So-net無料ブログ作成
検索選択
馬場俊英/LIVE記録(ワンマン) ブログトップ
前の10件 | -

Spring camp 2017 ~BHC 5周年スペシャル~ @エル・シアター [馬場俊英/LIVE記録(ワンマン)]

2年ぶりに人間ドックを受診してきました。
ちゃんと婦人科検診も受けましたよ!
乳がん検診は超音波だったんですけども・・・
右胸に比べると、左胸がやたら長いなぁ・・・ってやや不安に感じてたんです。
そしたら案の定、、、
「右のお胸は問題ありません。左のお胸がちょっと・・・」
キタ!マジか、、、_| ̄|○
「乳腺の中に嚢胞が出来てます。まあ、嚢胞は体中のどこにでも出来るものなんで、問題ありません。」
心臓に悪いです、、、アタシ、一瞬覚悟しましたから!!(゚Д゚;)

とまあ、最終結果は3週間後に届くのだけども、とりあえず、「体重だけやね。減量しましょう!」と半笑いの先生の顔、忘れませんから!!( ;∀;)


世間は春ですね。
花粉は大丈夫ですか?
アタシは花粉には負けない体質?、気質なので、問題ありません。
年に一度の憂鬱な人間ドックを終え、ひとつ肩の荷が降りたところで、ライブのお話。


2017年2月25日(土)

恒例のBHCスプリングキャンプに参加してきました!!

エルおおさか.JPG

ここは、な、な、なんと!!
月に2度、アタシが仕事で訪れる場所なのです!!
このエル・おおさかの中にあったんですねぇ!!
「エル・シアター」というちゃんとしたホールが!!
ここでは以前、KANちゃんもライブをやっていました。
受付の方とは面識があるので、バレないように(何故?)いそいそと会場へ向かうアタシです。

今回は結構前方のお席でしたの。
会場に到着すると、まずは馬場さんとの2ショット撮影から♪

「腕組んでもいいですか?」というお願いに、今年も「いいよ~♪」と優しく対応してくださる馬場さん。
馬場さんの左腕にしっかりとしがみつきパシャリ!!
「ありがとうございました!」って、最高の笑顔を振りまいてきました!!(笑)
出来上がった写真は、彼氏に甘える彼女といったところでしょうか??(←目ぇ噛んで死ね!!)

開演までは少し時間があったので、会場を抜け出し、近所を少し散歩。
ついでに、どさくさ紛れに仕事で使うお部屋の下見をしておきました!!

さて、いよいよ開演です!
今回もmcにFM COCOLOの塚越Pが登場!!
サポートミュージシャンとして、五十嵐さんも来て下さっていました。

まずは、昨年大好評だったサイコロトークから♪
3回くらい振ったのかな??
どんなテーマが当たったかはあまり憶えてないんだけど、ひとつだけ。
「情けない話」がとってもおかしくて会場爆笑だったの。
えっとね、馬場さんのジョギングの話だったんだけども。
馬場さんのジョギング時のスタイルはスパッツの上に短パンを履くらしいのだけど、短パンを履き忘れて、モジモジ君みたいな恰好で走っていて恥ずかしかったって話。
別にそれで走ってもいいんだけど、馬場さん的にはアウトだったみたいで。
確かに、馬場さんのそんな姿を想像すると笑えます!!
でも、五十嵐さんもそういう経験あるとか。
馬場さんのトークももちろんおかしかったんだけど、このコーナーでは五十嵐さんの天然ぶりがさく裂していて、その意外性に爆笑してました。
もうちょっとクールな方だと思っていたので、そのギャップで一気に大好きになりました!!

次にプレゼント争奪じゃんけん大会!!
アタシ、本当にこういうのダメで、、、
初戦敗退、良くて3回戦くらいまでしか進めませんでしたよ、、、トホホ

そして、いよいよミニライブです♪

◆セットリスト
1.街路樹
2.真面目に、適当に、いい加減に、でも真剣に
3.プロポーズをもう一度
4.今の君が一番良いよ
5.幸せのウェイティングボード
6.Good Luck
7.I HAVE A DREAM
En.オオカミの歌

いきなりの新曲プロトタイプを4曲!!
これは、ファンクラブイベントならではのスペシャルですよね??
『街路樹』は、好き嫌いがはっきり分かれそうな、アタシにはマニアックな曲に映った。
あんまりピンとこなかったんだ。
『真面目に、適当に、いい加減に、でも真剣に』は、タイトルから想像したのとはムードがちょっと違いました。
なんとなく今年の馬場さんのテーマになってるような気がしたので、馬場さんらしい優しい曲をイメージしていたのだけど、ちょっと違ってましたね。
同じ音符が連なるような、これもまたマニアックな感じでした。
どっちも、メロディアスではなかったんだなぁ、、、
そしてですよ!!
次の『プロポーズをもう一度』♪
これは、どストライクなラブソングでしたね~♪
歌詞の中に「今日は君を休んで 少しだけ楽しもう♪」というフレーズがありまして。
これを、アタシは「自分を休む。そういう時があってもいい」って咀嚼しました。
日頃から「アタシはアタシを頑張る!」と自分に言い聞かせているアタシにとって、良い意味で肩の力が抜けた瞬間でした。
そっか。たまには自分らしくない自分でもいいんだ・・・って。
結局、そんな風にいつもアタシの肩の力を抜いてくれるのは馬場さんなんだなぁって思いました。
そして、『今の君が一番良いよ』って曲は、とってもカラッとしたポップな曲!!
「自分が言ってもらいたいことを歌にしました」って馬場さんが言ってました。
きっとみんなが言ってもらいたいことですよね??
あっけらかんと明るい曲調が、とても心にフィットして、笑顔になれました♪
この2曲は是非とも早い段階で音源にしてほしいと思うのです♪
『Good Luck』と『I HAVE A DREAM』は2月にリリースされた最新シングルから。
どっちもやわらかいバラード♪

何て言うか、今回で5回目のスプリングキャンプ。
その年によって、ミニライブのテーマって違ってたけど、今回が一番ファンクラブイベントっぽくて、一番良かったです!!
こういうの待ってましたよ!!

お土産は昨年の20周年記念の日比谷野音の際、ステージに掛けられていたタペストリーの一部でした。
「野音でピース!」の一区切り。その思い出の品をいただけるのは、やっぱりうれしいものですね。

毎年欠かさず参加しているイベント。
今年も参加して本当によかったです!
とても素敵な1日になりました。
どうもありがとうございます♪

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

馬場俊英 LIVE TOUR 2016 ~I HAVE A DREAM @浪漫座 [馬場俊英/LIVE記録(ワンマン)]

完全に、、、正月太りした模様、、、
最近、心なしか酒量が増えてる気はしていたのよねぇ、、、
イカン、イカン!
ちょっと制限していきましょっ!!

今日は雨も降り、ぐっと冷えておる。

あの日も雨だったなぁ。。。


2016年11月18日(金)

バルーンフェスタから約2週間。
アタシの姿は、またまた佐賀にあったのだ♪

今回は、なんとなんと、馬場さんのライブ♪
つい言っちゃったんだよねぇ。。。
「都合が付けば行きます!!」って。
浪漫座で馬場さんの弾き語りって、アタシとしてはちょっと特別っていうかね。。。
そして、今回の佐賀は、初めての完全一人旅!!
いつもは、佐賀に行けば友達がいたからさ。。。
さて、どんな旅になりますか??


佐賀駅に到着した時は、小雨が降っていて。
まずは、馬場さんが浪漫座でシシリアンライスを食べたというつぶやきを見たから、アタシもシシリアンライスをランチでいただく。

r-style.JPG

初めて訪れたお店だったんだけど、甘辛いお肉とナムルが乗った、韓国風のちょっと変わったシシリアンライス。

ホテルでお昼寝をして、いざ浪漫座へ!!
外は本降りの雨!!
小さな折り畳み傘で、濡れながら中央大通りを歩いていくと、目の前にはとてもロマンチックな光景が☆彡
20161118.JPG

好きだなぁ。。。ブルーを使ったイルミネーション☆
なんとなくキュンとしたハートを抱えて、雨の浪漫座に到着!!
20161118浪漫座.JPG


会場に入ると、とても良いアングルの席を確保できたの♪
今回の公演では、お客さんのリクエストに応えて何曲か唄ってくれるので、そのリクエストを開演前に記入。
何曲かピックアップされてる中から1曲を選ぶんだけど、アタシはやっぱりレア曲を聴きたい訳で。
たしか、『明日はどっちだ』をセレクトしたよ。

さあ、浪漫座で聴く馬場さんの唄声はどんな感じだろう??
いつになく、わくわくした☆彡

そして、いよいよ馬場さんの登場!!
距離も近いし、完全に一人きりの弾き語り。
馬場さんもなんだかとてもリラックスしているように感じたよ。


セットリスト
1.明日の旅人
2.あのうた
3.思い出のレストラン
4.私を必要としてくれる人がいます
5.スタートライン(リクエスト曲)
6.ころんで立ち上がるキミの顔が好きだ(リクエスト曲)
7.ラストショー
8.No.1
9.上がってるの?佐賀ってるの?(佐賀の曲)
10.ミセス・ユー
11.弱い虫
12.アスファルトに咲く花
13.愛をあきらめないでくれ(リクエスト曲)
14.スニーカードリーマー
15.最後まで
16.I Have a Dream

やっぱり浪漫座は音の響きがいいね!!
馬場さんの唄が2割増しで上手く聴こえた(爆)
にしても、この会場にめちゃくちゃしっくりくるセットリスト♪
『明日の旅人』から優しく入って、なかなか聴かせてもらうことのない『あのうた』に心もほっこり。
いや、ホントに、アタシ、初めて聴いたんじゃないかな??
『思い出のレストラン』も、なんかこの浪漫座の空気感に合ってたな。
この公演は馬場さんだけの弾き語りってことで、リクエスト曲を3曲演ってくれるって言うの。
通常は2曲なんだって。
リクエストの多かった3位までの曲をってことで、どんな曲がランクインしたのかな?と思えば、3位はなんと『スタートライン』!!
この期に及んでもやっぱり選ばれるんだって、正直びっくりした。
馬場さん自身も、いつも唄ってる曲だけに、意外そうな顔をしていたよ。
だけど、浪漫座で聴く『スタートライン』に、いつかの千綿さんの言葉を思い出した。
「この曲は僕を奮い立たせてくれる曲です」って、唄ってくれたっけ。
いつになく、言葉ひとつひとつが心に刺さって来たよ。
今こそ、この曲を思い出してくれていたらなぁ・・・って思っちゃうよね??
2位の『ころんで立ち上がる君の顔が好きだ』も意外。
たしかにとても良い曲で、アタシはこの曲でとても大切なことに気づかせてもらったんだ。
今もくじけそうな時に思い出すんだよね。
落ち着いた雰囲気の会場なので、セットリストもなんだかそういう曲が多くなってるみたいで。
でも、それがアタシにはとても心地よかった。
そして、今回のツアーでは、各地のご当地ソングを馬場さんが作ってきてくれて披露してくれるんだけど、これがめちゃくちゃシュールで爆笑なんだけども、そこにはガツンとくるメッセージが込められていて、そういうところが馬場さんの強みだよなぁって思った。
佐賀の曲『上がってるかい?佐賀ってるかい?』はダジャレのオンパレード♪
でもね、「上がってるかい?そんなんで本当に上がってるのかい?」っていう、挑発的なフレーズがあって。
アタシの中でこのフレーズは「そんなもんじゃないだろう?」って言葉に変換されていたの。
煽られてんなぁ・・・って、思わずにやっとしてしまったよ。
いやいやしかし、「性質」と「佐賀」を掛けたり、「坂」と「佐賀」を掛けたり、本当にものすごいダジャレのオンパレードで、馬場さんはギターかき鳴らしてどんどんトランスに入ってくのに、みんなはゲラゲラ笑ってたよ。
楽しくて、おバカで、でもガツンとくる、とても印象的な1曲でした。
さんざん笑ったあとは、一気に切ない『ミセス・ユー』♪
最後のリクエスト曲、1位はなんと『愛をあきらめないでくれ』!!
九州の人、マニアックすぎる!!
実は、票がかなりばらけてこんなことになったみたいなんだけど、会場の妙な空気感に馬場さんも「意外な曲が・・・」って笑ってた。
この結果から考えると、こっちの方々は比較的最近ファンになった方が多いのかな??
そんな感じを受けたよ。
『スニーカードリーマー』と『最後まで』で盛り上がると、最後は『I Have a Dream』でしっとりと本編終了。
アンコールは2曲くらい演ってくれたと思うんだけど、何だったかなぁ??
アップな曲と、『Good Luck』だったかな??
オーラスがそうだったような気がする。
なんかねぇ、とても落ち着いたいい雰囲気のライブだったな。
馬場さんが浪漫座をとても気に入ってくれている感じが伝わってきて、それもとてもうれしかった。
MCも絶好調で、たくさん笑わせてもらったよ♪
キョードー西日本の方と打ち合わせをしながらシシリアンライスを食べていたら、隣の席の方がオムライスをを食べていて、そっちにすればよかったと思った、なんて話も聞かせてくれたよ。
また、絶対にここで演ってくれると思うから、その時もまた参加したいな♪

終演後は、ちゃっかり握手会に参加。
それで、馬場さんに言ってやりました!!
「馬場さん、佐賀には坂はないんですよ~」って!!
そしたら、「あ、坂ないの??」って。
相変わらず、あったかくてでっかい手だったなぁ。。。


外に出ると雨は上がっていて。
とりあえず目の前の宝当神社に軽くお参りして、「さて・・・どこで飲もうか??」と思いながら、とりあえず呉服元町の方へトボトボと。
ちなみに、年末ジャンボは3,000円が2本当たりました!!
この神社にお参りした後の当選確率の高さときたら!!(まあ、3000円とか、良くて1万円レベルだけど)

さてさて。
ひとりぼっちの佐賀の夜をどうやって過ごそうか・・・。
いつものお店に行こうかと思ったのだけど、この時期はボージョレーが解禁されて間もないタイミング。
ワインでも飲むかな?と立ち寄ったお店。
ネイティブの佐賀弁にキョトンとするアタシに、「あれぇ、大阪~?」という感じになって、そこから思わぬ展開に。。。(笑)
ひとりで過ごすはずの夜が、とても楽しい夜となったのでした。
なんか、とっても不思議な時間だったように感じてる。
本当にどうもありがとう!!

翌朝、佐賀を発つ前に立ち寄った駅前の酒屋さんで、これ、買ったよ!
nogomi.JPG

「能古見」の裏純米吟醸!!しかも限定品!!
(限定に弱い・笑)

折角だから、佐賀ならではのお酒を買って帰りたくて、昨夜、ご一緒したお方に教えてもらったの。
お正月に飲むつもりだったんだけど、その後、灘で生酒を買ってしまったので、まだ飲んでないんだ。。。
いつ飲もうか、とっても楽しみ☆彡

次はいつ佐賀に行けるかな??
その時は、是非千綿さんで行きたいなぁ。。。
その日を楽しみに、毎日をがんばりますよ!!


素敵なライブ、素敵な時間をどうもありがとう!!
最高の佐賀一人旅でした!!
また、よろしく~♪
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

BABA TOSHIHIDE LIVE TOUR 2016 I HAVE A DREAM @大阪城音楽堂 [馬場俊英/LIVE記録(ワンマン)]

明日飛行機に乗ると思うと、やっぱりどうしてもブルーになってしまう訳で、、、
だったら乗らなきゃいいじゃん!!って話なんだけども、時間と価格を考えるとね。。。

明日は約束を果たしに参りますよ~♪


っと、その前に、ちょっぴり振り返り。


2016年10月1日(土)

20161001大阪野音.JPG

今年に2本目の馬場さんのツアー初日!!
この日だけのスペシャルグッズである、「バババスタオルを買ってこい」という旦那の言いつけに従い、少し早めに会場に足を運ぶ。
グッズ列に並んでいると、バンバン聴こえてくるリハの音!!
「こりゃ、イカン!!」と思ったその瞬間、アタシの耳に響いてきたメロディ[るんるん]
嗚呼、、、この曲を演ってくれるのは本当に嬉しいのだけど、、、だからこそ、知りなくはなかったのだ、、、
無事グッズを手に、恨むのメールを送ったのは言うまでもない。
これ以上のネタバレを避けるように、駅前のカフェに逃げ込んだ。

そして、再び会場に舞い戻る。

馬場アンケート.JPG


馬場野音恒例の風船飛ばし用のジェット風船はピンク[るんるん]
自分で膨らませられるのか??(^▽^;)

そして、ライブは始まったのです。

まだツアー中なので、隠します。

続きを読む。(以下ネタバレ)


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

20th ANNIVERSARY SPESIAL NAIGHT! ~野音でピース!2016 @日比谷野外音楽堂 [馬場俊英/LIVE記録(ワンマン)]

止まない雨は・・・ある!!
傘になってくれるような人は、、、
いればいいんだけどねぇ。。。

9月の雨をナメてました、、、
その日は、朝から雲行きが怪しく、東に行けばいくほど、どんよりとした景色が広がっていました。
この時、実は台風が接近してたんですよね、、、

2016年9月19日(月)

馬場さんが「野音でピース!」と銘打ったシリーズにいよいよ区切りをつける時が来ました。
思い起こせば、2007年4月29日。
快晴の大阪城野音の空に広がった色とりどりの風船。
あれから9年半、一つの目標を達成した馬場さんは、次のステップを踏むために、この「野音でピース!」に区切りをつけるのです。
馬場さんは、お誘いはがきにその想いをしたためて、わざわざ送ってきてくれたんです。
初めてのフェスティバルホール、大阪城野音、日比谷野音、大阪城ホール。
馬場さんの節目節目を見てきたアタシにとっては、行かないわけにはいかなかったのです。

この日は、直前にお誘いしたお友達と一緒です。
有楽町で合流すると、軽くお茶をして日比谷野音に向かいました。
外は雨でした。
小雨とかそんな優しいものではなくて、完全に雨でした。

日比谷公園に入ると、音楽堂手前の屋根のある場所で、カッパを着こみます。
音楽堂ではすでに入場が始まっていて、スタッフさんから傘を閉じるように指示が飛んでいました。
日比谷野音.JPG

この時点で、チケットも、もらったフライヤーもびしょびしょ(^▽^;)
こういうシチュエーションは、とても心に残るんだよなぁ・・・なんて、この時は調子こいてたんですよね、、、

オープニングアクトではないけど、開演前には馬場さんがレギュラーを務めているテレビ埼玉の「まちコミ」で共演している「のぼう」さんと言う方が会場を温めてくれていて。
南京玉すだれを披露してくれていたのだけど、玉すだれが雨に濡れて広がらないハプニングに会場からはあったかい笑いが・・・。
雨は止む気配はなく、本降りが続いています。
身体がどんどん冷えていくのを感じました。
広島でもらった風邪がまだ完全に治っていなかったアタシはどうなるんでしょう??(笑)

そんな中、いよいよ開演です!!

セットリスト
1.明日へのフリーウェイ
2.君はレースの途中のランナー
3.草野球
4.ただ君を待つ
5.青春ラジオ
6.おはようございますの歌
7.Spirit Of Love
8.スーパーオーディナリー
9.ララル
10.今日も君が好き
11.幸せの坂道
12.海風
13.なごり雪
14.スタートライン~新しい風
15.ラーメンの歌
16.オセロゲーム
17.向かい風は未来からの風
18.ボーイズ・オン・ザ・ラン

今回のバンドメンバーは、
Gt. BABIさん
Bz. 岡さん
Dr. マイク
Key. かんちゃん
Key. 五十嵐さん(バンマス)

本降りの中、野音らしい曲が並びました。
雨の中、拳を突き上げ、手を振り、雨が袖から伝ってくる。
それでも会場にはたくさんの笑顔が咲いていました。
『明日へのフリーウェイ』から『青春ラジオ』まで、なんだか懐かしい曲が並びました。
そして、今年の新生活応援ソングの『おはようございますの歌』♪
サビではステージのみんながチョンチョンってジャンプするシーンがあって、その様がなんだか妙に可愛らしい。
この曲は、弾き語りだと物足りなさを感じるのだけど、バンドになるとだいぶ表情が変わるのです。

今回のライブは、豪華ゲストも登場するのです。

最初に登場したのは、佐藤竹善!!
名曲『Spirit Of Love』では、竹善さんらしい高音が響き、艶っぽいフェイクにニヤリ。
そして、竹善さんと言えばやっぱり『スーパーオーディナリー』なわけです。
なんでしょうね、この安心感。
竹善さんの唄は安心して聴いていられます。やっぱ上手いわ。。。

次に登場は斉藤誠さん。
二人がステージから降りてくると、客席の真ん中に造られたセンターステージへ。
誠さんの軽妙なトークに馬場さんもタジタジ。
そして、そのセンターステージでは、誠さんの『ララル』、馬場さんの『今日も君が好き』を二人で唄ってくれました。

メインステージに戻ると、今度は大御所、伊勢正三さんの登場!!
大御所を目の前に、緊張しながらかなり気を使いながら話をしている馬場さん。
そんな馬場さんに、「雨が降ってるから、早く唄おう」とマイペースな伊勢さん(笑)。
まずは共作した『幸せの坂道』を唄うと、今度は竹善さんと誠さんをステージに呼び込んで、みんなで『海風』をロックに演ってくれました[るんるん]
さらには名曲『なごり雪』を唄ってくれました。

怒涛のゲストコーナーが終わると、またまた馬場さんだけのステージ。
このあたりではもう完全に体は冷たくなっていたのだけど、ステージから「みんな大丈夫??」と気遣ってくれる馬場さんの優しさに心がホッコリ[るんるん]

『スタートライン~新しい風』をじっくり唄ってくれると、そこからは盛り上がりのゾーン!!
ちょっとでも体を動かそうと、手拍子したり、拳を突き上げたりするのだけど、動くと濡れる、、、
なかなか過酷な時間だったのです。
それでも、『ボーイズ・オン・ザ・ラン』ではタオルをかざすのです。

アンコールでは、さすがに風船を飛ばすことは出来ず、、、
というか、日比谷はもう風船は飛ばせないんだっけ??

アンコールは何を唄ってくれたのかなぁ??
多分、『最後まで』と、、、わからん!!
色んな記憶とごっちゃになって、もうわかんなくなっちゃった。

とにかく、馬場さんもバンメンも、ゲストの皆さんも、お客さんも、降りやまない本降りの雨の中、最後までしっかりやり切った!!
という、一体感があったような気がします。

いやね、ホントに寒かったんです。。。
9月の雨がこんなに寒いとは思わなかったです。
雨の中の野外ライブは過去にも何度か経験しているけど、たいてい真夏だったり、昼間だったり、途中で雨が上がったりするから、全然平気だったんですよね。
だけど今回は、止むことのない本降りで、しかも夜に向かってのライブ♪
雨は体温をこんなにも奪うモノなんだと実感しました。
だけど、心だけは温かかったですよ☆彡


これにて「野音でピース!」は完結!!

その瞬間に立ち会えてよかったです♪
どうもありがとう☆彡

今度はどんな挑戦を見せてくれるのか??
どんなことをアタシに気付かせてくれるのか??

これからの馬場さんも楽しみにしています!!
今後ともよろしくお願いします♪
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

馬場俊英20周年記念アコースティック・ツアー ME AND MY STORY @いずみホール [馬場俊英/LIVE記録(ワンマン)]

「いつになったら書くんよ!?毎日見てるねんで!」

久しぶりに会ったお友達に叱られました。
うれしいですよね。。。

あ、お久しぶりです♪
色んな壁にぶち当りながらも、元気にバリバリ仕事してました♪(*ノωノ)あは

ちょっとした夏休みのつもりで息抜きしたら最後・・・。
なかなか戻ってこれなくなってしまって(^▽^;)

そうこうしているうちに、コブクロのライブツアーに突入ですよ!!
今度は西へ東へ大忙しで、なかなかPCの前に座れず、、、

週明けには日比谷に飛ぶので、今のうちに溜まったLIVE記録をやっつけるぜ!!


もう一か月以上も前のお話から・・・


2016年8月7日(日)

20160807-1.JPG


暑い日でした。
前日、千綿さんが無事に復帰LIVEをやり切ったことを知り、ほっと胸を撫で下ろしつつ、アタシは初めてのいずみホールへ向かいました。

いずみホール.JPG

馬場さんのアコースティックツアーファイナル。
中に入ると、座席前方には3つの大きなシャンデリアがぶら下がり、ステージ奥にはシンフォニーホールを思わせるようなパイプオルガンが!!
想像以上の荘厳な造りに、なぜだか心がゆっくりと落ち着いていくの感じました。
その場所、空気になじんでいく・・・という感じでしょうか?

さて、今回のツアーはアコースティックライブと言うことで、バンドメンバーも、五十嵐さん(Pf.)、BABIさん(Gt.)そして、ストリングスのメンバー。
ヴァイオリンが今さんだったかなぁ??
チェロが原口梓ちゃん。(今はコブクロのステージで会えるね♪)
とっても大人の雰囲気が漂う落ち着いたステージを楽しむのです。

セットリスト

1.君はレースの途中のランナー
2.明日の旅人
3.おはようございますの歌
4.エンターテイナー
5.青い風の招待状
6.明日に咲く花
7.右と左の補助輪
8.待ち合わせ
9.花火
10.いつか君に追い風が
11.ふたりの夏物語
12.No.1
13.アスファルトに咲く花
14.I Have a Deam
15.スニーカードリーマー
16.昭和生まれの星屑野郎
17.Good Luck

En1.オセロゲーム
En2.ロードショーのあのメロディー


この日、馬場さんは鼻の調子が良くない感じだったんだけど、実は病み上がりだったということを後で知るんですよね。
LIVE中はそんな話いっさいありませんでしたから。これがプロと言うもの。

なんかね、クスクス笑う瞬間やゲラゲラ笑う瞬間が満載の楽しい時間となったのです。

いつも通り前半は馬場さんらしく展開。
そして、ファンの方からの寄せられたエピソードを紹介しての『右と左の補助輪』に『待ち合わせ』♪
『待ち合わせ』のエピソードは、胸を締め付けられるくらい切ない、だけととてもあったかいエピソードで、あちこちからすすり泣く声が聞えてました。
馬場さんのファンはどうしても年齢層が高くなるので、色んな体験や経験をされてきた方が多いんですよね。
だから、頑張ってきた自分へのエールだったり、困難に立ち向かうための心の拠り所として、馬場さんの唄を受け止めていらっしゃる方が多いんだなぁって思う。
今まではその感じがどうにも重いというか、湿っぽく感じて受け入れられなかったんだけど、最近は少し理解できるようになってきた気がする。
ただ、アタシはまだまだ馬場さんからは、物事を見る角度だったり、捉え方、考え方を聞きながら、マインドの作り方を教えてもらってる気がしています。

で、今回フィーチャーされたアルバムが、「必然的に・・・」ってことで、『延長戦を続ける大人たちへ』だったんです。
このアルバムの中でレアな曲って考えたら、アタシとしては『色褪せながら、輝きながら』しかないわけですよ!!
ところが、まさかの『いつか君に追い風が』。
あれれれ~、このアルバムの中で、一番アタシの中でしっくりこない曲でした(苦笑)
最後の最後に、引き寄せの法則が・・・(笑)
だけどね、この曲を唄ってる時でした。
客席が少しざわつくシーンがあったのです。
アタシも「んん??」ってなったのですが、、、
馬場さんったら2番をすっ飛ばしちゃったんですよね(爆)
アタシは「まぁ、今回のフィーチャーってことで、2番は割愛だったのかな?」って無理やり自分を納得させたのですが、唄い終わった馬場さん、「なんか短かったですよね??袖に戻ってから整理してみます」って、、、
他人事かっ!?もうみんな爆笑ですよ!!(爆)

そしてそして!!
もしかしたらあるかな??って思ってたんですよ!!
この日は昼公演・夜公演の2本立てだったんですが、昼公演ではスペシャルゲストに杉山清貴さんが登場されてたんです。
なので、都合さえつけば絶対に夜も登場してくれるって思ってたんです!!
いやぁ、杉山さんの登場はうれしいサプライズでした!!
昨年あたりから杉山さんの生唄を聴かせてもらえるチャンスに恵まれて、改めて自分の好きな声の傾向を知った気がします。
もう数えきれないくらい唄ってきたという『ふたりの夏物語』は盛り上がりましたね★
そして、馬場さんと共作した『No.1』をしっとりと聴かせてくれ、さわやかに去っていかれました。
いやぁ・・・いつ聴いても杉山さんの唄声は絶品です!!

LIVEも佳境。
新曲、『アスファルトに咲く花』、『I Hve a Dream』は、馬場さんの真骨頂とも言える大人の応援歌。
今の自分自身が置かれている状況、環境を踏まえて、まだまだ夢に向かって進んで行こうっていう力強さと、そこに寄り添う優しさのようなものを感じる曲でした。
若いころとは違う夢の追い方があるのかな??
じっくり詞を味わいたいなって思います。

『スニーカードリーマー』『昭和生まれの星屑野郎』で盛り上がると、最後は新曲の『Good Luck』で本編終了。

アンコールでは『オセロゲーム』で盛り上げてからの、一旦着席して『ロードショーのあのメロディ』を。
そしてそして・・・さっきの妙に短かった『いつか君に追い風が』を再びしっかりと唄ってくれたのです。

途中、レコード会社を移籍したお話もあり、いくつになっても変わり続けて、進化しようと頑張る姿に、変わらない馬場さんを感じます。
本当は不安もいっぱいあるんだろうけと、常にチャレンジを続ける馬場さんを、アタシはやっぱり尊敬せずにはいられないのです。
アタシはそこまで強くないから真似は出来ないけど、でも、心のどこかにはちゃんと「チャレンジ精神」をもって頑張りたいなぁって思った夜でした。

なんだか”楽しい”夜でした。ありがとうございます♪

で、折角なので握手会に参加しましたよ♪
「楽しかったです!」と伝えると、「ホントに?良かったぁ♪」って目尻にしわを寄せて、優しく微笑みかけてくれました。
そして、秋冬のツアーで浪漫座の公演を入れてくれたことがとてもうれしくて、「スケジュールが合えば、行きますね!!」ってついつい口走ってしまった次第、、、(^▽^;)
で、約束を守るのがアタシの流儀なので(疑)、チケット取っちゃいました。エヘ(〃▽〃)
なので、今年の11月は、馬場さんで佐賀に飛びますぞ!!

こないだリリースされた馬場さんのライブアルバムの特典としてついてきたブックレットには、浪漫座について、「とても印象的。生音ライブみたい。また行きたい」って言ってくれていて、アタシ自身も「最高でした!」って言葉を直接いただいているのです。
なので、今回本当にツアーに組み込んでくれたことが、とてもうれしかったのです。
浪漫座で馬場さんと握手・・・想像すると、なぜだかドキドキしてしまいます(握手会があるかもわかんないのに 苦笑)。

さて、まずはその前に19日の日比谷野音ですね♪
実はなかなかの良席が飛び込んできたのですよ( ̄▽ ̄)
今回は「野音でピース!」の完結編!!
台風に負けない熱いステージを、思いっきり楽しみたいと思います!!

そして、その後はコブクロで飛び回りますよ~♪



会場を出ると、なんだか妙な視線を感じて、振り返ると・・・

20160807.JPG

ビルの脇から三日月が、アタシを見守ってくれていて、なんだか沁みました。。。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

馬場俊英20周年記念アコースティック・ツアー ME AND MY STORY @神戸朝日ホール [馬場俊英/LIVE記録(ワンマン)]

生命の危機を感じて、いよいよエアコンのスイッチを入れました。
若干の敗北感に苛まれておる。

今年はねぇ・・・ホントに。
正直、しんどい1年です。。。

コブクロの突然のお城公演と神奈川の追加公演の発表。
8月以降、すこ~しずつ復活の兆しがうかがえる千綿さんの動向が掴めない中、なかなかスリリングな展開である。

馬場さんのレコード会社の移籍にも、ちょっとドキドキ。
馬場さんは、本当に安穏としてないというか、変化を恐れない人。
ずっと成長しようって、厳しい環境に飛び込んで行くよなぁ・・・
見ていてハラハラすることもあるけれど、やっぱ、すごいや。

さて、そんな馬場さんの20周年記念のアコースティック・ツアーに参加してきた♪

2016年6月19日(日)

初めてのホール、神戸朝日ホールへ。
三宮から、海側へ・・・神戸国際を越え、右折・・・

朝日ホール.JPG


フェスティバルホールを彷彿とさせる、想像外に立派な建物。

朝日ホールwb.JPG


そう言えば、ストリングスも入れてクラシカルな雰囲気で演りたいって言ってたっけ・・・。
中に入ると、奥行きのない造りで、ステージから割りと近いお席からゆったりと楽しめそうな感じ。


ここからは、まだツアー中だから隠すね♪



続きを読む。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

BHC Spring camp 2016 @松下IMPホール [馬場俊英/LIVE記録(ワンマン)]

ここにきて、ようやくお腹は平常運転に戻りまして。。。
休み明けは、いきなりタイトなお仕事が待っているので、ほっと胸を撫で下ろしたとこ。

さて、GWも終盤。
休み中に、溜まってるLIVEのお話を全部やっつけるつもりにしているのだけど・・・間に合いそうにない(;´Д`)
なので、せっせと書きます!!

2016年3月20日(日)

毎年恒例の馬場さんのスプリングキャンプ
今年はいつもよりやや遅いキャンプインとなったのです。

imp.JPG


初めてのハコ、IMPホール。
昔、コブクロがデビュー前にここでワンマンライブとかしてたよね♪

さて、今回のキャンプは、いきなりツーショット写真から始まるのです。
思いの外前方の席に座れたので、写真撮影の順番も早々に回ってきまして・・・。
今年の写真が、もうね、とても素敵なのですよ!!
と言うより、いつも優しい馬場さんですが、今年はいつも以上に優しく感じて。。。
ライブ前だったので、まだまだ元気いっぱいだったってこともあるのかもしれないけれど、なんかね、とっても優しい穏やかな笑顔で迎えてくれて。
去年、いろいろやらかしているアタシですから、その笑顔にほっとしたんですよね。
「腕、組んでもいいですか?」って訊くアタシに、「いいよ~」って。
撮り終わってから、「ありがとうございます」ってお礼を言うアタシに、「ありがとう」って最後まで優しく微笑みかけてくれたのでした。
で、出来上がったのが・・・

って、出せませんから!!
出せないけど、過去最高に良い!!
良いっていうのは、写真写りとかの問題ではなく、二人の雰囲気のお話☆
ナチュラルにほほ笑む二人からは、とっても柔らかな空気感が出てるんです!!
なんとなく、去年までより距離が縮まった気がします(笑)←勝手に言うとけ!!

写真撮影から開演までは、だいぶ時間があったので、BHCのゆるキャラ、Bちゃんとも肩を組んでツーショットをパチリ!!
で、少し会場を抜け出し、心がまあるくなるお店でほっと一息[黒ハート]

迎えた開演の時。
最初に、馬場さんとゆかりのあるアーティストからビデオメッセージがステージのスクリーンに流されました。
広沢君、竹善さん、KANちゃん、要さん。
KANちゃんのビデオレターには爆笑!!
やっぱこの人天才だわ(´艸`*)

そして、今年もMCとして、FM COCOLOの塚越さんが登場!!

今回のキャンプのプログラムは・・・

1.ツーショット写真撮影
2.サイコロトーク
3.チーム対抗ゲーム大会
4.ミニライブ

サイコロトークでは、「こきげんよう!」さながらのサイコロが登場!!
3回ほど振って、「ちょっとエッチな話」となんだっけ??
そのちょっとエッチな話として馬場さんが聞かせてくれたのは、高校生の時のピュアな想い出話。
女の子の友達と帰りが一緒になり、その時に雨に降られ、びしょ濡れになった友達の透ける下着にドキドキした・・・って話(笑)
なんか、かわいいよね(*'ω'*)
後は、どんな話があったのか、忘れちゃった(^▽^;)

チーム対抗のゲーム大会では、バランスゲーム、暗算ゲーム、じゃんけんゲームとかしましたよ。
座った座席のブロックがチームになっていました。
チームの代表がステージでバランスゲームにチャレンジしたり。
馬場さんが読み上げる計算を暗算で競ったり。
じゃんけんしたり。
最後、一番ポイントの高いチーム全員にプレゼントがもらえたのだけど、アタシのチームは3位くらいで、なんにもなしだったよ(苦笑)

そして、いよいよミニライブ♪
今回は、事前にリクエストを募ってのLIVE♪

セットリスト
1.今日も君が好き
2.旅エンピツ
3.私を必要としている人がいます
4.No.1
5.I have a dream
6.待ち合わせ
7.明日に咲く花
8.風になれ

リクエストにあった、それぞれのエピソードなどを紹介して聴かせてくれました。
全体的にアタシより一回りくらい上の方々のお話が多かったような気がします。
中には少ししんみりするようなエピソードもあったのだけど、そこにクスッと笑えるようなチャチャを入れてくれて、でも、決して世界観を壊さないで場を和ませてくれるところが、馬場さんだなぁ・・・って思いました。
優しいんですよね。。。
アタシもそんな人になりたいなぁ・・・。
『I have a dream』は新曲です♪
どんな曲だったのかは覚えていませんが、たぶんミディアムバラードだったような・・・(^▽^;)
でも、アラフィフの馬場さんが、まだ夢を追いかけているというのは、とても心強いし、励まされます☆彡
アタシなんて、まだまだこれからだなって思えて、うれしくなります☆彡
なんだか、とってもあったかい時間になりました。
過去4回の中で一番楽しめたような気がします♪

素敵な時間、素敵なショットをありがとうございました。

そして、今年のお土産はコレ↓

bhc2016.JPG


これが何かというと・・・

bhc2016-1.JPG


というわけです。
20周年記念の47都道府県ツアーの記念の一部をいただきました。
ここにサインとか入ってたら最高なんだけどな~(笑)

20周年ライブは今年も続きますね。
まさか最後に日比谷を持ってくるとは・・・
ギリギリまで悩みます!!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

BABA TOSHIHIDE 20TH ANNIVERSARY SPECIAL NIGHT!! @フェスティバルホール [馬場俊英/LIVE記録(ワンマン)]

馬場さんのデビュー20周年を記念してのスペシャルライブ2日目!!

初日とは違って、この日は馬場さんとゆかりのあるミュージシャンをゲストに招いてのLIVEということで、よこしま(笑)な気持ちを持った友達も参加ということもあり、まずは皆でラグジュアリーなランチを♪
ま、かく言うアタシも少し期待していたのだけど・・・

2016年2月21日(日)

この日もスターババックスカフェが登場!!
もちろんビール片手に、馬場もどきと乾杯!!

初日はもみあげ席からの観覧だったのだけど、この日はレフトあたり。

気になるゲストは感想などを交えつつ・・・

まずは、馬場さんが一人でオリジナル曲を。

1.ダウン・ザ・リバー
2.センチメンタルシティ・マラソン
3.旅エンピツ

最初のゲストは、佐藤竹善さん♪

4.Spirit Of Love
5.スーパーオーティナリーナリー

いやぁ、フェスに響く竹善さんの声は圧巻やね!!
流石の響きでした!!
『スーパーオーディナリー』は、レコーディングに参加してくれて、これがまた良い曲なんだよ!!
竹善さんの声にもめちゃくちゃフィットした1曲だと思う。

次に登場は、杉山清貴さん♪

6.ふたりの夏物語
7.No.1

ん~、やっぱこの人の声好きだ~♪
衰えを知らない唄うたいだよね☆彡
この人の唄を聴いてると、色んな意味で勇気づけられます!!
『No.1』は、この日の為に二人で共作したらしい。
んっと、これは、娘がお父さんのことをだっけ?親が子供のことをだっけ?
嗚呼、一番大切な部分が思い出せない(滝汗)
どっちにしても、親子の愛を描いたあったかい曲なのだ。。。

さてさて、お次は斉藤誠さん♪

8.ララル
9.今日も君が好き

斉藤さんは、サザンやくわっちょのサポートギターで何度かお見かけしたけども、歌も唄ってらしたのね。
思ったよりもよくお話になる方で(笑)
曲は知らないけど、とても個性的な方でした。

その次に登場は、大御所、伊勢正三さん!!
よくよく考えたら、伊勢さんが出演されるってことは、凸凹さん出ないよね??
だって、この出演者の中ではやっぱり凸凹さんが一番ネームバリューあるから、出るならラストまでひっぱるやん?
だけど、伊勢さんという大御所を差し置いてそういう訳にはいかへんやん??
と、実は数日前からうすうす気づいていた、、、(^▽^;)

10.幸せの坂道
11.なごり雪

『幸せの坂道』も、この日の為に馬場さんと共作してくれた1曲。
何て言うか・・・「らしい」1曲でした。
伊勢さんの唄そのものは・・・正直、アタシには厳しい(何がかは訊かないで!)のだけど、その時代をご存知の方は、あれはあれでいいとのこと。

いよいよ佳境。KANちゃんの登場!!
この日はタキシードにエンジェルウイングが生えていたよ(笑)

12.愛は勝つ
13.ロックンロールに絆されて

KANちゃんは本当に天才的エンターテイナーやね(笑)
『ロックンロールに絆されて』は、馬場さんがレコーディングに参加してるの。
ちょっとカッコ良い曲だったよ。
要さんもギターで参加してた。
この3人がそろったら・・・ねぇ??
めちゃくちゃ楽しかった~♪

で、最後はやっぱりこの方たち。スターダストレビューですね♪

14.今夜だけきっと
15.金曜日の天使たち

スタレビは馬場さんの地元の大先輩だからね。
『金曜日の天使たち』は要さんもレコーディングに参加してるのだけど、絶対『シュガーはお年頃』のオマージュ的曲だと思うんだ♪
初めて聞いた時、「♪シュガー」のフレーズに笑ったし、テイストが完全にスタレビなんだ(笑)
ある意味、見慣れた景色で、安心感すら覚える。
楽しいステージでした。

後半の盛り上がりは馬場さんだけのステージ♪

16.ラーメンの歌
17.オセロゲーム
18.向かい風は未来からの風

ここ最近の盛り上がりのテッパン曲が並んだ♪

最後は演者全員で、お客さんも一緒に大合唱☆彡

19.最後まで
20.ボーイズ・オン・ザ・ラン

とても、贅沢な時間だった。
馬場さんが先輩たちに可愛がられてるのがよく伝わってくる。
馬場さんの緊張も伝わってくる(笑)
馬場さんの節目には必ず登場してきた凸凹さんが来なかったのは、正直残念だったのだけど、仕方ないよね。
そして、いつかこういう場に・・・という希望も込めて、とても楽しい2日間をありがとうございました!!
これからもよろしくお願いします!!

今年のツアーも楽しみにしていますよ♪

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

BABA TOSHIHIDE 20TH ANNIVERSARY CONCERT BABA TOSHIHIDE AND FRIENDS ARIGATO SESSION!! @フェスティバルホール [馬場俊英/LIVE記録(ワンマン)]

実はここ数日、仕事でお堅い文章ばっかり書いていたもんだから、今はその反動でめちゃくちゃアホな文章を書きたくて仕方がなかったり、、、(笑)

そんな中、久しぶりにLIVEのこと書くです♪
あ、アホな文章を書くわけではないです。
元来アホですが、、、(^▽^;)


2016年2月20日(土)

馬場さんのデビュー20周年のスペシャルライブ2DYASの初日!!

アニーバーサリーライブってことで!?
開演前のロビーには、2006年の初めてのフェスティバルホール以来の『STARBABACS COFFEE』が登場!!

babacks.JPG


ここではウェルカムドリンクとして、ビール、ワイン、お茶、ジュースなどが振る舞われていたのです。
アタシは軽くおビールなど、いただきました( ̄▽ ̄)

そして、そこには馬場さんのお面を被った”ババもどき”がたくさんいて、お客さんたちと乾杯をしていました(笑)
これ、馬場さん自身が出ていくわけにはいかないので・・・ということの対応で、背格好が似ている人が選抜されているというから笑えます!!
この発想が”アホ”ですよね~(笑)
でも、このアホなノリが大好きですね~♪

さてさて、この初日はですね。
これまで、馬場さんの色んな時期にサポートとして参加されていたミュージシャンをお呼びしてのスペシャルライブ♪

Gt. BABIさん、ごっくん
Pf. 五十嵐さん、渡辺さん、神佐さん
Ba. スティング宮本さん
Dr. マイクさん
Sax ファイヤーさん

さすがに、首藤さんと金森さんは来られませんでしたね、、、(苦笑)
懐かし過ぎる・・・(遠い目)

いやあ、しかしこんだけのメンツが揃ったわけですから、サウンドが分厚くないはずがなく。
迫力あるバンドサウンドでしたよ!!

セットリスト
1.人生という名の列車
2.明日へのフリーウェイ
3.スニーカードリーマー
4.ダウン・ザ・リバー
5.センチメンタルシティ・マラソン
6.ひとつだけ
7.小さな頃のように
8.君がくれた未来
9.Bird
10.スタートライン
11.大阪レイニーナイト
12.平凡
13.ラーメンの歌
14.オセロゲーム
15.働楽~ドウラク~
16.向かい風は未来からの風
17.勝利の風
18.ロードショーのあのメロディ
EN1.オオカミの歌
EN2.ボーイズ・オン・ザ・ラン
EN3.君の中の少年
EN4.明日の旅人

まさかの『人生という名の列車』始まりに、懐かしい曲がたくさん聴ける予感。。。
懐かしい曲、ちょっと懐かしい曲など、馬場さんが若いころに見てたであろう景色、感じていたであろう感情を唄った歌たちに、心が躍る。
やっぱこの時代の曲が好きだなぁ・・・なんて、自分が一番馬場さんに熱くなってた頃の気持ちを思い出してた。
最初の盛り上がりから、じっくりと聴かせてくれるゾーンがあって、さて・・・と言うところで、サプライズ!!
大阪の人にはとても聴きなじみのある声がホールに響いた。
そして、大きな花束を抱えたヒロTさんが登場!!
馬場さんはあっけにとられて、上手くリアクションできず、、、
会場は大盛り上がり♪
そして、ヒロさんがまたじんわり胸が熱くなる素敵なお話をしてくれるんだ!!
さすがだね~♪
馬場さんもとても感激してるように見えた。
で、唄ってくれたのが大阪を唄ってくれた『大阪レイニーナイト』☆彡
初めて聴いたのは、グランキューブだったかな??
要さんがスペシャルゲストで登場して、一緒に唄ってくれたんだよね。
大阪への愛をいっぱい感じられるから、この曲を唄ってくれると、なんだかとっても誇らしくてうれしくなるんだよね。。。
盛り上がりは比較的最近の曲。
ガーーーッ盛り上がった後は、往年の名曲、『ロードショーのあのメロディ』で締める。
この『ロードショーのあのメロディ』って曲は、最初はしっとりと昔のことを回想しながら、で、徐々に気持ちが入って来て、最後は高揚して胸が熱くなるんだよね。
なんかね、ドラマチックな1曲ですよ♪
やっぱ、サックスが入るのはいいなぁ。。。

アンコールもガッツリ4曲!!
『君の中の少年』はガンガン唄っちゃうよね~♪
最近はあまり聴いてなかったけど、でも、唄えちゃうんだよね。。。
皆で唄った時の、あの一体感はなんか好きだな☆
オーラスは馬場さんが一人きりで『明日の旅人』を弾き語って聞かせてくれたよ♪
とっても優しい唄なんだよね。

♬この歌は 僕と君の歌なのさ

なんか、一緒に歩んでる感じがしていいよね☆彡

懐かしい大好きな曲をたくさん聴くことが出来て、とてもワクワクした夜でした。
懐かしい感情を呼び起こしてくれてありがとう♪

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

BABA TOSHIHIDE 20TH ANNIVERSARY LIVE TOUR 2015 「ARIGATO~君は48番目の街~」 @NHK大阪ホール [馬場俊英/LIVE記録(ワンマン)]

1月も終わろうとしています。
今年は暖冬だと聞いていたのに、びっくりするような寒さが襲ってきたね。
そんで、また寒さやわらぐとか・・・。
インフルエンザも流行り出したみたいだから、気を付けないとね!!

さて、そんな中、ようやく昨年の12月のお話(笑)


2015年12月4日(金)

nhkホール.JPG


この日の会場はNHKホールだったんだけど、なぜか寸前までフェスティバルホールだと思っていたアタシ、、、おーこわっ(^▽^;)

NHKホールも見やすくて音もいいからお気に入りのハコ♪
今回は1Fの一番後ろから、馬場さんを見つめることになったの。
開始時間はかなり押してたような気がする・・・。
平日だからね、、、アタシは今回もお一人様。
だけど、最近は馬場LIVEの一人参加が結構気に入ってるの♪
周りを気にせずに、馬場さんとアタシだけの世界に入り込めるからね。。。
このツアーは、当初は1、2公演行けばいいって思ってたのに、蓋を開ければ4回??
奈良明石、AKASO、そしてNHKホールと、それぞれに違う編成で、その時その時のセットリストで、存分に楽しませてもらったな。。。
どれもとっても思い出深いな。。。

さて、今回のNHKホールはフルバンド!!

そのセットリストはどうだったのか??

◆セットリスト
1.ダウン・ザ・リバー
2.センチメンタルシティ・マラソン
3.クロノス
4.旅エンピツ
5.一瞬のトワイライト
6.BIRD
7.幸せのウェイティングリスト
8.二十年後の恋
9.明日に咲く花
10.右と左の補助輪
11.スタートライン~新しい風
12.平凡
13.ラーメンの歌
14.オセロゲーム
15.向かい風は未来からの風
16.働楽~ドウラク
17.大阪レイニーナイト
18.オオカミの歌
EN1.最後まで
EN2.ボーイズ・オン・ザ・ラン
EN3.男たちへ 女たちへ

もうね、はじめっから鳥肌立ちまくり!!
『ダウン・ザ・リバー』なんて、いつ振りよ??
ぶっちゃけ、頭6曲で、完全にイッテしまってました。。。
『ダウン・ザ・リバー』始まりに興奮で鳥肌が立ち、メンバー紹介を挟まない『センチメンタルシティ・マラソン』でアゲアゲ↑↑
『クロノス』は、アタシの最近の泣き歌(笑)
ダメなのよ、この歌詞がね・・・。
すんごいメッセージを受け取ってからのほっこり『旅エンピツ』♪
ほっと油断した瞬間に響くメロディに、思わず声が出た。
大好きな大好きな『一瞬のトワイライト』からの『BIRD』にもう動くことが出来ないわけで・・・。
もしも10年時を巻き戻せたら・・・
アタシはどうするかな??なんて考えてセンチメンタルになってるところに『BIRD』やからね~。
[るんるん]逢えない時こそ感じてる 見えない時ほど信じてる
 心が今君を探している 僕はその後をただついて行く
 夜に飛び立つ鳥のように 密やかに 君を呼んでる
この感じ。この感じがわかりすぎて怖い!!
気が付いたら、涙ポロポロ。。。
このツアーでは馬場さんに泣かされっぱなしだよ、、、(^▽^;)
そして、この頃のBABA VOICEには、相当心動かされることが多くて、今もなんだけど、馬場さんの中に妙に『明日に咲く花』のブームが来てる気がした。
タイミング的に、なんかね・・・感じるものがあったんだ。
アタシの静かなる大興奮も少しずつクールダウンしていって、盛り上がりも過ぎたころ、また馬場さんからのうれしいプレゼント
前に『大阪レイニーナイト』を唄ってくれるのはいつだっけ??
あれはどこの会場だったかな??
確かツアーファイナルで、要さんが来てくれたんだよね。
イントロで、馬場さんが演奏を止めて、「あれ?こんなだっけ??」ってメンバーに確認してるの(爆)
その感じが、なんだかとっても馬場さんっぽくていいなぁって思ってた。
[るんるん]埼玉生まれの東京暮らし 夢見る心は大阪育ち
 埼玉生まれの東京暮らし 愛する気持ちは大阪育ち
だったっけ??
ここのフレーズに、馬場さんの大阪愛を感じてうれしくなっちゃうんだよね。。。
ここだから唄いたいって唄ってくれたんだよね。
そういう特別扱いがたまらないよね??なんだか得した気分☆
最後は『オオカミの歌』で種火を残して、本編終了。

アンコールに登場の馬場さん。
そんで、今、この時に話してくれたことを必死に思い出してる!!
とにかく、胸にきたんだよ!!
なんだったかな??
あ~ん、ふわっとしか思い出せないよ~(゚Д゚;)
確か、ポジティブな曲をネガティブな気持ちで唄っていて、褒められても「自分なんてまだまだ・・・」って応えてた。
もちろん謙虚な気持ちを持っておくこと大切だけど、来年(もはや今年)からはポジティブな曲をポジティブな気持ちで唄っていきます!っていうような、宣言をしてくれたんだよね。。。
馬場さんでもまだ、自分自身と向き合いながら、自問自答の日々なんだよね。。。
そりゃ、アタシらが迷ったり、ビビったり、揺らぐのも当然よね。。。
なんて、少し肩の力が抜ける良い時間になった。

オーラスはなんと『男たちへ 女たちへ』♪
これも随分ぶりだよね??
昔は手拍子しながら、ゆれながら一緒に唄いながら聴いていたもんだけど、この時はじっくりと聴いていたくてね。。。
そう言えば、以前、年の離れたお友達(笑)が、「この曲はじっくり聴いて浸りたいねん!」って言ってたことを思い出して、今になって言ってたことがわかったような気がしたんだ。。。
確実に年齢を重ねてるんだなぁ。。。

なんだか、アタシが大好きだった頃の馬場さんが戻ってきたなぁって感じて、とってもうれしかったんだ。
最高の夜になりました。ありがとうございます!!

LIVE後はアンケートの裏表にビッシリと2015年のあれやこれや、想いの丈を書いてきた。
馬場さんに届いてるといいなぁ。。。

なんかね、馬場さんが書いてくれるブログを読んでると、アタシを通して何かを伝えようとしてくれてるのかな??って思うことがあるよ。
思い込みって怖いね(^▽^;)
だけど、その一言一言が、アタシの中に蓄積されて、必要な時に出てくるようになってるなって思う。
やっぱり馬場さんはアタシの人生の師匠だわ(笑)

さて、来月はいよいよ20周年の集大成!!
どんなLIVEになるのか??
そして、あの凸凹コンビはやってくるのか!?(笑)
楽しみだなぁ。。。


今年もいっぱいいろんなこと教えてくださいね~♪


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
前の10件 | - 馬場俊英/LIVE記録(ワンマン) ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。