言ってたし。
馬場さんは春からツアーが入っているし。
そしてそして、そこに千綿さんがスポットでLIVEを入れてくるんだろうなぁ・・・。
お願い、アタシの体は一つしかないので、アタシのスケジュールを早く抑えてください!!(笑)
皆様、ライブ告知は見込みでもいいので早めにお知らせいただけますと、大変助かります!!

とりあえず、年明けは早々に千綿さんが大阪に来てくれるので、よいスタートダッシュが切れそうです!!

2018年も良い顔してミュージシャンたちに逢いに行けるようにお仕事をしっかり頑張ります!!
そのご褒美として、心がざわつく音楽をアタシに聞かせてくださいませ!!
楽しみにしておりますよ♪


今年もたくさんの音に溢れた1年でした。
たくさんのトキメキと感動とざわつきをありがとう!!
来年もどうぞよろしく!!

どうか、みんなが健康で平和で幸せなライブ活動が出来ますように。
演る方も、観る方も。。。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽
前の10件 | -