So-net無料ブログ作成
検索選択
LIVE記録(インスト、フリー、ブッキング等) ブログトップ
前の10件 | -

トミタショウゴ Presents 「Do the JOB」 @渋谷gee-ge [LIVE記録(インスト、フリー、ブッキング等)]

沖縄はもう梅雨入りしたそうな・・・。

最近、自分の中の何かがグラグラとぐらついているような感じがあって、不安感というか焦燥感みないなのに囚われていて落ち着かない日々。
で、思うんだ。グラついているのは「自信」なんじゃないかって。
今の自分は求められていることにちゃんと応えられてるのか?
自分にはまだ伸びる要素があるんだろうか?
このところ、ちゃんと出来てるって実感が持てなくて、、、
でも、こういう時は自分の軸が何だったか、改めて確認したらいいんだよね。

さて、明日は今年3回目の浜松
岡野君と浅田さんのイベントに初めて参加するの♪

その前に、先月の東京でのLIVEを振り返っておこう☆彡

2017年4月23日(日)
201704323shibuya.JPG


渋谷の街に降り立ったのはいつ以来になるのかな??
東京には来ていたけど、渋谷は結構久しぶり。
青い空にくっきりと浮かびあがる工事の様子が妙に目に焼き付いて。
渋谷のスクランブル交差点でぼ~っと眺めてた。

さて、今回は初めての会場。渋谷gee-ge♪
20170423gee-ge.JPG

かなりさり気なくあるから、一旦通り過ぎてしまったわ(^▽^;)

今回はこの会場でトミタショウゴ君主催のイベントに、岡野宏典君と臼井嗣人君が出演!!
お昼からのLIVEだったから、ちょいっと行ってきちゃった♪
music barって感じで、とても雰囲気が良くて、グランドピアノもあるし、なんだか好きな感じ。
キャパは50くらいかな??

まずはトミタショウゴ君からご挨拶がてら1曲バーンとパワフルな唄声を聴かせてもらってから、トップバッターの岡野君が登場!!

◆セットリスト
1.南風
2.雨宿り
3.田園
4.ラブソング
5.Fuwari
6.迷いの森
7.コトノハ

岡野君、なんだかニコニコしていて楽しそう♪
『南風』から始まって、『雨宿り』『田園』『ラブソング』・・・『Fuwari』もかな??
これらはグランドピアノで弾き語ってくれたよ。
ゆったりとしたあったかい唄がピアノの音に乗っかって、とても心地よかった。
決して上手いピアノではなくて、でもとっても素朴で素直なピアノ。
そして、『迷いの森』はトミタ君とのセッション
簡単に色んな情報が得られる分、不確かな情報も多くて。
そんな世の中に対するアンチテーゼ的なメッセージソング。
少し重い雰囲気の曲なんだけど、曲の雰囲気としてはトミタ君に合ってたね。
そして、やっぱり1対1のセッションになると、俄然岡野君が燃えるんだ(笑)
聴きごたえあるセッションだった★
最後は「大切にしたい曲」と言って『コトノハ』を。
一時期に比べると最近はあまり唄ってなかったね。
だけど、岡野君のこの唄への想い入れは深くて、色々想像してしまうんだなぁ。。。
岡野君自身もとても楽しんでいたようだったし、とても良いステージだったよ。
笑顔でステージを後にする岡野君にニンマリ( ̄▽ ̄)

次の登場は臼井嗣人君。

◆セットリスト
1.春紫苑
2.恋のダイス
3.満月
4.愛のカタチ
5.花吹雪
6.渋谷零時五十二分
7.Circle of Love

まずは、大好きな『春紫苑』♪
季節的にもとってもいいよね。
この曲は、情景描写が素晴らしいんだ!!
大好きな人と公園を散歩してるような感覚になって、とってもキュンとくるの。
好きだなぁ。。。
すると、今度は雰囲気を変えてトミタ君と『恋のダイス』をセッション♪
あまりアタシにフィットした曲ではないと思っていたんだけど、今回のセッションはなんか良かったよ♪
そして、これまた情景描写が秀逸な『満月』♪
よくよく聞くと、世界観としてはあまり好きな感じではないんだけどね(笑)
『愛のカタチ』は最新アルバムからのバラード♪
で、今度は岡野君を呼び込んで、アタシの大好きな『花吹雪』をセッション♪
たしか、岡野君ピアノでセッションしてたんじゃなかったかな??
なんか良いよね、そういうのも。
ガラッと空気を変えて、『渋谷零時五十二分』をロックに!!
最後は皆で唄ったよ♪
とても良いセットリストだったね★楽しかった♪

トリは主催者トミタショウゴ!!
実は名前は以前からよく知っていたのだけど、LIVEを観るのは今回が初めて。
友達からはとても良い歌うたいだって聞いてた。
おススメの曲は『突破口』だとも。
で、もしやこの曲が・・・?って思った曲が、やっぱり『突破口』だったのだけど。。。
とってもソウルフルな歌を唄う人だってことはよくわかる。
ただ、声とかメロディーとか、世界観がアタシの線ではなかったなぁ・・・。
新しい気付きをくれる感じではなかったんだ。。。
誰かにとってハマるものが、誰かにとってはそれほどでも・・・。
音楽って本当に難しいね。でも、そこが楽しいところでもあるんだよね★

ライブ後、岡野君に声を掛けにいったよ。
そしたらすんごい笑顔の歓迎を受けて、しっかりと握手をしてくれたの。
なんなんだ??
ある時は警戒気味に手の先しか握ってくれず、ある時は満面の笑顔で歓迎してくれたり・・・。
アタシはいつも変わらないのになぁ。。。

だけど、なんとなくね、その理由が分かり始めた2017年春。
それが本当にそうだったら、笑う~~( ̄▽ ̄)


で、臼井君にも声を掛けに行って。
隣にお友達ミュージシャンがいたから、ちょっと話しづらくて、、、
「とっても良いステージだったよ」って伝えたかったんだけど、伝え損ねちゃったよ(^▽^;)

会場を出ると、まだまだお日様は高い位置にあって。
ちょっぴり散歩とかもしたかったんだけど、翌日の体力勝負の仕事に備えるため、早々に東京を後にしたよ。

なんでかなぁ・・・。
東京を後にするのに、後ろ髪を引かれる想いがして、ちょっぴりおセンチになっちゃった。
冒頭の渋谷の写真の件、あれは帰りのお話。
あの青い空を見上げながら、「この空の下で頑張ってんだなぁ~」なんて考えてたんだよ。

アタシももっともっとがんばろっ!!


素敵な春のひとときを作ってくれた3人に、どうもありがとう♪
今年は岡野君の唄、いっぱい聞けそうだね♪
楽しみにしてるよ~☆彡




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

トアロード アコースティック フェスティバル 2017 [LIVE記録(インスト、フリー、ブッキング等)]

忙しさにかまけて、完全に放置してしまっていたわけで、、、

気付けばゴールデンウィークも後半。
今年は馬場さんにフラれたから、珍しくのんびりとしたお休みになっている。

数日前、とあるアウトレットモールに行ったとき、ふらりと立ち寄った楽器屋さんで、エレキギターを試奏している音が聴こえてきたの。
なんとなく予感がしてチラリと覗きに行ったの。
近づいて目が合った時、お互いに「ええ~っ!!?」って(笑)
それは紛れもなく大橋タカシ君だったの。
「まさかこんなとこで!」なんてやりつつ、店員さんとの面白いやりとりを前に、フ~ッ!!って冷やかすアタシなのでした。
あ~、面白かった♪
だけど、こんな偶然あるんやね~( ゚Д゚)
そして、自分の感度の良さにニンマリ ̄∀ ̄)

さてさて。
ゴールデンウィークに入る前のLIVEの事を振り返ってみるです。


2017年4月16日(日)

今年も神戸のトアロード・アコースティックフェスティバルに岡野宏典君が参加ってことで、観に行って来たよ♪
トアロード・アコースティックフェスティバルは、神戸元町・三宮界隈のライブハウスやカフェなどで同時にLIVEが開催される音楽サーキット!!
アタシも一昨年くらいから参加するようになって、今回で3回目!
今年も暑いくらいのとっても良い天気で、神戸の街が音に溢れていたよ♪

まずは、リストバンドの交換場所である東急ハンズで、今村モータース君主催のインストアライブに岡野君が登場!!

今村君はもう何年振りなのかな??
すんごい昔にブッキングライブで一度LIVEを観てる。
今回ホスト役で色々場を繋いだりしていたのだけど、トークがなかなか面白い人だったよ。
このLIVE用に二人で曲を作るってことで、岡野君の家にお泊りもしたんだって(笑)
岡野君、ずっと今村君にいじられっぱなしだったね(笑)

とりあえず、セットリスト♪
1.南風
2.点と点
3.ロビンソン(カバー/スピッツ
4.新曲

ん~、セットリストが曖昧、、、
もう1曲くらいあったような気がするが、思い出せない。

ステージは全て今村君とコラボ♪
まずはポップに『南風』からスタート♪
久しぶりに聴いた今村君の声は、記憶通りの特徴的な声だった。
軽やかな感じが、なんだか妙に『南風』に合ってたね★
岡野君も、前日声が出しにくそうだったのに、この日はなかなかいい感じ♪
次に聴かせてくれたのは今村君の曲『点と点』。
うん、どんな曲だったかは忘れたわ(笑)
そして、スピッツの『ロビンソン』を二人でカバー。
新曲ってのが岡野君と今村君の共作の曲。タイトルコールはあったのかな??
確かね、ポップな曲だったような気がするのだけど・・・
良い感じだなぁって思ったことは覚えているのだけど、どんな曲だったのかはもう覚えてないや(^_^;)

このステージが終わると、ちょっと早めにBO TAMBOURINE CAFEへ。

実は今回、岡野君以外にChicago Poodleとオカダユータ君、キクチリョータ君に目星をつけていたのだけど、タイムテーブル的にシカプーを諦めることに、、、
でも、キクチ君と岡野君はこの「BO TAMBOURINE CAFE」で並びだったのだ☆彡
入場規制がかかっても嫌だったし、お腹も空いていたから、早めにINしたわけ。
ちょうどイセキ君がリハをしているタイミングだったよ。
会場の隅でイセキ君の唄を聴きながら、生ビールとフィッシュ&チップスで腹ごしらえ(笑)

そして、何年ぶりだろう??
多分、5年ぶりくらいにキクチリョータ君のステージ♪

キクチ君を初めて観たのは、大阪MUSEでのブッキングライブ。
当時まだ19歳とかだったんじゃないかな??
秦キュンのような刺さる様な唄声が印象的で声をかけたんだ。
その後インストで一度観て、今回が3回目。
キクチ君はやっぱりポップな曲よりもミディアムでじっくりと聴かせるような曲の方がいいね。
キクチ君の声をじっくりと味わえる感じがする。
わりとしっとりとした曲が多かったんだけど、見ない間に随分とステージ慣れしれるやないかい!!
まあ、当然と言えば当然なのだけど。。。
なんだか頼もしかったなぁ。。。


そして、次が岡野君の登場!!
今回もサポートギターに平田崇君が参加していたよ。

◆セットリスト
1.SORA
2.南風
3.フォトグラフ
4.レモネード
5.Fuwari
6.風待ち
7.蒼

1曲目はk-mixの廣木さんに楽曲提供した『SORA』を。
まだ明るい時間帯ってこともあったし、良く晴れた神戸の街にぴったりのオープニング♪
『フォトグラフ』『レモネード』は平田君のギターだけで唄ったよ。
神戸とか関西でのLIVEはデビュー当時によく来ていたこともあってか、思い入れが深いのがトークから感じられるんだ。
今年でデビュー10周年ってこともあり、岡野君の口から出る言葉が胸にキュンときたよ。
なんだかなんだ言いながらも10年か。頑張って来たよね。
今年はLIVEもガンガン入って来てるし、やっちゃってくれる気がするなぁ)^o^(
最後は『風待ち』『蒼』で、ポップに終了!!
笑顔弾ける良い時間でしたよ★

で、岡野君のLIVEが終わると同時に、アタシは次の会場へダッシュ!!
BO TAMBOURINE CAFEから5分くらいのところにあるスポルテリアでオカダユータ君のステージが始まるのだ!!
慌てすぎて、足をくじいちゃったよ(^▽^;)
会場に到着するとすでに1曲目を唄っていた。
会場はいっぱいで人が溢れていたよ。
予定していたセットリストからは何曲かチェンジしたみたいだけど、その中で唄ってくれた『100万マイルの旅人』って曲がとっても良かったの!!
あと初めて聴いた『シリウス』も良い感じだったなぁ。。。
ユータ君もなんだかんだで1年以上ぶりだったからねぇ。。。

LIVE後、CD購入がてら声を掛けに行ったよ。
ユータ君、アタシの顔を見てしばし無言。
久しぶりだったから誰だったか思い出してたのかな??
夢から覚めたような顔してるユータ君に「憶えてくれてる?」って声をかけて、「憶えてる、憶えてる!」ってようやく声が聞けたよ(笑)
お互い「久しぶりや~ん!」って。
名前は忘れちゃってたけど、アタシのことは覚えてくれていて、「なんか雰囲気変わった。前はもっとボーイッシュやったよね?女子やん!」というツッコミをいただいた(笑)
相変わらずタメ語(爆)
なんか不思議なんだけど、ユータ君とお話して、ふわっと心にあったかいもんを感じたよ。
『100万マイルの旅人』、今度会う時には作品にしてくれるっていう約束、ちゃんと守ってよね!!
次は6月かな??CASHで会おう!!


ってことで、シカプーはあきらめざるを得なかったけど、それ以外はほぼほぼ予定通りだったので、とても充実した1日になった。
街の雰囲気とか、音が街にあふれる感じとか、街が輝いて見えていいよね。
なんかふっと栄ミナミ音楽祭を思い出しちゃった。

そうだよ!今年は栄に馬場さんが登場するんだよ~!!
くぅ~~~っ(>_<)
神様はなんて意地悪なんだろう、、、


それでも少しずつ、少しずつ、


ね。


音楽ってやっぱいいね。
楽しい時間をどうもありがとう♪


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Chicago Poodle presents CON∞NECT A LIVE @心斎橋JANUS [LIVE記録(インスト、フリー、ブッキング等)]

昨日、大阪城まで思い出の桜を見に行ったんだけど、見事に伐採されていて、、、
だけど、あの日の記憶は今も色あせることはなく。
思い出はちゃんと心に宿るものだなと、改めて実感しました。

心騒ぐ春、天気がいい日はウキウキする反面、なんだか青空が憎たらしく想えることも(笑)
訳もなく逢いたくなる人がいたり、聴きたくなるウタがあったり。
五感を揺さぶられます。

さてさて。
3月はLIVEが一本だけあったんだけど、その記憶をたどってみるです。


2017年3月8日(水)

これまだど平日のLIVEでした!!
以前見たLIVEがとてもカッコ良くてちょっぴり気になっていたピアノロックバンドのChicago Plldleが主催するイベントライブに、東京60WATTSが招かれました♪
どっちもピアノが大活躍するバンドなので、アタシの中では同タイプに思ってた。

てっきりツーマンだと思っていたら、もう一組いらっしゃって(笑)
それが、あの元キマグレンのイセキ君だったのです!!

トップバッターはイセキ君。ギターの弾き語り。
キマグレン自体のステージは、たぶん「風に吹かれて」かなんかで観たことがあるような気がするのだけど、解散してからは完全にお初ですね。
トップバッターってことで、必死に盛り上げようという感じがあったのだけど、ちょっと空回っていて、本人もやりにくそうだった(^_^;)
なんか、いちいち間が悪いのよね。あの感じは初めてだったなぁ、、、
肝心の唄は、けっこうねばっこい。
誰かに似てるって思ってて、気づいたよ。竹雄君だ、と(笑)
うん。なんかあんな感じだったな。ちょっとタイプではないかなぁ、、、
曲に全く入っていけなかったよ、、、

次に登場したのが東京60WATTS!!
今回もサポートに山さんが入ってくれていました♪

◆セットリスト
1.東京60WATTSのイントロダクション
2.目白通りいつも通り
3.外は寒いから
4.はなうた
5.さよなら東京
6.昇天
7.東京60WATTSのテーマ

アタシの席からは良い感じに3人の姿が見えてね。
ご挨拶代わりに『東京60WATTSのイントロダクション』を唄うと、少しテレながらぶっきらぼうに、イベントに誘ってくれたシカプーへのお礼を。
言葉は悪くても、こういうことは絶対に外さないたけし君のギャップが、みんなに愛される所以だな。
まだ寒い時期だったからね。『目白通りいつも通り』『外は寒いから』もご機嫌な感じ♪
そして、むかし大阪の女の子と付き合っていて、その子とお別れした時の唄って『はなうた』を歌ってくれたよ。
彼女のことが大好きだったんだなぁ・・・ってぼんやりと感じられる、とてもせつなくてやさしい曲で、大好きなんだなぁ。。。
たけし君の書く詞は、そのシーンが映画のように目の前に広がって、やっぱり凄いと思うし、大好きなんだなぁ。。。
そこからの『さよなら東京』でしょ?やばいよね??
この曲、なんだかわからないんだけど、毎回ぐっとくるんだよね。
後半の高揚感がたまらないんだなぁ。。。詞やメロディーもさることながら、アレンジにやられてるのかなぁ??
そして、まさかの『昇天』!!油断してたぁ~(汗)
もうね、立ち上がり合い衝動を必死に抑えてたよ。
なんでみんな立たないんだよ~!!
久しぶりに『昇天』だぜ?しかもここはJANUSだぜ??
琢雄君のピアノ、森さんのドラム、カッコ良かった~!!
最後は『東京60WATTSのテーマ』でコミカルにフィニッシュ!!
短い時間だったけど、東京60WATTSをコンパクトにまとめたとても”らしい”ステージだったよ!!

そして、2度目となるシカプーのステージ。
セットリストなんてもちろんわからないし、メンバーの名前も憶えてないんだけど、とにかく鍵盤がいいの!!
ミディアムよりもアップな曲がいいね!!
跳ねるようなピアノに釘付けになったよ!!
彼らもファンクなんだよね。
で、アタシはやっぱりファンクロックが好きなんだなぁ~って実感した。

アンコールはどうだったのかな??
シカプーが盛り上げてくれたような気がするのだけど、憶えてないなぁ(^_^;)

ただ、とにかくカッコよくって、興奮した夜になったよ。
どうもありがとう♪

そして、このライブでもワッツのLIVE COLLECTIONの受付があった。

IMG_3939.JPG


この時のLIVEの空気感がそのままパッケージされてて、とても良い作品になってたよ♪
SPECIAL THANKSにはアタシだけの名前が。
やっぱうれしいなぁ♪
どうもありがとね~☆彡
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Cashbox → Next 「ミトカツユキ × 岡野宏典 × Psalm」 @CASH BOX [LIVE記録(インスト、フリー、ブッキング等)]

今年は春から初夏にかけてのLIVEが少なくて、窒息しそうなんだよ、、、
そんな中、意外にも岡野君がポコンポコンといい感じにLIVEを入れてくれて、ニヤニヤしてる。
今年は暴れてくれるのかな??
アタシのスケジュール帳には岡野君の「O」のマークがどんどん刻まれていってるよ♪

この日の岡野君もええ感じだったんだ。。。

2017年2月18日(土)

久しぶりのCASH BOX。
リニューアルしていて、バーカウンターが少し小さくなっていたよ。
その分客席が広くなったのかな??

cash box 20170218.JPG

久しぶりにバドワイザー飲んだけど、やっぱり薄いや、、、(^_^;)

今回はここで、岡野君がミトカツユキさん、Psalmさんとの3マン♪

まずは、初めましてのPsalmのステージから。
名前は聞いたことがあったんだけど、LIVEを観るのは初めて。
3ピースのピアノコーラスグループ。
コーラスグループって言う時点で”唄”のハードルは確実に上がるよね??
ところが、、、なんと言えばいいのか、、、
コーラスグループと言うわりにはハーモニーがそれほどでもなく、拍子抜けした。
声の相性があんまり、、、と言うか、聴かせるタイプの声じゃない、と、身もふたもないことを感じてしまったのだ、、、(^▽^;)
しゃべりはそこそこ達者なようだったけど、期待した分、唄にはちょっと残念なものを感じたよ。

そして、岡野宏典君の登場!!
今回はギターの弾き語りオンリー!!

セットリスト
1.南風
2.コトノハ
3.船出
4.ラブソング
5.レモネード
6.蒼

ポップに始まってポップに終わる。
とてもいい感じだ。
「岡野君の声だなぁ・・・」って感じられるくらい、声がよく響いていたよ♪
相変わらず手拍子にが入るとうれしそうに笑うんだ♪
正直な反応だなぁ。。。(笑)
何をしゃべってくれたかは覚えてないけど、トークでも良い空気を作ってたよね??
アタシ、何度も笑った気がするよ。
夢に向かう気持ちを歌った曲に優しいラブソング。
全体的にキラキラした印象で、これからの季節にぴったりなとってもポジティブなセットリスだったね。
なんだか、あの頃の世界が広がっていきそうな予感がしてきたよ。
今年の岡野君からは目が離せないなぁ。。。( ̄▽ ̄)

トリは随分ぶりのミトカツユキさん♪
多分、アタシが初めて千綿さんと言葉を交わした、あの晴れ豆でのスリーマン以来じゃない??
って思うと、なんとも言えない感情が沸いてくるんだなぁ。
ミトさんの唄は、パワフルでソウルフルで流石でした!!
ただ、なんでか途中からバナナマンの日村さんを見てる感覚になってた(爆)
めっちゃ唄が上手い日村さん(爆)
楽しいステージだったなぁ。。。

そして、アンコールは全員で『卒業写真』と『Stand by me』をセッション
いやぁ、岡野君の英語・・・頑張ったね(笑)
セッションでもっともっと前に出てこれるようになったら言う事ないんだけどなぁ。。。
フェイクとかなかなか出来ないから、入ってけないんだよなぁ。。。
そこに割って入る貪欲さが欲しいぞ!!頑張れ!!

なにはともあれ、とても楽しいイベントになった。
なので、当然岡野君に声をかけたくて物販へ。
「よかったよ~!!」ってニッコニコで声をかける。
ようやく『コトノハ』にサインを入れてもらったよ。
大阪でもLIVEやってよ!!」って言葉に「頑張ります」と苦笑いしてた岡野君。
今回、ようやく大阪のLIVE入れてくれたね~♪
どうもありがとう~☆彡

なんでか、岡野君のどや顔が見えるようだよ(笑)

今年は岡野君にいっぱい救われそうな予感がする。
期待してるよ☆彡

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

What's happened!? -第三夜- @京橋SEVEN DAYS [LIVE記録(インスト、フリー、ブッキング等)]

この時期特有の三寒四温。
油断禁物、ゴン金持たず、ですな(^▽^;)

だけど、陽射しは完全に春なわけで、なんだか全てが良い方向へ進んでいる気がします。
引き寄せの法則ってのがあるでしょ??
良いイメージを言葉にしていたら、良いことを引き寄せられるはず!!
マイナスなことは考えても言葉にしてはいけないよ!!
すべてはうまくいくのだ!!

さて、最近はど平日のライブが多くて。
この日も間違いなくど平日のLIVEでした。


2017年2月9日(木)

仕事終わりに駆けつけました!!
何度も来るチャンスはあったのになかなか足が向かなかったハコ、京橋SEVEN DAYS!!

seven days.JPG


ここは1Fがバーになっていて、2FがLIVE会場になってた。
ウッディーな感じで、階段を上がると暗幕がかかってて、なかなかデンジャラスな造りだったなぁ。。。(笑)

今回はここで、久しぶりのおおたけし(笑)。
東京60WATTSのボーカル、大川たけしがソロで出演!!
共演者の中には久しぶりの大橋タカシ君の名前もあった。

出演者は登場順に次の通り。

小倉ユウゴ
聞間拓
大橋タカシ
酒井ヒロキ
おおたけし

順番に感想など・・・。

小倉ユウゴ君ははじめましてのミュージシャン。
まだ若そうな感じだったんだけど、唄い出すとなかなか泥臭い感じだったよ。
ただ、世界観がアタシのノーサンキューなアレでしたわ、、、
世の中に対する不満をぶちまけるのもいいのだけど、じゃあアナタな何をするんですか?ってことよ。
ただの愚痴には共感出来ないんだなぁ、、、
あと数年経ったら、唄う内容も違ってくるのかなぁ。。。

次に登場は聞間拓君。
色んな人から「良い歌うたいだよ」ってことは聞いていたから、名前だけは知っていたのだけど、、、
なんて熱くるしいミュージシャンなんでしょう!?(爆)
良くも悪くも、力で押してくるタイプ。
どんな曲を唄っても、結局力で押してくるから、疲れちゃって、、、
めちゃくちゃソウルなのはわかるけど、アタシはやっぱり緩急ある唄うたいのが好きだな。

そしてここで大橋タカシ君。
大橋君は去年の3月の千綿さんのイベントで観た以来だね。
そうなんだけど、ステージからアタシと目が合った時、ニッコリ笑ってくれた気がしたんだ。
泥臭い唄が続いた後に聴く、大橋君のポップな唄声とメロディーがとても心地よくて。
初めて聴かせてもらった曲も、とってもいい感じだった。
うん。やっぱりこういうブッキングで大橋君がいてくれるのは、アタシにとってはうれしいことだな。

続いては酒井ヒロキ君。
超久しぶり!!たぶん7年ぶりくらいじゃないかな??
ワッツが活動休止に入る前に観て以来だと思う。
当時に比べると、ちょっと肥えたよね??(^▽^;)
ギターは上手いけど、唄がもうひとつ、、、で、内輪で盛り上がるっていう印象を持っていたのだけど・・・
7年経ってもそのままでした!!(爆)

そしてそして、いよいよたけし君の登場!!
ステージには椅子が用意されていて、なんだ?座って唄うんか??

セットリスト
1.陽の当たらない部屋
2.目白通りいつも通り
3.ふわふわ
4.さよならCOLOR(カバー)
5.僕はヒモ
6.ラジャーブラジャー
7.さよなら東京
8.カントリーロード

実は、あんまり期待していなかったのだけど、フタを開けたらこれがまたええセットリストで!!
哀愁漂う『陽の当たらない部屋』がアタシの心にジャストミート!!
テンションがちょうど良くて、震えたね。
大好きな『目白通りいつも通り』からの『ふわふわ』。
たけし君、ギター持ってウロウロするから、コード引っかけて水をひっくり返しちゃったよ(^▽^;)
意外だったのは、カバー曲を持って来たとこ。
タイトル言わないんだけど、「あれ、なんか知ってるぞ!!」って感じで。
そしてここからはお得意のお遊びゾーン!!
『僕はヒモ』は、知る人ぞ知る、どうしようもない曲!!
おかしくて笑っちゃうんだぁ・・・。
それに引き続き、またまたどうしようもない『ラジャーブラジャー』に会場爆笑の渦よ。
で、これだけ盛り上げてから『さよなら東京』をいつもよりしっとりと聴かせてくれるわけ。
高揚してる分、めちゃくちゃ惹きつけられたよ。
計算なのか、偶然なのかはわからないけど、ホントにステージ巧者だわ。
曲にぐっときて泣きそうになったよ(;´Д`)
で、最後は最近できた新曲『カントリーロード』を聴かせてくれたよ。
この曲がね、たけし君らしいカラッとしてるんだけど、哀愁のある1曲でね。
ここに琢雄君の鍵盤が入ってきたらどんなふうになるのかな??って、今から期待しちゃう♪
なんかね、今回の出演者の中にあって、唯一風格を感じたステージだった。
やっぱ、お客さんの惹きつけ方を知ってるっていうかね。
聴かせるとこ、遊ぶとこ、ちゃんとメリハリがついてて、とっても楽しいステージだった。

アンコールは皆さんの気遣いにより、たけし君が『たからもの』をしっとりと聴かせてくれたよ♪

もう大満足だよ☆彡

うれしかったから、声だけかけて帰ろうと思ってね。
とりあえず、まずは大橋君に久しぶりにご挨拶に行ったの。
順番待ちしてる時に目が合ったら、やっぱりニッコリと優しい笑顔を向けてくれたよ。
そして、アタシのことを名前まで憶えてくれていてびっくり\(◎o◎)/!
新曲が良かったって感想をお伝えしてCDをお買い上げ。
でね、ちょこっと(?)千綿さんのお話になって。
この時はまだ千綿さんの具合がどこまでひどいのか、それともそうでもないのかわかんない状況だったんだけど、大橋君の話っぷりから思ってるほどではないのかな?って感じ取れて、少しほっとしたんだ。
でね、大橋君、最後にうれしい約束してくれたよ。
本当に信頼できる良い人だよ。。。
よろしく頼んだよ!!どうもありがとう!!

で、気が付いたらたけし君の姿はなく、、、(^▽^;)
まあ、下にいるのはわかっていたので、帰りがけに声をかけに。
「めっちゃ良かった!」ってサムズアップ!!
『カントリーロード』はCDにするって言ってくれたよ♪
楽しみにしてるよ☆彡
「どうもありがとう!」って握手。
ああ見えて、たけし君っていつもそう言ってくれるんだよね。
「ありがとう」じゃなくて「どうもありがとう」。
なんか、こういうとこに弱いんだなぁ。。。

少しほっとしたとこもあって、帰り道は久しぶりにルンルンだった気がするよ。
楽しい夜でした☆彡

どうもありがとう♪


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

TOYONAKA LIVE SQUARE 2017 @豊中市立文化芸術センター 大ホール [LIVE記録(インスト、フリー、ブッキング等)]

3月ですね。びっくりしました!!
夕暮れの空の色とか、頬を撫でる風の匂いに、春を感じます。
大好きな沈丁花の香りも漂ってきましたよ~♪

今日は結婚記念日だというのに、旦那はフェスティバルホール本番ってことで、一人の夜です。

長引いていた捻挫の痛みも、ようやく治まりました。

しかし、人生ってホント、色々ありますよね。(大げさだけど)
アナタにも、そしてアタシにも。

今ね、想定外の深刻な問題に直面しているのです。
自分がどう立ち振る舞えばいいのか。
「知らない」って突き放すことも出来ず、かと言って何が出来る訳でもなく。
自分自身のことならいざ知らず、そうでないことで気をもんだり、頭を悩ませたりすることが多いここ最近。
正直、もうしんどいわっ!!!
とりあえず、自分がやれること、自分が正しいと思うことをしっかりやるしかないのだけど、あれやこれやと考えながら包丁を握っていて、指を切りました。
病院送りの一歩手前程度に。
もう何が起こっても動じない気がします。
言い換えれば、それは”喜怒哀楽を放棄する”というアタシの悪い癖が顔を見せ始めているということで、、、

そんなアタシに「それはアカン!」って言ってくれるのが、やっぱり音楽なんですよね~♪

ってことで、ウイークデーにも拘わらず、仕事終わりに駆けつけましたよ!!

2017年2月1日(水)

豊中芸文.JPG


初めてのホール、豊中市立文化芸術センター!
最近改装されたホールなので、とっても綺麗だし、ステージも見やすいんです♪
アタシの席はファーストあたりだったのですが、良い感じに座席がステージの方向に向いているんですよね。
音も良いし、とても素敵なホールでした。

今回はFM COCOLO主催のイベントで、出演者も森大輔、馬場俊英、広沢タダシ、佐藤竹善、押尾コーターローという豪華メンバー!!

MCにはFM COCOLOから池田なみ子さんと、加美幸伸さんが登場。

最初に演者全員を呼び込んで、ビートルズの『NOWHERE MAN』を皆で演ってくれたんでしたっけ?
多分そうです(^▽^;)

で、トップバッターは豊中が地元という森翼大輔君が登場!!
実は森君、あの北野高校の出身なんだとか!!頭良い~!!
森君は名前は知っていたんですが、唄を聴くのは初めてでした。
ピアノ弾き語りで、3~4曲聴かせてくれましたよ。
楽曲提供とかもよくなさっているみたいですね。
ポップな曲よりも、バラードの方がいいのかなぁ?って思いました。

次に登場が押尾コータローさん!!
ギターの名手であることは有名ですよね?
押尾さんのギターを聞くのは久しぶりです。

セットリスト
1.カーニバル
2.そして僕は途方に暮れる(カバー/大沢誉志幸)
3.ボレロ

『カーニバル』は押尾さんのオリジナル曲。
とっても軽快な楽しい感じの曲でした。
『そして僕は途方に暮れる』は懐かしい曲。これを竹善さんとコラボで聴かせてくれました!
そして、『ボレロ』ですよ!!この『ボレロ』はあのオーケストラでよく演奏されるアレです。
これをギター1本でやっちゃうんです!!圧巻でした!!
拍手もすごかったですよね??
で、押尾さんが広沢君を呼び込みました。期待MAX!!

こんな立派なホールに、大学生のようなラフなスタイルで出てきましたよ(笑)。
ここ最近の広沢君のファッションはなんなんでしょうね。
まあいいんですが、、、

◆セットリスト
1.Ride on music
2.あたたかい季節
3.ありふれた日々

押尾さんと広沢君がコラボと言えば、やっぱり『Baby, It's time』を期待しません??
滅多に聞かせてもらえない曲だし、、、
絶対これしかない!って思ってる中でのタイトルコールは『Ride on music』♪
あ~、ふ~ん、ってちょっぴり残念な気持ちは否めないわけで。
だけどそんな気持ちを吹っ飛ばしてくれたのが『あたたかい季節』♪
久しぶりに大好きな曲が聴けてニッコリ♪
最後は最近のメインテーマ、『ありふれた日々』をしっとりと唄い上げてくれました。
相変わらずいエエ声がホールに響いていましたよ☆彡

そして、いよいよ馬場俊英登場!!
そうそう、このイベント、なぜか馬場さんがホストのようにいろんな場面で演者をまとめていたのです。
相変わらずの天然さで、たくさん笑わせていただきました(笑)

◆セットリスト
1.明日の旅人
2.スタートライン
3.オセロゲーム
4.I HAVE A DREAM

まずは優しく『明日の旅人』。
人にはそれぞれカレンダーがあって、良い時もあればそうでない時もある。
周りが春なのに自分が冬だからと言って気に病むことはない。
今はたまたまそういうタイミングなだけ。そのうち必ずまた春はやってくる。
この曲に込められたこういう心の持たせ方にほっとさせられます。
見守る側だとしても。。。
『スタートライン』は押尾さんとコラボレーション♪
何気に初めてのコラボだったみたいですよ。
『オセロゲーム』ではこの日初めてお客さんがスタンドアップ!
馬場さんうれしそうでしたね~☆彡
最後はしっとりと『I HAVE A DREAM』。
この曲を唄う前の馬場さんのお話が、いつも心のひだを撫でてくれるような感じで、とっても好きです(#^.^#)

トリは大御所、佐藤竹善さん。

まずは、こういうイベントでは聴かせてもらうことが比較的多い『Change of season』を貫録の唄声で聴かせていただきました。
そして、押尾さんを呼んで、洋楽、POLICEの曲をカバー。
ギターもすごかったけど、竹善さんのパワフルな唄声とフェイクが圧巻で、会場も大盛り上がりでしたよ☆彡
そして、「サビはお客さんが唄います」っていう、よく唄わされている割に、タイトルを聞いたことがない曲をみんなで唄いました(笑)

アンコールは全員でS.L.Tの『Spirit of love』を♪
めずらしく押尾さんの唄声を聴くことが出来ました!!
オーラスはなんとなんと、広沢君の『サフランの花火』だったんですね~♪
広沢君、恐縮しながらもなんだか誇らしげな顔してましたね。
みんなで唄って、ピースフルな空気でしたね~♪

素敵なホールで、最高の演奏。
翌日は仕事だったけど、しっかりエネルギーチャージ出来ました!!
もうね、一流が集まったジョイントライブは大好物!!
素敵な唄をどうもありがとうございました~♪
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

CIRCLE OF LOVE vol.26 @下北沢440 [LIVE記録(インスト、フリー、ブッキング等)]

昨日1ヶ月ぶりに心理学の先生のカラーセラピーを受けたの。
前回はうつの一歩手前って言われてたからねぇ、、、怖い怖い(;´Д`)
で、今回はとても良い状態だって。
対人関係でストレスがあったとしても耐えられるエネルギーを持ってるって。
あ、別に前から対人関係で困ってるわけではないよ。今んとこ、アタシにそういう悩みは皆無だから。
金色のものを身に付けると良いと言われ、戸惑っている。
だって、アタシはシルバー好きだから、、、あは~(^▽^;)
ま、とりあえず、ホッ。

さて、実はそうこうしているうちに、今年のLIVEがもうすでに4本終了してしまっていて、またまたため込んでいる状態。
とりあえず、ひとつずつ、、、ね!(^▽^;)


2017年1月27日(金)

今年の1本目は東京から!!
久しぶりに臼井嗣人君主催のイベント、「CIRCLE OF LOVE」に参加してきたよ!!
4回目の参加だよ☆彡
そのうち3回は岡野君がゲストだったりして、結局その組み合わせを追いかけているみたいね。

でさ、この日の事でしたよ。
五反田の歩道橋で踏み外してコケて左足首を捻挫したのは、、、
あん時よりも今のが痛みが増している事実。
その間、LIVE行ったり、仕事で長時間立ちっぱなしだったりが祟ったのかしら??
そうそう。今回は五反田のアリエッタホテルに泊まったんだけど、フローリングがなんだか妙におしゃれで、霊気も全く感じず、とても快適で久しぶりにホテルで熟睡出来たよ☆彡

20170127 440.JPG


440に来たのも何年振りかしら??
4、5年ぶりになんのかな??
かなりお腹が空いていたので、始まる前にビール片手にポテトをパクパク。

さて、今回の出演者は次の3名。

倉品翔
岡野宏典
臼井嗣人

トップバッターははじめましての倉品翔君。
普段はグッバイ・エイプリルってバンドをやってるらしい。
細身のなかなか可愛らしい男の子。
とても軽やかに唄う人で、曲調とか人柄はキライじゃない。
うん、なかなか良い感じだったよ♪
バンドになったらどんな風に聴こえるんだろうねぇ。。。

次に登場が最多出演の岡野君!!
そして、折角メモったセットリストを紛失したアタシ、、、(-_-;)
何を唄ってくれてたかなぁ??

南風
旅路
いっそセレナーデ(カバー/井上陽水)
レモネード
ニシヘヒガシヘ(カバー/Mr. Children)


これしか思い出せない!!
もちろん順番はバラバラ。
もう1曲、カバー曲があったのだけども、、、

印象に残っていることを書いておこう。
今回は全曲ギターの弾き語り。
『旅路』が、アタシにとってはかなり久々で。
もう、前に聴いたのがいつだったか思い出せないくらい久しぶり。
この曲がリリースされた頃のことを思い出して、とても懐かしく思ったよ。
そして、カバー曲を3曲持ってきたことは笑ろた!!
『ニシヘヒガシヘ』では、結構ぶっ飛んでたね!!
こういう攻撃的な激しい曲も、ギャップがあっておもしろいやん(^^♪
自分でも作ってみたらいいのに。
そして、今回一番印象的だったのは『レモネード』!!
1サビで2サビを唄ってしまうハプニング。
岡野君どうするかな~?って思いながらニヤニヤして見てたんだけど、本来2サビの部分を1サビ唄ったよ。
見事に入れ替えに成功!!これは逆に難しいよね??(笑)
岡野君、しれ~っと唄ってたけど、バレてるからね!!(爆)
調子自体はそんなに良い感じではなかったけど、楽しんでたから良い良い♪

トリは当然この人、臼井君!!
サポートピアノにノリちゃん、あとギターもサポートが入ってたっけ。

最新アルバムからの『満月』って曲は、情景描写が素晴らしくて。
特に水たまりを傘の先でかき混ぜて、そこに映る自分の顔が笑って見えるというような描写があったんだけど。
その光景がめちゃくちゃ目に浮かんだよ。
そして、満月をテーマに唄ってくれたことが、なんだかうれしくてね。
最近、お月様はアタシにとってとても思い入れのあるものになってるからね。
あとは、カバーで東京事変の曲を唄ってくれたんだけど、曲のムードが臼井君にとても合ってたよ♪
他はもうあんまり覚えてないんだけど、初めて聴いた曲たちも、臼井君らしい曲だった。

最後は演者全員でのセッション
みんなで『CIRCLE OF LOVE』を歌ったよ。
カバーもあったのかな??ホントになんにも憶えてないや。

あ、そうそう!!
ノリちゃんの鍵盤が以前よりもさらにいい感じになってる気がしたよ。
弾むようなタッチがとっても心地よくて、楽しくなってきちゃう♪
アタシ、結構ノリちゃんの鍵盤を気に入ってるみたい☆

岡野君と臼井君が並ぶ久しぶりの空気感を感じて、また、初めての倉品君もなかなか良い感じで、とても良いLIVE初めとなりました!!
どうもありがとう☆

で、ライブ後は声を掛けに行くよね??

岡野君に『レモネード』のハプニングを「バレてんで~」って突っ込んだわ。
なんか照れ笑いしてたね。
で、欲しいシングルがあったんだけど、持ってくるのを忘れたとか言うじゃない??
「なんやとーー!!」って笑顔で叱っといた(笑)
ホントに申し訳なさそうな岡野君と、CASH BOXに持ってきてもらえるように約束したよ♪
憶えてくれてるかな~??

そして、これまた久しぶりの臼井君に声をかけに。
人の顔を見るなり、名前を呼んでくれるのは変わらないね。
「久しぶり~!」なんて言葉を交わしつつ、前回会ったのが一昨年の8月。
磯部君のイベントだったねって話をしてた。
で、その流れで千綿さんの話になったんだけど、臼井君、千綿さんが耳を患ってることを知っていて、心配してくれてた。
で、ぼそっと「千綿さんに会いたいなぁ・・・」てつぶやいてたのを、アタシは聞き逃さなかったよ!!
ちょっとね、うれしかったんだ。
そして、千綿さんが復帰した際には、そのお祝いにCIRCLE OF LOVEに呼んで、「千綿さん、臼井君、岡野君でスリーマンやって!!」と言い放ってきた。
なんだったら、岡野君の一期一会でもいいよって・・・( ̄▽ ̄)
臼井君は岡野君が千綿さんと共演したことがあるって知らなかったみたいね。
なんだか本当に実現しそうな気がしている、どこまでも自分中心なアタシ(爆)
で、臼井君がなかなかCDにサインしてくれないから、アタシの方が気が気ではなくなってきて、催促しちゃったよ。
ごめんね~。アタシももっとお話ししたかったんDなけど、後ろ並んではったからさ。。。(^▽^;)

だけど、久しぶりに会えて、会えたことを喜んでくれて、たっぷりお話が出来てうれしかった!!
どうもありがとう!!


会場を後にすると、とりあえず真っ直ぐ五反田へ。
駅からホテルまでの道すがら、たまたま気になって入ったビストロが大正解のお店で。
初めてのお店で「ちょっとずつ色々食べたい~!!」ってわがままを聴いてもらったの。
それがコレ。
五反田.JPG

どれもとっても美味しかったんだけど、アンチョビ入りのポテトサラダと紅しょうがの燻製が特にGOO!!
お店の方もとても気さくな方で、居心地よかったよ~♪

おいしゅうございました。



店を後にして、夜の街を歩く。
ひとり酒がどんどん平気になってくな~~~
と、缶コーヒーを片手にホテルへ戻る東京の冬。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

SSKB ALL STARS Anniversary Live 「百十四の執念」 @オリックス劇場 [LIVE記録(インスト、フリー、ブッキング等)]

ついに!!ようやく!!
昨年の最後のLIVEまでたどり着きました。
2016年度を締めくくるLIVEは、抱腹絶倒のLIVEでした!!

なんと、スタレビ、杉山清貴さん、KANちゃんに馬場俊英という、豪華なメンツ!!
この顔ぶれが揃ったら、楽しいLIVEになるしかないのである!!

「SSKB」とはそれぞれの名前の頭文字。
「百十四の執念」とは、馬場さんは20周年、スタレビは35周年、杉山さんはソロ30周年、そしてそして、KANちゃんが29周年(爆)、とそれぞれの周年を足したものなのだった。

2016年12月30日(金)

オリックス劇場20161230.JPG


今回は1F席から楽しませてもらったよ♪

セットリスト
1.ボーイズ・オン・ザ・ラン
2.さよならのオーシャン
3.夢伝説
4.すべての悲しみにさよならするために
5.靭のハミング
6.スタートライン
7.君のハートはマリンブルー
8.桜ナイトフィーバー
9.The Longest Time
10.アスファルトに咲く花
11.寝てる間のLove Song
12.あの夏の君と
13.木蘭の涙
14.金曜日の天使たち
15.エンドレス
16.最後のHoly Night
17.ラーメンの歌
18.と・つ・ぜ・んFall In Love
19.愛は勝つ
20.愛の歌
EN1.White Cristmas(ハンドベル)
EN2.ふたりの夏物語
EN3.今夜だけきっと

見て!!このラインナップ!!
今こうやって見ても豪華やわ~☆彡

最初は全組がステージに登場して、それぞれの代表曲を唄い、コーラスや楽器サポートに入るというもの。
『さよならオーシャン』には、声が出ちゃったよ!!
そして、まさかの事件発生!!
アタシ、今までKANちゃんの曲に泣くというイメージを全く持ったことがなかったんだけど、この時なぜか『すべての悲しみにさよならするために』の歌詞がすぅ~っと身体の中に入って来て、びっくりするくらい涙があふれ出てきて止まらなくなった。
元々好きな曲ではあったけど、そん時のアタシの気持ちそのまんまを唄ってくれてるように思えたし、KANちゃんの独特の声がとても心に優しかったんだよね。
泣いたなぁ~(^▽^;)
それにしても、要さんはピアノの上に乗って、風にジャケット靡かせて、ギャンギャン、ギターかき鳴らすし、序盤から最高潮に盛り上がったよ☆彡
楽しくてしかたない!!
杉山さんは大好きな曲ばかり唄ってくれて♪
『君のハートはマリンブルー』で、またまたキュン(#^.^#)
やっぱ杉山さんの声、好きだわ~♪
そして、この年齢でもまだまだこんなすごい声が出るってことが本当に心強くて。
馬場さんが『アスファルトに咲く花』を持ってきたことには、ちょっと意外。
でも、今の馬場さんの決意表明みたいな感じで受け取ったよ。
スタレビの『木蘭の涙』・・・も好きだけど、アタシとしては『追憶』が聴きたかったなぁ。。。
もしくは、『1%の物語』。聴いてみたいなぁ。。。
杉山さんはトドメの『最後のHoly Night』!!
ホント、ごちそうさまでした(#^.^#)
最後は畳みかけるようにそれぞれの盛り上がり曲!!
『愛は勝つ』から『愛のうた』はもうすんごいフィナーレ感あって、ぐ~んと盛り上がったよ!!
すんごい充実感いっぱいだったよ。

そして、アンコールではそれぞれ手にハンドベルを持って登場。
『White Cristmas』をハンドベルで聴かせてくれたけど、KANちゃんだけほとんど鳴らすところなくて、最後の方でチリ~ンってドヤ顔してて、会場爆笑だったよ。
そして、『ふたりの夏物語』~『今夜だけきっと』で最高潮に!!

トークは爆笑だし、唄は最高だし、どこを切り取っても楽しくて仕方ない!!
このお方たちのイベントはホントにいっつも最高なんだ!!
最後の最後で最高に楽しいライブ締めとなりました!!
どうもありがとうございました☆

また、このメンツで演ってくださいね!!
タグ:ライブ SSKB
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

2016佐賀インターナショナルバルーンフェスタ 千綿偉功/ケイタク バルーンスペシャルLIVE @嘉瀬川河川敷バルーン会場 憩いの広場 イベントステージ [LIVE記録(インスト、フリー、ブッキング等)]

年始のあれやこれやが一段落し、もうすっかり日常。

初夢は見ましたか?
アタシはね、珍しく初夢と言えるような夢を見た記憶がないですねぇ。

だけど、千綿さんのライブが近づくと、決まって夢に千綿さんが登場するのです。
この時もそうでした。
10か月ぶりですから、「おぉ!久しぶりやん!」って再会を期待していたのに、びっくりするくらいそっけない感じに拍子抜けするという夢でした。(^▽^;)

あながちなくもない、、、寧ろ、あり得る。

と思いつつ、いよいよその日を迎えました。

2016年11月5日(土)

すこぶる青空で、絶好のフライト日和。(;^ω^)
軽く空を飛ぶと、1年ぶりの佐賀は、アタシを優しく迎えてくれました。。。
今回は世界大会ということもあり、記念きっぶはゲット出来ず、、、
それでも、『バルーンさが駅』に到着すると、真っ直ぐにイベント広場を目指しました。

会場に到着した時には、ちょうどDo As InfinityのOAの方たちのステージが始まったところでした。
折角なので、DAIのステージも楽しみました♪
知ってる曲を演ってくれたのはうれしかったですね☆
DAIのステージが終わると、いよいよです!!

10か月ぶりに見た千綿さんは、悲壮感もなく(爆)、変わらない笑顔が弾けていてうれしかったです☆彡
リハーサルでは『Butter-Fly』と中島みゆきさんの『糸』を聞かせてくれました。
思ったよりもしっかりと唄えていて、”ほっとした”というのが正直な気持ち。

その後、ケイタクのリハと本番を挟んで、いよいよ千綿さんの10か月ぶりのステージです!!
そこには、元気に声を上げる千綿さんがいたのです!!

セットリスト
1.この声が聞えますか
2.逢えない夜を越えて
3.ちくわ焼きの唄
4.翼
5.Dear~愛する君へ~
6.カサブタ
7.ほこり

1曲目、『この声が聞えますか』に思い切ったなぁって思いました。
思いつつ、笑顔いっぱいに唄ってる千綿さんを目の当たりにして、アタシはまだなんだかよくわからない空気の中にいる感覚だったんです。
現実なのか夢なのか、、、
今まで待ってた時間が夢だったのか?
それとも、これまでのとても幸せだった時間がそもそも夢だったのか?
だけど、今目の前に広がっていることはやっぱり現実なわけで・・・。
今思えば、あれを”ジャメヴ”って言うのでしょうか?
なんとなくほっとしたところで、まるでアタシの心を唄うように『逢えない夜を越えて』♪
そして、ここは佐嘉ですからね。
子供の頃の思い出話で出た「原っぱ」って言葉。
アタシが住んでた街にも、当時はそんな場所がいっぱいあって、日が暮れるまで友だちと遊んだもんです。
そう、「原っぱ」としか表現しようのない、子供たちの遊び場所。
最近では見かけないし、この言葉もあんまり聴かなくなったなぁ・・・って改めて郷愁を感じながらの『ちくわ焼きの唄』♪
とってもやわらかい表情で唄ってましたね♪
「泣きたくても泣けないことってあるでしょ?人知れず闘ってる人に、頑張れー!!ってエールを送る気持ちで唄います」って唄ってくれた『翼』♪
今は千綿さん自身が一番響いたんじゃないでしょうか?
ちょっぴり感極まってましたよね??
アタシもちょっと泣きそうでしたが、ぐっと我慢しましたよ。
泣かないって心に決めてますから♪~(´ε` )
だけど、心に沁みました。
そして、ほっこりと優しい『Dear~愛する君へ~』をみんなで唄いました♪
千綿さんからの想い、しっかりと受け取りましたよ!!
『カサブタ』でガツンと盛り上がると、ラストは『ほこり』♪
千綿さんはこの『ほこり』の時にようやく耳を患っていることに触れましたね。
そのことについて、千綿さんはここまで一切触れませんでした。
千綿さんはそういう人です。
まだ耳の状態が決して良いわけではないのに、生声も聞かせてくれました。
その一言一言を、その一音一音を聞き逃さないように、じぃっと耳を傾けてましたよ。
言葉ひとつひとつが胸にきて、眼がしらにぐっと力を込めていました。
「終わらないで~。まだ聴いていたいよ~、この声が好きだ~、この人の唄が好きだ~」そんな思いが次から次に心の中でこだまします。
だけど、楽しい時間ほど早く進んでしまって。。。
それでも、最後にケイタクとセッションで『デイ・ドリーム・ビリーバー』を聞かせてくれて、久しぶりの幸せな時間は幕を閉じたのです。

20161105バルーン.JPG

終演後のステージ。
かすかに残った熱気と、終わってしまった淋しさと・・・
何とも言えない光景ですね。。。

この後、アタシは10か月ぶりに千綿さんに声をかけにいこうと、まずは物販でDVDとタオルを買いに。
そこにはKIDさんがいらっしゃって、何気なく「お久しぶりです。」って声をかけると、「お久しぶりです!大阪からですね。」って。
「憶えてくれてるんですか?」って聞くと、「憶えてますよ。前はたこ焼きの時でしたよね?」って。
この先輩にして、この後輩あり??
そして、久しぶり過ぎて緊張が・・・(;^ω^)
10か月ぶりの第一声は、「お久しぶりです」でした。
それも、ごく普通に(笑)
「だよね?」と思ったところ、実は始まる前にアタシのことを見かけていたとのこと。
どこで目撃されたのかは謎だけど、人込みの中でアタシを見つけてくれたと思えば、それはうれしいことで。
そして、1月のディアフレからずっとアタシの心の中でひっかかってたことを、千綿さんに直接謝ることが出来ました。
千綿さんはなんのことかわかってなかったけど、「棘は刺さってない」って。
千綿さん、やさしいね。
だけど、やっぱり嘘がつけないのが千綿さん。
「元気そうやん?」というアタシの言葉に、伏し目がちに苦笑いしながら「なんとか、、、」って。以前にも見たことがある表情でした、、、
その表情を見た時、アタシは「思っているよりも、あまり状態は良くないんだな、、、」って理解して、実は言葉が見つからなくなってしまったんです。
本当はもっといっぱい話したいことがあったのに、、、
本当は真っ先に「戻ってきてくれてありがとう!」って言いたかったのに!!(T_T)
だけど、「今日はいい感じに唄えた~♪」ってうれしそうに笑った顔も見せてくれたので、ちょっと安心してたんです。
それでも、この時点はアタシは2016年のライブはこれが最後と思ったんです。
だから、年末のトーク&ライブイベントが発表された時はむしろ意外で、「無理してなきゃいいけど、、、」と、うれしい反面心配だったんです。
やっぱり、ちょっと無理しちゃったんでしょうか??
今はじっくりと療養に専念してくださいね☆彡
ちゃんと待ってますから。。。(#^^#)
握手をして別れ際、なんだかどうにも名残惜しくて、もう一度手を出してしまいました。
本当はハイタッチをしようと思ったんだけど、その手を握ってくれたからあわてて握り返したら、おかしな握手になっちゃいました。(笑)
だけど、あの時の握手の感触はまだ掌に残っています。
胸に沁みる夜でした。
変わらないあたたかい唄と笑顔をありがとう。
とても幸せな時間でした。
またこの幸せな空気に包まれる時を楽しみにしていますね。
本当にありがとう♪


さて、この日は日帰りだったので、ゆっくりバルーンを楽しむ時間もなく、帰路に就きました。

20161105バルーンフェスタ.JPG

バルーンさが駅から振り返ったら、夜間係留の灯りの中でバルーンが揺れてました。
なんだろう?って思ったそれは大きなパンダだったり(笑)


2017年は始まったばかり。
まだまだアタシらの夢は未来へとつながっているよ~♪
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

広沢タダシ×矢野まき~梅田で風を待つ~ @梅田Shangri-la [LIVE記録(インスト、フリー、ブッキング等)]

この数ヶ月間、頭をもたげ続けていたこと。
考えないようにしていたのだけど、ある一言がフラッシュバックして、ハッキリと自覚してしまった今日、、、動揺した。しゃがみそうになった。
けど、逃げたらアカンと思うから、しっかり顔上げて、あえて大股で歩いてみた。
今日の大阪はキンと冷えていて、そんな夜は空気も澄んでいるように感じられて、月がどうにも美しくて優しい。
青い空は時として堪らなく憎たらしくなるけれど、夜空に浮かぶお月様は、いつだって心を落ち着けてくれる。
嗚呼、今夜もアタシは月を見上げているよ。。。


寒くなってきたよ。
どのタイミングで暖房を入れようか?
エアコンのスイッチを押す時に感じる敗北感が嫌で(笑)、床暖で逃げているアタシ。(何が違うねん!?笑)

さてさて、ちょっと古い話を思い出すです。


2016年10月27日(木)

20161027シャングリラ.JPG


久しぶりにウイークデーのLIVEは広沢君と矢野まきちゃんのツーマン[るんるん]
矢野まきちゃんは・・・
昔にコブクロのこぶっちゃんが楽曲提供したこともあって、アルバムを1枚だけ持ってるんだよね。
ステージを観るのは、何年振りかな??
あれは2009年だったかな??竹善さんのcross your fingerってイベントで観た以来かな??
あの時はグランキューブで、遠い席から観てたし、曲数もほんの数曲程度だったから、あんまり印象に残ってないの。
だから、この距離感で観るのは初めて。
アーの間では評判が良いし、広沢君とは以前から仲が良いみたいだったから、楽しみにしてたの。

最初はまきちゃんのステージから。
まきちゃんはギターとか弾かないんだね。
ギターはサポートの方が入られていたよ。
全部で8曲くらい唄ってくれたのかな??
ゆったりとした独特の空気感をもっていらして、なんだかとってもかわいらしい人。
なんとなくクールなイメージを持ってたんだけど、違うかった。
綺麗なんだけど、とても自然体でチャーミングな人だった。
唄も良かったなぁ。。。
独特な唄声なんだけど、この時のアタシにはちょうど良い感じに心を撫でてくれるような感覚があって、1曲目に唄ってくれた曲は、心にじわっと浸みこんでくるようだった。
途中2曲くらい広沢君とのセッションもあって、それもとてもいい感じだった♪

続いては広沢君のステージ。
広沢君のLIVE、何気に久しぶりで。5月以来だったんだね~!!
広沢君は相変わらずいつも絶好調!!

セットリスト
1.雷鳴
2.真夜中の散歩
3.ふわふら
4.サフランの花火
5.グッバイサンセット
6.旅に出ようぜ
7.手のなる方へ
8.ありふれた日々

まきちゃんのステージが比較的しっとりとしたステージだったから、いきなりの『雷鳴』にちょっと戸惑った。
だけど、このセットリストは優しいなぁ。。。
『サフランの花火』『グッバイサンセット』『旅に出ようぜ』ではまきちゃんとのセッション♪
広沢君とまきちゃんのハーモニーはとっても心地よかったよ☆彡
なんとなくゆらゆら揺れるような空気感に心を漂わせてた。
『手のなる方へ』で我に返る感じで、最後は『ありふれた日々』で柔らかくしてくれたよ。
本当によく伸びる声で。広沢君の声は聴いてると気持ちがいいんだなぁ。。。

で、アンコールでは幻のユニットの曲、『大好きな事 大切な事』と『風待ち停留所』を二人でしっとりと聴かせてくれたよ。

なんだか、二人の唄に乗せて、ずっと心がゆらゆらと揺れてるような、とても心地よい時間だった。
この二人のツーマンライブはいいねぇ。。。
また観たいかも。。。

帰りは来年の広沢君のワンマンライブのチケットだけ買って帰路についた。

IMG_3609.JPG


地下に潜る前に眺めたグランフロントの夜景は、キラキラと輝いていてとてもきれいだった。

素敵な時間をありがとうね☆彡



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
前の10件 | - LIVE記録(インスト、フリー、ブッキング等) ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。