So-net無料ブログ作成
千綿偉功/LIVE記録(ワンマン) ブログトップ
前の10件 | -

千綿偉功バンドワンマンライブ『今こそキミに伝えるよ』 @佐賀GEILS [千綿偉功/LIVE記録(ワンマン)]

やっとたどり着きました!!
千綿さんのバンドワンマン♪(その前に去年のこと書け!とか言わないよ!笑)

暖かい日が続いていた中で、ふっとまた寒さが戻ってきたタイミングでした。
昨年の11月以来の佐賀でした。

2018年3月9日(金)

千綿さんの愛犬ムクちゃんの13回忌ということもあり、ムクちゃんとの出逢いの日であり、お別れの日でもある3月9日「サンキューの日」に、地元佐賀で6年ぶりのバンドワンマンライブ開催です!
千綿さんの意気込みも強く、絶対に観ておかないといけないLIVE!!

平日と言うこともあり、開演は遅めの1930。
開演は少し押していたように思います。
ブログで集客が足りないような雰囲気を出していたので少し心配していたのだけど、振り返った時には会場の奥の方までびっしりとお客さんが入っていて、ニンマリ(#^^#)

20180309GEILS.jpg


開演予定時間から遅れること10数分。
バンドのメンバーが登場。

Guitter & keyboard  松ケ下宏之
Guitter 今野竹雄
Bass ニッシー
Drams 小島英雄
二胡 里地帰

2012年のサンキューツアーのバンメンがそのままステージに居ました。

少し遅れて千綿さんがこれ以上ない笑顔で登場し、待ちに待ったバンドワンマンライブがスタートです♪

◆セットリスト
1.アイブミ~Love Letter~
2.この声が聞えますか
3.モザイク
4.beginning
5.いのちのたね
6.証
7.アイノウタ
8.遠くまで
9.Dear~愛する君へ~
10.それでも僕らは
11.ハルカ
12.Cry
13.キミが教えてくれたもの
14.友よ
15.ねがい
16.なにもないけど
EN1.翼
EN2.カミヒコーキ進化論

どんなセットリストかと思ったら、とてもシンプルな構成。
アルバム「サンキュー」をベースに、前半はその収録順に曲を並べてきました。
いきなり『アイブミ~Love Letter~』を唄い上げると、ぐっと盛り上げていこうと『この声が聞えますか』。
私も含めて、お客さんは立ちたいんだけど立っていいのかそわそわしている感じで、千綿さんからも「立って!」って声が聞えてきているようで・・・。
『モザイク』でどっちも我慢できなくなったように、千綿さんのスタンダップのジェスターで一斉に立ち上がります♪
「大好きー!大っキラーーーイ!」久しぶりに叫びました。

MCで着席を促され、ゆったりと『beginning』を堪能。
『いのちのたね』は大幅にアレンジを変え、なんとジャズバージョンで聴かせてくれました。
ほっこりとした優しい曲をジャズアレンジにしたことで、童謡っぽさが消えていました。
そして、今回のメインと言ってもいいかもしれない『証』。
ムクちゃんの想い出話から曲に入ったんだけど、「♪出逢ったあの日に戻れても・・・」から歌詞が出てこない!!
一旦演奏を止めて、照れ笑いでもう一回!
でも、やっぱり出てこない。「ムクがいたずらしてる」ってうれしそうに笑いながら、お客さんに助けてもらう始末。(笑)
本来、この曲は結構シリアスな曲なんだけど、その一言で会場の空気がとてもあたたかくなったように感じられました。
ただ、千綿さんの気持ちがどんどん高ぶって来たのでしょうか?
『アイノウタ』のラストでは千綿さんの鬼気迫る魂の声が会場に響き渡っていました。

MCでクールダウン。
高校時代のバンド活動の想い出話から集客の話になり、最近の若手ミュージシャンが自分で集客しないことに対して、「お客さんを呼ぶ努力をしろ!」って吠えています。
その話に、私も思うことがあったので大きく頷きながら聴いていました。
そんな風に荒ぶりつつも、『遠くまで』を優しく聴かせてくれました。
『Dear~愛する君へ~』をみんなで唄うと、新しいギターが登場しました!!
見た目、今まで使ってきたギブソンと一緒で、ただ真新しく光っていました。
年代は違うモノの、型は同じギブソンチェリーサンバースト。
前のは「ギブ子」で今度のは「ギブ美」なんですって。
先輩がやられているギターショップで出逢って、買おうかどうしようか迷ってて。
今回のLIVEで貸してくれるというので、リハで鳴らしたらめちゃくちゃいい音がして、すぐに「買います」って電話したんだとか。(笑)
ギターはヴァイオリンと一緒で弾けば弾くほど音色に深みや丸みが出てきて、自分の音になっていくんですよね。
だからヴィンテージとか、めちゃくちゃ高かったりして。
この「ギブ美」もこれからどんどん千綿色に染めていくってうれしそうに笑ってましたよ。
で、そのギターで聴かせてくれたのが、『それでも僕らは』と『ハルカ』♪
ここから「サンキュー」から少し外れます。
この2曲をバンドで聴いたのはもちろん初めてなわけで。
めちゃくちゃカッコ良かった。
だけど、『ハルカ」はまだまだカッコよくなる予感がします。期待大ですね♪
会場はどんどん盛り上がって来て、『Cry』で再びお客さんスタンダップ!!
一瞬千綿さんが右耳を気にするシーンがあってヒヤッとしたけれど、大丈夫だったみたいですね。
『キミが教えてくれたこと』ではタオルがぐるぐるまわっておりました。
千綿さんも楽しくて仕方がないようで、超ごきげん!!
そして、この後です!!

最初は盲腸のお話を「盲腸はノーマークでした!」っておどけていたのだけど、徐々に空気が変わっていくのを感じました。
「盲腸をとったら風が変わった。」って。
「いろんな話が舞い込んで来て、今すごくポジティブなんです。盲腸君がこれまでの悪い“気”のようなものを全部持って行ってくれた!」って。
そして、私たちはこの言葉を聞いたのです!!
「50歳に武道館で演ります!4年後に武道館で演るために、本気で計画を立てました!」
会場からは歓声や拍手が鳴り響いています。
千綿さんが何か言う度にものすごい盛り上がりです。
そんな中、私は静寂に包まれていました。
というか、歓声や拍手のトンネルの中を通ってくる千綿さんの声だけしか聞こえていない感覚です。千綿さんの声以外の音はぼやけていました。
想定外の決意表明でした。
私は拍手もしなければ声を上げるでもなく、笑う事すらできず、ただ自分の手を固く握りしめていました。
この時の私は、千綿さんの言葉にいつもとは違う本気を感じていて動けなかったんです。
本気を感じたから、これから変わっていくであろう色んな状況を想像して動けなかったんです。
聞こえるのは千綿さんの声と自分の心臓の音だけでした。
この日のどんな曲よりも、この決意表明が心臓に突き刺さったのです。
そんな中で聴いた『友よ』は正直記憶がありません!
というか、その後の大好きな『ねがい』も『なにもないけど』も正直どんなふうに聴いたのか思い出せません。
そのぐらいの衝撃が私にはあったのです。

アンコール待ちで気持ちを整えました。
アンコールの『翼』はギターの弾き語りだったでしょうか?
最後に「みんなアレ用意してきた?」って。
もちろん用意してきましたとも!!
ステージの千綿さんに向けて目一杯カミヒコーキを飛ばしました。
何機かは千綿さんに命中してしまって、ゴメンナサイ。
ステージ一杯に色とりどりのカミヒコーキ。

20180309GEILS2.jpg


最後はそこでみんなで記念撮影!!

今、めちゃくちゃポジティブだという千綿さん。
それは見た目にもわかるくらいイキイキとしていました。
この2年は耳の病気で音楽活動がままならない苦しい日々を過ごしてきて、それを乗り越えての決意表明。
あえて言葉にすることで、逃げないように自分を追い込んだんだと思うのです。
年齢的に考えても、「今」しかもうない!そう感じたんでしょうね。
強い男です。やっぱり千綿さんは強かった。。。

唄が吹っ飛ぶくらいの衝撃を受けた決意表明。

千綿さんの“夢”が“目標”に変わった瞬間を目撃することが出来たこと、本当にうれしく思います。
その力強さに、また力をもらえた気がします。ありがとう。
私も負けずに頑張りますよ!!

同い年。「まだまだやれる!」って勇気がわいてくる、腹にぐっとくる最高の夜でした。

本当にありがとう!!

間違いなく、忘れられないLIVEのひとつになりました♪

20180309GEILS3.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

千綿偉功ワンマンイベント~今の僕に出来ること~ @カフェCHI-MM [千綿偉功/LIVE記録(ワンマン)]

ここ数日の大阪は随分と暖かくて、昨日、今日はコートがいらないくらい。
いよいよ春が来たな~という感じ。
でも、今週は寒の戻りがあるようなので、気を付けないといけません。

今年はどれだけの最強寒波が襲来したのかな?
今年初の遠征となった札幌も、ちょうど最強寒波が襲来していたっけ。。。

2018年1月27日(土)

前日の夕方は大阪も吹雪に見舞われて、「まずいなぁ」と思っていたの。
週明け月曜日は、絶対に穴を空けられない仕事が入っていたから、大阪に戻ってこられないことが予想された場合は諦めようと思っていた。
ところが、お仕事を目一杯頑張ったご褒美か?
神様はちゃんと見てくれていますね☆彡
1/27の大阪はとても良い天気で、絶好のフライト日和となったのです。
ということで、ピュンと北海道までひとっ飛び!!(内心はドキドキだったんだけどね・汗)

20180127hair.JPG


札幌も良い天気で、思ったほど寒くもなく、まずは去年の秋に来た時にお邪魔したラーメン屋さんで腹ごしらえ。

20180127sapporo2.JPG


ホテルで一休みしてからライブ会場へ。

chi-mm.jpg


ビルの地下にある「カフェ CHI-MM」。
入っているビルのビジュアルが想像外だったこともあり、すぐ近くにいるのになかなか見つけられず、、、
近くの紳士服のお店の方に教えていただいて、なんとか到着!!(笑)

キャパは40人くらいかな??
コンパクトな会場だったけど、カフェにしてはステージがちゃんと一段高くなっていて、そこにカーペットが斜めに敷かれていて素敵★

ここで、アタシにとっては初めての札幌での千綿LIVE♪

客席の後方から、千綿さんがギターを持って登場!!
元気いっぱい、笑顔いっぱいだ☆彡
今回はお客さんからのリクエストを中心に唄ってくれる「今の僕に出来ること」の札幌編!!
気になるセットリストは次の通り。

◆セットリスト
1.この声が聞こえますか
2.枯れない花
3.逢えない夜を越えて
4.あなたに逢いにいこう
5.新宿17:05
6.モノクローム
7.beginning
8.小さな街の片隅で
9.One~ただそれだけで~
10.それでも僕らは
11.ハルカ
12.カサブタ(原曲ver.)
13.愛のカケラ
14.Cry
15.魔法のことば
16.翼
EN1.カミヒコーキ進化論
EN2.星降ル夜ニ

殆どがリクエスト曲だったのかな??
1曲1曲、リクエストに寄せられたメッセージや、その曲にまつわるエピソードなどを話してくれながら、ゆっくりとライブは進んでいきます。
お客さんとの会話もずいぶんと楽しんでいるようでした。
実はもう2年以上聴けていなかった私にとって大切な1曲『枯れない花』はあえてリクエストせず、いつその時がくるのかを何か月もじっと待っていたの。
今回がその時になった。
リクエストフォームには名前を記入する欄はないのだけど、どのリクエストも誰のリクエストかわかっているようだったね(笑)
そんな中でも今回『カサブタ』を聞きたくて初めて参加したという女の子が千綿さんの目の前に座っていて。
彼女のリクエストには『カサブタ』に対する熱い想いが書かれていて、千綿さんも相当うれしかったんだろうね。
今回はなんとプロトタイプで唄ってくれたのです!!
彼女も大喜びで、「かっこいいーー!!」って黄色い声を上げていたよ。
かわいかったなぁ♪
こういうのって、ミュージシャンにしたら堪らない瞬間なんだろうなぁ。。。
アタシがリクエストした曲はあったのか、なかったのか・・・(笑)
最後にぐっとくる2曲。
アンコールにはまさかの『カミヒコーキ進化論』!!
想定外でカミヒコーキは用意していなかったのだけど、周りの方に分けていただけました。
どうもありがとうございました!!
飛ばしたカミヒコーキの幾つかは千綿さんに命中してしまって、「ごめん!」って謝ったり、ギロっとにらまれたり(笑)、とても楽しい時間だった♪
楽しくてあったかい時間はあっという間に終わりがきちゃいました。
だけど、とても充実感のあるLIVEでした。
また、たくさんの力を貰えました。
いつもありがとうね♪

chi-mm.jpg


この日はCHASEとマリラブのシングルを集めたシングルコレクションと、CHASEのアルバム「CHASE」の販売があったよ。
それを用意してきてくれたことがうれしかった。

札幌の夜はとてもホットな夜になりました。
どうもありがとう!!

LIVEのあとは狸小路のおでん屋さんで、マスター相手にひとり酒。
千綿さんの宣伝をして店を後にし、ほろ酔い気分で狸小路を歩いていると、前からなんか知ってるフォルムの人型が近づいてくるの。
次の瞬間、声をかけてたよ、「千綿さん!良いお酒を~!」って・・・(笑)

20180127sapporo3.JPG


最後の最後まであったかい良い夜だった。。。

まさか、この一週間後に盲腸を発症するなんてね、、、(汗)
1週間前でも1週間あとでもヤバかったタイミング。
うん。やっぱり神様は見てくれています。。。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ワンマン「紡」アフターパーティー~ちくわ焼きでも食べてってくん謝意ね~ @マチノシゴトバCOTOCO215 [千綿偉功/LIVE記録(ワンマン)]

お正月に伴うあれやこれやが落ち着き、無事に嫁活も終了。
本日からようやくいつもの毎日が始まります。
そういう訳で、ここもなんとか遅れと取り戻そうと、昨年の楽しかったあれやこれやを思い出すです♪

どこまで書きましたっけ??

そう!「紡」まで書いてるんでした。

千綿さんの地元ワンマン「紡」から明けて翌日は、アフターパーティーってことで、緩いイベントが予定されていました。
時間が少しあったので、せっかくだからバールーンを見に嘉瀬川河川敷まで。。。
ところがですよ!!
タイミングが悪いにも程がある!!
どこを見渡してもバルーンがない!!
ちょうどバルーンとバルーンの間の時間に行ってしまったようで、なんだかわからないバイクの競技をしていました、、、
一体何をしに行ったのかわかりませんが、とりあえず佐賀のいちごシロップと、有田焼のバルーンストラップを手に、再び佐賀駅に戻ってきました、、、とほほ

とりあえず、お昼ご飯でも食べようかと佐賀の街を歩いていると、あらいやだ!
とあるお店にこんなポスターが!!
紡ポスター.JPG


日曜日だというのに、ご飯を食べられるようなお店はことごとく閉まっているという、大阪では考えられない景色に、ただただ呆然・・・。
本日の会場を一応確認に行くと、ちょうど千綿さんがリハをしていて、ガラス越しにニッコリご挨拶♪

2015年11月1日(日)

cotoco.JPG

今回の会場は、656広場のすぐ近くにあるマチノシゴトバCOTOCO215という、ジョブスペース。
建物の前では、ちくわ焼きの準備が着々と進められていました。
ちくわ焼き準備.JPG


さて、今回のイベントは、メインがライブではないのです、、、
どちらかと言うと、親睦会がメインのイベント。
ぶっちゃけ、アタシが割と苦手とするタイプのイベント(爆)
ほら、アタシが楽しいと思うのはライブだし、そもそも協調性に欠けるという人間的欠陥を持っているので(笑)、積極的に親睦を図るタイプでもないのですよ、、、
だからと言って、楽しくないわけじゃないので、端っこでおとなしく楽しんでおりましたよ♪

まずは30分程度のミニライブ♪

◆セットリスト
1.恋のうたは届かない
2.ボクハナニモトッテナイヨ
3.B-BLUE(カバー/BOOWY)
4.HOME
5.ちくわ焼きの唄
6.キミが教えてくれたこと

カバーを含めて6曲。
思い出話を絡めながら、時間にして30分程度、、、
ん゛~~!!
わかっていたとは言え、物足りなさ半端なく!!(爆)
しかも、最後の『キミが教えてくれたこと』は歌詞を間違ってグダグダに、、、
思わず「これじゃ締まらんだろ~~!」って密かにブーイング!!(笑)
おそらく、今まで見た中でいちばんゆるいLIVEになりました、、、
LIVEと言うより、余興に近いものがあったかな??(;´∀`)
ま、でも、今回はそういうイベントだから仕方がない!?

で、この後、各自飲み物やら駄菓子やらを貰いに行き、千綿さんの弟さんやその後輩さん、行きつけのお店の方やらお友達が色々とおもてなししてくださいました♪

dagasi.JPG

こんな風に駄菓子も用意してくれていて、とっても懐かしかったです♪
なんかね、アタシたちが「うわ~、懐かしい♪」とかって喜ぶ姿を想像しながら準備してくれたのかな??って思ったら、とってもありがたくて、うれしかったのです♪
こういう気持ちに弱いんですよね、アタシ・・・。
で、弟さんが手際よくちくわ焼きを回す横で、自分も両手に串を持って回そうとするのだけど、どう見ても邪魔してるようにしか見えず、突っ込まずにはいられないアタシでした。
いつもは偉そうにしてるアニキが、この時ばかりは役に立たず小さくなっている、、、そんな空気が伝わってきて、笑えました(爆)
弟さんの「アニキ、邪魔!!」って声が聴こえてくるようでしたよ(爆)

テーブルに戻り、みんなで乾杯をして談笑。
千綿さんが順番にテーブルを回ってみんなと談笑しています。
その間、KIDさんや坂本さんがちくわ焼きや、ギョロッケ(魚のすり身のコロッケ)を届けにきてくれます。
ちくわ焼き.JPG

ちくわ焼きは串に3個刺さっていて、まるでお団子のよう。
実際、こんな風に売ってたんですって♪
『ちくわ焼きの唄』では醤油と唄っているのに、実はソースだったという衝撃の事実も発覚!!
これがねぇ、想像以上に美味しかったです☆
うん、ソースとまぶしてある魚粉が良い仕事をしている気がします。
てっきり1本と思ってたら後から後から届けてくれるので、想定外にお腹いっぱいになりました!!
どのくらい経ったでしょうか?
ようやく千綿さんがアタシたちのテーブルにふらりとやってきました。
ほんのり酔いの回った千綿さんは、当時のちくや焼きの想い出話を、身振り手振り全身で話してくれました。
うれしそうに話してくれるその様子に、普段の姿を見たような気がして、新鮮さを感じました。

そこからは放置プレイになったので(笑)、アタシはふらふら~っとチケットを買いにいったついでに、KIDさんと坂本さんと少し世間話をさせていただきました。
あ、世間話は嘘ですね。
お二人だからこそ出来る、あんな事こんな事、千綿さんにも言ってない話をぶつけちゃいましたね。
すんません、、、(;´∀`)

アタシはやっぱり黙っていられない人なんだなぁ、、、
千綿さんにサインを貰いながら、昨夜からもやもやしてた気持ちをぶつけてしまったのです、、、
自分でもびっくりするくらいズバッといってしまったような気がします。
そんなこと言うつもりなかったのに、この前段でのある会話が、アタシに引き金を引かせたんです。
本人にしてみたら、「何で~~!?」って感じかもしれませんが、、、苦笑
一瞬の間があってから、千綿さんから返ってきた言葉は、またまた悩ましいものでした。
核心を突かれて、返す言葉がなかったのでしょう、、、( ̄▽ ̄)
アタシはまた、心にもやっとしたものを抱えて、会場を後にすることになったのでした、、、

雨が降るシーンとした佐賀の街に響くアタシの「くっそーーーー!!」というややはしたない叫び声。
アナタにはこの声が聞こえましたか??(笑)

と、そんなこともありましたが、手作りのちくわ焼きやギョロッケ、とても美味しかったです。
ごちそうさまでした。
そして、アタシたちを楽しませてくれようといろいろと準備を進めて、おもてなしをしてくださった皆さん、お蔭さまでとても楽しい時間を過ごすことが出来ました。
どうもありがとうございます♪

そしてそして、「ちくわ焼きを振る舞いたい」、そう思って、それを実現してくれた千綿さんにも感謝です。

色んなことを感じた佐賀の2日間になりましたが、この後にまさかあんな言葉を聞くなんて、、、(爆)


色んな事を考えながら、気が付けば福岡空港。
アタシがブルーだったのは千綿さんのせいじゃない。
夜の雨のフライトだった、、、(;´・ω・)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

千綿偉功ワンマンライブ 紡~つむぎ~ 第五節 @浪漫座 [千綿偉功/LIVE記録(ワンマン)]

「温ったか!」と思ったら急に「さぶっ!!」ってなるね。
だけど、今冬はスーパーエルニーニョ現象かなんかで、暖冬なんだとか、、、
スキー場周辺は大変みたいだね。。。
寒すぎるのも嫌だけど、寒くない冬もなんだかなぁ、、、って感じで。
寒くなってくれなきゃ、大好きな人にしがみつけないじゃないか!!
なんつって。。。(#^.^#)

んなアホなこと言うてんと、さっさとLIVE記録を書くです。。。


2015年10月31日(土)

今年3度目の佐賀は、千綿さんの故郷での手作りワンマン、『紡』♪
2年に一度開催される、千綿さんの想いがたくさん詰まったライブなのだ☆彡

ライブ前に佐賀の街を散策していたら、とても素敵な景色にめぐり逢ったよ☆彡
佐賀20151031-2.JPG

これは佐嘉神社前の歩道橋からの眺め。
ほら、アタシまっすぐに延びる道とか、歩道橋が好きやん??
さらにこのシチュエーション!!
歩道橋を渡り、その真ん中で夕暮れに染まる真っ直ぐな道路を見てた。
なんだか馬場さんの『一瞬のトワイライト』を思い出させる絵面よね??(笑)
こういうムード大好きなんだ☆

さて、この後に広がる素敵な時間に想いを馳せ、足は浪漫座に向いていた。

浪漫座20151031-2.JPG

馬場さんが撮った角度から、夕暮れの浪漫座を激写!!

そして、高まる期待感を胸に、会場の中へ・・・。
スタッフさん(と言ってもお友達)がおそろいのTシャツ着ててさ。
なんか、一体感があってうれしかったな。。。

さてさて、待ちに待ったその時が来たよ!!
真っ白のシャツに黒いパンツ。シンプルだけどカッコ良い!!
やっぱ好きだな。このスタイル☆

まずはセットリストから♪

◆セットリスト
1.モザイク
2.ふたりのMilkyway
3.拝啓、風上の君へ
4.それが僕に出来ること
5.それでも僕らは
6.FRUSTRATION
7.旅人のうた
8.あなたへ(仮)
9.翼
10.ちくわ焼きの唄
11.欲望の結末
12.One and Only
13.カミヒコーキ進化論
14.友よ
15.明日への光
EN1.汚れたシャツを着て
EN2.星降ル夜ニ

レアな曲、新曲、大好きな曲・・・。
色んな曲で心が躍った。
初めて聴いた『FRAUSTRATION』は、とってもカッコ良いロックだった!!
当時の千綿さんが胸に溜め込んでたフラストレーションを吐き出すようなとても激しい1曲!!
これは是非バンドで聴きたいし、見たいだろう!!
そして、今年の東京でのCHI-WA-CAFEで唄ってくれたんだっけ??
『旅人のうた』も、千綿さんの真骨頂なマインド系の曲。
やっぱり、壁にぶつかってもがいて、なんとかして乗り越えようとしている姿が描かれている曲は胸にくるなぁ。。。
「あの時のあれは、そういうことだったのかな??」って、後になって気づくこととかあるでしょ??
あの時「ありがとう」って言えなかかったなぁ・・・とか、そういう想いを歌にしたって紹介があっての『あなたへ』♪
沖縄で出来た曲って言ってたっけ??
タイトルもまだ「仮」だって言ってたんだけど、これがもう、アタシのどストライクな曲で!!
大好きなんだよ、千綿さんの優しいラブソング♪
ちょっぴり自戒の念も混ざってて、その感じがとってもリアルで、「千綿偉功」という人間を感じて、ホント、たまんない!!
詞をもっとちゃんと読んでみたいな。。。どっかにあげてくんないかな??
いっぱい唄って、どんどん育てていって欲しい1曲なんだけど、本人的にはそういうつもりはあまりないみたいね、、、
音源にするかどうかもわからないって言ってたっけ、、、
盛り上がりのゾーンはロックな時間だった。
今回は忘れずにカミヒコーキを用意して行ったよ!!
本編ラストは大好きな大好きな『明日への光』☆彡
声がすんごい出てて、コントロールが効かないくらい出すぎてた瞬間もあったね(笑)
ホント、めちゃくちゃ響いてたし、心にもめちゃくちゃ響いたよ!!
アンコールではまさかの『汚れたシャツを着て』!!
最近この手の自分と向き合ってる歌を唄ってくれることが多くて、今はそういうマインドなのかな??って想像していたのだけど。。。
どのタイミングでのMCだったかは覚えてないんだけど、ちょっぴり複雑な心境になるお話をしてくれて。
それは、千綿さんの中で揺れ動いている心が、ちょっとだけ弱気に傾いてる感じがしたんだ。。。
少し心に引っかかりながら、チワガシタ名義の『星降ル夜ニ』を聴いてた。
だけど、笑顔の千綿さんを見てたら、良い時間だったなって思えたよ。
ありがとう♪

浪漫座20151031.JPG


最後は恒例の「押忍!」で締めて、2年ぶりのウォームな時間は終了したのです。。。
たくさんの素敵な唄をありがとう♪
心がめちゃくちゃ動く夜になりました。

LIVE後はやっぱり行くよね??
蔵いか.JPG

いつものお店で、透明のイカ!!
で、しこたましゃべって、友達と別れてからのホテルまでの帰り道。
見上げた空には月が光ってた。

月を見上げながら、千綿さんの言葉を思い出して、考えてた。
とっても素敵なライブだったけど、その分、その言葉がどうしても引っかかってしまってたんだね。
笑顔の裏にある心の動き・・・。
何度も立ち止まっては月を見上げる。
月はいつだって優しい。
千綿さんはまたアタシに宿題を出したな・・(^▽^;)
なんだかそんな気がして、苦笑いの夜。
受けて立とうではないか!!
コノヤロウ!どうもありがとう(笑)
タグ:千綿偉功
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

CHI-WA-CAFE ~デラックス版~ in 東京 @日本海 鎌田店2F [千綿偉功/LIVE記録(ワンマン)]

まずいぞ、これ・・・。

恋をした。

森さんに恋をした。

前から好きだったけど、もっともっと好きになった。。。

千綿さん以外のアーにこんなにときめいたのは、随分ぶりだよ・・・。


いやぁ、森さんにかかわらず、アタシ、東京60WATTSに関しては、何か持ってる・・・(笑)


ま、そのへんの話はだいぶ先に書くとして・・・(;・∀・)


まずは8月の分をやっつけなくっちゃ♪


ってことで、カメレオン日和の翌日の話を。。。


2015年8月16日(日)

この日も熱い日だった。
たまには東京の街をブラブラしてからライブに行こうかと思ったのだけど、あまりの暑さにホテルを出た瞬間挫けたのだった、、、あは~

東京へは何度も来ているけれど、鎌田の街は初めてだった。
駅の西と東では随分景色が違うんだね。。。

さてさて、京都の次は東京で。。。
ってことで、昔の都から今の都へ場所を移してのCHI-WA-CAFE♪
日本海というお寿司屋さんの2Fにある多目的ホールでのLIVE♪
とってもシンプルな会場で、そこに千綿さんがご機嫌に登場!!

◆セットリスト(たぶんこんなん・汗)
1.1秒のカケラ
2.ボクハナニモトッテナイヨ
3.憂世
4.かくれんぼ
5.One more time, One more chanse(カバー/山崎まさよし)
6.最後の言い訳(カバー/徳永英明)
7.Because
8.アイ(カバー/秦基博)
9.ガンダーラ(カバー/ゴダイゴ)
10.それでも僕らは
11.Dreaming(カバー/BOOWY)
12.見えない星
13.欲望の結末
14.陽のあたる場所へ
En.翼

今回も京都にひきつづきデラックス版ということで、オリジナルもカバーもたっぷりと聴かせてくれました。
あん、だけどアタシ、すっかりリクエストを忘れてたんだよなぁ・・・(^▽^;)
だけど、今回は千綿さん的に、日ごろあまり唄わない曲を意識してセットリストを組んでくれていたみたい。
こういうのはレア感があってうれしいよね。

『ボクハナニモトッテナイヨ』、『かくれんぼ』、『Because』、このあたりの曲がまさに日頃あまり唄わない曲で。
とっても良い曲。音源にしなくちゃもったいないよね。
そう言えば、「昔の曲ばっかり入れたアルバムと新しい曲のアルバムを作ればいいのか・・・」なんて話も出てたね。本当にそれが実現したらうれしいんだけどね(笑)

臼井君の話が出たのはリップサービスかな??
ビール1杯で切り上げたのは臼井君で裏が取れてるよ~(笑)

カバー曲も、素敵なラインナップだったよ~♪
まさやんの曲は、これは千綿さんの気持ちの入り方が半端ないから、胸にぎゅっときちゃう。
いるわけもないのに探す感じ・・・すごくわかるんだなぁ。。。切ないなぁ。。。
でさ、「マジで!?」って思ったのが『最後の言い訳』♪
実は、リクエストこそ忘れたけど、そろそろ徳永さんの曲でも・・・(あ、こう見えて中学の時から徳永さんのリスナーだったりする)って思ってて、千綿さんの声とかムードからイメージした時に頭に浮かんだのがやっぱり『最後の言い訳』だったんだよね。
タイトルがわからず、歌詞でのリクエストだったんだけど、アタシは最初の4文字でわかったよ( ̄▽ ̄)
で、この曲を唄った千綿さん。畳みかけるようなラストサビに気持ちも高揚してきたのか、今までに聴いたことのない声を使っていて、アタシはもうゾクゾクが止まんなかったの!!
本人も「俺も初めて使った」って自分自身でびっくりしてる感じがあったよ。
すごい響きだったなぁ。。。素晴らしかった☆彡
どなたかは存じませんが、リクエストしてくれてありがとう!!
後半は自身のアッパーな曲で盛り上がって、最後はしっとりと優しく。。。

「今はこんな風にファンの方と向き合いながら唄うことが必要なのかなって思ってます」

その言葉の本意は正直わからないけど、千綿さんの中で色んな考えや想いが動いてるんだなぁ、なんて感じてた。
だからこそ、今、『1秒のカケラ』を自分自身に向けて唄って欲しいって思うんだ。
千綿さんにしか開けない未来への扉、開けて欲しいなぁ。。。

なんてね(^_-)-☆


アタシ自身もとっても心が動くすてきな時間になりました★
どうもありがとう♪


LIVE後は色んな話をさせてもらった。
お互いに自慢話とかしちゃって。。。
だけど、アタシはやっぱり一言多い人間、、、
千綿さんじゃないアーのLIVEを観て感じた悔しさ。
本当は伝えるつもりはなかったんだけど、話の流れから黙っていられなくなっちゃって、、、(;゚Д゚)
聞いてくれるっていうからぶつけたよ。
いつも一方的でごめんなさい。。。
決して気持ちの良い話じゃないのに、それでもちゃんと受け止めてくれてありがとう。


ありがとう。。。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

CHI-WA-CAFE ~デラックス版~ in 京都 @SOLE CAFE [千綿偉功/LIVE記録(ワンマン)]

こんな日が来るなんて!!
思ってましたよ。思ってましたとも!!

最初にこのLIVEの話を知ったのは、岡野君と広沢君のライブの帰りの電車の中だった。
SOLEの村田さんのツイートに、電車の中で心臓が止まりそうになるほど興奮したんだった(笑)

SOLE CAFEはお気に入りのお店で、いつか千綿さんにもここで演って欲しいなって思ってたんだ。
いつかは演ってくれるだろうと思ってたけど、こんなに早く実現するなんて!!
村田さん、どうもありがとう!!


というわけで、「キミ、ボク」の翌日は京都へ→→

今回は時々千綿ライブに参加するお友達を連れて・・・。
そう、このお友達は年に1回の文博でのLIVEを楽しみにしてくれていて、でも、今年はそれがなかったから残念がってたんです。
で、彼女もSOLEがお気に入りなので、誘ったら2つ返事で「行く!」って返って来たよ♪


2015年7月26日(日)

この日はまさに酷暑!!

時間になってお店に行けば、ちょうど村田さんがお店から出てきてバッタリ!!
顔を合わせた瞬間、二人して「ありがとうございます~!」ってガッチリ握手(笑)
「実は・・・」「あ、そうなんですねぇ・・・」なんてやりながら、列を作る。

sole cafe 20150726.jpg


「SOLD OUT」って響きはやっぱ良いよね??
どんだけパンパンになるかと思ったけど、思ったほどではなく、アタシとしては快適でした。
入れる時はもっと入れるんだよ。。。

さて、今回はCHI-WA-CAFEってことで、オリジナル曲はもちろん、カバー曲も唄ってくれる、ちょっぴりゆるいライブ♪
だけど、この日の千綿さんは、エンジン全開だったね★

とりあえず、セットリスト♪(と言っても、順番はこの限りではない)

◆セットリスト
1.SPILT MILK
2.あなたが傍にいるだけで
3.ひまわりの約束(秦基博)
4.ひまわりと日曜日と
5.最後の雨(中西保志)
6.Rain(大江千里)
7.Rain
8.夜空の星
9.さよならのかわりに
10.ここにしか咲かない花(コブクロ)
11.変わり往く世界で...
12.わがままジュリエット(BOOWY)
13.Dreaming(BOOWY)
14.Get Wild(TM network)
15.ゆりかご
En1.この旅路の向こうに
En2.星降ル夜ニ

17曲ですか・・・。いったねぇ。。。
「ここは音が出せるのが9時までってことで、なんとか9時まで唄いたい!」ってホントに9時まで唄ってくれたんだよ。
ここで9時まで唄った人見たの、初めてだったよ(笑)
でも、それくらい楽しくて楽しくて仕方がない様子だったよ★
アタシとしては、それがたまらなくうれしかった♪

自身の曲は1曲ずつそれにまつわるエピソードなんかも話してくれて。
カバー曲はリクエストにあるメッセージを紹介しながら、千綿さんの想い出や、その曲に対する感想とかも聞かせてくれて、とっても濃厚な時間だった。

そして、なんと言っても『ここにしか咲かない花』でしょう!!
「黒田さんって、意外と声が高いんですよ」という千綿さん。
ノンノン。高いのではなくて、音域が広いんです!
そして、その声を引き出したいこぶっちゃんがいる・・・そういうことです。。。
リオリオとまーちゃんの話にもニヤリだよ。
で、この曲は、『瑠璃の島』っていうドラマの主題歌として、コブクロの二人が実際に鳩間島に行って、島の人たちと触れあって書き下ろした曲。
曲が出来たときには、島まで行って誰よりも先に島民の人たちに生唄を届けたんだよね。
涙しながら聴いてくれる島民の人たちを前に、こぶっちゃんも泣いてたっけ。。。
千綿さんも鳩間島には思い入れがあるから、島での思い出話をしてくれながら、唄ってくれました。
で、唄い終わった後に深いため息をついていてた。
アタシは「せやろ~?」ってニヤリとしてしまったわ♪
だって、本家の黒ちゃんだってそうなんだもん。
でね、ポツリと「良い曲だなぁ」って言ってくれたことが、とてもうれしかった★
ただ、まだ、唄うのに必死な感じで、そこに想いを載せるほどの余裕はなかったみたい。
でも、さすがだよ!!一番厳しいとこ、ぎりぎりだったけど、ちゃんと音出てたもん!!
Youtubeのライブ映像で練習したからかな?
ブリッジの部分、主線とハモリが見事に入り乱れて、ちょっと苦笑い(^_^;)
きっと、練習は間に合ってなかったんだね。
でも、HOMEの準備で時間がない中、それでも唄ってくれようと練習したんだろうなぁって思うと、本当にうれしいし、ありがとうって気持ちでいっぱいになる。
ホントにありがとうね☆彡
リベンジ待ってる!!(笑)

BOOWYやTMは通ってきてないから、あまり盛り上がることもなかったけど、『あなたが傍にいるだけで』とか、『この旅路の向こうに』とか、『Rain』『さよならのかわりに』とか、聴きたかった曲もいっぱい演ってくれて、本当に贅沢な時間でした。
しかも、昨日に引き続いて、絶好調だったしね!!
何より、アタシの大好きな場所で、千綿さんの気持ちもめちゃくちゃ乗ってて、本当に楽しそうにうれしそうに唄っていたのがうれしかった。

この人の唄、なんとかしてもっともっと多くの人に届けたい、聴いて欲しいって改めて思った。
そして、そのためにアタシが出来ることをもっともっと探したいって思った。

一緒に連れて行ったお友達は、千綿さんの柔らかくてあったかい声が大好きだから、『ゆりかご』を唄ってくれたのがうれしかったって。
あと、『変わり往く世界で...』も好きだって言ってくれたよ。
カバー曲はあまり知っている曲がなかったから、やっぱりワンマンが良いって!!
でもとても楽しんでくれたみたいで良かった♪

LIVE後は千綿さんに簡単にご挨拶。
なんせ、9時までガッツリ唄ってくれたからねぇ~♪
本当は初SOLEの感想とか、『ここ花』を唄っての感想とかいろいろ聞きたいこといっぱいあったんだけどね。。。
何気にSOLEって遠いのよ!!
だから、急いで帰路に就く必要があったのだ(^^;)
村田さんにもご挨拶したら、とっても良い笑顔を返してくれて、とてもハッピーな気持ちだったから、後ろ髪ひかれることなく、バス停へダッシュしたのでした。。。


さて。
千綿さん、あの後、美味しいパスタを食べさせてもらえたのかな??

本当に素敵な時間でした。ありがとう。
また、SOLEでの次の約束、待ってるよ♪


そして、村田さん、今後ともよろしくお願いします。。。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

CHI-WA-CAFE in 名古屋 @Groggy [千綿偉功/LIVE記録(ワンマン)]

ここ最近、地震やら噴火やら、なんだか日本がもがいているようです、、、
昨日、アタシは岡野君のライブで浜松におりまして、ちょうど帰る時でした。
浜松駅のプラットホームで、自分が乗る予定の「ひかり」の一本前の「こだま」が停車しているのを眺めていました。
ずいぶん長い停車だなぁ・・・って思った瞬間、″ヒュン″って新幹線の電気がすべて消えたんです、、、
と同時にiPhoneに届いた緊急地震速報、、、
外にいると本当に状況が掴めなくて、ちょっぴり不安になりました。。。
まったくもう!揺れたり爆発するのはハートだけで十分です!!(←これ、昨日つぶやいたら友達から”上手い!”って褒められて、使いたくなった・笑)
規模はかなり大きかったようですが、それほどの被害はなかったようで、不幸中の幸いです。
地震になんとなく慣れてしまっている自分がいるので、ここらでしっかり気を引き締めていきたいです。


さて、昨日の岡野君のライブの件は後日ということで・・・。


ちょっと記憶をさかのぼります・・・。


2015年5月10日(日)

Groggy.JPG


栄ミナミ音楽祭から友達と遅めのランチを楽しんだ後、アタシはCHI-WA-CAFEの会場であるGroggyへ向かいました。
お店の前には千綿さん!!
今回、予約完了メールが届かないって人が何人かいたみたいで、アタシもその一人だったんだけど、千綿さんがライブ前にブログで丁寧に説明してくれて、こちらの抱えてる不安を解消してくれました。
その心遣いがなんだかとてもうれしかったのです。。。
ありがとうね★
そういうこともあって、千綿さん自ら交通整理(笑)

会場に入ると想像以上にコンパクトなお店。
カウンターの中にまでお客さんが入るという、あまりない光景が広がっておりました。
でもね、とっても味のあるお店で、マスターもめちゃくちゃ気さく!!
気軽にいろんな話を聞かせてくれて。
大阪にあったなら通う・・・って思いました(笑)

さてさて。
会場もパンパン状態で開演です!!

まずはセットリストから。(順番は曖昧です!あしからず、、、)

◆セットリスト
1.Take a Chance!
2.GLORIA(ZIGGY)
3.糸(中島みゆき)
4.風に立つライオン(さだまさし)
5.君の為に出来ること(矢野真紀)
6.あなたに逢いに行こう
7.何度でも(DREAMS COME TRUE)
8.歌うたいのバラッド(斉藤和義)
9.スタートライン(馬場俊英)
10.カミヒコーキ進化論
11.SPILT MILK
12.陽のあたる場所へ
EN.川の流れのように(美空ひばり)

まさかここで『Take a Chance!』を聴かせてもらえるとは思いませんでした!!
何気にお初でございます。。。
ニューイヤー駅伝のテーマソングに使われた曲ということで、TVから流れてきた自分の歌に「タイアップってすげぇ!」って思ったって、当時のエピソードを聞かせてくれました。
やっぱこの曲はバンドで聴きたいって思ったのが正直なところです。
でも、うれしかったです♪
『糸』はいろんな人がカバーしているのを聴いてきました。
この曲は人を選ばないというか、誰が歌ってもその人の歌になるなぁ・・・って感じます。
これってやっぱり”名曲”の条件なんでしょうね。
千綿さんの『糸』も素晴らしかったです♪
『歌うたいのバラッド』には思い出があるんですよねぇ・・・。
千綿さんのそれを聴きながら「ずいぶんきれいな『歌うたいのバラッド』だなぁ。。。」って思った自分がいて、ふとせっちゃんファンの友達の言葉を思い出し、その意味がわかったような気がしました。
千綿さんの『歌うたいのバラッド』もとっても好きだけど、「どっちが味ある?」って訊かれたら、やっぱりアタシもせっちゃんって答えるかな??
そしてそして。。。
今回も歌ってくれましたね!!ばばっちの『スタートライン』♪
アタシがリクエストしたわけじゃないけど(爆)
こちらは唄う度にどんどん出来上がってきていて、もう自分のものにしてるなぁってうれしくなります☆
自分が大好きなアーの曲を、あんな風に大切に唄ってもらえるのは本当にうれしいことです☆
『スタートライン』が千綿さんに勇気を与えられているなら、ばばっちとの繋がりはもっと勇気と刺激をくれると思うのです。
なんとか二人が繋がってくれるたら・・・と、願わずにはいられません。
本編ラストの『陽のあたる場所へ』は生声で。
千綿さんが唄い出した瞬間、何か空気の塊みたいなものがボンっと身体にぶつかってきた感覚がありました。
ものすごい音圧を感じました。
そのすごい唄声に心を持っていかれている間に、気が付いたら千綿さんの瞳からは涙が流れていて・・・。
「何を感じながら唄ってるんだろう?」と想像するアタシです。
もちろん答えはわからないけど、基本的にはゆるく展開されるCHI-WA-CAFEで、こんなに魂のこもった唄を聴かせてもらえたことがうれしかったのです。。。
アンコールはひばりさんの『川の流れのように』♪
今回のCHI-WA-CAFEを締めくくるにはピッタリな曲でした。
本当にガッツリと熱い唄を聴かせてくれて、うれしかったです。
ありがとう☆彡

ライブ後はビールをのんびり飲んでたら、そこそこな時間に。
翌日はちょっとタイトな仕事が入っていたから、あわてて千綿さんとこにご挨拶に伺いました。
いつもより少しじっくりとお話が出来ました。
と言っても、甘い話をするでもなく、ライブの感想もそこそこに(笑)、なんだか真面目な(?)お話をしちゃったので、お互い真面目な顔をしていたように思います(;´∀`)
そして、またやってしまいました、、、
「お前の言葉は実弾や!」と言った友達の言葉を思い出しても後の祭り(滝汗)
気づいたら口から出ちゃってました、、、(;´Д`)
でも、ちゃんとまっすぐに答えてくれた千綿さんに、やっぱりぶつけて良かったなって思っています。
いろんなことを感じて、いろんなことに気づかせてもらえたとても良い時間になりました。
これからも同じ方向、向いていけたら・・・いや、向いていける!と思ってます(^_-)-☆
どうもありがとう♪














アタシを動かすのは、いつだって「~~してあげたい」ではなく、「~~したい」という想い。
全ては、”誰かのために”ではなく、”アタシがしたい”こと!!
アタシ、そんな良い人に出来てないから!!(笑)
そこんとこよろしく!!( ̄▽ ̄)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

CHI-WA-CAFE ~ペンネアラビアータの会~ @SOLE DINER LOOP [千綿偉功/LIVE記録(ワンマン)]

アルコール消毒の甲斐もなく、絶望的な朝を迎えたアタシ・・・。
それでもお風呂に入り、少しゆっくりして、窓の外に目をやれば・・・

抜けるような青空が広がっておるではないか!!

準備を済ませると、とりあえず佐賀神社へ。
いつもは引かない「招き猫 おみくじ」を引くと小吉だった。
けど、とても「小吉」とは思えないけちょんけちょんな言われ方をしまして(爆)
そのあまりに歯に衣着せぬ言いようが面白くて、持って帰ってきちゃった(笑)

その後、浪漫座でランチ♪

浪漫座シシリアンライス.JPG

シシリアンライスですね~♪
食欲があまりなかったので、お友達とシェアしていただきました。
マスターに、かなりさり気なく馬場さんへの働きかけをお願いするアタシ(笑)
なんとか繋がって欲しいと願わずにはいられないのでした。。。


2015年5月5日(火)

さてさて。
佐賀2日目はCHI-WA-CAFEです♪
会場は千綿さんのお友達がやられているイタリアンダイニングのお店。

sole diner.JPG


密やかな場所で、密やかに開場の時を待っていたのです。。。
K.I.Dさんの「レアですよ~」の言葉にニヤリ( ̄▽ ̄)

LOOP chi-wa-cafe.JPG


CHI-WA-CAFEはカバー曲を中心とした、ゆる~く展開されるワンマンライブ♪
もちろん事前にリクエストを募ってくれるのです。。。
さて、今回はどんな曲が聴けるのか??
リクエストは聴いてもらえるのか??(期待薄・苦笑)

会場は50人くらいいたのかな??
満員のお客さんでしたね★
地元のお友達もお手伝いに来てくださっていて、昨日にも増してアットホームです♪

セットリストは・・・・
順番はいい加減だけど、唄ってくれた曲目はこんな感じ。

1.君色の風
2.ロビンソン(スピッツ)
3.Hello,Again~昔からある場所~(MY LITTLE LOVER)
4.My Revolusion(渡辺美里)
5.Without you(Nilsson)
6.GARAGE(アースシェイカー)
7.ありがとう君に(アースシェイカー)
8.悲しみをあつめて
9.たしかなこと(小田和正)
10.裸足の目垣(B’z)
11.キミが教えてくれたこと
12..ゆりかご

えっとですね。。。
実は訳あってあまりライブに集中できなかったアタシ・・・。
あ、それはとても個人的な問題なんですが・・・。
ま、セトリそのものも、あまりアタシにフィットするものではなかったってこともあるんだけどね・・・(^^;)
でもですよ!!
やっぱり『ありがとう君に』のことは書いておかないといかんだろう??
千綿さんがデビュー前に組んでいたバンド、The EDGEでギターを弾いていたオリジナルメンバーの方が観に来ていて・・・。
なんでも、リクエストにシャイカーの曲が3曲きていて、40代男性、東京・・・で、メアドを見たらその彼だったらしいの。
もう10年以上も連絡をとっていなかったらしく、会場に来て逢えたんだって。
で、せっかくだからってことで、その方がエレキギターを弾き、だったらってことで坂本さんがベースを弾き・・・
そんな感じでの『ありがとう君に』♪
千綿さんも本当にうれしそうだった☆彡
アタシも大好きな曲だったし、レア感アリアリでテンションがあがったよ~☆彡
K.I.Dさんも完全に観客になっていたよ(笑)
「レアですよ~」はこれだったんだね~♪
『キミが教えてくれたこと』では客席後方で坂本さんとK.I.Dさんがタオル振り回してたよ(爆)
地元ならではのウォームな空気感が会場中に満ち溢れていたよ♪

LIVE後は千綿さんも大好きなペンネアラビアータに舌鼓♪

ペンネ.JPG


ニンニクが効いていて、とても美味しかったのだけど、いかんせん食欲不振なアタシ、、、
お友達に少な目によそってもらったそれすら完食できないまま、一足先に会場を去ることに、、、(T_T)
一応千綿さんにご挨拶はしたのだけど、なんかちゃんと2日間のお礼が言えてないような気がして・・・
で、中途半端にお店を出てきちゃったから、なんだかとっても切ない気持ちで・・・。
ごめんね、ありがとう。

気持ちを会場に残したまま駅までとぼとぼと歩く。
人はこれを「後ろ髪が引かれる」と言うのでしょう、、、
新幹線はGW真っ只中ってことで指定席は満席。
それでも自由席を確保できたことはラッキーだったよ☆彡
でもね、人が通路に立っている圧迫感と、腰のだるさ、胃腸への不安感・・・で、新大阪までがいつもの何倍の時間にも感じたよ、、、

やっとの思いで家にたどり着くと、そのままベッドイン!!(わぁ~お[黒ハート]
そこにはほんの少しだけアタシを気遣ってくれる旦那がおりました。。。
いつもわがままを許してくれてありがとう♪
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

千綿偉功Birthday Live ~後厄は無事に明けたのか!?~ @天窓switch [千綿偉功/LIVE記録(ワンマン)]

大阪は今日も一日中雨で肌寒く、桜は見事に葉桜になってしまいました、、、

1週間前はまだ満開だったのに・・・。

そう言えば、あの日の東京も雨で、めちゃくちゃ寒かったなぁ・・・。
前日の陽気に騙されて薄着で行って、エライ目にあったんでした、、、トホホ
だけど、心だけはあったかくて・・・。
そんな、千綿さんのBirthday Liveのことを思い出すのです。。。


2015年4月5日(日)

誕生日の前日に開催された千綿さんのBirthday Live♪
実はソールドアウトになっていたんだとか。。。
会場にはたくさんのお客さんが集まっていたよ。

予定時間から15分程遅れて、白いシャツにGパンというシンプルなスタイルで登場の千綿さん。
そのシンプルなスタイルがとってもカッコ良いって思ったんだ。。。

ギターを抱えて、イントロ弾きながら「ようこそー!」!!

アタシはてっきりゆるいLIVEなんだと思ってたから、そうではない始まりにわくわくが止まらなくなった。
そんな素敵なセットリストは次の通り♪

◆セットリスト
1.明日への光
2.この声が聴こえますか
3.今 君を
4.君と僕との間には
5.恋のうたは届かない
6.正体
7.新宿17:05
8.カメラ
9.よろこびのうた
10.道化師のソネット
11.それでも僕らは
12.モザイク
13.Cry
14.One and Only
15.翼(新曲)
EN1.カミヒコーキ進化論
EN2.友よ

久しぶりに1曲ずつ感想などを簡単に書いておこうかな??

1.明日への光
心の準備も出来ていないまま、いきなり大好きな曲に、気持ちが着いて行けず、なんだかぼぉ~っとその唄を聴いていた。
ただ感じたのは、初めてCDで聴いた時の印象とは少し違う、とても穏やかな光を感じた。
それはきっと、唄ってる千綿さんの表情がとても穏やかだったからなんだろうな。。。

2.この声が聴こえますか
笑顔と言えばこの曲!!
お客さん一人一人の顔を確認するように、ご機嫌に唄ってたね~♪

3.今 君を
リクエストもいくつかあったらしいよ。
ぐっとくるラブソングは久しぶり。
とっても深い愛を感じるラブソングなのに、この曲を聴くと胸が苦しくなるんだよね。。。
せつないっていうのとはちょっと違っていて、なんなんだろうなぁ、この感じ・・・。
アタシも誰かに「守りたい」って言われたいのかも・・・。
生活や安全ではなく、アタシの″心″を誰かに守って欲しいっていう、心の奥の方にしまってある、″らしくない″想いに気付かされて焦るのかも!?
だけど、とっても大好きな曲です。

4.君と僕との間には
千綿さん、2番の歌詞がぶっとんじゃって、お客さんに助けてもらってた(笑)
これもリクエストからだけど、「対バンだとなかなか唄えないので」ってことで、セレクトしてくれたみたい。
かわいいんだけど、せつない曲って言ってた。
アタシの中でもとってもかわいらしい曲に位置づけられてるの♪
世界観が可愛らしいから、勝手に学生時代の恋をイメージしてる★

5.恋のうたは届かない
千綿さん、「ここから暗い歌へ入っていきます~」って言いながら、この曲のレコーディング時のエピソードを話してくれたよ。
この曲をアレンジする時に、ハンドクラップだけじゃなんか足りないってことで、「僕、Gパン脱ぎました!」って(笑)
あのリズムは太ももを叩く音も入ってるんだって。
太ももを真っ赤にしながらのレコーディングだったけど、自由だなぁって思って、とっても楽しかったって、本当に楽しそうに話してくれたよ♪
そして、「届かない♪」って唄ってるけど、インストアライブでは「届けーーーっ!!」って思いながら全力で唄ってたって。。。
その頃の千綿さんに逢ってたら、どんな感じだったのかな??

6.正体
暗い曲、暗い曲って言うけれども。
アタシはこういう曲をどうしても「暗い曲」だとは思えないんだよね。
自分と向き合って、もがいて、がむしゃらに闘ってるような曲は、無条件にカッコ良いよ★
それに、自分と被る部分もあって、力をもらえる。
そりゃ、NACK5の方も、7分だろうが10分だろうが、ノーカットでかけるよ!!
アタシでもそうする!!(笑)

7.新宿17:05
活動休止前の、「俺はこの先どうすればいいんだ、どこへ帰ればいいんだ」ってものすごくもがいていた時の曲。
曲が出来た時間がタイトルになってるの。
歴史の話になると、やっぱ自分に歴史がないことを実感するね。
だけど、千綿さんがそんだけもがいていた頃、実はアタシももがいてたんだよね。
いや、もがくというより、社会から逃げたいって思ってて、それこそ沖縄の離島へ逃げたいって思ってた頃。
今もクローゼットの中には、その頃の離島の本がたっぷりあるの。
ま、実際は結婚してたから逃げられなかったけど、アタシも活動休止したって感じかな??(笑)
離島に飛べない代わりに、「瑠璃の島」ってドラマで気を紛らわせてた。
これがまた、鳩間島が舞台のドラマなもんだから、面白いよね。
これまでで、唯一、喜怒哀楽を失くしてた時期だったんだよね。。。
そんな話はいっか、、、(笑)
千綿さんの唄に「一人じゃないでしょ?」って、心の中で問いかけてるアタシがいたよ。

8.カメラ
この曲も歌詞が飛んでたね(笑)
またまたお客さんに助けてもらって・・・。
シリアスな曲なのに、ちょっぴりゆるくなった瞬間(笑)

9.よろこびのうた
これは初めて聴かせてもらった曲。
この曲を作った時、ちょうどムクちゃんが闘病してた頃らしいの。
タイトルとは裏腹に、とっても内省的な詞だった。
そして、そんな自分を支えてくれたムクちゃんへの感謝の気持ちが込められていた。
この曲聴きながら、アタシは思ったことがある。
でも、ここには書かないでおこう。
世界観はタイトルからイメージするような明るいものとは180度違うけど、だけど、アタシは好きだな。
この曲。。。

10.道化師のソネット
この曲もリクエストにあったらしいのだけど、久しぶりに聴けてうれしかった★
そして、千綿さんから向けられた笑顔にキョドってしまった自分がいた(驚)
唄ってる千綿さんと目が合うとか、そういうことって別に珍しい事じゃないよね??
けど、あの笑顔は反則でした。。。
柄にもなくとっても照れてしまったよ。。。(*ノωノ)

11.それでも僕らは
嗚呼、唄いますか・・・??(笑)
そうなんだよ!!千綿さんが言うように、音はカッコ良いんだよ~♪
確かにバンドでジャンと演れば、カッコ良いサウンドになるんだろうなぁってことは容易に想像がつく。
そっか、完全にロックにしてしまえばいいのよね。
この歌詞も、「ロックだね」って言ってしまえば、なぁんにも気にならないかも~??

12.モザイク
誕生日だからね。
「大好き~!」って叫んで、「おめでとう~!」って叫んで、「ハッピーバースデー」って叫んだよ。
もちろん、千綿さんに煽られてね(爆)

13.Cry
ここでようやくスタンダップ!!
今回、シッティングとスタンディングの混合だったから、スタンディングの人のことを考えると、立ち上がりづらいってこともあるのよ。
だけど、やっぱロックな曲はスタンディングで盛り上げたいよね??
その方が千綿さんもうれしいよね??
ってことで、盛り上がりがさらに盛り上がりを増し、千綿さんも完全にロックなスイッチが入っていたよ★

14.One and Only
どんどんロックになっていく千綿さん♪
この曲はやっぱりご機嫌で、カッコ良いから上がる~~っ!!
アタシの「陽」の部分を唄ってくれてる曲だと思ってる♪

15.翼
本編ラストには、前日に作ったという新曲を持ってきてくれたよ。
2月に何曲か出来てるんだけど、今の気分とはなんか違う感じがして、作って来てくれたんだって。
「皆さんも月を見てふっと思い出す人とかいるでしょ?僕も家族とか友達とか、ぶっちゃけ皆のことも思い出すんです。みんなにも色々あって、姿は見えないけどでもなにか届けられるおまじないみたいな言葉はないかな?って作った曲です」というようなお話をしてくれて、それがなんだかとてもうれしかった。。。
「月」って言葉が出たときは″はっ″として、意識が去年の秋に飛んだよ。。。
聴かせてくれた『翼』は、千綿さんの優しさがぎゅっと詰まった、「やさしい」って表現しか見つからない、とってもとってもやさしい曲だった。
何度も何度も「痛いの痛いの飛んでけ~♪」って。。。
「みんなは誰の顔が浮かんでますか?」って。。。
そして、何度も囁くように「痛いの痛いの飛んでけ~♪」って唄う千綿さんの声は涙声になっていて・・・。
胸が軋んだ。
「ありがとう」。
なんだかそう千綿さんに伝えたくなった。

千綿さんがそでに下がると、お客さんからはアンコールの手拍子が。

EN1.カミヒコーキ進化論

「まだみんなの気持ち飛ばしてなかったよね!?」という千綿さんの言葉に、ドキッ!!
しまった~(;'∀')
まさかのカミヒコーキ失念!!(爆)
でも、忘れてた人が結構いたみたい。
だってだって、てっきり緩いLIVEだと思ってたからぁ・・・
だけどね、優しい方がいらっしゃって、分けてjくださいました。
ありがとうございます☆彡
で、毎度のことながら、カミヒコーキに全部持ってかれて、千綿さんの唄をちゃんと聴いてないし、千綿さんをあまり見てない(爆)
でもさぁ、2番の歌詞が吹っ飛んじゃって、延々ギターのストロークだけが響いた揚句、2番カット!!
そらないやろぉ~~!!(爆)
あん時の千綿さんの苦笑いはしっかり見たで~!!(笑)
これがLIVEやね~♪♪

EN2.友よ
オーラスは『友よ』♪
今回は最初から手拍子が入るアップなムードで♪
だけどねぇ・・・。
あれはなんだったんだろう??
正直、泣きそうになった。。。
ありがとう♪

全てが終わった時、来年はもっとしっかりとしたワンマンが出来るように、今年中にアルバムのめどを立てたい・・・みたいなことを言っていたけど、心証的には怪しい・・・と思った。( ̄▽ ̄;)
″小さなあきらめない″を積み重ねたら、きっといける!!
大丈夫、出来るよ!!
LIVEはやっぱもっとデカイとこで、バンドでドカンと演って欲しいぞ!!!!

ということで、LIVEは久しぶりに「押忍!」で締めたよ☆彡


古い曲から新しい曲、初めて聴かせてもらった音源にはなっていない曲、などなど、いろんな時代の曲があって。
それぞれの曲から、その当時の千綿さんをいろいろ想像して、そのたびに心を動かされる、とても聴きごたえのあるLIVEだった。
お蔭で心の疲労感半端ない感じで、とっても良い充実感に包まれました。
やっぱ、LIVEってこうじゃないとね★

LIVE後は千綿さんに直接「おめでとう!」を伝えに。。。
アタシと顔が合っても笑ってくれない千綿さんにちょっと戸惑ってしまったけど・・・。
「大阪あったかかったから薄着で来たんでしょ?」って・・・。
アタシ、寒さで顔が引きつってたんかな??(^^ゞ
LIVEの感想、新曲の感想諸々をお伝えして・・・。
ええ、アタシはいつだって元気だよ~♪
それは間違いない!!(笑)
そして、バースデーカードと言う名の、挑戦状を叩きつけてきた!!(爆)
その想いや意図すること、伝わったかな??
お互いしっかりやってこうね☆彡



久しぶりに千綿偉功の″ウタ″を存分に楽しむことが出来ました!!
あったかい気持ち、やさしい気持ち、切なさ、愛しさ、苦しさ・・・・
そして、アタシの奥の方にある気持ちまで引っ張り出してくれて、どうもありがとう。
本当に心が動きっぱなしの時間でした!!

ホントにありがとね~♪

天窓switch20150405.jpg



そして明日は馬場さんのLIVE♪
今から熱いお手紙書こうかなって思ってるよ★
しっかり熱い想い、届けるね!!!




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

CHI-WA-CAFE~新春スペシャル~ @SWAMP BEAT [千綿偉功/LIVE記録(ワンマン)]

冬の朝はコーヒーを淹れることから始まるのです。
ビールの次に大好きなコーヒー♪
キッチンに広がる芳ばしい香りが、寒さに萎えそうな心と身体をあたためてくれるのです。。。


この日の朝もそうでした。。。
目覚めると、とても良い天気☆彡


2015年1月11日(日)

前夜のLIVEの余韻に浸りながら、ホテルのモーニングをいただき、ほっとコーヒーで一息。
身支度を済ませてホテルをチェックアウトすると、冷たい空気を思いっきり吸い込んで、佐賀の街に繰り出しました♪
たっぷりと佐賀の街を散策し、歩き疲れたところで、千綿さんの唄を求めてSWAMP BEATへ♪

この日は前日とはまた違う、千綿さんのカバー曲をゆったりと楽しむCHI-WA-CAFEというワンマンLIVE♪
受付には千綿さんのお友達(笑)。

SWAMP BEAT STAGE.JPG


このSWAMP BEATはライブハウスというよりはライブバーで、大阪で言うと、ちょうど酔夏男みたいな感じかな??
シッティングで50人くらいのコンパクトなハコ。
でも、ちゃんとステージになってるんだよね。。。照明もなかなかムーディ♪
ただ、スモークを炊き過ぎた??
千綿さんが登場しても、姿が霞んで見えないの(笑)

お正月中もやもやしてたものが、昨日のLIVEですっきりしたみたいで、いきなり「うぉーー!!」って叫ぶと、「自分で自分をデトックス!!」って言ってたよ(笑)

とりあえずセットリスト♪(と言っても順番は曖昧。)

1.1秒のカケラ
2.ガンダーラ (ゴダイゴ)
3.ビューティフル・ネーム (ゴダイゴ)
4.One more time, One more Chance (山崎まさよし)
5.春夏秋冬 (スガシカオ)
6.恋のうたは届かない
7.モノクローム
8.ひまわりのように (秦基博)
9.何度でも (DREAMS COME TRUE)
10.全力少年 (スキマスイッチ)
11.Melody
12.悲しみにさよなら (安全地帯)
13.欲望の結末
14.Story

EN1.歌うたいのバラッド (斉藤和義)
EN2.スタートライン (馬場俊英)

千綿さんも椅子に座っての演奏♪

このライブは事前にリクエストを募ってのLIVEだったのです。
アタシがリクエストした曲は果たして・・・??

まずは自分の曲『1秒のカケラ』でオープニングを飾る。
ゴダイゴの2曲は自分が子供だてらに好きだった曲ってことで、自らのセレクトだったんじゃないかな??
『ビューティフル・ネーム』のコード進行がどれほど素晴らしいかということをうれしそうに力説してたよ☆
まさやんの『One more time, One more Chance』は圧巻でした!!
実は千綿さんの『正体』をレコード会社の人に初めて聴かせたとき、この曲にムードが似てるって言われらしい。
本人としてはそうは思わないんだけど、ラストの畳みかける感じが似てるのかもね・・・と。。。
そのラストの畳みかける部分、めちゃくちゃ気持ち入っててドキドキしちゃって、ぐっとこぶしを握ってしまいました。。。
そうなんだよ・・・。いないってわかってるのに探しちゃうことってあるよね??
たとえば駅のコンコースですれ違いざまに匂った香りに、その人の姿を探してしまったり・・・。
後姿が似てる人を見かけて、目が離せなくなったり・・・。
そんな日常を思い浮かべながら、この曲のどうしようもない切なさに激しく共感しつつ、改めてこの歌の良さに気付かされました。。。
千綿さんが唄うスガさんの『春夏秋冬』は2度目なんだけど、うん、確かに良い曲だね。。。
これまた千綿さん「素晴らしい・・・」を連発してた(笑)。
『ひまわりのように』は、こないだ竹雄君が唄ってたね♪
千綿さん、「『ドラえもん』は全巻持ってました!」ってどや顔(笑)
「ドラえもんは昔の声の方が好きです!!」だって(笑)
千綿さんが唄う『ひまわりのように』はとってもやさしくてあったかかったよ♪
あ、そうそう!!千綿さんって世界名作劇場とか、ドラえもんとか優しいアニメ派だと思ってたから、『ガンダーラ』を「ガンダム」って言い間違えた時は意外に思ったの。。。
と同時に、ニヤリとしてしまったわ♪千綿さんもガンダム見てたのかな??( *´艸`)
『何度でも』は、ちょっと荒々しい男っぽい仕上がりに面白いなって思った。
『全力少年』は、昨年の紅白的イベントで演って楽しかったらしく、唄ってくれたんだけど、どうしてもこのあたりの曲は、「こぶっちゃんはこんな風にギターを叩きながら唄ってたなぁ・・・」とかって思い出しちゃうんです。。。なんだか懐かしくて、それまでとは違う意味でキュントなっちゃいました。
ここまで唄って、何気にオーガスタが多いことに気付く、、、(笑)
『Melody』は玉置さんでもサザンでもないのです。
音源にはなっていない、千綿さんの曲なのです。
アッパーな曲であることは、風の噂で聴いていましたが、想像と全然違いました。
カラッとして、ポップなんだけど、決してメロディアスではない。。。
千綿さんにはあまりないテイストに感じて、とっても新鮮だった♪
もう一度じっくり聴いてみたいなぁ。。。
『欲望の結末』はリクエストを募るといつも入ってくるんだって。
『悲しみさよなら』はさらっと唄った感じ。
これについては特別になにも話はなかったんじゃないかな??
本編ラストはアンリミと光永亮太君と共作した『Story』♪
これ、とっても良い曲なので、そのままにしておくのはもったいないから、なんとか音にしたい・・・ってつぶやいていたよ。

ということで、残念ながらアタシがリクエストした曲は、セレクトされませんでした。。。(T_T)
うむ、やはりハードルが高すぎたかな??(笑)
仮に唄うつもりだったとしても、この日の喉の状態では厳しかったと思う。
実は、1曲目聞いた時に「今日はないな、、、」って思ったのは事実(;´Д`)
だけどさ、ホントはとっても、とっても、とっても唄って欲しかったんだよ。。。

なんて、内心しょげてたんだけどね(笑)

そうこうしてる間にアンコールですよ。

アンコールまでは用意してなかったようで、お友達に楽屋から資料を持ってきてもらったり、わちゃわちゃして唄ってくれたのが『歌うたいのバラッド』♪
用意してきてなかったから「1番だけ・・・」とか弱気なこと言ってたけど、結局フルコーラス唄ってくれてなかったっけ??どうだろ??
千綿さんが唄う『歌うたいのバラッド』もとっても素敵なんたよね。。。
ま、あのせっちゃん特有のけだるさはなく、シャープな『歌うたいのバラッド』の仕上がってたけど。。。

そして、もうひとつアンコールが入りますよ♪
ここで、しょげていたアタシの心に光が差し込んだのですよ。

「あ、あのl曲!!あの曲一人で唄ったことがないから一人で唄ってみたい」って。。。
その瞬間、なぜだか『スタートライン』だ!!って確信したのです。
「この曲は、自分を奮い立たせてくれる曲なんです。。。」ってね★
いやいや、本当に千綿さんがこの曲を気に入ってくれて、アタシは本当にうれしいのです!!
もうね、あっちこっちでどんどん唄って欲しい!!
千綿さんの唄を聴きながら、改めて千綿さんの音感の良さを思い知らされました。
音を外しやすいポイントがあっちこっちにある曲なんだけど(笑)、いちいち完璧なんだよね。。。
ばばっちより安心して聴いてられる(爆)←馬場さんゴメン!!
アタシのリクエストには応えてもらえなかったけど、最後にこんなプレゼント・・・。
とってもうれしかったです。ありがとう♪


翌日に馬場さんのスプリングキャンプを控えていたアタシは、この日に大阪へ戻らなければならず。
千綿さんがステージから姿を消すと、ご挨拶もせずにそのまま会場を後にしたのです。
LIVEの後に声をかけずに会場を後にしなければならないのは、本当のところとっても心残りがあるんだけどねぇ。。。
その気持ちをスパッと断ち切る潔さをちょっとでも身に付けられたらいいなぁ・・・って思ってます♪

今はまだ、ちょっぴり切ない気持ちを抱きつつ、かもめに乗り込んだのです。。。

そして、初めての「さくら」にON!!

さくら車内.JPG


知りませんでした。。。
まさか全席グリーン仕様だったなんて。。。
感激してしまって爆睡したわ!テヘ(#^.^#)


それにしても、妙に停車駅が多いな・・・


と思い、後でうちの人に訊いたら、「さくら」は「ひかり」みたいなもんなんだってね。
昔で言うところのレールスターに乗りたかったら「みずほ」なんだとか。。。


こうして、今年一発目の佐賀旅より無事に帰還したのです。。。
佐賀の酒を携えて・・・。

岩の蔵.JPG


ほら、佐賀駅んとこにあるでしょ??「佐賀の酒応援団」だっけ??日本酒専門店。
あそこのおっちゃんとあーだこーだといろいろ話をして、選んだの。
お客さんがアタシだけだったから、気兼ねなくじっくり色んなお話させてもらったわ☆
なんとなく佐賀のお酒を「甘い」と感じていたアタシ。
どうやらそれは間違っていなかったみたいで、東北のキリッとした辛口を好むアタシの言うことがなかなか通じず、、、(苦笑)
結局、「こっちでしか手に入らなくて、冷酒で飲むのに良いのはどれ??」ってことで、この「岩の蔵」の純米吟醸酒になったのです(笑)。
なんだか見覚えある瓶だなぁ・・・って思ったら、昨夜飲んだお店で飲ませてもらったお酒だった・・・( ̄▽ ̄)
ちなみに右側にあるのは、レトロ館のお土産屋さんで買った「佐賀海苔とろとろしょうゆ」。
お菓子は無し!!
酒飲みか!?(;´Д`)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
前の10件 | - 千綿偉功/LIVE記録(ワンマン) ブログトップ