So-net無料ブログ作成
岡野宏典/LIVE記録(ワンマン) ブログトップ
前の10件 | -

岡野宏典Cafe Live vol.16 @SOLE CAFE [岡野宏典/LIVE記録(ワンマン)]

9月になっていましたね!驚きです!!
仕事で色々と考えないといけないことがいっぱいな中、コブクロで北海道に飛んだり、この先も西へ東へと飛び回る予定があるので、体力的にも精神的にもなかなかタイトになってきております。
だけど、モチベーションは高いので、頑張りますよ!!
頑張りたい理由があるからね、しっかりやり切りますよ!!

さて、7月の話。

7月9日(日)

20170709sole.JPG


かなり久しぶり館のあるSOLE CAFEで、岡野宏典君のカフェライブ♪
それでも、マスターも奥様もちゃんと私のことを憶えてくださっていて、なんだかホッコリする。
勝手知ったるお店で、いつものミュージシャンのLIVEを観る。
これも、当たり前のように見えて、当たり前ではないんだよなぁ・・・なんて。

さてさて、今回もサポートギターに平田崇君が参加してくれていたよ。
同い年だからって岡野君、完全に頼り切ってるよね~(笑)

今回も昼の部、夜の部、両方ともに参加してきたよ♪

◆セットリスト
≪昼の部≫
1.南風
2.スロウ
3.船出
4.風待ち
5.イキル
6.NOTE
7.ひとりごと
8.コトノハ
9.アネモネ(カバー/MOON CHILD)
10.sora
11.蒼
12.田園
EN.トワイライト

≪夜の部≫
1.ハジマリノウタ
2.NOTE
3.イキル
4.南風
5.sora
6.コトノハ
7.Love song
8.青春の影(カバー/チューリップ)
9.船出
10.風待ち
11.ひとりごと
12.田園
EN1.蒼
EN2.旅路

まあ、もうお察しかとは思いますが、ほぼほぼ憶えていません!!
お昼の部は後方から観ていたので、間からチラチラ見える岡野君を眺めながら、唄声に聴き耳を立てていましたよ。
でも、夜の部はたまには良いかと、良席で観させていただきました。
昼と夜ではカバー曲と1、2曲違うくらい。
お昼の部で唄ってくれたカバー曲。
曲を聴きながら「あれ?なんか知ってる。なんだっけ、この曲・・・」ってずっと考えていたんだけどね。
実は岡野君と平田君が偶然にも車で聴くくらいお気に入りの曲ってことで、カバーすることになったって。
で、MOON CHILDの『アネモネ』と聞いて、「そうか!」ってニヤリとしていたの。
岡野君ってそうなんだよね。こういうバンドも好きなんだよね。
最近は岡野君もCASHに出演するようになったし、ひょっとして共演もあるんじゃない?って思ってたら速攻決まるし!!
しかもツーマン!!
あのハイテンションに岡野君がどこまでついて行けるのか?
また、憧れの人を前にどんだけガチガチになるか、今から楽しみだわ♪
今回、久しぶりに『風待ち』が聞けたのはうれしかったよ。
やっぱりどうしてもデビュー当時のころの曲が好きなんだ。
あの頃のフレッシュな感じに、なんだかこっちまでワクワクするような感覚をもらってたんだ。
最近はわりと落ち着いた曲を唄いたいマインドみたいなんだよね。。。
新しい曲はもちろんだけど、懐かしい曲もどんどん唄ってもらって、その日のセトリに何がくるか読めないようなワクワクするライブを展開していって欲しいなって思うな♪

Wアンコールで唄ってくれた『旅路』も、懐かしくてちょっぴり沁みたよ。
もうすぐ10周年のワンマン♪
どんな曲を聴かせてくれるのか楽しみにしてるからね!!

ほっこりな時間をどうもありがとう♪




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

岡野宏典 AOZORA LIVE Vol.8 @浜松窓枠 cafe AOZORA [岡野宏典/LIVE記録(ワンマン)]

人間ドックの結果が過去最悪ということに、、、
腎臓、肝臓に引き続き、今回久しぶりに心臓に毛が生えているのがバレたらしく、、、
若い時(今も若いが)から何度かひっかかってて、精検も受けたことがあったりして(^▽^;)

とは言え、経過観察止まりなので、「油断することなく健康には気を付けて生活しましょう!」という忠告として受け取っておくことにしよう!!

このところ小さなストレスが積もり積もってイライラ気味。
そんなときはやっぱりLIVEに限るのです!!

ってことで、ちょいっと浜松まで行って来たよ♪

2017年4月15日(土)

前日の晩にひどい腹痛に見舞われ、トイレの中で失神しかけたのだけど、なんとか無事に参加することが出来たよ(滝汗)

20170415aozora.JPG


今回は岡野君のワンマンライブなのだけど、昨年秋のアコースティックツアーでもサポートしてくれていた平田崇君が、今回もサポートギターとして入ってくれていた。

◆セットリスト
1.AOZORA
2.NOTE
3.南風
4.Fuwari
5.sora
6.ロマンス
7.Lovesong
8.フォトグラフ
9.レモネード
10.指きり
11.何時もこころの中に
12.風待ち
13.蒼
14.旅路
EN.家路

「AOZORA LIVE」だけに、オープニングは「AOZORA」から始まった♪
うんうん。なかなか良いスタートダッシュだ♪
春を意識してるのか、序盤はとてもさやわかな青空を想像させるような曲たちが並んだよ♪
『sora』はk-mixの廣木さんに提供した曲。
随分ぶりに聴いて、「あったなぁ、こんな曲!」って懐かしがってたの。
『ロマンス』は平田君がやってるユニットの曲。それをインストで聴かせてくれた。
なんだかとってもおしゃれな感じのメロディーラインで、いいなって思ったよ♪
『フォトグラフ』と『レモネード』は平田君のギターだけで岡野君が唄ったよ。
『レモネード』では平田君が岡野君のギターを弾いて聴かせてくれた。
「僕のギターを平田君が弾いたらどんな感じなのかを楽しんでください」っていう演出。
この日、岡野君の声がちょっとかすれ気味だったから、なかなか厳しそうだったね。
そして、『指きり』の意外性にテンションが上がったよ!!
こういうアコースティックなLIVEではなかなか演らない曲だよね~♪
『何時もこころの中に』も久しぶりだよね??
さらには『風待ち』まで聴くことが出来てうれしかった~☆彡
で、この曲だったか『指きり』だったか、どっちかをちょっとグルーブ感のあるアレンジで聴かせてくれたんだよね。
いやいやどうして。今後はこういうグルーブ感ある曲も作ってって欲しいなとか思うんだな♪
本編を占めたのは、『旅路』。
浜松ならではの空気感を味わいました。

平田君とのトークも楽しかったよ。
一緒にごはんを食べに行ったお店の名前、なんだっけ??
忘れちゃったよ~。
海老天丼、気になる~(笑)

そして、アンコールに登場した岡野君。
『旅路』は本当はアンコールで唄うつもりだったんだって。
その代り聴かせてくれたのが『家路』(笑)

しっかりと締めてくれました。

終演後は会場限定販売の最新作「Fuwari」をGET!!

その足で、知る人ぞ知る浜松銘菓「あげ潮」をしこたま買い込んで新幹線でヒュンッて帰って来ましたよ♪

今年2度目の浜松は、前夜の腹痛のせいでややスリリングな旅だったので、お弁当も我慢だったんだよ~(泣き)
でも、とても良い時間になりました。
どうもありがとう★


さてさて。
明日は今年2度目の東京で、岡野君と臼井君だ♪
渋谷gee-geは何気に初めて!!
昼ライブってことで、朝が早いのだ。
なんだか、千綿さんの「FRIENDS & DREAM」に参加する気分(笑)
今週はマインド的にもぐったりだったので、明日はリフレッシュさせてもらおうっと☆
楽しみ~♪

さっさとお風呂入って寝なくっちゃ!!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

岡野宏典 Autumn Acoustic Live with 平田崇 @SOLE CAFE [岡野宏典/LIVE記録(ワンマン)]

本日無事に仕事を収めてまいりました。

そういえば、あの日はやっぱりクリスマスだったんですね(笑)
千綿さんの「メリークリスマス!」の一言が、とってもうれしい唯一のクリスマスプレゼントとなりました☆彡
やっぱり気配だけは感じていたいのです。。。
大変な時にありがとうね(*'ω'*)

さて、全くもって年末感がありませんが、明日から集中的に大掃除の兆し。
っとその前に少しでもやっつけておきましょう!


2016年10月30日(日)

20161030sole cafe.JPG


久しぶりに訪れたSOLE CAFE♪
SOLD OUT!!
素敵な響き♪
入場の際は、奥さんがまだちゃんとアタシのことを憶えてくれていました。
ホント、いつ以来になるのかな??
1月末にワッツで来た以来になんのかな??
なんか、なつかしさと、あの夏の暑い日を思い出して、ちょぴりキュンときた。

さてさて、いよいよツアーも折り返し。
アットホームな空間で、ほんわかとライブは始まっていくのです。

◆セットリスト
1.南風
2.Fwari
3.スロウ
4.AOZORA
5.NOTE
6.田園
7.世界で誰より愛してる
8.レモネード
9.HIRATA Inst
10.プリズム(カバー/YUKI)
11.散歩道
12.フォトグラフ
13.雨宿り
14.コトノハ
EN1.蒼
EN2.Love Song

セットリストは前日の浜松と同じ。
うん、、、前日より少しは腹に力入ってるかな??(笑)
なんとなくゆる~い感じのライブになったね。
今回のツアーはアコースティックと言いながら、曲によっては平田君がエレキを弾いてみたり。
『レモネード』のイントロは、CDのあの感じが出てたように思う。
でね、平田君はコーヒーが大好きらしく、高速のSAで缶コーヒーを買ってたんだって。
それを岡野君が、「コーヒーが好きなのに、缶コーヒー買うんだね」とかって、不思議がってたの。
だけど、アタシは平田君にひどく共感した!!
アタシもコーヒーが大好きで、もちろん豆から挽いて淹れたものが最高だけど、それでも時々無性に缶コーヒーを飲みたくなるの!!
で、そういう時に飲みたいのはブラックではなく、甘いやつなのよね。
普段はブラックなのに(笑)
帰りがけに平田君とお話する機会があって、ふたりで「そうよね?」って共感しあってた(笑)
さて、話をライブに戻しまして・・・。
終始ゆったりとした感じで、岡野君らしい穏やかであったかい空気に満ち溢れていました。
で、前日は浜松だったので、実家に帰ったと。
母親にとったら、自分はいつまでも子供で、実家に帰るといつも食べられないくらいたくさんのご飯を用意してくれているのだとか。
「昨日はご飯を食べてなかったので」って発言に、アタシ「やっぱりか!?」って、思わずニヤリとしてしまったよ。
そして、それを見抜いた自分に拍手!!!(笑)
そんなほっこりとしたお話を聞いての『Love Song』。
実は、これ、男女の愛だの恋だのという曲ではなく、親子の愛を歌った曲なんだよね~。
なんか、やっぱり男の人ってお母さんが大好きなんだなぁって思った。
もちろん悪い意味じゃなくてね♪

なんだかあったかい気持ちになれたライブでした。

ライブ後は「LIFE SIZE」にサインを貰ってなかったから、CDをお買い上げして、サイン会に。
アタシを見てニッコリ笑う岡野君。
もう全然構えてないね(爆)
そんな岡野君に「今年はもう大阪ではライブないの?」って聞くと「はい」って言うからさ、言ってやりました。
「そんなんでええんか?」って(笑)。
そしたら、「逆ギレですか?」だって(^▽^;)
逆ではないし、キレてもない!!(笑)
そんな風にポップな会話を楽しんで、しっかりと握手をしてまいりました。

そんなわけで今年の岡野君のライブはこれが最後となったのです。
ホントはツアーファイナルの東京も行くつもりしてたんだけど、そこはほら、バルーンフェスタが入って来ちゃったからさ♪
ごめんね。

だけど、今年は冬と秋にツアーをしてくれて、うれしかった。
来年もさらに活発に活動してくれるとうれしいなぁ。。。

年明けには臼井君のイベントに出るね。
もうチケットはとってあるんだ☆彡
来年のライブ初めはそれかな??
楽しみにしています。

今年もあったかくて素敵な時間をありがとうね♪
来年もよろしくです~♪

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

岡野宏典 Autumn Live with 平田崇 @浜松窓枠Cafe AOZORA [岡野宏典/LIVE記録(ワンマン)]

今日ね、堺筋を歩いていたらたくさんのサンタさんを見かけたよ。
中にはバイクに乗ったサンタさんもいたもん!!

なんだろう??
もしかして、クリスマスなのかな??(;^ω^)

なんて。
今年は訳があって、一人ぼっちのクリスマス・イブ、、、( ;∀;)
こんな侘びしいクリスマスはなかなかないなぁ、、、

訳があって、、、

とか書くと、いろんな想像力が働くね。それもまた面白い!!

今年ももうクリスマスだって言うのに、毎度のことながら、ここはまだ秋の話。


2016年10月29日(土)

浜松に来ると、毎回必ずとある場所に行って、そこの丸い空を収めてくるのだけど、この日は時間がなくて、そのまま窓枠へ直行!!

20161029aozora.JPG


ここはいつ来てもアットホームな空気が流れているんだな。。。
そして、会場に姿を現した岡野君と平田君。
「さあ!」というタイミングでご来場されたご婦人がいらっしゃって。
「今来られたかたもいらっしゃるようで・・・」って、岡野君、そのお方あなたのママだから!!(爆)
そんな具合で、ライブはほんわかとしたムードで始まったのだ♪

もうとっくにツアーも終わっているので、セットリストが書けるのだ!!

◆セットリスト
1.南風
2.Fuwari
3.スロウ
4.AOZORA
5.NOTE
6.田園
7.世界で誰より愛してる
8.レモネード
9.平田君インスト
10.プリズム(カバー/YUKI)
11.散歩道
12.フォトグラフ
13.雨宿り
14.コトノハ
EN1.蒼
EN2.Love song

初日のUP&ALLのセットリストから、順番を入れ替え、カバー曲の『TRUE LOVE 』をYUKIちゃんの『プリズム』にチェンジしてきたよ。
いやぁ、岡野君がYUKIちゃんっていうのは、意外だったなぁ。。。
地元浜松ってことで、お友達も見に来てたのかな??
とてもリラックスした顔をしてたし、ほんとにしゃべるようになったよね。
『世界で誰より愛してる』なんかは、どうしても『アイブミ~Love Letter』が頭に浮かんじゃうんだ。。。
もうすぐ会える!!そう思うと、なんだか胸がそわそわしてきたり(笑)
そして、『雨宿り』が、実は大切な人を亡くした友人へ向けた曲だったとは思いもせず。
なんだかぐっときたなぁ。。。
そのお友達に直接聞かせたかどうかはわからないけど、その人のことを思って曲を作って、わからないところでそっとその悲しみに寄りそっていて。
そして、そのメッセージはきっといつかその人に絶好のタイミングで届くんだろうなぁ。。。
そんな励まし方が出来るって、やっぱり素敵だなぁ。。。
アタシはそれがなかなか出来なくて、そんな自分がもどかしくて仕方がない。

うん。岡野君が作る曲は、やっぱりどこかほんわかとして、あったかいんだよね。
それが岡野君の人間性なんだろうなぁ。。。

そして、この日ずっと感じていたこと。
「腹に力が入ってないんじゃないの??」

ってことで、アンケートに書いてやりました!!
「岡野君ごはん食べた?」って。。。(笑)

しかし、まさかこれが図星だったとは!!(爆)


いつもの如く毒だけ履いて、声もかけずに会場を後にしてごめんね~♪
でも、とてもあったかい時間でした。
ありがとう☆彡

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

岡野宏典 Autumn Acoustic Live 2016 with 平田崇 @UP&ALL [岡野宏典/LIVE記録(ワンマン)]

夜空にオリオン座を見つけました。
もう、ずいぶんと秋が深まっていたんですねぇ。。。
思えば、10月も終わり、もう11月ですもんね。
今年も残すところ2ヶ月!!早すぎて焦るわ(^▽^;)

さて、広島から帰って来てから、風邪の諸症状が現れだしまして、、、
あの誰彼構わずのハイタッチにより、風邪菌をゲットしたもようで、、、(;゚Д゚)
まだまだ忙しい渦中にいたので、早めの風邪薬で叩いてやりました!!

そんなわけで、無事に岡野君のツアー初日を迎えることが出来たのです♪

ツアー初日は、岡野君にとっては初めてのUP&ALL[るんるん]


2016年9月17日(土)

up&all.JPG


今回のツアーはアコースティックライブってことで、サポートギターに平田崇君を迎えてのツアー[るんるん]
セットリストはUPしないように言われているので、ツアーが終了してから追記することにします。

古い曲から、新しい曲もたくさん。
そして、「それ、来ましたか!!」と、心がざわつくようなラブソングもありと、なかなかバラエティに富んだセットリストとなっているのです♪

曲によってはエレキを混ぜたりして、いろんな表情で聴かせてくれます。

また、平田君は同い年ということもあり、プライベートでも仲が良いらしく、リラックスしたMCでは、ナチュラルな岡野君を垣間見ることも出来ました。
リハーサルなどでは、相変わらず手作りスイーツを持って行っているようで(笑)
岡野君の変わらない部分と、変わった(成長した)部分を感じながら、ゆったりと時間は流れて行ったのです。

今が一番音楽出来てるなぁ・・・って感じで、岡野君自身がとても楽しんでるように見えました。
とにかく、たくさんしゃべられるようになったなぁ・・・って。
平田君も独特の雰囲気を楽しんでいるようでしたよ(笑)

曲の感想とかも書きたいところだけど、なんせアップできないので、11/5のファイナルを迎えてからゆっくりと書きます!!

ただ、とてもあったかい楽しい時間でした。
どうもありがとう♪


今回、新曲を1曲CDにして持ってきてくれていました。
岡野君との会話も楽しく、そっちに気をどられているうちに、サインに名前を入れてもらうことを伝えるのを忘れていて、あわててお願いしようと思ったら・・・
なんということでしょう!!
そこにはすでに名前が書いてあったのです!!
驚いて顔を上げると、岡野君がドヤ顔してました(^▽^;)

なんか・・・、関係修復??したみたいな感じ。(笑)

とにかく、妙にうれしかったんですよね~♪

どうもありがとう!!


そんなこんなでちょっと気分が良かったので、梅田まで帰ってくると、久しぶりのお店に顔を出してみました♪
ザ・大阪的な飲み屋さん。
のれんをくぐると、カウンターの向こうからマスターがにっこり。
ママもにっこり。

大関.jpg


いつも真っ先に頼むおでんと、この日のおすすめの宮崎牛のたたきをオーダー☆彡
そして、メニューには載っていないけど、知る人ぞ知るマストな塩パスタをオーダー!!
これがバリウマなのだ!!
それをひと口食べて、その間違いない美味さを確認し顔を上げると、カウンターの向こうからマスターがこっちを見てるんです。
「美味しい!!」
声を出さずにマスターに向かってそうつぶやくと、マスターは大きくうなずきながらにっこりとウインクをくれました。
すんごい久しぶりに来たのに、そうやって会話ができるお店があるって、やっぱ幸せなことですよね。。。


ライブのみならず、その後のひとり酒でも心がほっこりとする夜でした。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

岡野宏典AOZORA LIVE Vol.7 @cafe AOZORA [岡野宏典/LIVE記録(ワンマン)]

休日に舞い込んできたトラブル発生の連絡。
元を辿ると、なんと、アタシの大チョンボ!!
少し、ご迷惑をおかけしてしまったけど、なんとか処理出来て、ほっと胸を撫で下ろしたところ。
まだまだですわ、、、

さて、気持ちを切り替えたところで、再びLIVEの振り返り♪

今年2度目の浜松は、恒例となった岡野君のカフェワンマン♪

2016年4月16日(土)

4/16と言えば、熊本大地震の本震とされる大きな地震があった日。
TVを視ながら、震源地が「日向灘」って出たときは、さすがに自重しようかと思った。
ま、これが誤報ということがわかり、迷いつつも浜松へ向かったよ。

駅前でニコニコ近寄ってくるお兄さんに、婚活パーティーのティッシュを手渡された。
一応間に合ってんねんけども、、、まあええ、まあええ。

zaza20160416.JPG


まずは、ZAZAの空を収めると、時間に余裕があったので、今まであまり歩いたことのないエリアを探索。
色んな発見があって、今度泊りで来た時の楽しみが増えたよ♪

さて、ここに来たのは3月の岡野君のツアーファイル以来。
その時は窓枠の方だった。
カフェの方に来たのは、昨年11月の千綿さんのLIVE以来となる。

ラッキーなことに、とても良いお席が空いて、今回はごっくんがサポートに入っていることもあり、とまどいつつも、そのお席に座らせてもらいました♪
二人の手元が丸見えでございます☆

そう、ごっくんと言うのは、馬場バンドでギターを弾いていた、キンモクセイの後藤秀人さん。
いつもは最年少でいじられることの多いごっくんなのに、なんだか先輩面してる(笑)感じが妙に新鮮!!

二人が姿を現すと、ウエルカムソング的な感じで、ごっくんの『チャイナタウン』というインスト曲を、二人で聴かせてくれた♪

◆セットリスト
1.船出
2.蒼
3.フォトグラフ
4.雨宿り(新曲)
5.サボテンの花(カバー/チューリップ)
6.ばらの花(カバー/くるり)
7.木綿のハンカチーフ(カバー/太田裕美)
8.夢をあきらめないで(カバー/岡村孝子)
9.チャイナタウン
10.ふわり(新曲)
11.田園
12.スロウ
13.コトノハ
EN.南風

最新アルバム「LIFE SIZE」からの曲、新曲、カバー曲と、春をイメージしながらのセットリストは、バラエティーに富んでて良かった。
そして、ごっくんがサポートしてくれているから、ディレーを使ったり、ループを使ったりして、今まで聴いてきたのとはまた全然違うアプローチがあったりで、それが新鮮で楽しかった。
岡野君自身も、とても楽しそうだったよ。
唄に関しても、もう何の問題もないしね(^_-)-☆
ごっくんはギター上手いわ!!
岡野君がチューニングしている間、ごっくんがギターについてマニアックなお話をしてくれたりして、その姿がなんだか頼もしく思えたわ(笑)
で、今回聴かせてくれた、新曲『雨宿り』と『ふわり』の2曲。
どっちもラブソングなんだけど、岡野君らしさが出てて、すっごい良かった!!
とくに『雨宿り』が好きだなぁ・・・。
早いうちに音源化よろしくです!!(笑)

終始、笑顔いっぱいの、あったかいLIVEでした。
どうもありがとう♪

LIVE後は、例によって岡野君に声をかけることもなく、開場を後に。
地震の影響もあって、なんとなく世間の雰囲気が重苦しい中ではあったけど、被災地に想いを寄せつつ、行って良かったと思えるLIVEでした。

次の浜松はいつになるかなぁ??
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

岡野宏典 3rd Tour "LIFE SIZE" @浜松窓枠 [岡野宏典/LIVE記録(ワンマン)]

スニーカーを買ったよ♪
スニーカーはデッキタイプしか履かない。
いつも、気が付いたらアディダスかニューバランスを手にしてる。

でも、今回はちょっと違うよ♪

もしかしたら、アタシ史上初めてかな??
コンバースのALL★STARを買ったのん♪
”いかにも”な感じに抵抗感があって、今まで何となく避けてきたんだけど、今回は妙に目が合ってしまって・・・(笑)
アウェーに足を踏み入れる勇気を持ったよ★

さてさて。
2月のLIVEの話。

1月からスタートした岡野君の3rdツアーも、いよいよ岡野君の地元、浜松でファイナルを迎えました♪

会場となる窓枠へ向かう前に、まずアタシが訪れたのは・・・

はい。やっぱりここ。

zaza20160214.JPG


2016年2月14日(日)

窓枠20160214.JPG


これまで、上のcafe AOZORAには何度か来てるんだけど、窓枠ということで言うと、こっちに移転してからは実は初めてなんです!!
移転する前の窓枠なら、岡野君の1stツアー追加公演で行ってるんだけどね。

思ったよりもコンパクトでした。
シャングリラくらいあるのかな?って思ってたんだけど、knaveくらいのサイズに見えたな。

今回のツアーは、どの公演もだいたい同じような、やや下がったポジションから見てたんだけど、なんかこの距離感がとても見やすくて、心地良いんですよね。。。
客席にはもちろんご家族の姿もありましたね。。。

◆セットリスト
1.イキル
2.南風
3.プロローグ
4.迷いの森
5.船出
6.風待ち
7.フォトグラフ
8.レモネード
9.田園
10.モノクローム
11.鼓動
12.トワイライト
13.アストロ
14.蒼
15.遙か
16.渦(新曲)
17.メロディ
EN1.散歩道
EN2.コトノハ

いつものように、バンメンから少し遅れて登場の岡野君。
客席に背中を向けて立つ。
なんだか、その背中が頼もしく見えたよ♪
振り返って唄い出したその声は、よく響いていたね。
名古屋で泣き崩れた『南風』も無事に唄い、もはやなんの心配もいらない立ち上がり。
最新アルバムに懐かしい曲と、出来立ての新曲を織り交ぜての、バラエティーに富んたセットリスト。
時折視線を送る先にはご家族がいらっしゃって、そういうの、なんかいいなって感じつつ、終始安心して楽しんでいたのです★

さて、今回はツアーファイナルってことで、1曲ずつ曲の感想も。

1.イキル
岡野君の楽曲の中では、一番太くて力強いサウンドだと思うのだけど、どうかな??
これは、トランポリンの元日本代表の上山君の為に作った曲。
かれこれ3曲目になるよね??
『ゴール』→『プロローグ』→『イキル』と、徐々に力強さが増していくような感じだね。
未来に向けて意気揚々というよりは、今にしっかりと向き合って、どっしりと構えている感じ。

2.南風
これはね、ハッピーな曲だよね♪
元々は「春」ってタイトルで、新しい恋の予感を感じさせるような華やいだ曲なんだよ。
色々想像して、岡野君を見ながらニヤニヤしてしまう曲(笑)

3.プロローグ
ミディアムロックなカッコいいい曲だよね。
これも上山君の応援歌だよね。たしか。

4.迷いの森
時折顔を見せる、岡野君のシニカルな部分が出た楽曲。
便利になりすぎた世の中へのアンチテーゼなのかなって感じてるよ。

5.船出
青い海の上を吹き渡る、心地よいさわやかな風を帆に受けながら、小さな船で漕ぎ出す絵面が浮かぶの。
穏やかな陽射しの中、キラキラ輝く水面がまぶしくて、希望に満ち溢れてるんだよね。。。
この曲を初めて聴いた時、アタシは岡野君の心にかかっていた靄が消えたことを実感したんだ。

6.風待ち
デビュー前からある古い曲。
この曲をこのツアーで持ってきたことにも、大きな意味があるような気がしてね。
この頃の曲って、エネルギッシュだし、フレッシュでやっぱ良いな~♪

7.フォトグラフ
アタシと岡野君を出逢わせてくれた大切な1曲♪
本当はね、原曲キーのまま唄ってくれた方がいいんだけどね。。。
♪いつまでも色あせることぉおおない
あのふわぁあああっと伸びてくる独特の声がやっぱり恋しいんだよね。。。
今の季節にピッタリなラブソング♪
♪離れてもそばにいられるように 君に笑顔咲きますように
 届けたいこの想い 僕なりに切り取ってみる
なんだろ。今のアタシにはめちゃくちゃしっくり胸に落ちてくるわ。。。

8.レモネード
言わずと知れた岡野君のデビュー曲♪
今ツアーでは、ノリちゃんのピアノだけで唄って聴かせてくれたね。
とっても優しいアレンジになってたよ。
♪僕だけに見せてくれる特別だから
これが一番好きなフレーズ♪
ハッピーなラブソングだね★

9.田園
これは鍵盤で聴かせてくれたね。
岡野君の地元、浜松の情景を描いた、ちょっぴり童謡っぽい楽曲。
メリハリという意味では、アタシにはちょっぴり退屈な曲なんだけどね。
岡野君にとっては、大切に唄い続けていきたい1曲なんじゃないかな??

10.モノクローム
こういうメローで、自分を奮い立たせようともがいているような楽曲は、誰の曲も素敵なんだよ!!
大好きだなぁ。。。
しかし、これが鍵盤で生み出された曲だっていうのは意外だったし、今ツアーで自らの鍵盤で聴かせてくれたことも意外だった。

11.鼓動
印象としては、陰と陽で言えば、陰な曲。
ただ、「生きる」ということを1曲目の「イキル」よりも意識させられる曲だね。
だって、この「鼓動」って言葉は、もろに心臓の鼓動のことだもんね。
だけど、実はとても優しい曲なんだよね。。。

12.トワイライト
これは、なんとなく『田園』とセットな感じがするんだな。
郷愁を感じさせる、やや童謡っぽい曲。
この曲も鍵盤で生まれた曲なんだよね。。。

13.アストロ
これはねぇ・・・。
ここでやかましいくらいに言ってきたけど、アタシにとっては、本当にドストライクなラブソング♪
岡野君の真骨頂って感じの、穏やかであったかくて、ハッピーだけどキュンとくるやさしいラブソングなんだよね~♪
この曲を聴いた時に感じた胸のトキメキは、『セレナーデ』以来かなぁ??
もうね、グイグイアタシの心の中に岡野君の気持ちが入ってくるの。
改めて岡野君のウタが好きだってこと、思い知らされた楽曲だよ。
で、よくよく考えたら、岡野君のラブソングはハッピーなものが多いんだよね。
アタシの周りは、「僕の曲には失恋ソングが多くて・・・」と嘆くアーが多いから(笑)、なかなか稀有な存在(笑)
というか、岡野君の場合は、恋が曲を作る原動力になってる気がするのよね。
なんでも、生活に変化があったらしいから、発表はないけどそういうことかな??って思ってる(笑)

14.蒼
アッパーな曲だけど、実はね、あんまりピンとこないんだよね。。。
なんだろうねぇ。。。
あるよね。そういう曲もたまには。

15.遙か
これはキャッチーで疾走感あって良いよね??
気分も上がるし、好きだな。

16.渦
今回新曲として聴かせてくれた1曲!!
こいつが、めちゃくちゃロックで、カッコ良くていいんだ~♪
音源化を急いでくれ!!(笑)
これは、今後、LIVEの盛り上がりゾーンのテッパン曲になるだろうね☆
今までで、一番攻めてる曲じゃない??
これを唄ってる時の岡野君もめちゃくちゃ楽しそうだしね☆彡
いいよ!いい!!

17.メロディ
学生時代に作った『心の鐘』という、ガツンとくる名曲が、『メロディ』と名前を変え、ようやく音源化されて、アタシはうれしいよ♪
なんだかねぇ、まあ青いと言えば青いんだけど、でも、何か胸に迫ってくるものがあるんだ。
ズパッと言い放つ強さ、岡野君にもあるんだよね。
怒りの向こうに、岡野君の愛が見えるんだ。
後半の高揚感には、グイグイ惹きつけられるね。

EN1.散歩道
このツアーでは、出来立てほやほやの新曲だよね??
ほっこりする、おだやかな曲。

EN2.コトノハ
これはもう、完全に・・・(笑)
いい意味で、生活感あって、匂いがしてきそうな感じ。
岡野君の心の安定を感じる曲だね。

うん。とっても良いLIVEだった♪
今ツアーは、予定外に、気づけば4公演中3公演参加してた。
ステージからお客さんの様子を伺う余裕も出てきたみたいだし、キャッチボールも楽しんでる感じがあった。
色んな意味で明らかにパワーアップしてる岡野君を感じて、お姉ちゃんはとてもうれしいのだ☆彡
そうそう!!これだよ!!って、岡野君の持ってる力にまだ気付いていない人たちにお知らせしたい。
そして、岡野君はもっともっとすごくなるはず!!
これから岡野君が色んなところで、どんなステージを見せてくれるのか!
もう楽しみで仕方がない!!
期待してていいよね??
そんなツアーだった。楽しかったよ。ありがとう♪

この日は日帰りということもあり、声もかけずに会場を後にしたけれど、今度の神戸では、久しぶりに声でもかけて帰ろうかなぁ??
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

岡野宏典 3rd Tour "LIFE SIZE" @ell. FITS ALL [岡野宏典/LIVE記録(ワンマン)]

怒涛の1週間。
インフルエンザがAもBも襲ってくるという・・・(^▽^;)
あ、アタシは無事ですよ!!
アタシは相変わらず、気持ち悪いくらい元気マン、マン、マン[手(グー)]


さて、岡野君のツアーのお話。

シャングリラで初日を終えると、翌日は名古屋にいたよ。
当初は参加する予定ではなかったのだけどね。
ロックな事情により、千綿さんの名古屋LIVEが中止になったから、そのために用意していた切符を無駄にしない為に、急きょ決めた参加だった。
だけどね、あの感じだと、ロックな事情が無くても行ってたな、アタシ(^▽^;)

2016年1月24日(日)

とってもとっても寒い一日でね。。。
丁度、爆弾低気圧が襲ってきてた時だったからね。
九州の方では中止になるLIVEもたくさんあったりの、あの時!!
行きは良くても帰りは新幹線が止まるんじゃないか??なんて心配の声もあったんだけど、そんな心配を気にもせず、名古屋に向かったよ♪
アタシの経験則からいくと、大丈夫だと思ったから(笑)

ell FITS ALL.JPG


初めてのハコ、ell. FITS ALL♪
キャパ的には、南堀江のknaveくらいかな??.
1stツアーでは、ここの一番大きなハコ、ELLが、オールスタンディングで酸欠になりそうな程、お客さんで溢れたんだよね。
大阪では大猫がオールスタンディングで埋め尽くされたんだよね。
これが現実なんだな。。。
だけど、ここからまた這い上がっていく!!
それを期待させるLIVEになったんだ★

◆セットリスト
1.イキル
2.南風
3.プロローグ
4.迷いの森
5.船出
6.風待ち
7.フォトグラフ
8.レモネード
9.田園
10.モノクローム
11.鼓動
12.トワイライト
13.アストロ
14.蒼
15.遙か
16.渦(新曲)
17.メロディ
EN1.散歩道
EN2.コトノハ
EN3.南風

この日の岡野君も絶好調☆彡
オープニングから力強い太い声がよく響いていたよ。
ところが!!
2曲目の『南風』で、1サビあたりから涙で唄えなくなってるの!!(爆)
確かに前日も「2曲目で感極まりそうになった」って言ってたけども・・・
この日は号泣で、ほぼほぼ唄えず終了!!わろた~♪
客席の景色に、何かしらのスイッチがあったんだろうねぇ。。。
だけど、『プロローグ』ではすっかり立て直してたよ♪
じっくりと聴かせるゾーンでは、やっぱり『モノクローム』に持ってかれる。
そして、盛り上がりの入り口で唄われる『アストロ』に胸がキュンキュンうるさいの!!
大好きだなぁ。。。この歌。。。
♪この声が君へと届くまで 君の名を呼び続けるよ
 届かないと思っていても 信じ続けてる僕だから
 この唄が君へと届くまで 何度も何度も唄うよ
 離れてても君を想って 僕は歩き続けていく
これ、ラブソングなんだけど、でもね、ここに出てくる「君」は、特定の人に宛てたものではなくて、岡野君のファンだったり、まだ岡野君の音楽と出逢っていない人の事を指してんのかな??って想像してる。
ここ数年続いた、長い冬の季節を乗り越えてきた岡野君の強い「決意」みたいなのを感じるんだよね。。。じんわりくるよね。。。
そして、2日目だからね、もうタイミングはわかってる!!
『遙か』ではイントロからスタンディンで、『渦』まで一気に盛り上がったよ♪
初日のような歌詞とびもなく(笑)、岡野君ったらめちゃくちゃ楽しそうに笑顔がはじけてた♪
ラストの『メロディー』もガツンと決めてくれて、ホント、安定感増してきたわ~☆

アンコールに登場すると、やっぱり瀬戸君をアシスタントにグッズの紹介。
岡野君イチオシのパスタスケールは、どうもみんなの反応が薄いようで、やや不満げ(笑)
なんだか、素の岡野君が見れてるみたいで、良い感じ~♪

でね、「実は・・・ま、これはいいか、、、」とかって躊躇しつつも聞かせてくれたよ
ファーストツアーのツアーファイナルで号泣してしまって唄えなくなったので、もう泣かないって思ってたけど泣いてしまいました・・・って話。
アタシ、その光景も目の当たりにしてたから、爆笑だよ!!
あれは『レモネード』だったね。
ギター弾きながら、涙がボタボタ落ちてたもんね。

懐かしい思い出にほっこりしてるところで、『散歩道』『コトノハ』をあったかく唄ってくれたよ。
終わったなぁ・・・って少し寂しく思ってたら、なんだかもう1曲きそうな感じで☆

「最後にもう1曲唄っていいですか?」って( *´艸`)
良いに決まってるじゃないかーーーっ!!!

で、何を聴かせてくれるんだろう??って思ったら、「あれ?なんで?すでに聴いた気がする!」って感じで。
それは紛れもなく『南風』だったの。
最初こそ「??」ってなったんだけど、すぐに「そうか!なるほど!!」って合点がいったよ。
泣いちゃってまともに唄えなかったから、最後にリベンジしてくれたんだよね!!
こういうの、お得感あって良いよね~♪
それに、こういうことをサクッとやれるようになったことにもニンマリだよ。
ホント、ミュージシャンとしていろんな面で確実に成長したよね??
何よりも、アタシはそれが一番うれしいのだ!!

ホントに楽しくて素敵な時間になったよ!!
ありがとうね☆彡

で、この日は日曜日。
翌日は仕事だから、岡野君に声をかける間もなく、会場を後にした。
新幹線は問題なく米原を通過。
無事に大阪にたどり着いたのだった。。。

急きょ決めた名古屋だったけど、ホントに参加出来て良かった☆彡

何て言うかなぁ・・・
千綿さんがこうなってしまってる時に、岡野君が素晴らしいステージを繰り広げてて。
思い返せば、千綿さんに初めて出逢ったのは、岡野君がどん底の時だったわけで。。。
この巡り合わせと言うか、何というか・・・
なんかね、なんか、やっぱ出逢いって必然なのかな??

って思うんだ。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

岡野宏典 3rd Tour "LIFE SIZE" @梅田Shangri-La [岡野宏典/LIVE記録(ワンマン)]

最近のアレ。

お気になさらずに・・・。


さてさて。
LIVEの事も振り返らないといけないわけで。

年明けからは始まった岡野君の3度目のバンドワンマンツアー。
今回は、大阪、名古屋、東京、浜松の4都市をめぐるツアー♪
その初日を飾った梅田Shangri-LaでのワンマンLIVEを思い出す。

2016年1月23日(土)

以前なら、少しでも前で観たかったアタシだけど、なんだか最近は少し下がったところからゆったりと観るのが、ちょうど良い距離感な気がしてる。
思いがけず、ライブ会場限定で、新曲『散歩道』のCDを販売していたよ。
そのついでに、出来心(笑)で、ツアーグッズのエプロンを買ってしまった・・・(^▽^;)

今回は、昨年の秋にリリースされたアルバム「LIFE SIZE」を引っ提げてのバンドツアー♪
フルバンドやからね??そりゃ、期待値も上がるわけよ!!
で、そのバンドメンバーが、ギター 山口さん、ドラム マツキチさん、鍵盤 ノリちゃん、ベース 瀬戸君と、前回ツアーと同じメンツ。

◆セットリスト
1.イキル
2.南風
3.プロローグ
4.迷いの森
5.船出
6.風待ち
7.フォトグラフ
8.レモネード
9.田園
10.モノクローム
11.鼓動
12.トワイライト
13.アストロ
14.蒼
15.遙か
16.渦(新曲)
17.メロディ
EN1.散歩道
EN2.コトノハ

バンドメンバーが拍手で迎えられ、その後、岡野君が登場。
客席に背中を向け、ギターを抱え、イントロが鳴る。
振り返って唄い出した声は、ガツンと響くパワフルな声。
嗚呼、もうあの不安定な岡野君ではないんだなってことを実感して、うれしかった。
ベースがビンビン響く太いサウンドの『イキル』から一転、ポップに華やいだ『南風』♪
ロックな『プロローグ』ときて、『迷いの森』で落とす。

笑顔いっぱいの挨拶から、岡野君のうれしさが伝わってくるようだった。

さわやかに『船出』を唄うと、アレンジは違うものの、なんだかとっても懐かしい雰囲気を感じた。
それは、あの頃よりも少し大人びた『風待ち』♪
いやぁ、なんだかしびれたわ。。。
『フォトグラフ』『レモネード』と最強の並び。
この『フォトグラフ』を原音で唄えるようになった時が、完全復活だと思っているのだけど、そもそももう原音に戻すつもりはないのだろうか??
そう思うと、ちょっぴり淋しかったりもする。
『レモネード』はノリちゃんの鍵盤だけで、しっとりと聴かせてくれたよ。

MCを挟んで、ここからは鍵盤で作った曲ということで、岡野君自らが鍵盤を弾く。
『モノクローム』はかなりツボな曲なんだけど、鍵盤で作ったっぽくないんだよね。
だから意外だった。

でも、やっぱりアタシが大好きだと思ったのは、盛り上がりのゾーンの最初に聴かせてくれた『アストロ』!!実はミディアムバラード(笑)
もうね、この曲がツボ過ぎてヤバイ!!
めちゃくちゃ愛を感じるんだけど、でも、なんだかとっても切ない甘いラブソング♪
メロディーと詞がバチッとハマってて、この一途な世界観がたまんないの!!
もうね、この感じはアタシのの胸をキュンとさせるんです!!
アタシの心を掴んで離さないんです!!
岡野君、やりよったわ~( *´艸`)
で、ここからが本当の盛り上がり。
『蒼』を挟んで、次の『遙か』がとってもキャッチーでテンポ感が良くて上がるんだ。
この時、お客さんはまだ座ってたんだけど、アタシはもう立ち上がりたくてお尻がムズムズしてたの(笑)
なかなかタイミングが計れず、この曲では立ち上がれなかったんだけど、次の『渦』では、ロックな音が鳴った瞬間、反射的に立ち上がってたよ!!
この『渦』は、岡野君の中では今までにはない、ゴリゴリロックなかっこええナンバー!!
ところが、岡野君、歌詞がぶっとんで、1番のBメロ以降をほぼほぼ唄えてない感じで(爆)
それでも、音に載せられて、ノリノリで手拍子してて、岡野君も見たことのない景色にうれしそうな顔してたよ~♪ 楽しそうだったなぁ・・・。
いやぁ、いよいよこんな風にお客さんを立たせて乗せられるようになったんだなぁ。。。
おねえちゃん、うれしくて仕方がないよ!!
一気に盛り上がったあとは、本編ラストの『メロディ』。
メッセージ性の強いミディアムナンバーなんだけど、立って聴いてた。
立って聴いていたかったの。
この『メロディ』は、以前『心の鐘』ってタイトルだった曲で、大学生の頃に作られた曲なんだよね。
心にドーーンときたわ。好きだわ~♪

もうね、なんかね、「岡野君が、岡野君が・・・」って感じで胸がドキドキしたよ。

アンコールに登場した岡野君。
瀬戸君をアシスタントとして、ツアーグッズの紹介とかしてんの!!
同い年ってこともあり、リラックスしながらしゃべってる岡野君がなんかいい感じで。
やたらパスタスケールを推してたね(笑)
いやぁ、ホント成長した!!

でもね、「実は2曲目の『南風』でウルっときてしまって・・・」とか言うの!!(爆)
2曲目て、、、しかも『南風』で!?(爆)
こういうとこ、変わってなくてほっとした。

アンコールでは新曲の『散歩道』をギターの弾き語りで。
肩の力の抜けた、良い弾き語りだったよ。
オーラスはアルバム「LIFE SIZE」の核となってる『コトノハ』♪
なんて言うか、岡野君の心の充実を感じたわ。

ツアー初日でこの感じだったから、この先がさらに楽しみになってきちゃって。。。
LIVE後は、最近ご無沙汰してたサイン会に並んでみた(笑)

この時はなんとなくチケットにサインを入れて欲しくてね。
岡野君を前にして、とりあえず、LIVEの感想を伝えようと。
「『アストロ』と『遙か』と『モノクローム』が大好き」って伝えたら、「良かったです、間違ったって言われるかと思いました・・・」だと!!(爆)
何?アタシってそんな嫌な指摘ばっかりしてる印象なん??
悔しいから言ってやったわ。
「何?『渦」はあれはああいうアレンジなん?今日だけのアレンジか??」って。
そしたら、タジタジになりながらも「そう、そうなんです。今日だけのアレンジです!」って。
返せるようになったよねぇ。。。
でね、今回はたくさん人が並んでたこともあって、ややこしいことは言わなかったの。
でもね、ふとサインしてくれているのを見ると、岡野君、ちゃんとアタシの名前入れてくれてるの。
今までは、名前なんて言わなきゃ入れてくれなかったし、なんだったら名前を憶えてるかも怪しかったのに・・・。
これはうれしかった~( *´艸`)
思わず「わぁ~、名前入れてくれたの??うれしい~!!」って女子みたいに喜んじゃった(笑)
ヤラレたなぁ。。。
とっても素敵なLIVEの後に、心がほっこりする対応、うれしかったよ★

帰り道。
梅田の街は、キラキラと輝いて見えた。

20160123.JPG


ちょっぴり沈んでた心がほっこりしたよ。
本当にどうもありがとう♪

nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

岡野宏典 Cafe Live Vol.15 @SOLE CAFE [岡野宏典/LIVE記録(ワンマン)]

春の嵐ですって??
せっかくお出かけしようと思ったんだけど、雨が絶好調だったからおとなしく家でゆっくり過ごしてたよ。。。

お酒でも飲みに行こうかなとも思ったけど、それも雨に阻まれちゃったわ(-_-;)

ここはおとなしく溜まっているLIVEのことを書くことにする。

いよいよ2015年最後のLIVEだよ!!


2015年12月19日(日)

sole cafe20151219.JPG


2015年、アタシの音楽活動を締めくくってくれたのは、岡野君♪
恒例のSOLE CAFEでのカフェライブ♪
今回は昼・夜、両公演の参加だよ!!

sole cafe201512129-1.JPG


こんな感じで。
昼の部はとても良いお席で観させていただきました。

今回はすんごい久しぶりに五十嵐あさかさんがサポートに来てくれていたよ。
長いストレートヘアーは、ボーイッシュなショートヘアーになっていて、でも、やっぱりクールビューティーなお方でした。

昼も夜も一緒に書く。

◆セットリスト
1.AOZORA
2.イキル(昼)/船出(夜)
3.南風
4.コトノハ
5.田園
6.主よ人の望みの喜びよ(バッハ)
7.Yesterday(カバー/ザ・ビートルズ)
8.迷いの森
9.鼓動
10.トワイライト
En1.フォトグラフ
En2.蒼

今回、岡野君はいろいろ考えてくれてたよね。。。
五十嵐さんはチェロ弾きなんだけど、コーラスまでやらされて・・・(笑)
この日はクリスマスも近いってことで、何かそんなムードのものを・・・って考えたとき、五十嵐さんがバッハの『主よ人の望みの喜びよ』をセレクトしてくれたんだって。
いやぁ、イベント嫌いの岡野君が「クリスマスらしく」とか考えてくれるようになったんだから、成長したよね~??(笑)
で、この曲は、岡野君のヴァイオリンと、五十嵐さんのチェロで聴かせてくれたの。
やっぱ岡野君のLIVEではこういうのを見れるのもひとつの楽しみなんだよね★
ヴァイオリンを弾く岡野君はやっぱり素敵だ(*'ω'*)
そして、今まではあえて避けてきた英語詞の曲にも挑戦。
英語詞の曲は、どうしても発音が日本語的になってしまうのが嫌で避けてきたんだけども(岡野君らしい・笑)、そういう訳にもいかない状況というのがあったらしく、やっぱりこういう曲にもチャレンジしていかなきゃいけないって思ったんだって。
確かに、岡野君の曲には英語の歌詞がワンフレーズもないもんね(笑)
これからは、混ぜてきたりすんのかな??( ̄▽ ̄)
そんな岡野君のチャレンジを見てるのもうれしいね★
そして、チェロの音もやっぱり素敵!!
確か『鼓動』だったと思うんだけど、鼓動の音をチェロでボンボンボンボンって表現してくれていて、その音がとっても心地よかったんだよね~♪
あとね、五十嵐さんは3年ほどアルゼンチンに行ってたらしく、そこで会得したホーミーを披露してくれた!
チェロを弾いて、コラースして、チェロでパーカッションしたり、ホーミーしたり、大活躍だね(^_-)-☆
岡野君もとっても楽しそうだった★
この二人のセッションって、岡野君が絶不調の時によく観てたから、懐かしいというか、感慨深いと言うか・・・。
とても素敵な時間になりました。
どうもありがとう☆

LIVE後にはちゃんとアンケートを書いて、村田さんにご挨拶。
ワッツでお世話になることと、千綿さんの事をお願いしてみたり(笑)
そして、岡野君のアンケートを託すと、「よろしければ直接ご本人に・・・」と言われたのだけど、断って温めのカフェオレを手にサクッと出てきちゃった(笑)

これで2015年のすべての音楽活動が終了。
岡野君で締めくくったのはいつ以来だったんだろう??
岡野君の唄が戻って来たから、1月から始まるツアーにも期待したよ!!

そしてもう、明日はいよいよツアーファイナル!!
めちゃくちゃ良いステージを展開していて、うれしくて仕方がない!!
懐かしい感覚が蘇ってきていて、アタシん中で岡野君が盛り上がってるよ☆彡
明日はどんなファイナルになるのかな??
楽しみだ★


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
前の10件 | - 岡野宏典/LIVE記録(ワンマン) ブログトップ