So-net無料ブログ作成
検索選択
コブクロ/LIVE記録(ワンマン) ブログトップ
前の10件 | -

KOBUKURO LIVE TOUR 2017 "TIMELESS WORLD" ツアーファイナル @京セラドーム [コブクロ/LIVE記録(ワンマン)]

ようやくツアーファイナルまでたどり着きましたよ!!
ここまで長かった・・・。

8月から始まったツアーも12月にようやくファイナルを迎えたのでした。。。

2016年12月18日(日)

この日は、参加出来なくなった旦那に替わり、コブクロライブが久々のお友達と一緒に。
与えられた席はアリーナながら、あの伝説の「け」を思い出させる笑えるお席。
結構な良席が回ってきた友達には爆笑される始末、、、
ええねん、ええねん。
だって、今回、演者の入場口がすぐ近く。
きっと美味しいことも起こるはずだから。

さあ、いよいよツアーファイナル!!

◆セットリスト
1.SUNRISE
2.六等星
3.hana
4.SNIFF OUT!
5.奇跡
6.Tearless
7.Flag
8.同じ窓から見てた空
9.何故、旅をするのだろう
10.NOTE
11.桜
12.蕾
13.未来
14.NO PAIN,NO GAIN(with 布袋寅泰)
15.POISON(with 布袋寅泰)
16.サイ(レ)ン
17.tOKimeki
18.LOVER'S SURF
EN1.今と未来を繋ぐもの
EN2.STAGE

ファイナルってことで、今回は1曲ずつ感想などを書いていきたい。

1.SUNRISE
アサヒの「もぎたて」のCMソング。
タイトルからして、オープニングにふさわしい曲。
なんか、本当に夜が明けて太陽が昇っていくのと同時に、ステージの幕が上がっていく感覚があって、ぴったりはまった。
惜しむらくは、黒ちゃんのエンジンがこの曲ではかかったことがなかったこと。
ここをドカンと決めてくれたら、もっともっとすごいLIVEになっただろうなぁ。。。

2.六等星
これがねぇ。不思議なことにほとんど記憶に残ってないの。
記憶に残ってないというか、この曲を聴いた時に沸いた感情が思い出せないんだな。
多分ね、今回に限ってはアタシの心がこの曲を求めてなかったんだと思う。

3.hana
言わずと知れた、ロッテのGhanaチョコレートのCMソング。
サビ始まりってこともあってか、「みんなも一緒に唄おう~♪」ってこぶっちゃんが毎回煽るんだ。
「煽んなくていいからぁ~」って毎回思ってた(笑)
友達はこういうラブソングはもういいって言うけど、アタシはキライじゃないんだよね。
温かくて甘いラブソングはこぶっちゃんの真骨頂だし、何よりこういう曲を唄ってる時のこぶっちゃんの優しい笑顔が好きなんだ。
ま、ちょっぴり幼さもあって、さすがに黒ちゃんに唄わせるのはそろそろ気が引けるけど(^▽^;)

4.SNIFF OUT!
これはなんてドラマだったか忘れたけど、刑事もんだったかな??
その主題歌だったよね??
ステージに火柱が立つ演出がとってもカッコ良かった☆彡
重厚さと軽快さが織りなすアレンジが、メリハリ効いてていいんだよ~
アウトロでは、一瞬音が途切れて動きが止まり、また鳴り出すというにくいアレンジ!!
今までのコブクロにはないシックさを感じよ。

5.奇跡
裏ノリに着いてこれない人、裏ノリということにそもそも気づいていない人がいて、それにつられそうになりながらの手拍子で、あんまり集中できず。
その前に、あんまり好きじゃないんだよね、この曲。

6.Tearless
今回のアルバムで唯一黒ちゃんが作った曲。
またまた、コブクロにはないタイプの曲を作りなさった。
CDで聞いた時は「ん~~」って思ったんだけど、バンドでドーンと演られると、超カッコいいの!!
京セラではレーザービームが飛び交う中、クールなメロディにアダルトな歌詞が乗っかって、かなりロックなアレンジに。
こういうのも違和感なくバシッと決めてくれるところに、コブクロの振り幅の広さを感じる。
そもそもロックを聴いて育ってきてる子たちだもんね。
そういう意味では、千綿さんと通じる部分があるね。

7.Flag
今回は二人の弾き語りから始まるの。
静かに始まって、どんどん楽器が増えていって、シンプルだけど深みのある音にどんどん惹きこまれていくの。
このあたりでは黒ちゃんも完全にエンジンがかかってるんだよね。
黒ちゃんの太くてあったかい声が会場に響き渡っていく感じが堪らないの。

8.同じ窓から見てた空
こぶっちゃんがいつも親友の話をしてくてさ。
ある時、地元に帰ってみんなで飲んだ後、たまたま校門が開いてた母校に忍び込んで。
その時に、親友がぼそっと「会社を辞めた」って打ち明けてきて。
奥さんも子供もいるのに、大変だろうなって思ったけど、なんて声をかけたらいいのかわからなくて、ただだまって話を聞いてた。
その後、何か伝えられることはないかって書いたのが、この7分越えの超大作だったのだ。
なんか、勝手にその情景を想像して、勝手に千綿さんとシンクロさせてる自分が居て。
少し前に佐賀に行ってたこともあり、なんだか妙に胸がざわついたよ。

9.何故、旅をするのだろう
この曲もJR西日本のCMで使用された曲。
丁度熊本大震災の前に流れてたんだけど、地震があってから流れなくなったんだよね。
あの当時、九州新幹線のCMが、「勇気づけられる」とか、「感動する」なんて話題になっていたけど、アタシとしたらこっちのがぐっときたんだよね。
でね、この曲の歌詞が、ホントに沁みたわ~
 ♪帰る場所がひとつ増える度 
  会いたい人がまた一人増えてく
 「また会える日まで 元気でいてね」と
 潤む瞳 かすれた声
時期が時期だけに、千綿さんとの色んなシーンがフラッシュバックしたわ。
バルーンフェスタでアタシ千綿さんに最後にかけた言葉は「また会えるよね?」だったもんなぁ。
みんな同じ気持ちなんだなぁ・・・。

10.NOTE
これぞ小渕健太郎の真骨頂!!
もうね、大好きな大好きなラブソングなのです!!
甘くて、優しくて、あったかくて、可愛くて。
メロメロになる要素満載!!
アタシがちょっと心をやられている時に、そっと癒してくれた曲なんだよね。
「なんだろう?このあったかい気持ちは・・・」って思ったよなぁ。。。

11.桜
何度も何度も聴いてきた曲だけど、今回、この曲がこんなにも力強い曲だったのかと、改めて感じることが出来た。
 ♪人はみな 心の岸辺に 手放したくない花がある
  それはたくましい花じゃなく 儚く揺れる 一輪花
  花びらの数と同じだけ 生きていく強さを感じる
  嵐 吹く風に打たれても 止まない雨はないはずと
この詞が、この時のアタシの胸にたまらなく響いたんだ。
桜って強いんだよね。
桜の時期に生まれた人も、冬を越えたらまた美しい花を咲かせるに違いない!!
人にはそれぞれカレンダーがあるからね。
今は冬なだけ。また必ず春が訪れるんだから。

12.蕾
『蕾』がツアーのセットリストに入ってきたのは、実は意外と珍しいんだよね。
でさ、今気が付いたんだけど、これって「NAMELESS WORLD」には収録されてないよね?
これが収録されているのは「5296」だよね??
今回のセットリストは「NAMELESS WORLD」と「TIMELESS WORLD」で構成されていたのだけど、『蕾』はこの場所にあるべくしてあった感じだね。
桜の花が咲いて、花が散って、枝が延びる。
その輪廻を描くには欠かせない1曲だもの。
とにかく、今回この曲を唄う黒ちゃんがすさまじかった。
今思い出しても、すごかったなぁって思う。
こんなに力強く唄っていいのか?とも思ったけど、気持ちが入っちゃったんだからしょうがない。
あの唄は、黒ちゃんにしか映し出せない景色だったな。。。

13.未来
桜→蕾→未来
この流れが本当に秀逸で。
そして、この『未来』の世界観が、アタシの心の中を唄ってくれていたんだ。
自信を持って言えることでも、決して伝えられない、伝えてはいけない「想い」ってあるよね??

14.NO PAIN, NO GAIN
MCでどんな話が繰り広げられたかはもう覚えてないけど、とにかく爆笑して、いよいよ盛り上がりのコーナーへ。
ん?いつもとなんか様子が違うぞ?と思ったら、こぶっちゃんがそわそわしながら、「今日はファイナル!素敵なゲストをお呼びしました!!」って。
特にそれを期待してたわけじゃないから、「誰?誰?」ってなって、入場口から出てきた人を見て、ぎゃあーーー!!
それは布袋さんだったのです。
そっか、それはあるなって、今から思えば想定できることだった。
そして、コブクロの為に作ってくれた『NO PAIN, NO GAIN』をセッション!!
面白かったのが、布袋さんのギターソロ。
その音を聴いた瞬間、思わず笑ってしまった。
こんなにも違うモノなのかって。
素人が聴いてもその音の違いはハッキリしていて、さすがだなぁって思った。
人ってすごいものを目の当たりにすると笑うんだわ。。。(笑)
後で友達と話したとき、みんな同じこと言ってたよ。

15.POISON
布袋さんとはもう1曲演ってくれたよ。
布袋さんの代表曲『POISON』♪
黒ちゃんが布袋さんにからまれて、照れながらも足とか上げてんの!!
後から自分でも「テンション上がってつい足上げてもーた」って言ってた(笑)
背の高い二人が並ぶと圧巻だったよ。

そして、颯爽と布袋さんは去ってった。
考えたら、布袋さんにそれほど思い入れのないアタシだけど、ええもん観たって得した気分♪
しかも、入退場口がすぐそこだから、間近で見ることが出来たよ。

16.サイ(レ)ン
布袋さんの余韻さめやらぬ中、銀テが飛ぶ!!
みんなのテンションも上がってるし、もう何が何だか。
この曲では、今ツアーから手振りが入ってるの。
サビで黒ちゃんが手振りを煽ってきて、もう完全に定着してる。
『潮騒ドライブ』→『Summer rain』ときて、その次を担ったのはこの曲でしたか。

17.tOKimeki
この曲は『hana』の次にロッテのCMで使用されている曲。
とってもポップでかわいらしい曲なんだ。
サビの部分のダンス(?)を、結構ノリノリでやっちゃってます(笑)

18.LOVER'S SURF
本来なら、ここに『SPLASH!』が入ってくるところなんだけど、布袋さんのサプライズが入った関係で割愛されたみたいね。
こぶっちゃんと福ちゃんのギターバトルを見ながら、さっきの布袋さんの音を思い出してみたり。
比べちゃいけないんだろうけど、やっぱ違うと思ってしまうのだけど、いったい何が違うんだろう??
この曲のリズム取りが難しくて、ここにきてようやくついてけるようになったのに、もうファイナル~(;O;)
パーンと盛り上がって本編終了。
きゃあきゃあ、みんながこの通路を通ってくる~!!
やっぱコブクロの二人がやってくると俄然テンションがあがるんだよなぁ。。。

EN1.今と未来を繋ぐもの
アンコール1曲目は、シングル『桜』のカップリングだった曲。
10年前にリリースしたアルバム「NAMELESS WORLD」と、それに対応するように出来上がった「TIMELESS WORLD」。
10年前から考えたら、まさに今と未来が繋がって出来上がったアルバム。
ぴったりやんということでセットリストに入れたって。
なんか、この光景が見えていたみたいな感じだね。

EN2.STAGE
今回のツアーを締めくくる『STAGE』。
こぶっちゃん曰く、コードを3つしか使ってないシンプルな曲。
だけど、とってもどっしりとした曲。
アタシたちのことをそんな風に考えてくれていたんだって思うとうれしい。
 ♪10年先も僕らのステージを 支える柱は きっと君なんだ
何度も何度も一緒にこの部分を歌ったね。
ホントにそう在りたいって思う。
コブクロだけじゃなく、ね。
最後に二人が言うんだ。「信じているよ」って。
10年後の約束、こっちこそ信じてるよ。

最後までしっかりと唄いきると、二人は深々とお辞儀をした。
バンメンたちと一緒に花道を回っては「ありがとー」って叫ぶ。
とっても素敵な光景。

そして、いよいよ最後の時、アタシたちのすぐそばを通り、扉の向こうに消えていきました。


今回のツアー、今までにないくらいクオリティの高いツアーだったように思う。
いろんな事を乗り越えて、またこんなすごいステージを魅せてくれる二人がとても誇らしくて。
まだまだ引き出しがあることに、ますます期待も膨らむし。
いつも期待した以上のものでアタシを楽しませてくれる。

改めて、こんなライブが見られることがとてもスペシャルなことだって実感しました。

ホントにどうもありがとう!!

また今年もツアーがやってくるね。
昨日より今日、今日より明日。

期待に胸を膨らませて、その時を待ちたいと思います!!
よろしく!!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

KOBUKURO LIVE TOUR 2016 "TIMELESS WORLD" セミファイナル @京セラドーム [コブクロ/LIVE記録(ワンマン)]

油断するとしゃがみ込んでしまいそうな心を抱きつつ、ちゃんと立ってる自分を褒めてあげたい!!
強い心で、今年もがんばりますよ!!

さて、いよいよ今年のライブ初めが近づいてきましたよ。
今年はいきなり江戸へ飛びます!!(って、去年もそうだった・笑)
440で臼井君のイベントに岡野君が登場!!
千綿さんが復帰したら、是非、千綿さん、臼井君、岡野君の3人で、C.O.Lを演って欲しい!!
臼井君、頼んだで!!

ってことで、ライブ初めの前に、昨年のライブ記録をやっつけておきたいところ。。。
いよいよお尻に火が着いてきて、あわてている次第、、、


2016年12月17日(土)
20161217京セラ.JPG


やって来ました、京セラドーム!!
ドームってことは、やっぱりアレか??
・・・と、中に入ってみると、やっぱり!!
これまでとは違って、センターステージに、氷の結晶の様な花道。
2015年の軌跡ツアーのステージの組み方。
なんでだろう??きっとそうだろうって思ってたから、ごく当たり前に受け入れられた。
そして、この日アタシに与えられた席は・・・アリーナ北の生簀の中。
それも、一番あかん生簀の中心!!(爆)
ステージだってそこそこ遠いし、これだけ張り巡らされた花道が、どれも美味しくない!!(泣)

ちょっぴり残念な気持ちをかかえながらの開演!!

◆セットリスト
1.SUNRISE
2.六等星
3.hana
4.SNIFF OUT!
5.奇跡
6.Tearless
7.Flag
8.同じ窓から見てた空
9.何故、旅をするのだろう
10.NOTE
11.桜
12.蕾
13.未来
14.サイ(レ)ン
15.tOKimeki
16.SPLASH!
17.LOVER'S SURF
EN1.今と未来を繋ぐもの
EN2.STAGE

バーンと始まったけど、黒ちゃん、声がころころ裏返って、あららららぁ~
調子はもう一つと言ったところ。
だけどね、ここは京セラドーム!!
『SNIFF OUT!』の火柱が、例えばサザンなみにドッカンを期待したのだけど、設置している場所を考えるとそういうわけではなくアリーナと同じ感じで。
でもね、『Tearless』では、レーザービームが飛んで、めっちゃくちゃカッコ良かったんだ。
これはドームならではの演出だったのかもしれない。
なんか、コブクロのLIVEじゃなくて、hideちゃんとかのLIVEに来た気分だったよ。
ちなみに、今回の演出は黒ちゃんが考えていることもあって、黒ちゃんのスタイリッシュなセンスを感じたな。ロックだった~♪
黒ちゃんの演出、結構ツボだよww
そして、二人で弾き語る『Flag』と『同じ窓から見てた空』は、南側の花道で。
こうなってくると、二人の姿は全く見えなくて、ビジョンで観るしかない。
面白かったのは、「それでは聴いてください」のあと、南側では拍手が起こり、北側はシーン。
大阪、ハッキリしすぎ!!って思った(爆)
そして、センターステージに戻ってきた2人。
『何故、旅をするのだろう?』では、ビジョンにそのMVが映し出されるの。
それは、JR西日本のCMでも使用されていたものと同じなのだけど、二人がギターを手に九州の各地を旅しながら路上ライブをする内容。
アタシの心の中にふっと「ウタたび」って言葉が浮かんで来て、気が付いたら涙が流れてた。
この時って、ちょうど千綿さんのイベントの中止が発表されたあと一発目のLIVEだったんだよね。
あんまり気にしないようにして、いろんな想いを堪えてたんだけど、この曲の歌詞に千綿さんを投影してしまったよ。。。
そうなるともう抑えられなくて、『桜』ではもう。。。
『桜』の歌詞の儚さと強さがここまで身に染みたのは、たぶんこれが初めて。
仕上げは『未来』。
そう、まだまだ未来に向かって枝は伸びて行ってるんだよ~♪

今ツアーでは久々の涙に焦ったんだけど、その後はバッチリ笑わせてもらいました!!

さて、盛り上がって行きますよ!!
言ってもアリーナですから、銀テに期待ですよ!!
ところが、『サイ(レ)ン』で弾け飛んだ銀テは、見事にアタシたちの頭上でパッカーン!!
もはや、悔しいという感情すら沸かん!!
『LOVER'S SURF』のギターバトルは、北側で!!
一気に畳みかけて本編は終了。

アンコールの唄はなかなかそろわなくて、結局ばらばらのまま二人が登場!!

今回のツアーでは、こぶっちゃんがしてくれるお話がなんだかとっても素敵なんだ。
「10年後のチケットを手渡すつもりで、この歌を唄います。」
そう言って唄ってくれる『STAGE』に、これからもずっと追いかけていけるって思った。

二人の唄を聞き届けると、アタシ達はまた夜の闇に消え、ライブの余韻と共に、美味しいお酒におぼれるのでした。。。

楽しかったよ。ありがとうね♪


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

KOBUKURO LIVE TOUR 2016 "TIMELESS WORLD" @マリンメッセ福岡 2日目 [コブクロ/LIVE記録(ワンマン)]

一夜明け。

まだまだ福岡の食を満喫しようと、友達に連れられ赤坂へ・・・。

なんでも、とても人気のお店らしく、開店30分前で長蛇の列!!
基本、食の為に並ぶことをしないアタシだけど、お姉さま方の言うことには反対できるはずもなく・・・(;^ω^)
その甲斐あって、1,500円でこんな豪華なランチにありつけたのです♪
IMG_3667.JPG

稚加栄という和食のお店。
大きな水槽には関サバとか、関アジとかがうようよ泳いでいたよ。
隣のお席の3人組が、チューブの明太子を2本使い切っていたことには驚きが隠せなかった(爆)

その後、お茶する場所を探しながら歩いていると、見たことのある景色が!!
そう、ここは赤坂。
赤坂にはちょっとした想い出があるのだ。
ホテルアセントまで来ると、もうアタシの頭ん中は「風街」がぐるんぐるん回っていたの。
それはね、岡野君のファーストツアー初日、福岡公演でのMCで登場した喫茶店。
岡野君に『風待ち』という曲があることから、ラジオ局の方だったかイベンターさんだったかにそこへ連れて行ってもらって、チャイを飲んだって言ってたっけ?
あの時、友達とその「風街」を探したんだけどなかなか見つけられなくて、見つけた時にはタイムオーバーで、、、という悔しい思い出があったの。
あれが確か2009年だから、7年越し??
純喫茶って感じで、妙に懐かしさもありつつ、落ち着けるお店だったよ♪

さてさて、一息つくと、アタシたちはタクシーでマリンメッセに乗り付けた。
雨が降ってるのに、開場が予定よりも結構遅れてね。

20161127マリンメッセ.JPG


こんな状態だから、もちろん傘はさせないわけで・・・冷えた~

この日もアタシの席はステージの正面。
前日の景色をやや右から観るか、左から観るかの差(;・∀・)
ま、3次先行だから、しょうがないよね??

いよいよ開演!!

◆セットリスト
1.SUNRISE
2.六等星
3.hana
4.SNIFF OUT!
5.奇跡
6.Tearless
7.Flag
8.同じ窓から見てた空
9.何故、旅をするのだろう
10.NOTE
11.桜
12.蕾
13.未来
14.サイ(レ)ン
15.tOKimeki
16.SPLASH!
17.LOVER'S SURF
EN1.今と未来を繋ぐもの
EN2.STAGE

この日も二人は絶好調!!
最初こそ黒ちゃんの声が裏返ったりしたけど、徐々にエンジンがかかってきて、2ブロックあたりからはもう安心して観てた。
ちょっとね、センターステージでの『Flag』とか『同じ窓から見てた空』あたりは、昨夜のお遊びが祟ってうつらうつらしそうになったけど・・・(^▽^;)
でもね、福岡やん?
こぶっちゃんの地元は宮崎だけど、なんかやっぱ九州やん??
『同じ窓から見てた空』の曲説ではいつも親友の話をしてくれるのだけど、佐賀で千綿さんを見てそんなに日が経ってなかったこともあり、なんかオーバーラップしてくるものがあった。
なんなんだろう??
アタシのこのなんでもリンクさせたくなる癖は・・・アハハ
そんで、JR西日本のCMで使用された『何故、旅をするのだろう?』では、スクリーンに九州の各地の映像が映し出されて、そこには熊本地震で大きな被害を受けた場所でのストリートやってる映像もあったりで、やっぱりなんかちょっと胸にくるものがあったな。。。
そのころにはアタシの眠気も吹っ飛んでたし(笑)
『桜』から『未来』までは、これまた惹きこまれたよ。
で、MCに入った時、入場待ちの雨が祟ったのか、まさかの尿意に席を立った。
もう何年もコブクロのライブに参加してきているけれど、初めての経験!!
よく考えたら3時間越えのライブで今まで一度もそういうことがなかったことの方が奇跡よね?(笑)
トイレにも二人の声は聞こえると思っていたのに、全く聞こえなくて、猛烈ダッシュしたよ~(゚Д゚;)
ま、後で友達に聞いたところによると、そんなたいした話はしてなかったようで(笑)
ここからは盛り上がるだけ。
銀テはもちろん届かず。
一人でも「OK」って躍るし。
アンコールの『STAGE』を聞き届けると、今度は猛烈ダッシュで会場を飛び出し、タクシーを拾い博多駅へ!!

本当は新幹線で友達とライブの余韻に浸りながら帰りたいところを、新大阪から先が繋がらないということで、泣く泣く空を選択したの。
ところがですよ!!
福岡空港の空が混んでるってことで、フライトが1時間近く遅れたの。
そのせいで辺鄙な搭乗口へ回され、バスで飛行機まで連れてかれてさ。
飛行機は揺れるし、関西空港からの電車は終電で、ドタバタだったよ。
気が付けば、新幹線で帰った友達のが先に帰宅しているというミラクル!!(爆)

だけど、2日間とっても楽しい旅だった。
そして、2日間、とってもクオリティの高いステージを魅せてくれたコブクロと、そのスタッフたちに拍手!!
期待した以上のものを魅せてくれて最高でした。どうもありがとう。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

KOBUKURO LIVE TOUR 2016 "TIMELESS WORLD" @マリンメッセ福岡 初日 [コブクロ/LIVE記録(ワンマン)]

寒いね。
冬だもん。当たり前。
今冬もインフルエンザ知らずかな??

さて、いよいよコブクロの2017年度のツアー日程が発表されましたよ!!
今回は7月はじまりの11月ファイナル。
アリーナはもちろん、ホール公演の数も増え、なかなか悩ましいね。
ステータスを上げて良かった・・・って、つくづく思ったよ。
今年も10本くらい参加出来たらいいなぁ。。。

さてさて。
もう今年のツアーの話が始まったというのに、ここはまだ昨年のツアーのお話。(;・∀・)

佐賀から帰阪したその次の週に、今度は福岡に。
11月に入って、三度九州へ・・・。


2016年11月26日(土)

羽田から飛んで来た友達と、伊丹から飛んで来た友達と、関空から飛んだアタシの待ち合わせ場所は、福岡空港!!
アタシも大人になったなぁ...( = =)

みんな同じホテルだったから、かばんを預けると、まずは天神に移動し、腹ごしらえ♪

ひょうたん寿司.JPG

初、ひょうたん寿司~♪
友達が博多に来たら必ず食べにくるおススメのお寿司屋さん。
うにが苦手なアタシなので、チェンジしてもらったら、和牛の握りが出てきてヤッホー♪
昼からビールをいただき、とっても美味しくいただきました!!
ここ、実はかの有名な老舗ライブカフェ(?)、「照和」のすぐ隣にあるのです!!
いつもお客さんが並んでるらしいんだけど、流れは良い。
そして、夜は比較的大丈夫みたいだよ♪

そして、目指すは3年ぶりくらいになるマリンメッセ福岡!!
20161126マリンメッセ.JPG

会場にはコブクロの弟分、レーベルメイトの古澤剛君の曲が流れていて、とっても複雑な気分になった。

さて、今回はステージを正面に見たスタンドから。
マリンメッセは2度目だけど、比較的見やすい印象。
前回の愛媛から1か月以上経っていたので、なんだかワクワク度合いも高かったよ。

◆セットリスト
1.SUNRISE
2.六等星
3.hana
4.SNIFF OUT!
5.奇跡
6.Tearless
7.Flag
8.同じ窓から見てた空
9.何故、旅をするのだろう
10.NOTE
11.桜
12.蕾
13.未来
14.サイ(レ)ン
15.tOKimeki
16.SPLASH!
17.LOVER'S SURF
EN1.今と未来を繋ぐもの
EN2.STAGE

正面から観る、オープニング!!
ステージの真ん中で二人のシルエットが浮かび上がった瞬間、一気に興奮した☆彡
会場に響き渡る黒ちゃんとこぶっちゃんの唄声に、なんか良い予感がした。
もちろん、黒ちゃんのエンジンは、まだまだこの『SUNRISE』ではかからないのだけど、、、
でも、気が付いた時には、「今日はヤバイ」と思ってるアタシがいたの。
もうね、センターステージの『Flag』からは、息をのむ時間だった。
持ってかれた~!!
黒ちゃんの迫力ある唄声と、こぶっちゃんの気持ちよく伸びる声。
『未来』まで、息をしてなかったかもしれない・・・ってくらい、すごかったよ。
ビンビン心に響いてきたよ。
そして、ここは福岡。
こぶっちゃんのお姉さんがまたまた福岡に戻って来てるってことで、MCではお姉ちゃんいじりが止まらない!!
まずは黒ちゃんが、お姉ちゃんが差し入れに持ってきてくれたミニどら焼きに、「なんで俺にミニどら焼きやねん!!」って突っ込む。
「しかも、俺あんこ嫌いや!!」って、お姉ちゃん客席に居るのに言いたい放題!!
で、こぶっちゃんがお姉ちゃんの家に遊びに行った時の爆笑エピソードを披露。
お姉ちゃんの家に遊びに行ったとき、帰る時にタクシーを呼んでくれることに。
丁度家の前がタクシーの営業所ってことで、お姉ちゃんが窓を開けたんだって。
こぶっちゃんは、まさかここから呼ぶんか?って思ったら、そこに看板で電話番号があって、お姉ちゃんがスマホを取り出して電話をかけてたんだって。
だけど、ずっと「あれ?あれ?」ってなかなかかからない様子。
で、お姉ちゃんが放った一言が・・・
「やだ、電卓だった~!!」って(爆)
会場大爆笑で揺れたよ。かわいいねぇ。。。
お姉ちゃんの話をする時のこぶっちゃん、とってもうれしそうなんだよね。
「天然ですが、とっても優しい姉です」って。。。
なんか、たまらなくほっこりした時間でした☆
で、こっからは一気に盛り上がって、アンコールの『STAGE』まで、二人のすごい唄声は響いたのでした。
期待した以上のものが、マリンメッセにはありました。

お城2日目のようなステージはもう観れないかな?って思ったのだけど、いやいやどうして・・・。
ホントに、城二日目を彷彿とさせる最高のステージに大満足の夜でした。
ほんとありがとうね♪


で、最高のステージを観て外に出れば、結構な雨。
そんな中、満杯のバスに揺られ天神まで戻ると、路地裏の小汚いもつ鍋屋さんへ・・・(笑)。

楽天地.JPG

「楽天地」は、実は結構有名なお店だったのです!!
もうね、このもつ鍋がバリうまで!!
初めて酢もつもいただいたのだけど、これもまためっちゃ美味しくて、最高でした!!

佐賀もそうだけど、やっぱ九州って食べ物がおいしい!!
ライブだけじゃなく、食も楽しめるって、本当に楽しいよね??

最高のライブに、最高のもつ鍋で、福岡の初日は過ぎていくのでした・・・。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

KOBUKURO LIVE TOUR 2016 "TIMELESS WORLD" @ひめぎんホール [コブクロ/LIVE記録(ワンマン)]

久しぶりに壁を感じている。
突然目の前にそそり立った大きな壁。
わかってるねん。これ、勝手に自分でこしらえた壁だってこと。
むむぅ~、乗り越えるか、叩き潰すか、、、
出来ればひらりと飛び越えたい!!

大きく深呼吸して行きますか!?

さてさて。
こないだはコブクロで初めての地へ行って来たよ!!

明石海峡大橋を越え、鳴門大橋を駆け抜け、たどり着いたのは愛媛県!!
とりあえず、石鎚山SAで休憩。

石鎚山sa.jpg


愛媛の名産であるみかんを目の前で絞ってくれるオレンジジュース。
これがめちゃくちゃ甘くて美味しい!!
そして、お店のポスターにそそられて、ふらりと店内を物色。

あ、あったーーー!!
が、しかし!!なんと1個400円越え!!
高いやん(涙)
けど、食べる!!
2つ手にして、ニヤニヤしながらレジに並んでいるアタシを、少し離れたところから旦那が面白がって見てた(苦笑)
これがまた、バリウマで焦る!!
大福の中身はまるごとみかん。それも半凍り状態のみかん。
いやぁ・・・高かったけど、その分とっても美味しかった!!

今回初めてその地に足を踏み入れた松山。
近くに松山城があるってことで、これはやっぱり行くでしょ??
こう見えて、お城があれば行きたい人なんです。
とは言っても、そのお城の成り立ちとかそういうことよりも、そのフォルムを眺め、天守閣に登り、昔武将が見たであろう景色を眺めるのが好きなのです。
行ってみて初めて知ったんだけど、松山城は山の上にあるのだ。
まるでスキー場かと思うようなゴンドラとリフトがあって、リフトは待ち時間なしなので、リフトで登ったよ。
スキーで慣れ親しんでいるリフトのはずなのに、雪が積もってないだけで、何?この恐怖感!!
そう、アタシ、実は高所恐怖症なのです(;゚Д゚)
そんなこんなで到着した松山城。
松山城.JPG

しっかりとその眺めを楽しんで来ましたぞ!!

まるで観光に来たみたいになっているのだけど、この後は、ひめぎんホールへ向かうのだ!!


2016年10月8日(土)

初めての会館。ひめぎんホール!!

ひめぎん.JPG


コブクロのLIVEをホールで観られるのは、2008年の宮崎以来!!
やっぱね、ホールにはアリーナやドームとは違う近さと音の良さがあるので、チケット取れた時からこの公演を本当に楽しみにしていたの♪
席は真ん中からやや下がったところだけど、全然近い!!
振り返ったらお久しぶりのお友達が偶然いて、なぜか爆笑したよ!!


さて、まだツアー中なので、隠します。




続きを読む(以下ネタバレ)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

KOBUKURO LIVE TOUR 2016 "TIMELESS WORLD" @日本ガイシホール [コブクロ/LIVE記録(ワンマン)]

今年も来年の働き方について考えないといけない時期が来ましたね。
何て言うか、、、つくづく主婦には向いてんだなぁ、、、と。
家事をするよりも仕事してる自分にこそ輝きを感じる!!
評価されるのが楽しくて、期待されるのがうれしくて、求められると頑張りたくなる!!
そこに立ちはだかる130万の壁!!
扶養から外れるなら、これくらいは稼ぎたいという金額があるのだけど、そこまでいこうと思うと、時給では現実的でないのよね。。。
「だから、社員になったらええやん!」
簡単に言ってくれますが、、、
でも、この年齢でも社員として雇ってもいいと思ってくれていることに感謝!!
あ~ん、結婚さえしてなければ、もっとバリバリやれるのに!!
なんて考えることもしばしばですよ(爆)
悩ましい時期です。(あ、働き方の問題ですよ。念のため。)

さて、11月も半ばですね。
まだ全然追いついていないliveの事、書きましょうかね。


2016年9月22日(木)

今ツアー5本目となる名古屋2日目のお話を。

20160922日本ガイシホール.JPG


続きを読む(以下ネタバレ)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

KOBUKURO LIVE TOUR 2016 "TIMELESS WORLD" @広島グリーンアリーナ 2日目 [コブクロ/LIVE記録(ワンマン)]

広島優勝から一夜明けた広島の街は、昨夜の喧騒がまるで夢だったのかと思うほど、落ち着いていた。
訳あって、目覚めた時から心がざわついていたアタシ。
ホテルのロビーにあるTVを眺めながら、自分が広島にいることを痛感していた。
街へ繰り出すと、落ち着いてはいるものの当たり前のように優勝セールが始まっていた。

20160911広島.JPG


とびきり目を引いたのは、この勝負パンツ!!(笑)
勝負パンツ.JPG

情熱の「赤」やね(笑)。

ライブが始まるまで、つけ麺を食べたり、カフェでお茶したりと、広島の街をぶらぶら。
そんな間でも、アタシの心はずっとざわついていた。
というのも、実はこの日はヨコハマアコフェスの日だったのだ、、、
そして、そこには千綿さんが参加するという、、、
だから、そっち方面が朝から気になって、気になって仕方がなかったのです。
今年はねぇ、、、数少ない千綿さんのライブが、先に予定を組んでたライブとだだかぶり状態で、この広島もそのひとつ。
なかなか逢えない、、、今年はそんな年なのかなぁ、、、

なんて物思いにふける、2016年9月11日(日)。

落ち着かない中、いよいよこちら広島でもコブクロのライブが始まる!!

続きを読む(以下ネタバレ)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

KOBUKURO LIVE TOUR 2016 "TIMELESS WORLD" @広島グリーンアリーナ 初日 [コブクロ/LIVE記録(ワンマン)]

えっと、、、なんか随分昔の話が持ち上がったみたいで、、、
真偽のほどはわかりませんが、少しは週刊〇潮さんの販売部数に貢献できたのでしょうか??
特に話題にされることもなく静かにフェイドアウトして行った様子から考えると、甚だ疑問、、、(爆)
逆に切ないわっ!!(;゚Д゚)
これを機に、アダルトなラブソングにも挑戦していってくれることに期待しておる!(爆)

さて、風がキンモクセイの香りを纏うようになり、いよいよ秋も深まってきたようで。
今年の秋は本当に忙しい!!
毎年恒例の京都の美食・紅葉狩りも、今年は行けそうにないなぁ、、、


お城2daysの一週間後。
アタシの姿は広島にありました。

2年くらい前まで、旦那様の仕事の都合で広島にいたお友達に連れられて、広島の街を散策。
ここからは、この日が初日の埼玉のお友達も合流[るんるん]
ライブ前にまずは「あとむ」さんというお好み焼き屋さんでビールとお好み焼きで腹ごしらえ[るんるん]
大阪人としては「広島焼き」と言いたいところだけど、友達に叱られるので、心の中だけでつぶやいておきました。
そして、ずいぶん前の黒ちゃんのサインが飾ってあったのです。
商店街を歩けば、なんだか妙に「カープV7」の文字が躍っています!!
そうなんです!!野球には疎いから知らなかったんだけど、この日カープが勝てば優勝が決まるという、そんなタイミングの日だったのです!!


2016年9月10日(土)

向かうは1年ぶりの広島グリーンアリーナ!!

20160910グリーンアリーナ.JPG


城ホールの爆発が記憶に新しいまま乗り込んだ広島。
どんなステージが繰り広げられるのか??


続きを読む(以下ネタバレ)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

KOBUKURO LIVE TOUR 2016"TIMELESS WORLD" @大阪城ホール 2日目 [コブクロ/LIVE記録(ワンマン)]

ここ最近は、とても爽やかな秋晴れの日が続いています。
夕暮れの空模様なんて、なんだかもう「きゅん」ときて、たまらなくなりますね。
すっかり秋です。。。
のんびりと過ごした夏から一転、とても忙しい秋を過ごしています。

そんな中、年に1、2回訪れる頭重の時期をなんとか脱出!!

気が付けば、参加を予定していたコブクローツアーも、半分の公演を昇華。
早い!!
そんなわけで、慌ててPCの前に座っている次第、、、(^▽^;)
いい加減こういうの卒業したい今日この頃。

少し記憶を戻して・・・

大阪城ホール2日目の感想など。。。

20160904お城.JPG



2016年9月4日(日)

この日はお友達に救済していただいたお席だったのだけど、これがまあ、想像以上に素敵なお席だったのです!!


続きは隠します♪

続きを読む☆彡(以下ネタバレ)


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

KOBUKURO LIVE TOUR 2016 "TIMELESS WORLD" @大阪城ホール 初日 [コブクロ/LIVE記録(ワンマン)]

8月の後半から、いよいよコブクロのライブツアーが札幌からスタートしました!!

そして、アタシの初日は大阪城ホールから始まったのです♪
急きょ追加になったお城での公演。
会員先行では敢え無く落選したものの、ステージサイド席に救われました。

2016年9月3日(土)

20160903お城.JPG


開場前に、まずは会場限定販売の記念アルバムを引き換えに。
これは、10年前にリリースされた「NAMELESS WORLD」と、最新アルバム「TIMELESS WORLD」を抱き合わせたもの。
どっちも持ってるからいらないと言えばいらないんだけど、そこはコレクターの血が騒ぐ(笑)
そう言えば、なぜか我が家にはコブクロのポスターがなかったから、今回このアルバムを買えばポスターがもらえるので、ちょうどいいかと言う感じ。
くじ引きは案の定、、、あはは(^▽^;)

アルバムを引き替えると、とりあえずホールの裏に回って、恒例のツアトラ撮影会(笑)
2016城ツアトラ.JPG


約1年ぶりのコブクロLIVEに、徐々にテンションも上がってくるのです♪

今回のお席はステージサイドと言いながら、Bブロックの2列目。
席に着くと、花道がすぐそこ!!


さて、まだツアーは始まったばかりなので、ここからはネタバレになるんで隠します。





続きを読む(以下ネタバレ)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
前の10件 | - コブクロ/LIVE記録(ワンマン) ブログトップ