So-net無料ブログ作成

ワンポイントリリーフ。 [マインドスケープ]

嫌われてもかまへん!
嫌われてもやることをやるんだ

橋下さんはそう言って、自分のことを「ワンポイントリリーフ」だと言った。


嫌われてもええねん!
嫌われても、言うべきことは言う!

これは、昔からアタシがよく言ってること。



やってることの大きさは比べものにはならないけど、根底にある想いは同じ。



それがその為になるのなら、自分が嫌われることなんて、どうってことない!



それに対して本気で向き合いたいと思えばこその想い。



だけど、時としてアタシの言葉は人を大きく傷つける。
プライドをズタズタに切り裂く。
それをわかってて言葉をぶつけてる。



橋下さんとアタシは、きっと思考のロジックが似てるんだ。


であれば、アタシもワンポイントリリーフなのかな??



ふと気付いたら、以前よりなんとなく距離を取ってることってあるのよね・・・。
無意識にワンポイントリリーフであることを自覚してるのかも??



ワンポイントリリーフ



この言葉が、最近ずっとアタシの頭をもたげている、、、




自分の言葉に、誰かの心を動かしたり、誰かに影響を与えるような力があるとは思わない。
勘違いしちゃいけない!って自分に言い聞かせてる。

だけど、

伝えることに意味はある・・・

とは、思いたい。。。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

あるひかり Vol.2 @南堀江knave [LIVE記録(インスト、フリー、ブッキング等)]

アタシ、大丈夫なんだろうか??
やれるか??
やれる!!やるしかない!!

気持ちばかり焦るここ数日です。

さて。

東京60WATTSの興奮冷めやらぬ中、翌日にはまたまたアタシの姿はknaveにあったのです!!


2015年6月15日(月)

knave20150615.JPG


なんとなんと。
久しぶりに広沢君と岡野君が同じイベントライブへ出演ということで、週頭にも関わらず、いそいそとライブ会場へ足を運ぶアタシです(^^;)

このイベントは、LIVEの写真を中心に活躍されているまこさんというカメラマンさんの企画イベント♪

出演者は次の通り。(登場順)

Rails-Tereo
城領明子
岡野宏典
カヨコ
広沢タダシ

月曜日だというのに、会場にはたくさんのお客さんが溢れていたよ☆彡

トップバッターを務めたのは、以外にもRails-Tereo!!
パーカッションのサポートにはアリちゃんが!!
こ、これは時間がおしそうな予感(爆)
レイル君のステージはなんだかんだで3回目?4回目?
いつみても良い人そうなニコやかな笑顔だ。
4曲演ってくれたのかな??
そのうち、カヨコちゃんと1曲、広沢君と1曲、コラボがあったんだよね。
広沢君とは『Stay』だったかな??
レイル君の曲は、リフレインが多いのが特徴なのかな?
アタシにはちょ~っと、それがくどかった、、、
なかなかアタシにはフィットしない感じなのよね、、、
で、アリちゃんよ!!
案の定、まあ、しゃべるしゃべる(笑)
MCではレイル君、食っちゃってたよ(汗)

2番目に登場は城領明子さん。
初めましてのお方で、SLY TRIVESってバンドのボーカルをやらていた方で、今はソロで活動されているとか。
鍵盤の弾き語りで聴かせてくれたよ♪
見た目クールビューティな感じなんだけど、しゃべると完全なる大阪人で、おもしろい人だった。
唄声もちょっとハスキーな感じもありつつ、でもパンチのある良い声をしていたよ。
で、なんと意外にも岡野君と『FLY HIGHT』という、SLYの曲をコラボ♪
しかも、岡野君からのオファーだったとか。
岡野君、SLYが好きで聴いてたって。岡野君も色々聴いてるよねぇ・・・って感心。
岡野君ってね、女声に合うハモリをするのよ!!
で、その声を聴きながら、「今日はいいんじゃない?」って期待値が上がったわけ( ̄▽ ̄)
楽曲自体もカッコ良くて、なんかすっごい良い感じだったよ♪

3番目に登場が、岡野宏典!!
あ、そうそう!岡野君、髪の毛もちゃんとセットしてあって、衣装もちゃんと気遣ってる感じがあった(笑)
最近、その辺もちょっと意識してるような感じも見受けられて、アタシとしてはニンマリ♪
いいよ、いいよ。人の前に出る仕事をしているって自覚が出てきたのかな??
さてさて、まずはセットリストから♪

◆セットリスト
1.田園
2.声
3.コトノハ(表記不明)
4.フォトグラフ
5.南風

まずは鍵盤で『田園』を。
そして、広沢君とレイル君を呼び込んで、『声』をコラボ♪
ここでなんと、伝家の宝刀であるヴァイオリン登場!!
この『声』という曲は、女性の母性へのあこがれを曲にしたらしく、ちょっとセクシーな、岡野君の中ではわりと珍しいタイプの曲で、とってもメロウな1曲なのだ。
1番を岡野君が唄うと、2番は広沢君が唄い、岡野君がヴァイオリンを弾く。
これがもうね、ビシっとキメてくれてめちゃくちゃカッコ良かったんだ。。。
馬場的に言うと、「カッコ良いと思って、カッコ良いと思ったことがなかったことに気付いた」。
そう、岡野君のことはこれまで「かわいい」って目で見てたんだけど、この時、初めてカッコ良いと思ってドキッとした!!
やっぱり、なんだかんだ言っても、ヴァイオリン弾いてる時が一番自信に満ち溢れてて、キリッとしてるよね☆彡
好きだなぁ・・・。岡野君のヴァイオリン♪
広沢君とレイル君を従えて、とても堂々としたステージだったよ☆彡
そして、今イチオシ(!?)の、優しくてあったかくてキュンとくる『コトノハ』♪
『フォトグラフ』は2番カットで、、、(^▽^;)
この薫風バージョンは、音を少し下げていて、岡野君の低音の声が楽しめるのだ。
ま、アタシがオリジナルが好きだけどね(笑)
最後は最新シングルから『南風』♪
声もしっかり出てて、とても良いステージだったよ☆彡
岡野君って、広沢君が一緒だと間違いなく良い唄を唄うんだよね。
広沢君に対する安心感と闘争心を感じるよ。
とっても良い関係だね(^_-)-☆

さて、次に登場はカヨコちゃん。
以前、一度だけ彼女の弾き語りのステージを観てるんだけど、とにかくパワフルって印象があってね。
今回アコースティックバンドでのステージだったんだけど、やっぱ男顔負けのパワフルで熱いステージを繰り広げたよ!!
とにかくロックで、女子でここまで熱いステージを演る人はなかなかいないと思うよ。
うん、カッコ良かったし、上手いと思った♪

トリは広沢タダシ♪

◆セットリスト
1.光
2.ふわふわ
3.旅に出ようぜ
4.おしり
5.雷鳴

カヨコちゃんがガツンと演った後は、広沢君が大人のムードでしっとりと空気を落ち着かせる。
今回のイベントタイトルが「あるひかり」ということで、光にちなんだ『光』を。
そして、せつない別れの曲『ふわふわ』♪
城領さんとレイル君を呼び込んで、『旅に出ようぜ』をセッション♪
広沢君と城領さんのハーモニーもとっても素敵だった☆彡
そして、城領さんに代わって、岡野君とアリちゃんを呼び込む。
「僕はおしりが好きなんです。レイル、おしり好き?」とフラれたレイル君は「おっぱい」って(笑)
アタシは「始まったで~」ってニヤリ♪
「アリちゃんはどこ好き?」
「僕は手首。露出してるところをフェチになったらウホウホやと思って」だって。
そしてそして、岡野君にも容赦なく。
岡野君のファンは全員「どうする?ちゃんと対応できるのか?」ってニヤニヤ、ハラハラだったに違いない!(爆)
でも、岡野君はやったよ!!「ふくらはぎです」って。
ムキムキなのも細いのも嫌で、運動していそうなちょうど良いふくらはぎが好きなんだって(笑)
あら、アタシ、ふくらはぎだけは良いの持ってるよ(爆)
で、みんなおしりに興味を示さないことにすねちゃった広沢君、「みんな絶対唄わんとってや!」って釘を刺し、『おしり』を唄う。
はい、お約束どうり、レイル君がカットイン、そして岡野君もカットイン!!
しかも、岡野君、涼しい顔してヴァイオリンまで弾いちゃって・・・。
その様がめちゃめちゃシュールでウケた~(笑)
いやぁ、まさか岡野君から「君のお尻が好き~♪」なんてフレーズを聴くとは・・・(笑)
めちゃくちゃ楽しかったよ♪
最後はありちゃんと『雷鳴』でファンキーに!!

オーラスは演者もお客さんも全員で『スイマー』を唄ったよ♪
ここでも岡野君のヴァイオリンが登場!!
岡野君の活躍ぶりに目を細めるアタシなのです。。。


出演者がそれぞれに素晴らしいステージを見せてくれたこともあるけど、何といっても岡野君が殻を破り始めていることが感じられて、それが楽しくて仕方がないLIVEだった!!
それにヴァイオリンもめちゃくちゃカッコよかったしね☆彡
これからもどんどん活用していってほしいなぁ。。。
年内にはアルバム出すって頑張ってるし、本当に今やる気がみなぎってるよね。
表情も明るいし、笑顔がいっぱいだよ!!


そんな岡野君だから、やっぱ声かけるよね??
岡野君を前にしたアタシは、無言で胸をグーパンチ!
そして、サムズアップをしてニヤリだ!!
これ、アタシが本当に楽しかった時しかやらない、最高の褒め言葉だよ★
となりにいたスタッフのおじさんはその様を見てニコニコしていた(笑)
一応ライブの感想などを簡単に伝えたけど、なんかもう言葉はいらない気がするね(^_-)-☆

広沢君にも声をかけて、意気揚々と会場を後にした。

そのまま地下鉄に乗り込み、スマホを見て時間が止まった。

千綿さんからのうれしいお知らせに、心臓はやかましいくらいにバクバクいって、息が出来ないほど・・・
何度も何度も見返したよ。。。
泣くかと思った。(泣かないけど)
ありがとう。ありがとう。



もうね、色んな意味で、とっても素敵な夜になった。
ホントにみんな、どうもありがとう~♪
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

WATTS GOING HOME TOUR @南堀江knave [東京60WATTS/LIVE記録(ワンマン)]

2015年6月14日(日)


ついにこの日がやって来た!!

2010年秋の活動休止の発表から5年の時を経て、東京60WATTSが還って来た!!

IMG_1920.JPG


太郎君と大山さんはいないけど、新しい東京60WATTSはどんなステージを見せてくれるんだろう??
変わったのかな?変わらないのかな?
期待と不安が入り混じる中、ついにその日を迎えたのだった!!

そしてこの日、アタシはまだ東京60WATTSの音に触れたことがない友達を連れていたのだ。
初めての東京60WATTSがこの復活ライブだなんて!!
彼女はいったいどんなレスポンスを見せてくれるのか??

ワッツと言えばオールスタンディング!!
なかなかの好位置を確保!!
さあ、新しい東京60WATTSのステージが始まる!!


なんとも言えない空気感の中、まずはベースの山さん(元BOOMの山川さん)、森さん、琢雄君が登場。
そして、大きな拍手の中、白いテレキャスを片手にたけし君が登場!!
ギターをお客さんに預けると、ステージのギリギリまで身を乗り出して、お客さんを舐めるようにじぃ~っと見回した。
ギターを手にすると、ついにライブは始まった!!

1.東京60WATTSのイントロダクション
2.韓国ソウルマン
3.ぼんのうブギー

まずはニューアルバム「サヨナラトーキョー」から楽しい曲を3曲!!
おバカなワッツはそのままだ!!
太郎君がいなくなって、ギターを弾かなきゃいけなくなったたけし君。
以前のように暴れまわることは出来ないけど、ムードはあの頃のままだ。
初めて参加した友達は、最初っから爆笑!!
めちゃくちゃ楽しんでくれてるのが伝わって来て、「やっぱり彼女にはワッツのノリが合うんだ!」ってニヤリ( ̄▽ ̄)

どんな挨拶をしたんだろう??
ただいま!東京60WATTSです!
くらいの簡単な挨拶だったと思うけど、そこにはたけし君らしい空気が溢れてた。

4.目白通りいつも通り
5.外は寒いから
6.月夜にムーンフォーク
7.はなうた

ギターを抱えたたけし君。
『目白通りいつも通り』での、あの大好きな両腕をぐるぐる回すしぐさは見られないかと思ったけど、ラストサビでキターーーッ!!
もうね、「や~~ん( *´艸`)」って、友達と悶絶!!
懐かしい大好きな曲を続々と演ってくれるもんだから、「嗚呼、本当に活動を再開したんだなぁ・・・」って実感して、モーレツにうれしさがこみ上げてきて、気づいたら瞳から涙がこぼれてて。
顔は笑ってるのに、瞳からは涙が流れてる・・・という、狐の嫁入りのような現象が、たぶんアタシだけじゃなくて、あの人にも起こってたはず(笑)
「活動を再開したばっかりだけど、別れの曲を」と言って唄ってくれたのは『はなうた』♪
もうやだ~(´・ω・`)
なんでそんなに大好きな曲ばっか持ってくんのよ~!!って、心は大騒ぎよ★

8.乾杯
9.さよなら東京
10.60wの灯りの下で

少しゆるく、たけし君が活動休止のころのエピソードを話してくれたよ。
琢雄君がふいにメールを送ってきて、そこには「子供が出来た」って書いてあって。
「おめでとう!男?女?」って返信するも、寡黙な琢雄君はメールでも寡黙で、返信は来ず、、、
「ライブやるからピアノ弾いてくんない?」ってメールをすれば、「いいよ」って一言だけ。
でも、そんな話をしてくれてる時も、なんだかとってもうれしそうなんだよね。
たけし君も森さんも琢雄君も、本当にそっけないんだけど、でもそこには信頼感がとても感じられて。
このあっさりした空気感が妙に心地よくて、それもワッツの魅力のひとつなんだよねぇ。。。
で、そのころに出来たのが、『乾杯』♪
とっても穏やかなゆる~い曲♪
でね!!『さよなら東京』ですよ!!
不意にドラムに惹きつけられる瞬間があって。そこからもう森さんから目が離せないの!!
口はリズムを刻んだり、歌を口ずさんでいたりしていながら、涼しい顔をしてとっても良い音を響かせていて。
その姿がめちゃくちゃカッコいいの!!惚れた~~☆彡
なんでかわかんないんだけど、みんなそのシーンで惹きこまれてたのよね。すごいよね。
で、振り返ったら、今日初めての友達が誰よりも泣いててウケた!!(爆)
と同時に、ワッツの唄が、音が届いてるんだなぁ・・・って感じて、とってもうれしかったの♪

11.ラジャーブラジャー

ここで、たけし君がこの曲だけ写真撮影を許可しますとか言い出して。
みんな急にスマホ出して、誰一人たけし君の話を聞いてないの!!(爆)
「俺の話を聞け!」ってステージからたけし君が叫んでんだけど、誰も言うこと聞かずパシャパシャ!!
だけど、その大阪らしい食いつきがとても楽しかったみたい☆彡
で、SNSでアップしろって言うから、どどーんとアップするよ♪

たけし20150614.JPG

森20150614.JPG

琢雄20150614.JPG

山さん20150614.JPG


もう、これに言葉はいらないよね??
唄なんて、ほとんど記憶にない!!
ただ、ブラジャーの外し方だけは頭にはいってるわ(笑)

12.昇天
13.Like a rolling stone
14.東京60WATTSのテーマ

『ラジャーブラジャー』からの息をつかせぬ間の『昇天』に、会場の空気が一変!!
ボルテージが一気に上がる。
ゾクゾクくる琢雄君の鍵盤と森さんのグルーブ!!
たけし君が跳ねる。お客さんも跳ねる。
たまんねぇよ~[あせあせ(飛び散る汗)]
相変わらずめちゃくちゃカッコ良くて、しびれた~☆彡
そして、さりげなく見せるたけし君の優しさにキュン[黒ハート]
本編ラストは、いつもの様におバカな『東京60WATTSのテーマ』で盛り上げて締めたよ。
もうみんな大喜びな感じで、アンコールの手拍子も早い早い!!(笑)

EN1.長いものには巻かれたい
EN2.すべてのバカモノヘ

まずは『長いものには巻かれたい』を替え歌で。薬物へのアンチテーゼになってたね(笑)
そして、テッパンの『すべてのバカモノへ』♪

まだまだ聴きたいお客さんは、再びのアンコールの要求!!
Wアンコールに出てきたメンバー。
たけし君がしゃべりだす。

「もう大人に頭を下げるのはやめることにしました。でも、ここぞという時は頭を下げます。」
「東京60WATTSを休止してごめんなさい」

照れくさそうにそう言うと、たけし君がみんなに頭を下げたの。
その瞬間、アタシは胸にぐっとくるものがあって、泣きそうになった。
活動休止を決めたときの想いとか、二人が脱退した時の想いとか、いろいろ想像して、胸が苦しくなった。
だけど、それよりも、今この時が、たけし君にとっては″ここぞという時″なんだって思ったら、うれしくて。
大切に思ってくれてたんだなぁ・・・って。
だから、泣かなかったよ。
涙の代わりに、満面の笑顔で拍手を送ってた。
約束通り帰ってきてくれてありがとう。
そんな気持ちでね☆彡

EN3.たからもの

そして、オーラスで聴かせてくれたのが、アタシたちファンのことを想って作ってくれた『たからもの』♪


あっと言う間だったよ。
オールスタンディングだって言うのに、疲れる暇もないくらいあっという間。

新しいワッツは、ちゃんとあの頃のやんちゃな部分も残しつつ、ちょっぴり大人になってた。
太郎君と大山さんがいない寂しさがないと言えば嘘になるけれど。
でも、基本的な部分は何も変わってないなぁ・・・ってことが実感できて良かった☆彡
汗だくで、表情をくるくる変えながら全身で唄うたけし君。
クールな顔して、表情豊かな音色を響かせる琢雄君。
涼しい顔して心地よいビートを刻み、時々チャチャ入れる森さん。
やっぱり大好きなバンド!!
アタシの中の日本で一番カッコいいバンドの座はゆるぎない!!

それでね。
ちゃんと次の約束も用意してくれていて。
すぐにチケット取ったよ☆
ま、活動自体はなんとなく以前よりかは緩やかになるようなことを言ってたけど、そのくらいがちょうどいいかも。。。
アタシのスケジュール的には(爆)


そうそう!
今回初めて参加したお友達は、心からライブを楽しんでくれて大満足だったみたい。
これからもLIVEに参加したいって言ってくれて、まんまとこちらの世界へ引きずり込んだのでした( ̄▽ ̄)


LIVE後は、メンバーとの触れ合いよりもお酒を選ぶアタシたち。
一目散に居酒屋へゴー!!(笑)
とっても楽しくて美味しいお酒が飲めました。

とっても良い夜になったよ。
どうもありがとう♪
そして、これからもアタシを目一杯楽しませてね(^_-)-☆
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

BABA TOSHIHIDE 20TH ANNIVERSARY LIVE TOUR 2015 「ARIGATO~君は48番目の街~」 @明石市民会館 [馬場俊英/LIVE記録(ワンマン)]

今年の梅雨は雨が少ないねぇ、、、
豪雨に見舞われた地域もあるのに、大阪はとても穏やかです。
ただ、蒸し暑い、、、(;´Д`)

今ツアーは1公演だけ・・・と思っていた馬場さんのツアー。
内容が想像以上に素敵で、懐かしい気持ちを呼び起こしてくれたこともあって慌ててチケットをとった明石公演。
いつもは旦那と一緒なのだけど、自分のフェスティバルホールの本番が目前に迫ってることもあり、珍しくアタシ一人での参加となったのです。

明石市民会館に訪れたのは2度目。
前は車で来たのだけど、今回は一人だったので電車で。。。
舞子公園から山陽電鉄に乗り換えて・・・
車窓に流れる景色が、ザ・ローカル線って感じで、それがとっても新鮮で、まるで数年ぶりに田舎に帰省してきたOLみたいな気分だったよ♪
駅から会場までは歩いて10分くらいかな??
なんとなくゆったりと時間が流れていて、「この感じ、嫌いじゃないな・・・」なんて想いながら、身体全体で空気を感じながら、ゆっくりと会場へ向かいました。
明石市民ホールと言えば・・・

明石海峡大橋.JPG


そうなんです!!
会場の裏に瀬戸内海が広がっているのですよ!!
明石海峡大橋も臨めます!!綺麗だよね~☆彡
少しこの景色を楽しんだ後、会場へ。
今回のアタシの守備位置は、バックスタンド中央最前列!!
じっくり楽しむには最高の座席!!
奈良公演のセットリストを知っているアタシとしては、期待が高まります!!
ただ、奈良はギターと鍵盤だけの編成。
今回はスーパーアコースティックということで、アコースティックバンドバージョン♪
セットリストはどうなるのか・・・??



まだツアーは続くので、隠しますね。



続きを読む。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

AOZORA LIVE Vol.6 @浜松窓枠 cafe AOZORA [岡野宏典/LIVE記録(ワンマン)]

2015年5月30日(日)

まさかの晴れ!!(笑)

IMG_1883.JPG


浜松ですよ!!
今年は割と早いタイミングでこの地に足を踏み入れることが出来たのだ♪
そして、浜松と言えば、見とかなきゃいけない空がある!!

ZAZA20150530.JPG



ZAZAのまぁるい空やね!!
あの頃の懐かしい記憶がよみがえって、胸がキュントくるのです。。。


さてさて、今回アタシがなぜ浜松へ来たかと言うと・・・

もちろん、岡野宏典君のCAFE LIVEがあるから♪
浜松の街も慣れたもので、ふらふら~っと散歩をして、窓枠へ向かったよ(^_-)-☆
ここへ来たのは去年の10月以来かな??
なんて言うのかなぁ??
千綿さんの佐賀がそうであるように、やっぱり浜松に来ると岡野君の息吹を感じつつ、穏やかな空気に包まれる気がします。

さて、ステージには今回も鍵盤が用意されていますよ♪
ステージに登場の岡野君は、珍しく髪の毛がセットされてる感じがした(笑)
最初から笑顔が溢れてたね★

まずはセットリストから♪

◆セットリスト
1.風をあつめて(カバー/はっぴぃえんど)
2.田園
3.フォトグラフ
4.コトノハ(表記不明)
5.生きる
6.異邦人(カバー/久保田早紀)
7.迷いの森(表記不明)
8.蒼
9.南風
10.ちいさなバラード
11.鼓動
12.船出
13.トワイライト
EN1.学生街の喫茶店(カバー/ガロ)
EN2.家路

カバーを1曲聴かせてくれると、突然お客さんに「ビデオのスイッチを入れてください」とか言っちゃって。
客席の窓枠にビデオカメラをセットしてたんだけどスイッチを入れ忘れたと思った岡野君。
お客さんもびっくりしてカメラをさわるんだけど、何か困っているようで・・・
結果、実はスイッチは入っていたというオチ。
岡野君、最初から「なんか自由な感じですみません」だって。
『田園』と『フォトグラフ』は鍵盤で聴かせてくれたよ♪
前日に引き続いての『コトノハ』は、しっかりと曲説をしてくれたの。
「大切な人には、思っていることをちゃんと言葉にして伝えていきたい」っていう想いが込められた歌。
「ただいま」「おかえり」「ありがとう」。それはそんな当たり前の言葉だったりするんだけど、やっぱり大切なことだよね。
想いは言葉にしなきゃ伝わらないんだよ。
これまでの岡野君は、どっちかというと心に溜めるタイプだったけど、最近は思ってることをどんどん言葉にするようになったなぁって感じてる。
なんか、想いが歌になってるってこと、実感するよ。
今度はガラリと趣を変えて、『生きる』!!
アタシは今回初めて聴かせてもらったんだけど、とっても力強い曲だったよ。
で、この曲は、トランポリン日本代表の上山さんへの応援歌として作ったんだって。
で、意外にもカバーで『異邦人』。
『異邦人』と言えばアダっちゃんを思い出すのだけど、岡野君のも良い感じで、声に合っていたよ♪
『迷いの森』も新曲で、今度のアルバムに入る曲なんだけど・・・
で、以前に一度聴いたことあるなぁ・・・なんて思いながら聴いていたんだけど、どんな曲だったのか記憶が・・・(^_^;)
結構メロウな感じの曲だったっけ??
明るい曲ではなかったような気がする。
こんなに印象に残ってないってことは、アタシのラインじゃなかったのかな??(笑)
ここからはちょっとアッッパーな感じで♪
『南風』は今回マイクオフで演ってくれたんだよね。
岡野君のマイクオフなんて、ストリートの旅以来じゃね??(笑)
こんな風な挑戦もまた、岡野君が音楽を楽しめてる証拠だなって思うんだ♪
そして、またまた鍵盤に移動し、『ちいさなバラード』と『鼓動』を。
で、これまた新曲の『船出』ですが・・・
これね、好きな感じって思ったのは覚えてるんだけど、どんな曲だったか思い出せない、、、(滝汗)
ま、まぁ初めて聴いたしね!?(;'∀')
今度またじっくり聴いとくよ(笑)
本編最後は鍵盤で『トワイライト』を♪

一瞬消えて、すぐにアンコールに登場の岡野君。
まずは『学生街の喫茶店』を1コーラス。
こんな古い曲、よく知ってるよね~??
オーラスはお約束の『家路』でしっとりと。

ライブ中は色々とハプニングもあったんだけど、それもライブの醍醐味として楽しんでたよね??
声の調子は今一つだったけど、とっても良い顔してたし、いっぱいお話もしてくれて、楽しい時間だった。
浜松に来てよかったって思えたよ。

で、この日は土曜日ってこともあって、岡野君のラジオ『岡野宏典が全力投球!」のオンエアがあったの。
終演と共に会場にそのラジオの音が流れて、岡野君もギョッとしてた(爆)

アタシはまだシングル『南風』を手にしていなかったので、物販へ。
久しぶりに岡野君といろいろお話が出来たよ♪
『コトノハ』について、「プロポーズみたいな唄だね。結婚式で使えるよ。」って言ったら、「そうですか!?」だって。
相変わらずは受け答えだけど、ちゃんとアタシの名前を憶えていてくれたよ(笑)
で、「憶えてくれてる~!えら~い」とか褒めてたら、「昨日Twitterでメッセージくれてましたよね?」ってドヤ顔で憶えてますアピール(爆)
うんうん。とっても良いことだ。
なかなか楽しい時間だったよ(笑)

LIVEも含めて、楽しい時間をありがとう!
またその素敵な笑顔に逢いにいくよ☆彡


で、会場を出ようと階段を降りていくと、そこには窓枠店長の上嶋さんがいたの。
気付いた時には声かけてた(;'∀')
で、馬場さん来ますよねぇ~とか言いながら、訊かれもしないのに、「アタシ、千綿偉功さんが大好きなんですよ!」」とか言っちゃって(爆)
「今年はひまわり祭りあるんですかねぇ??」
「あるんじゃないですか??」
なんて会話を楽しんでた(?)
いや、突然慣れ慣れしく話しかけてくる大阪弁のお姉さんに、上嶋さんは明らかに戸惑っているように見えた(爆)
ええねん、ええねん!
これでまた千綿さんを窓枠に呼ばなくちゃ!って思ったはず!!
ん?窓枠に呼ばれても、アタシにゃちと遠いやないかい!!
まぁええ、まぁええ。わろとこ。


出来るだけ早く帰ろうと思ってたんだけど、前日に引き続き、とても楽しいライブだったし、お腹も空いていたから、友達とラーメンをひっかけに。
で、浜松駅へ向かいプラットホームで新幹線を待っていたら、地震で停電という・・・

そう言えば、前回浜松に来た時には、駅の火災報知機がわんわん鳴って、どうせ誤動作と思ってたらガチだったっていうことがあったなぁ・・・。

今度浜松に来るときは何が起こるだろう??
どうか、良いことが起こりますように・・・。


浜松・・・今度っていつだろう??
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

FM802 AWESOME FRIDAYS Panasonic My Favorite Place @うめきたパナソニックセンター [LIVE記録(インスト、フリー、ブッキング等)]

心がざわざわと騒いでいるここ数日です。
今日もちょっとした発見に、中二男子並みに想像力が膨らんでおりますが・・・。


さて、そんな状態ですが、相変わらず色んなLIVEでハートを磨いているわけですよ。。。
でも、ここは滞っているわけですよ、、、あはは(;'∀')

5月末のこと、思い出してみます。


2015年5月29日(金)

ラジオの公開生放送なんていつ以来でしょうか??
岡野君が出演するっていうことで、久しぶりにFM802の公開生放送を観てきました♪

DJは飯室大吾さん。
クールな顔立ちで、なかなかのイケメンでした(笑)

岡野君を呼び込み、軽快なトーク。
好きな食べ物の話になったのかな??
お互いスープが好きだってことで意気投合!!
そこから味噌汁の話になり、味噌汁にみょうがを入れると美味しいって話で大盛り上がり。
岡野君もいつになく楽しそうに、ちゃんと会話が出来ておりました(爆)
そんな姿からも、岡野君の成長を感じてうれしくなるアタシです。(上から目線で失礼)
トークの後はスタジオLIVE♪

聴いたことのないバラード。
「コトノハ」(表記不明)という曲で、今度のアルバムに収録される曲だとか。
岡野君の優しい声に、耳をそば立てて必死に歌詞を拾う。
「チキショー!さてはめちゃくちゃ良い恋してるな!?」なんて考えながら(笑)、愛情がいっぱい詰まった優しい唄を聴いていました。
アタシにはプロポーズに聴こえましたよ(´艸`*)
そして、FM802ではヘビーローテーションにもなったデビュー曲『レモネード』を。
ここ最近はとても調子が良かったんだけど、久しぶりにひやひやする感じで(笑)
けど、今となってはそれもご愛嬌な感じで「あらあら」って笑ってやり過ごせるのです♪
だって、表情も、口にする言葉もあの時とは全然違うもん。
心配する必要は全くないのです!!

本当に短い時間だったけど、楽しかったです☆
だから、帰りはお友達とグランフロントで軽く(?)一杯( ̄▽ ̄)
野菜にこだわったイタリアンバルのお店で美味しいお酒をいただきました♪


岡野君もそうだけど、アタシも最近いろんな人に「キラキラしてる」って言っていただけるんです☆彡
この日も、久しぶりに会ったお友達がそう言ってくれました。
本当にうれしいことです☆
そして、それがまた自信になったりもして。
そう、それでね、今日ひとつ気付いたことがあります。

自分が応援している人の本気だったり、頑張ってる姿って、自分にとっても自信になるなぁ・・・って。

そんな風に感じられるのって、とっても素敵なことだなぁって思うんです♪

アタシももっともっとがんばろ!!



「どうして頑張るの?」って訊かれたら、

アタシは迷わずこう答えます。


今よりももっと幸せになるため(#^^#)


今日も元気だ!ビールが美味い!!

タグ:岡野宏典
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

FRIENDS & DREAM vol.4 @四谷天窓 [LIVE記録(インスト、フリー、ブッキング等)]

前日のサザンの興奮醒めやらない中、眠い目をこすりながら新幹線に乗り込むアタシ。
気持ちよく晴れた空の下、向かうは東京、四谷天窓。。。
果たして、千綿さんは昨夜の興奮からアタシの心を惹き戻すことが出来るのか!?(笑)


2015年5月17日(日)

千綿さんのホームタウン東京で、千綿さんがお友達ミュージシャンをゲストに迎えて熱いステージを繰り広げるツーマンライブ♪
その第4回目を見に行ってきた♪
今回のゲストは坂本サトルさん。
アタシはどんな方なのか全く知らない未知のお方。。。
ただ、千綿さんがとてもお世話になった大先輩で、昨年末のちなたけ大感謝祭の時に、共演したいミュージシャンとして名前が挙がったのが記憶に新しい。
「今の自分の歌を聴いほしい」みたいなこと言ってたっけ??
あの後すぐに坂本さんとの共演が決まって、なんだか千綿さんも気合入ってて、すごいことになりそうな予感がしてたんだ。。。

四谷天窓20150517.JPG


時間になって、挨拶に登場した千綿さんが、いつもとちょっと違う感じ。
イベントの説明も、最初のころとちょっと変わってきたよね??
初回は和気藹々なムードが漂っていたけど、最近では″切磋琢磨″ってことを目的としているようなご挨拶をするようになった。
なんだか、とても良い方向に向かってる気がしてうれしい。
そして、坂本さんを呼び込んだら、もう緊張が隠し切れない感じで。
坂本さんとの馴れ初めを話しながら、すでに瞳は赤いの(笑)
なんだかかわいかったなぁ。。。
会場の空気も最初から熱を帯びてる感じがしたんだな。。。

さて、そんな中、まずは坂本サトルさんのステージから。
坂本さんは背が高くて、体格も良い。
唄も人としてもデッカイという印象を受けたなぁ。。。
唄声は男っぽくてちょっと泥臭さもあって、見た目通りだった(笑)
ただ、唄い癖がなんだかB’Zの稲葉さんっぽいところがあるなぁって感じてた。
稲葉さんの唄を生で聴いたことはないけど・・・(汗)
オリジナル曲とカバー曲を織り交ぜて聴かせてくれたよ。
印象的だったのが『木綿のハンカチーフ』♪
この曲の深さを語りつつ、ご自分の『缶コーヒー』と対比させて聴いてもらえると面白いって2曲続けて唄ってくれたんだよね。。。
トークも独特のムードを持っていて面白かった★
楽曲自体はタイプではないものの、なんだかとても楽しい時間だった♪

坂本さんのステージの後はトークコーナー♪
いつもとは違う、ある意味居心地が悪そうな千綿さん(笑)
ちょいっと気を使いつつ、当時の思い出話に花が咲く。
この日、ガラケーが「お前腹筋できなんだよな」ってスマホに嫌味を言ってるイラストが描かれたTシャツを着ていた千綿さん(笑)
坂本さんに「そんなTシャツ絶対に着るような人じゃなかったじゃない!」って何度も突っ込まれ・・・(笑)
「俺の前でエーンって泣いたんだよな」なんて思い出話とか、当時のマネージャーに殴りかかろうとした千綿さんを止めたって暴露話とか、色んな話が飛び出して、千綿さんはアタフタ(;'∀')
お客さんはゲラゲラ(笑)
そして、いつものように「子供のころどんな曲聴いてました?」って話から、二人でピンキーとキラーズの『恋の季節』だったかな??それを聴かせてくれたよ♪

さて、トイレ休憩をはさんで、今度は千綿さんのステージ♪

さっきのTシャツを脱ぎ捨て(?)、ステージ衣装(と言ってもいつも通り・笑)に着替え、ご機嫌に、でもどこかキリッとした表情で登場した千綿さん♪
「まずは叫ぶような歌から・・・」って聴かせてくれたのが・・・( *´艸`)

◆セットリスト
1.汚れたシャツを着て
2.アイノウタ
3.アイブミ~Love Letter~
4.翼
5.ちくわ焼きの唄
6.モザイク
7.陽のあたる場所へ

本当に心が叫んでるような『汚れたシャツを着て』だった。
千綿さんの表情に、微笑みはなかった。。。
魂の唄にゾクゾクしてしまい、唄い終わった後には、アタシは思わず友達と顔を見合わせたんだ。
そして、ピンと張りつめたムードのまま『アイノウタ』へ。
口元の震えや表情から、鬼気迫るものを感じて、アタシの心臓はやかましいくらいにドキドキしていた。
「す、すごいんだけど・・・。こんな千綿さんは初めてかも・・・」って思った。
『アイノウタ』からの『アイブミ~Love Letter~』が、これまた気持ち入ってて、ぐっときた。。。
最近はあまり聴かせてもらえてなかったけど、ここに来てまた唄ってくれるようになったね。
どういう心模様なんだろう??なんて想像してみたりして。。。
少し空気が柔らかくなったところで、先日の佐賀での十数年ぶりのバンドメンバーとの再会の話をじっくりとしてくれて。
それまで全然連絡を取り合ってなかったらしく、今回逢えたことが本当にうれしかったみたいで、その友達への想いなどを、涙ぐみながら話してくれたんだよね。
そして聴かせてくれたのが『翼』。
たとえ逢うことが出来なくても、ふっとしたときに誰かが自分のことを思い出してくれたとしたら、やっぱりうれしいよね。
自分が誰かのことをふと思い出して、どうしてるかな??元気かな?元気だったらいいな。。。なんて思えることも幸せなことだね。。。
大切な人がいるって幸せなことだね。。。
ここで『ちくわ焼きの唄』でようやくほっこりする時間。
千綿さんのステージも佳境に入り、『モザイク』で一気に盛り上がる。
頭を振るたびに霧状になって飛び散る汗の半端ないこと!!
すごかったよ。。。
そして迎えた最後の曲。
坂本さんに誘ってもらった札幌でのイベントの話をしてくれて。
そこには小田和正さんが来られていて、怖かったけどせっかくの機会だからってことで、小田さんに自分の唄の感想を聴きに行ったんだって。
そしたら小田さんが、「君はこのままでいいよ。」って言ってくれて、その言葉に「俺はこのまま唄っていって大丈夫なんだ」って自信が持てた」って話を丁寧にしてくれた。
そんな小田さんが一番良いって言ってくれた『陽のあたる場所へ』で締めくくってくれたよ。
生声も聴かせてくれて、なんかわかんないけど、千綿さんの想いがビリビリ伝わってくるステージだった。
口元の震え、飛び散る汗、あふれ出る涙、そのすべてに千綿さんの想いが宿っているように感じて、今まで観てきたものとは全然違う、ものすごい熱量の、えげつないステージだった。。。
今までにないくらい、心が震えたし、興奮した。

そんな中、ステージに坂本さんを呼び込む。
自由すぎる坂本さんにタジタジの千綿さんとお客さん(笑)
そんな二人で、最後は『友よ』をセッション♪
「頑張れ千綿」とか、勝手に合いの手を入れちゃったりして。
千綿さん、照れながらもとてもうれしそうだった。
本当にお兄ちゃんと弟って感じで、あんな千綿さんを見たのは初めてだったかもなぁ。。。

最後は恒例のプレゼント争奪じゃんけん大会!!
今回もこの日使用したピックがプレゼントされたよ♪
アタシはほら・・・欲を出してしまって、見事に1回戦敗退(爆)
ま、いつものことだけどねぇ、、、


いつもなら、ここでもう1曲くらいありそうなもんだんだけど、さすがに今回はこれで綺麗にフィニッシュだったよ(笑)


いやぁ~ホントに。
シビレたよ。。。ホントにありがとう♪
今回は、アタシ史上、最高のステージを見せてくれたと思う。
最初から最後まで、ずっとドキドキしっぱなしで、とんでもなく良い充実感でハートが消耗しているのを感じたよ。
ほら、こんなえげつないステージが出来るんじゃん、って・・・。
元々ハイクオリティーな唄うたいだから、普通に唄ってもそこそこ凄いステージが出来ちゃうんだよね。
ちょっとやる気になれば、いつも一緒にやってるようなアーを圧倒することなんて簡単なんだ。
そんな人が、良い意味で居心地の悪い環境に置かれたら、そりゃあもう、ものすごい圧巻のステージを繰り広げるに決まってる!!
そんなステージを普通に演れるようになれば、もっともっと高い場所へ上がれるわけで。
アタシが言いたいのはそこなのよ!!
千綿さんはもっと自分が持ってる実力を自覚しなくちゃいけないって思うんだ。
そんな居心地の良い場所にばかり居てちゃダメだ!!
どんだけ凄い唄うたいだって、居心地の良い場所では、100%を越える力は出せないよ。
ちょっとでも気を緩めたら食われてしまいそうな、なんだったら、「お前誰だ?」って言われるような、そんな、良い意味で居心地の悪い環境に身を置かなきゃ、今以上の自分にはなれない。
ものすごいしんどいことだと思うけどね。
でも、それが、アタシがいつも言う「ダイヤはダイヤでしか磨けない」ってことなんだ。。。
本気で上を目指すなら、避けては通れないことだと思う。
そこまでの覚悟が千綿さんにはあるのかな??(笑)
今回のLIVEを体感して、改めてそんなことを考えていたよ。
凄いステージを見せてくれたからこそ、もっと!もっと!って期待が膨らんじゃうんだ♪
アタシは欲張りだからね~( ̄▽ ̄)


だけどね。
しばらくは千綿さんのLIVEには参加できないアタシ。(遠くて単純に行けないだけ)
「目も耳も肥えて戻ってきます」と言うアタシにくれた「負けへん!」って言葉。
帰り際にくれた無言の握手。

その意味を考えながら、唇噛んで、アタシはアタシを頑張ってる。

そして、今漏れ聞こえてくる各地でのLIVE報告(とっても良いLIVEをやってるとか…)に、「負けへんで!!」と、ニヤリとしてるアタシがいる。。。
今度会う時、お互いどんな顔してるかな??
楽しみだね♪
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

サザンオールスターズLIVE TOUR 2015 「おいしい葡萄の旅」 @京セラドーム [その他アーティスト/LIVE記録(ワンマン)]

大阪にも梅雨到来!!
実は、嫌いじゃないのよね。この季節。
だって、紫陽花が綺麗な季節でしょ??
紫陽花の葉に乗っかる雨粒が虹色に輝くのをでんでん虫が眺めてる・・・なんて絵面を想像すると、なんかいいなぁ・・・って思うんだぁ♪
それに、雨の音は心を落ち着けてくれるからね。。。

さてさて、そんな中。
今日はお仕事が休みということもあり、hideちゃんのドキュメンタリー映画を観に行くつもりだったの。
だけど、昨夜あるお方と色んなお話をさせていただいた関係で、ちょっぴり自分と向き合うスイッチが入ってしまい、家に籠ってぼ~っとしてた。
そろそろ、アウトプットしないと、爆発しちゃいそう!!(笑)


と、その前に、今年も奇跡的に参加できたサザンオールスターズのLIVEの事、書いとこうかしらん♪


2015年5月16日(土)

一般販売でチケットが取れるなんて、ある意味ミラクル!!
旦那よ、デカした!!
よしよししてぎゅってしたる~!!(笑)

ということで、やって来ましたよ、京セラドーム!!

sas2015.JPG


今回は今年の3月にリリースされたアルバム「葡萄」を引っ提げての全国ツアー!!
会場ごとにスタンプが設置されていて、記念に押せるんだよね。
大阪は大阪城とたこ焼きのイラストだったよ( ̄▽ ̄)

京セラドームの規模になると、開場から開演までの時間がたっぷりあるから、小腹が減りすぎたよ。
で、ビールとからあげのモーレツな誘惑と闘いながら、なんとかかわいらしくクレープでお腹の虫を抑え込む。


アタシたちに与えられたスタンド上段の座席は、冗談のように高くて遠いけど、むしろゆったりと観れて良い。



まだツアーは続いているから、ここからはちょいっと隠しちゃおうかな??





続きを読む。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。