So-net無料ブログ作成
LIVE記録(インスト、フリー、ブッキング等) ブログトップ
前の10件 | -

トミタショウゴ×岡野宏典×臼井嗣人 3 on 3 @someno kyoto [LIVE記録(インスト、フリー、ブッキング等)]

ヤバイですね、、、
4月から放置してしまっていました、、、
気が付けばコブクロのツアーも始まっていて、ニシヘヒガシヘ飛び回っております♪

そんな中、何度もリフレーミングにトライしてみるのだけど、
アタシが考えることではないと言い聞かせてみるのだけど、、、
どうしても結局元の思考に戻ってしまう、、、
胃が熱い日々を過ごしております、、、とほほ

さて、ちょっと気分を変えて、春の話(笑)。

2018年3月25日(日)

高瀬川.jpg


桜がまだ咲き始めたころの麗らかな京都の日曜日。
高瀬川沿いをふらふらと散歩。
桜の花びらが川面を流れていく様がとても情緒的で素敵。
そして、初めてのsomeno kyotoへ。
お店の方がこちら側の気持ちをよくわかってくださってるのか、整列から入場までの案内にまったくストレスがなかったんですよね。。。
お客さんを不安にさせない手際の良さを感じました。

20180325someno kyoto.jpg


会場は50~60人くらいかなぁ?
カフェバーのような感じで、落ち着いた良い雰囲気のお店。
gee-geみたいな雰囲気かな??

そこで、トミタショーゴ君、岡野宏典君、臼井嗣人君のスリーマン♪
ここ最近、よくこの3組でやってるのよね。
なんかね、いい感じなのです( ̄▽ ̄)

まあ、もう記憶も遠いんだけども、憶えてることだけ、登場順に書きます。

今回のトップバターは臼井君。

◆セットリスト
1.愛文
2.サボテンのせい
3.mother
4.花吹雪
5.blue moon naight

たぶん、こんな感じ(汗)
全体的に春のやわらかい空気にあうような、セットリスト。
『花吹雪』はお約束の岡野君とセッション♪
なんかのMCで会場近くを流れている川の話になって、川の名前がなかなか出てこなくて・・・
会場の脇から「高瀬川」って男の人の声が聞えてきてね。
それがなんと岡野君だったのよね。

次の登場が岡野君。

◆セットリスト
1.京都慕情(カバー/渚ゆう子)
2.note
3.待ち人
4.南風
5.雨の神保町

いや、わかる!確かにすぐそこに高瀬川が流れてて、しかも丁度一番情緒を感じる良い季節だ。
だけどね、5曲しか唄わない中にカバーを入れられると、、、(^▽^;)
そうでした、これが岡野君でした(笑)。
私のメモに『待ち人』って書いてあるんだけど、これあってるの?(爆)
まったく記憶にないのだけど、トミショーとセッションでもしたんだっけかな??
わかんない。
いや、たしかこの時は『南風』をトミショーと演っていたような気がするが、、、
そして、岡野君と臼井君が共作した『雨の神保町』。
よく聞くと、どことなく『雨空』のテイストが入っていることに気付いた。

ラストはトミショー!!
たしか『突破口』はじまりだったんじゃないかな??

セッションとかもしたと思うんだけど、、、

ああ、そうだ!!
このLIVEの為に3人で作ったCDがあって、それを購入したよ!!
と、そのCDを探し出したところ、『待ち人』が収録されている事実!!
しかも岡野君と臼井君の共作!!\(◎o◎)/!
後でゆっくり聞いて記憶を呼ぼ戻したいと思います。

ということで、LIVE後はそのCDを購入。
岡野君からトミショー、臼井君と流れ作業でサインが進んでいく・・・

昼ライブだったので、外はまだまだ春の柔らかい陽ざしに包まれていて、なんだかとても良い穏やかな日曜日になりました。
どうもありがとう。



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ONE VOICE 2018.2.4 @CASH BOX [LIVE記録(インスト、フリー、ブッキング等)]

春は色んな色が溢れていていいですね♪
菜の花の黄色、桜のピンク、そして青空のブルー♪
それだけで気持ちが上がります↑↑

昨日の人間ドックでどんな現実を目の当たりにしたとしても、、、(汗)

さて、佐賀に飛んだり東京に飛べなかったり色々ありましたが、泰然としてココを更新していくです。。。

2018年2月4日(日)

201802cashbox.jpg


まだまだ寒い神戸でした。
久しぶりのCASH BOXで、岡野宏典君、門松良祐君、田中雄也君のスリーマンLIVEでした♪

では、登場順に振り返ります。

トップバッターは最年少田中君。
昨年の夏ごろにここで観たことがあります。
アタシが遅刻して会場に入ったから、途中から観たんだけど、そん時すでに盛り上がりのゾーンだったみたいで、そういうイメージを抱いていました。
今回は最初からしっかりと観させてもらったのだけど、そのイメージとは違って、割としっとりとした曲も聴かせてくれてました。
アタシの印象としては、彼はやっぱりアッパーな方がいいかなって思いましたよ。

2番手で登場したのが岡野君。

◆セットリスト
1.ハジマリノウタ
2.南風
3.田園
4.旅路
5.コトノハ

なかなかな、マニアックなセットリスト。
これで盛り上がるのは、何年も聴いてきているアタシ達でも正直厳しいかと、、、
終始ネガティブなMCに久しぶりにイラッとしました(笑)
まるで5年くらい前にタイムスリップしたような感じで苦笑い。
ここの所そういうネガティブマインドは影を潜めていたのに、どうしたのかな??
スリーマンの割りに曲数も少なくて、ちょっと物足りないステージになりました。
これだけは忘れないでいて欲しいと思うのだけど。。。
アナタの唄を聴きに来てくれている人はたくさんいる。
アナタがまずしっかりと唄を届けないといけないのは、そういう自分の唄を楽しみに聞きに来てくれた人たち。
たまたま居合わせた人が盛り上がるかどうかを気にするのは、まずそれが出来てから考えること。
というか、それが出来れば必然的にその周りの人の心にも唄は届くし、LIVEも盛り上がるんだから!!
ということで、終演後どうしてやろうかと考えたりしていたのでした(笑)

トリは門松君。
門松君はもともとはひまりとして2人組のヂュオで活躍していたんだけど、何年か前に解散したんですよね。
意外にもこれまでちゃんと聴いたことがなくて、1月のナカノ君のイベントでチラリと聴いた程度。
なので、今回が初めてといってもいいような状況でした。
一言で言えば、とっても明るい!!
いるだけでその場がぱっと明るくなるような感じだった。
この日は衣装を持ってくるのを忘れたとかで、普段着でステージに登場!!
ポップな曲やミディアム、色々聞かせてくれました。
楽しいステージでした♪
岡野君のこともイジリながらフォローしてくれてありがとう!

ラストは3人で何か聴かせてくれたように思うのだけど、記憶はもうキラリと光ってベテルギウスの空に消えました。。。

さあ、この日は買いたいチケットがあったから物販へ参りますよ(笑)。
ちゃんと叱っておきました。
岡野君もアタシの顔見た瞬間身構えてました(笑)。
だけど、最後は「頑張ろ!」って笑顔で握手出来たので、良かったのかなって思っています。
わかってくれてるとは思うけど、その言葉の後ろには「一緒に。」って言葉が続くんだよ。。。


明日は京都でLIVEですね。
どんなステージを見せてくれるのか楽しみにしていますよ♪( ̄▽ ̄)




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

アツアツとチワチワ 夜公演 @TAKADAMA BASE [LIVE記録(インスト、フリー、ブッキング等)]

日に日に春の気配が漂ってきて、なんだか落ち着かなくなってきました。

昨日は店内に千綿さんのライブアルバムが流れる中、ひとり酒♪
実はこのお店、昨年の秋にコブクロのLIVE帰りに立ち寄ったビストロなんですが、お料理が美味しいのはもちろん、私たちがLIVE帰りだということを察知すると、さり気なくBGMをコブクロに変えてくれ、店内のTVにはコブウロのライブDVDを流してくれたりと、ホスピタリティが最高なのです!!
昨日は広沢君のLIVE帰りだったんですが、話の流れで千綿さんの話になり、アプリでさっそく千綿さんの曲をかけてくれたんですよ!
もともとご本人たちも実はコブクロファンなので、もしかしたらヒットするかもと思い、持ち歩いていた『ライブ盤』をプレゼントさせていただきました!!(しかもサイン入り!!)
するとさっそく店内でかけてくださいました。
なかなかないシチュエーションに感動で心が震えましたよ!!
「きれいな声ですね。生で聴いてみたいです!」
いただきました!!待ってましたよ!!その一言を!!
いつか本当に生で聴いてもらえる機会があればうれしいな~(#^^#)


話は変わって、今年最初の最強寒波が大阪を襲っていたころのお話です。

2018年1月13日(土)

20180113takadama base.jpg


今年1発目のROCK TOWNでのLIVEから二日後。
とても寒い日でした。
JR高槻駅のすぐ近くにあるフリースペース「TAKADAMA BASE」で千綿偉功とナカノアツシのツーマンライブ「アツアツとチワチワ」の夜公演に参加してきました♪
「せっかく大阪にくるんだから、もう1本一緒にLIVEをしよう!」ということで、ナカノ君がセッティングしてくれました!!
ありがとうね~♪

会場は居酒屋の2Fというか、民家の2Fみたいなもんですね。
家感アリアリで、そこに色んなところからかき集めたような椅子が並べられていて、手作り感満載のあったかい空間。(実際は空調が効いてなくて少々寒かったのだけど・笑)
30人くらいなのかな?とってもコンパクトでこぢんまりとしてた。

ここ高槻はナカノ君の地元だし、ナカノ君が用意してくれたLIVEなので、もちろん千綿さんからスタートだと思っていたのだけど、「千綿君の後には唄いたいくない」という理由でナカノ君のステージからスタートしました♪

元気いっぱいに響くナカノ君の声。
だからと言って元気な歌ばかりではなく、心にそっと寄り添ってくれるような曲も唄ってくれました。
『電話BOX』(タイトル合ってる?)って曲が好きだな。
擬人化された電話BOXの優しい目線がとても暖かく感じました。
「芝居とかやりたいね」という千綿さんとのいつかの飲みの席でのお話や、芝居の難しさとか、興味深い話をたくさんしてくれました。
楽しいステージでした。

そして千綿さん。

■セットリスト
1.この声が聞えますか
2.迷子の時代に生まれて
3.あなたが傍にいるだけで
4.ONE~ただそれだけで~
5.翼
6.Dear~愛する君へ~
7.モザイク
8.遠くまで

ナカノ君のお父さんと深酒をしたようだけど、楽しそうに、うれしそうに笑顔いっぱいのステージでした。
大阪の人にとっては「待ちに待った」千綿さんのLIVEだったので、そんなみんなの「おかえり~!」って気持ちが会場にあふれている感じがしました。
このところのLIVEはリクエストLIVEが殆どで、二日前のLIVEもナカノ君へ向けたセットリスト。
そう考えると、今回のこのセットリストは千綿さん自身の心が決めたセットリストと捉えてもいいのかな?
『あなたが傍にいるだけで』は意外な選曲だったけど、アタシとしては今回の一番のフックになる曲でした。
休んでいる間のナカノ君とのコミュニケーションも、「男同士」って感じで素敵でした☆彡
こうやってセットリストを見ていると、お休みに入ってからまた唄えるようになるまでの心の動きを表現しているようにも感じられたりして。
そして、何と言っても「まだ心の炎が消えていない」ということを感じられる言葉があったのが、とにかくうれしくて、思わず眼がしらに力を入れる瞬間がありましたよ。
とってもあったかい、希望の光があふれてくるようなステージでした☆彡

そして、ナカノ君再び登場!!
ここからはちょっとしたトークタイム。
誕生日プレゼント制作秘話とか、お父さんとの深酒の話とか。
極めつけは二人でお酒を飲んだ帰りの駅で、寝込んでる人に大声で声をかける千綿さんのお話とか、とにかくおかしくて、会場は爆笑!!
千綿さん自身もヘタッって笑ってました。
こういう光景を見ているだけで、なんだかとってもハッピーな気分でしたよ。

最後に二人で『翼をください』をセッション♪
k.i.Dさんも大活躍でしたね(笑)
みんなの声も重なって、あったかい空気の中、笑顔いっぱいで終演となりました。

とってもとっても楽しくてハッピーな時間を作ってくれてどうもありがとう!!
同じ世代、まだまだやれる!!
がんばってこーね!!

20180113takadama base.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ナカノアツシ生誕祭2018 @ROCK TOWN [LIVE記録(インスト、フリー、ブッキング等)]

びっくりしますね!
年が明けてからの1月は、会社のイベントごとやその準備に追われ、とても慌ただしくあっという間に過ぎて行ってしまいました(;''∀'')
年始の風邪を引きずりながら、肩こりによる頭痛まで出てしまうという悪循環の中であれやこれやがあり、少々気が滅入っておりまして、、、
メンタルやられてるな~って思ってたんですよ。めずらしく(笑)
そんなタイミングで、いつもお世話になっている心理学の先生の研修があり、どさくさ紛れに簡単なカラーセラピーで精神状態を見てもらったところ・・・

「問題ありません!」とニッコリ言われました♪

さて、心身ともにすっかり元気になりまして、いよいよアタシの2018年が始まる!といったところでしょうか??

そうなんですよ。。。
ここ放置状態だったんですよ、、、(;´・ω・)
昨年のLIVEのことも9月以降書けてない感じで、ここをどう進めていこうか考えてたんですけどね。
とりあえず、まずは今年のことからやっつけて、去年のことはこっそり記録して行くことにしましてん!(笑)

そんなわけで、今年になってなんやかんやすでに5本くらい??LIVEに参加しているので、そのへんから書いていきます。


2018年1月11日(木)

20180111rock town.jpg


今年1本目のLIVEは、あべのROCK TOWNで千綿偉功!!
思えば2年前、2016年1月11日の四谷天窓。
なんだか様子がおかしい千綿さんのことが気になって、いつもなら眠りにおちる新幹線で全く眠れずに、もやもやしながら帰ってきたあの日を思い出しながら、この日を迎えたのです。

今回は同い年のミュージシャン仲間であるナカノアツシ君が自分の生誕祭に呼んでくれたのです♪
出演者は登場順に、

ナカノアツシ
キャラメル・パッキング
そよかぜ
kadota60
アイラブユーベイビーズ
千綿偉功
GRAND COLOR STONE

の、ナカノアツシ君と親交の深い全6組!!
千綿さんにとっては2年ちょっとぶりの来阪!!
ナカノ君には、本当に「呼んでくれてありがとう」という感謝しかないです。

さて、今回はまさかのオールスタンディング!!
会場の隣にあるカフェにもステージが設置され、さながらフェス的にイベントに!!

まずはカフェのステージでナカノアツシ君が弾き語りでLIVEはスタート!
あえて、抑えた感じのテンションのセットリストで会場にはあったかい空気が漂っていました。

会場を本来のハコに移して、ここからはドカンと派手にキャラメル・パッキングとそよかぜのステージが展開されたよ★
キャラメル・バッキングは初めてだったのだけど、関西人らしくしゃべりが達者で楽しかった。
ただ、PAの問題なのか、機材の問題なのか、アタシの位置の問題なのか、音がちょっと、、、
「ROCK TOWNってこんな音だっけ?」って感じで、特にベースの振動が気持ち悪くて、もともとスタンディングに自信のないアタシなので、ちょっとヤバかったんですよね、、、
ベースがドンドンくるのはキライじゃないんだけど、この日はちょっとツラかった。
身体がふわんふわんしてきてしまって、やっぱりあまり体調が良くなかったんでしょうね(;^_^A

そよかぜも久しぶりでした。
2015年の栄ミナミ音楽祭で観た以来。
もっと言えば、2006年のコブクロファンフェスタで会場前で唄ってる彼らを見たのが最初。
当時はヂュオで、それこそコブクロのコピーばっかりしてた頃。
随分と音楽性が変わったね~。

ステージ替わって、またまたカフェステージ。
こちらでkadota60という、元ひまりの門松良祐君とスムルースの徳田君のユニット。
ちょっと観てたんだけど、アタシのラインではない感じがしたのと疲れてたこともあり、申し訳ないなと思いつつも休憩させてもらってました。

本会場に戻り、今度はアイラブユーベイビーズがバンドでドカンと!!
サナダヒデト君のバンドで、バンドで唄うサナダ君を初めてみた。
去年だったかな??サナダ君の印象がガラッと変わって(良い意味で)、今回はバンドってことで興味を持って見てた。

そしていよいよ千綿さんが元気に登場!!
ナカノアツシ君への想いを込めたセットリストは次の通り。

■セットリスト
1.Butter-Fly
2.アイブミ~Love Letter~
3.君がもしいなければ
4.友よ
5.モザイク

笑顔いっぱいに、久しぶりの大阪の空気を全身で浴びているように見えました。
いつも通り、ギター1本の弾き語りだけど、その佇まいはやっぱり威風堂々としていて、惹き込まれました。
千綿さんを迎えるお客さんも、「待ってたよ~!」って空気感があって、あったかい時間でした。

最後はGRAND COLOR STONEのステージ!!
ナカノ君はその身をセットアップに包み、バンドのヴォーカルとしての姿を見せてくれました。
何気にお初でした。
途中、演者全員がナカノ君のものを身に付けて、ステージに登場!!
千綿さんはナカノ君のTシャツを着て、手には紙袋。
その中には夜なべして作ったうまい棒のタスキが!!(笑)
みんなからの手荒いお祝いと胴上げにはあはあ言いながらも、喜んでいるのが伝わってきましたよ♪
隣の人と肩を組んで・・・とかは意外にも苦手なので遠慮させてもらったけど(笑)、大阪的ノリで楽しかったなぁ(笑)


4、5時間にも及びスタンディングはさすがに足腰に堪えたけど、でもとっても良いLIVE初めになりました!!


千綿さん、おかえりーー!!
今年の一発目に大阪を選んでくれてありがとう♪
また大阪で千綿さんのステージが観られて、本当にうれしかったです☆彡
また近いうちに来てね!(^_-)-☆
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

トミタショウゴpresents「夢のJOB」 @南堀江knave [LIVE記録(インスト、フリー、ブッキング等)]

コブクロのファンフェスタに落選。
紀三井寺に行って以来、とんと当たらなくなりましたわ、、、
ガッカリして落ち込んでると思ったら大きな間違いやで!!
選ぶのはいつだってアタシの方なんだから!!(ToT)

さて、佐賀から大阪に戻ってきたアタシ。
お昼間の太陽は、憎たらしほどアタシに照り付けてくる!!

2017年8月6日(日)

前日の余韻が残る中、アタシはknaveにいた。
このLIVE、アタシにはどうしても参加しなきゃいけない理由があったんだ。。。

あれは4月下旬。
渋谷gee-geでの岡野君との会話。
「大阪でもやってよ!」
「じゃあ、皆で話し合ってみます」

そしてビックリするくらいあっさり決まった大阪での公演。
喜んだのもつかの間。
日程を見てフリーズ。HOMEの翌日、しかもお昼の時間帯。
それでなくても暑いのが得意ではないアタシ。
HOMEに参加したらきっと体力はかなり消耗するだろうなぁ、、、
そんな中、早朝から移動して次のライブ会場に直行するなんて、体力が持つのか??
これで仕事に悪影響が出たら、アタシの流儀に反するよなぁ、、、

と、躊躇。
がしかし、アタシの言葉が影響したかどうかは知らないけど、「やってよ」と言った以上、折角決めてくれた大阪での公演に参加しないわけにはいかないのである!!

だけど、いらん心配だった。
全然元気なアタシに友達も感心していたよ。
千綿パワー恐るべし!!(笑)

東京に引き続いて、岡野宏典君、臼井嗣人君、トミタショウゴ君のスリーマン♪

「トミタショウゴが正午をお知らせします」とはいかなかったけど(笑)、東京のあの楽しい時間が蘇る様なオープニング♪

トミショー、最初に1曲歌ったのかな??どうだったかな??(;^_^A

今回は臼井君のステージからスタート!!

◆セットリスト
1.春紫苑
2.サボテンの花
3.花吹雪
4.恋のダイス
5.満月
6.World is mine
7.渋谷零時五十二分
8.愛文

うん。好きな感じのセットリストだった。
古い曲から新しい曲までまんべんなく入っていて、その中でもアタシが好きな曲がいっぱい☆彡
開演前「『サボテンの花』が聴きたい」ってお友達も言っていたから、きっと満足だったはず。
『花吹雪』は岡野君と一緒に。
『恋のダイス』はトミショーと。
MCも結構笑わされた記憶がある。
なんの話だったかは覚えてないけど(笑)
臼井君の大阪大好き感がしっかり感じられたステージでした。

次に登場したのが岡野君。

◆セットリスト
1.蒼
2.散歩道
3.雨の神保町
4.迷いの森
5.旅路
6.Love Song
7.南風
8.コトノハ

knaveでの岡野君はいつ以来になるのかな??
今回はなんか面白いセットリストだったね。
中でも、『雨の神保町』はかなり意表を突かれた!!
っていうか、「あったね!そんな曲!!」って感じで。
これは臼井君のイベント「circle of love」の時に臼井君と共作した曲で、数年前に下北沢440で聴かせてくれて以来だよね?
昭和感のある歌謡曲調の曲で、意外といい感じなのよ。
これを、今回も臼井君と一緒に唄ってくれたよ♪
そして、トミショーとは今回も『迷いの森』を。
あとはもうあんまり覚えてないなぁ。。。

トリはトミショー!!

アンコールでは演者皆で玉置浩二さんの『プレゼント』を聴かせてくれました。
知らない曲だったなぁ。。。
でも、そのセレクトが漠然とトミショーっぽいって思った。
何にも知らないのに(笑)

東京もとても良いイベントになったけど、大阪もとても楽しい時間になりました☆彡
どうもありがとう!


音楽にパワーを貰ったおかげで仕事に影響が出ることもなく、すこぶる元気に熱い夏を乗り切ることが出来たよ!!

さんきゅーー!!
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

チャリティーライブ2017 HOME vol.10 @PLAZA656広場 [LIVE記録(インスト、フリー、ブッキング等)]

昨日から大阪はぐっと冷え込んでおりますよ。
秋を通り越して、このまま冬へ突入しそうで、衣替えが追いつきません!(;^_^A

なので、ちょっとクソ暑かった夏のことを思い出してみるです。
ここもやっと8月にこぎつけました!!(爆)

8月は何と言ってもHOMEでしょう??

ってことで、行ってきましたよ、佐賀まで♪

2017年8月5日(土)

home2017-4.JPG


冬生まれだからなのか、小学生の頃の事件がトラウマになっているのか。
暑さに弱いので今までずっと躊躇していたこのイベント。

千綿さんの地元佐賀で千綿さんが発起人となり、地元のミュージシャン仲間や先輩、友人などに声を掛け、2007年から始まったこのイベントも、今回でなんと10周年!!
記念の年だし、何よりも、一昨年の末から耳を患い、活動を休止していた千綿さんがこのイベントでステージに立つわけだから、参加しないわけにはいかなかったのです。
とは言え、あまり無理は出来ないので、ゆっくりと15:30ごろに会場に到着。

なんせ初めての参加なので勝手がわからず、どこがどうなっているのかもわからず、ふら~っと会場にそって歩いてると、とあるテントの下で見たことある人と目が合った。
「あ、どうもお久しぶりです」
最初に出逢ったのは千綿さんの後輩KIDさんでした(笑)
で、そのまま視線をスライドしたら、そこに千綿さんがいた!!
目をまん丸くしながら「おぉ~」って言葉を交わそうとしたその瞬間、お知り合いの方が登場!!
最初のご挨拶はお預けです(笑)
で、仕切り直して、「なんか佐賀の方でおもろいイベントやってるって聞いたから、ふらっと来てみた」なんてチョケてたら、いきなり目の前に募金箱差し出されて腰が砕けました(;''∀'')
いやいや、わかってる!わかってるけども、久しぶりに会ってんからもうちょっとなんかないん??
という恨み節をごっくん飲み込みましたよ。まあ、そんなもんよね(;^_^A
「HOMEは初めて」と言うアタシに「ホントに?そうだっけ~?」と笑顔いっぱいの千綿さん。
元気そうで何よりです♪
軽くご挨拶だけすませると、客席へ。

home2017-3.JPG


途中マンゴースムージーを飲んで、会場をうろついていた千綿さんに声を掛けた。
「千綿さんが続けてきたイベント」というアタシの言葉に「皆で作ってきたの」って言葉をかぶせてきた千綿さんに、このイベントとそれに携わってきた仲間たちへの愛情を感じました。

陽も傾いてきたころ、いよいよ千綿さんのステージが始まりました。
気付いたら会場にはたくさんのお客さんが犇めいていて、すごい熱気!!
そんな中、千綿さんがタオルをぐるんぐるん振り回しながら、元気に登場!!
とってもうれしそうだ。
前に会ったのが去年のバルーンフェスタだったんだけど、あの時よりも全然元気☆彡

home2017-4.JPG


◆セットリスト
1.Butter-Fly
2.カサブタ
3.ONE~ただそれだけで~
4.ちくわ焼きの唄
5.キミガ教えてくれたこと
6.Cry
7.翼
SS.HOME

まずは、みんなが知ってる『Butter-Fly』と『カサブタ』で元気いっぱいに会場を盛り上げる。
そして、休んでいる間に出来た新曲を聴かせてくれました。
誰かと比べる必要なんて全然なくて、キミはそのままでキミにしか出来ないことをすればいいんだって、そういう曲。
「キミにしか言えない事、キミにしか・・・、キミにしか・・・」
とにかく「キミにしか」というフレーズがサビで何度も出てくるのだけど、なんでかその度にジャブを食らってる感覚に陥ってる自分がいたよ。
そんな気はないけど、どこかで比べてる部分もあったのかなぁ…とかいろんなことが心の中をめぐって、ちょっぴり叱られている気分になったんだ。
優しい曲なんだけどね、なんでかね、ジリジリと胸にまとわりついてくる感じだったんだ。
この時は。
ちょっとムードを変えて、今度は地元佐賀で過ごした少年時代の曲『ちくわ焼きの唄』♪
久しぶりに聴いたーー!!
夕暮れの中に響く千綿さんの声に、見たこともないその光景が見えた気がした。
そんで、自分が子供の頃に見てた夕焼けの色とか、街の景色とか匂いを思い出してたよ。
いいよね、こういう曲も。まさに郷愁。
『Cry』ではみんな立ち上がってノリノリ♪
最後は皆の想いそのままの『翼』を優しく聴かせてくれましたね。
今、千綿さんはどんなことを想いながらこの曲を唄ってるんだろう?
一番つらかった時のこととか思い出してんのかな??
とか、いろんな事を考えながら聴いていたよ。
楽しくてやさしい、今の千綿さんがいっぱい詰まったステージでした。

最後は出演者を呼び込み、スタッフもステージ前に並んで、会場みんなで『HOME』を歌ったよ。
終わっちゃう~、終わっちゃうよ~、ヤダーーー!!
ラララララ~♪とか笑顔で唄いながらも、心の中でそんなわがままな声が響いてたよ。

home2017-3.JPG


ステージにいる千綿さんがとにかくまぶしくてね。
うれしそうに、体全部で楽しんで唄ってる姿がとにかっくうれしかった。
元気な千綿さんに逢えたことが本当にうれしかった!!

今年一番の夏の想い出が出来ました☆彡
どうもありがとう♪

終演後は栄の国祭りの花火が上がっていたね。
サイン会の列に並んでたから、ラストのメインの花火は撮れなかった~(笑)

home2017-1.JPG


久しぶりに撮らしてもらった写真は、最高の一枚だったよ!!
どうもありがとうね☆彡

で、翌日は大阪の昼ライブの予定が入っていた為、早い新幹線で帰らなければならず、その日のちに博多へ移動。
佐賀でのんびりする暇もなく、お祭りでごった返している大通りを生ビールの誘惑と闘いながらひたすら逆行するのでした。

home2017-2.JPG


途中で見つけた「ほ組」の曳山にそっと触れて、ちょっとだけお祭りに参加した気分を味わいました。。。

博多へ着くと、HOMEの余韻に浸りながら、ひとり鍋島を煽り、11年、12年・・・これから先もずっとHOMEが続いていきますように。。。と願う夜となったのでした。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

東京60WATTSワンマンライブ~ドンコルをぶっつぶせ!~ @南堀江knave [LIVE記録(インスト、フリー、ブッキング等)]

かなりタイトな9月が終わり、ちょっとタイトな10月に突入です。
今年のコブクロの席運は散々なもので、、、
地元のお城もスタンドの奥に押しやられてしまいましたよ、、、
まあ、こんなもんなんかなぁ、、、といじけつつ。
10月はざわざわしそうな予感♪

そんな中、まだ7月のことを書こうとしています♪(;^ω^)テヘ


2017年7月16日(日)
20170716knave.JPG


前日の見放題をブッチ出来た理由の一つに、ワッツのワンマンが決まっていたからというのは、ある。
ところが、フタを開けてみたらどうよ!?
ぶっちゃけ、ツーマンやん!!みたいな!?(-"-;A ...

最初はね、ワッツのワンマンだったの。
気付いたらドンコルをぶっつぶせとか、サブタイトルがついていて唖然、、、
やりよった、、、(-"-;A ...

20170716knave2.jpg


とりあえず、ビールを飲んでもやっとしたものを抑え込む。

まずはドンコルのステージから。
これ、オープニングアクトとかじゃないからね。
あまりちゃんとわかってないんだけど、このドンコルは解散したのよね?
で、再結成なのか、この日限りのなのかはわからないけど、とにかくドンコルとしてステージにたっていた。
かつみ君がさ、ちょっと見ない間に随分と大きくなられていてビックリ!!( ゚Д゚)
顔はそうでもないのだけど、お腹から下がものすごっく立派で、何があったんだろう?と思ったわ。
1曲、たけし君も参加した曲があったね。

ようやくワッツのステージ♪
今回もサポートに山さん★

■セットリスト
1.ニューオーリンズ
2.東京60WATTSのイントロダクション
3.クローバー
4.さよなら東京
5.サマータイムブルース
6.俺は黒人だ
7.昇天
8.東京60WATTSのテーマ
9.雨上がりの空に

EN.すべてのバカモノへ

ほらね。アンコール入れて10曲。
本来ワンマンなら20曲、少なくても16曲は聴かせてくれるやん?
ホンマこれ、ワンマンじゃなくてツーマンやからね!!
ブッキングで1組増えるのとはわけが違うからね!!
最初からそう言ってくれてたらいいけど、なんかもやもやする~~!!

という気持ちもあるけれど、セットリストとしては往年の名曲がズラリと並ぶうれしいものでした。
そして、アタシの席からはたけし君、森さん、琢雄君がバッチリ見える♪
琢雄君のピアノソロでは手元をガン見していたのだけど、時折琢雄君が笑いながら弾いてる。
その感じがなんかおかしくてニヤニヤ(笑)
『サマータイムブルース』あたりからは立ち上がりたくてお尻がムズムズしてたよ(;^ω^)
なんでみんな立たないのーー!?
一人で立ち上がる勇気もなく、いつでも立ち上がれるよう浅く座って準備だけしてた(笑)
大好きな『雨上がりの空に』がうれしくて。
叙情的な切ない世界観をカラッと唄う感じが心地よくて、やっぱりこの人たちの音楽が好きだなって実感してた。
たけし君の描く世界観が好きだ。
表情豊かに届けてくれるたけし君の唄が好きだ。

だけど、今回のLIVEをワンマンとして売り出したことには文句を言いたいぞ!!(笑)

まあ、楽しいLIVEだったからいっか。。。サンキュー♪



今度はちゃんとしたワンマンを観せてよーーー!!
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

アダチケンゴ×岡野宏典×磯貝マナト @Ageha Base [LIVE記録(インスト、フリー、ブッキング等)]

9月に入り、と言うか、もう9月も終わりだけど。

札幌 → 静岡 → 福岡

と、なかなかの感じで飛び回っているのだけど、すこぶる元気!!
でもね、仕事のスケジュール管理やタスク管理に追われ、やらないといけないことが山盛りで、今までチェックできていたプライベートの諸々がおろそかになってきていて、ちょっとヤバイ。
いつかとっても大きなチャンスを見落としそう、、、汗

そして、この場所も随分とおろそかになってしまって、、、
どこまで書いたっけ?と振り返ると、まだ7月やんか!!(滝汗)

あわてて手帳を見返して、書いているのである。


2017年7月15日(土)

実はね、この日、最初は見放題を観に行く予定にしていたの。
東京60WATTSと広沢君の出演があったからね。
だけど、ワッツと広沢君の出演時間が丸被りという、最悪のパターン!!
その後決まった岡野君のLIVE♪
アタチケンゴ君と共演ってこともあって、久しぶりにアダっちゃんの唄を聴いてもいいかなってのもあってね。
あまりこういうことはしたくないのだけど、後から決まったこっちのLIVEに来ちゃったというわけ、、、許せ、、、

さて、初めてのAgeha Base♪
ageha base.JPG


3、40人で満席になりそうなコンパクトな会場で。

今回の出演は、岡野君、アダっちゃんの他には磯貝マナト君。
マナト君はきっと2回目になると思う。

この日はこの3組の地元にちなんだフードが用意されていた。
岡野君は遠州焼き、アダっちゃんは豚トロ串、磯貝君はしらす丼だったかな??
アタシはやっぱり遠州焼きをいただいたよ♪
遠州焼きは、大阪でいう所のイカ焼きの生地に、たくあんときゃべつが入ってソースで食べるという、いわゆるB級グルメ。
もちろん大阪のイカ焼きに比べると敵ではないのだけど、まあそこそこ美味しかったよ(笑)

お腹も満たされたところで開演!!

まずはマナト君のステージから。
うん!もう記憶にない!

そして、てっきり岡野君が登場かと思ったら、意外にもアダっちゃんのステージが。
記憶に残るところで言えば、『ストレンジャー』と『花のように』と、あとはちょっと思い出せないなぁ、、、汗
『ストレンジャー』は相変わらずノリノリだったね☆彡
で、『花のように』を持ってきたところにニヤリとしてしまった。
「ほほう、岡野君と共演でこの曲を唄うか、、、」って(笑)
というのも、この『花のように』のサビの部分のメロディや世界観が、岡野君の『光』って名曲にとっても似てるんです!!
あの、別に似てるからどうのってことではないのよ。
偶然にも似た曲を、本人はきっと知らないまま唄ったことが、どっていも知ってるアタシからすると面白くて。
もちろん、当人たちにそんな話はしないけど、友達はやっぱり「『光』に似てる・・・」ってびっくりしてた。
さすがはアダっちゃん!しっかりステージを盛り上げていたよ!!

そして、トリに登場が岡野君。
折角盛り上がった会場をクールダウンするのではと、申し訳なさそうだったけど、アナタにはアナタの色があるのだから、いちいちそんなことを言わなくていいから!!

■セットリスト
1.船出
2.迷いの森
3.Note
4.田園
5.南風
6.コトノハ

EN.蒼

いやぁ、アダっちゃんが『花のように』を唄ってくれたので、岡野君には是非とも『光』を唄って欲しかったところだけど、そうは問屋が卸しませんなぁ、、、汗
まあ、ここ数年聴かせてもらってないしね。
うむ、、、まあ、割とバラエティに富んだセットリストではあるけれども、、、
こういう対バンでは、せめて1曲2曲は『レモネード』や『フォトグラフ』などの代表曲を入れたいところ。
新しい曲も入れつつ、昔からの曲や、音源になってない曲なんかも入れてくれると、テンション上がるんだけどなぁ、、、
今後はそういうことにも挑戦して欲しいと、心から願います!!

今回、気を使っていただいて、アンコールも岡野君に任せていただきました!!
どうもありがとう!!

終演後はサクッと会場を後にしようと扉を開けたらそこにアダっちゃんが居てビックリ!( ゚Д゚)
「おお、〇っちゃん」って。
もう2年ぶりくらいに顔を合わせたのだけど、ちゃんと名前を憶えてくれていたね。
どうもありがとうね!!
またどこかで(笑)

3者3様のステージ、しっかり満喫しました!
どうもありがとうね(^_-)-☆




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

やわらかい休日 @Cafeなかちよ [LIVE記録(インスト、フリー、ブッキング等)]

最近、思考回路が完全に仕事モードに入っていて、やや可愛げを失っているような気がする。
これではイカンと思ってはいるのだけど、そういう気質なのかなぁ??
ま、今夜は久しぶりに野郎たちとの飲みの予定が入っているので、色々愚痴でも聞いてもらうかな?(笑)

そう言えば。
お盆の間にやっつけると息巻いていたものが、2個しかやっつけられなくて、、、
いろいろ楽しみになことも増えそうなので、ちょっと焦ってる。
まあ、でも、とりあえずひとつずつひとつずつ、ね。


2017年6月25日(日)

何年ぶりになるのかな?
久しぶりに2度目のなかちよに行って来た。
とってもかわいらしいカフェで、アットホームなライブが味わえるのです。
今回はここで岡野宏典君とRails-tereo君とのツーマンライブ♪
確かに過去に何度か共演はあったけれど、ツーマンとなるとちょっぴり意外に思えるね。
レイル君も何気に久しぶりだ!!一昨年あたりは何かとお目にかかっていたような気がするのだけど。

なかちよと言えば、もれなく付いてくるスイーツが美味しくて(´艸`*)
20170625なかちよ.JPG

お腹が減っていたので、開演前にペロリと食べちゃった♪
今回の焼き菓子もとっても美味しかったよ☆彡

さてさて、今回のツーマンライブ♪
意外な展開になったよね??

まずはご挨拶代わりに、スピッツの『渚』を二人でセッション♪
で、このLIVEの為に二人がCDを作ってきてくれてね。
レイル君のメロディーに岡野君が歌詞をつけた『ランデブー』。
岡野君のメロディーにレイル君が歌詞をつけた『雨の日の僕たち』。

まずは岡野君のステージで、その『ランデブー』を二人で聴かせてくれたよ。
レイル君らしいポップなメロディに、岡野君らしい言葉が並んだラブソング。
岡野君の書くラブソングは、なんか妙にキラキラしてるんだよね。
逆に、苦しい恋のことは歌にならないような印象があるね。

◆セットリスト
1.ランデブー
2.田園
3.コトノハ
4.レモネード
5.雨宿り
6.船出

『レモネード』を唄ってくれる前にね、”大阪は複雑”だって、心の中を見せてくれたよ。
大阪はデビュー当時からたくさんラジオで流してもらって、その後唄えなくなって、唄いたくない時期もあって。
そんな中でも歌ってきた曲だから、大阪で唄うことは特別な想いがあるって。
岡野君にとっては久しぶりの大阪でのLIVEってこともあり、大阪に対する想いみたいなのを話してくれたのかな?って、ちょっぴりうれしかったり。
岡野君の中では、大阪はまだ特別な存在なのかなって思うと、感慨深いよね。
この日は開演前にすごい雨が降ってね。
そんなムードもあったので、『雨宿り』がはまったね♪
なんだか、とてもほっこりするステージでした。

そして、レイル君にバトンタッチ!
今回のレイル君、今まで観てきた中で一番楽しかった♪
というのも、よくやってたステージ上でループとったりなデモがなくて、ちゃんと唄とトークで楽しませてくれたからなのかな?
今まであんまり感じてなかったけど、トークが結構楽しいんだよね。

で、アンコールの時よ。
レイル君の『走り出せ』を岡野君と一緒に唄ってくれたんだけど、あのフーフーってやるところを岡野君に無茶ぶりして。
岡野君を煽るちょっと意地悪なしかもちょっとしつこいレイル君に、今まであまり見たことがない岡野君のリアクションが見れて、とっても新鮮だったしおかしかった~♪
岡野君、「大阪ってこんな感じなんですね!?」って、真っ赤っ赤になってたね(笑)
最後は二人共作の『雨の日の僕たち』を聴かせてくれた。
雨の日、岡野君だったら彼女とこんな風に過ごすんだろうなってことを妄想して詞を書いたって。
その情景が、本当に想像できるような内容で、心がとってもほっこりしたよ。

岡野君がステージ上であんだけ笑ってるのを初めて見た。
岡野君のライブであそこまで笑ったのも初めてだったかもしれない。
岡野君のあんな一面を引き出してくれたレイル君には、ほんと、ありがとうだね☆彡

帰りにはこの日の為に作ってきてくれたCDをお買い上げして、二人にサインを入れてもらったよ♪

このツーマンライブ、なんだか続きそうな予感♪
つか、「またやりましょう!」って言ってたもんね??

次も楽しみにしています!!

いやぁ、ほんとに楽しかった!!
楽しい時間をどうもありがとう☆彡
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

such a lovely place vol.14 @CASH BOX [LIVE記録(インスト、フリー、ブッキング等)]

お盆ですな。
先週、ふらりと佐賀などに行って来て、久しぶりに千綿偉功の元気そうな笑顔と、大好きな唄を浴びてきたよ~♪
そのあたりのことは、またおいおい書くとして(^▽^;)

現在、絶賛お盆休み中につき、たまりにたまったLIVEのこと、かなりはしょりながら一気にやっつけようと思う。
どのくらいいけるかなぁ~??(^_^;)


2017年6月17日(土)

そうだ、この時期だ。
身体に異変が起こって、絶不調だったのは、、、
このLIVE、キャンセルしようか迷ったんだ。
お医者さんからもやめた方がいいと言われてて、「行くなら覚悟してい行ってください」とか言われちゃってさ(滝汗)
正直、神戸まで行くにはだいぶ不安があったもんなぁ、、、
で、うだうだしてる間に時間は迫り、結局思い切って行ったの。
そしたら、やっぱりオープニングには間に合わなくて、トップバッターの田中雄也君のステージが始まってた。

この日の出演は、岡野宏典君、オカダユータ君、田中雄也君、宮本毅尚君。

田中君、宮本君は初めまして。

田中君は名前くらいは聞いたことあったかな?
まだまだ若い、爽やかで可愛らしい男の子。
お客さんを巻き込むのも上手く、とってもポップなステージを展開していたよ。

2番手は宮本君。
彼は完全に初めまして。
ヴォーカリストって感じかな?
自らは演奏せず、サポートピアノが入ってたよ。
永井真理子さんの『Keep On "Keeping On"』をカバーで聴かせてくれたのが印象的。
アタシが高校生の時によく聴いてた曲なんだよね。
好きだったな。永井真理子さんの唄声。

3番手に登場がオカダユータ君。
最近聴いて「いいな」と思っていた『100万マイルの旅人』を聴かせてくれたよ。
だけど、大好きな『希望風』は今回も聴かせてもらえず、、、ヽ(`Д´)ノプンプン
だけど、相変わらず気持ち良さそうに唄ってたなぁ~♪

そして、トリを務めたのが岡野宏典!!
もうこのCASH BOXも常連になりつつあるよね♪

◆セットリスト
1.田園
2.コトノハ
3.NOTE
4.南風
5.Love song
6.蒼

ん~、もひとつパンチのないセットリスト。
1曲、2曲、サプライズ的な曲を挟んでくれてもいいんだけどなぁ~とか覆いつつ。
しっとりとしたステージだったね(笑)


LIVE後は岡野君とユータ君に声をかけに。
ユータ君に『希望風』を唄ってくれないことの文句を言えば、あの曲は長い曲なので、対バンではなかなか・・・とのこと。
まあ、そうか。だけど、アタシの中ではあれを越える曲はまだないなぁ・・・。
『100万マイルの旅人』はとても大切にしている曲なので、音源化もこだわってやりたいみたね。
今度はいつ聴けるチャンスがあるかわからないけど、またどこかで。。。


身体に不安を抱えながらの参加だったけど、いいLIVEだったから行ってよかったよ♪

ありがとうね~!!


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽
前の10件 | - LIVE記録(インスト、フリー、ブッキング等) ブログトップ