So-net無料ブログ作成

ONE VOICE 2014.09.20 @CASH BOX [LIVE記録(インスト、フリー、ブッキング等)]

ということで、ちょっと遅めのランチをいただいた後は、CASH BOXへ向かったのです♪

夜はここで4マンライブなのです。。。

来年1/17の素敵LIVEのチケットを無事にGET!!
軽くビールを引っかけたいところだけど、まだまだ湿疹を抱えていたので、ぐっとこらえて・・・あれ?何飲んだんだろ??(^▽^;)
ま、いっか~♪


2014年9月20日(日)

共演者は登場順に以下の通り。

健&大地
日比直博
荒井善博
千綿偉功

千綿さん以外は初めましてのアーたち。
ん??違うか??
健&大地の健ちゃんの方は、ここで何度か観てるね。


ってことで、順番に軽く感想など。。。


健&大地

二人がステージに登場した瞬間、思わず「えっ!?」ってなった。
見る度に大きくなっていく健ちゃんが、さらに大きくなっていて、、、
もう初めて観たときの見る影がない感じで、、、
まだまだ若いのに、そんなに太っちゃいかんだろ~(-_-;)
アタシも人のことは言えないけど、ちょっと意志の弱さみたいなのを感じたぞ、、、
でもね、唄は上手くなってる気がした。
ソロのステージしか見たことなかったんだけど、今回は大地君という相方とのデュオ♪
大地君はギターを弾いたり、カホンを叩いたり。
健ちゃんもカホン叩いてたね。
どっちも唄えるデュオだ。
カバーで聴かせてくれた、秦キュンのドラえもんの主題歌、なかなか良かったよ~♪


日比直直博

日比君ってピアノマンだったのね。
そして、さすが吉本に所属しているだけあって、おもしろい人でした。
おもしろいだけじゃなくて、ちゃんと唄える面白い人でした。
日比君は松村一平君と二人で、NEW POPS ORCHESTRAというユニットで活躍されているんだけど、今回は日比直直博として、ソロでの出演。
だけど、相方の松村君も会場に来ていて、最後にNPOのネタ(?)、曲(?)を演ってくれたよ♪
これが、すんごい真面目に唄ってるんだけど、大笑いでさ(笑)
楽しかったなぁ。。。


荒井善博

東京で活動されているシンガーの方で、ピアノのサポートに・・・・あ、名前が出てこない(滝汗)
元ブリオッシュの彼がサポートに入ってたのよ。
とってもシャイな方で、独特の間があったね。
ハスキーな声で、なんでしょう??ウィスパーボイスって言うのかな??
そんな感じで唄うの。
パンチがないのがちょっぴり残念で、でも、一番高いファルセットの声は、とっても綺麗に響いていたよ♪
どっちかというと、クールな曲を唄うアーだったね。


そしてそして・・・。

トリで登場は、千綿偉功ですよ!!

◆セットリスト
1.モザイク
2.証
3.メロディー(カバー/玉置浩二)
4.(仮)ちくわ焼きの唄
5.ふたりのMilkyway
6.友よ
7.なにもないけど

まずはみんなで声出しをして(笑)、『モザイク』からロックに盛り上がるのです♪
ここで意外にも『証』。
これは、健ちゃんが最近犬を飼い始めたとかで、『証』を聴きながら犬と遊んでる・・・とか、そんな話を楽屋でしたことがきっかけだったみたい(笑)。
そして、CHI-WA-CAFEに続いての『メロディー』♪
あの時唄って、何か思うことがあったのかな??って、そんな風に感じたのです。
落ち着いたムードでしっとりと響く声に、意識が吸い込まれていくのです。。。
それはまるで千綿さんの曲の様だったよ。
ここ最近ではテッパンの2曲、『ちくわ焼きの唄』と『ふたりのMilkyway』♪
『ちくわ焼きの唄』はなんとなく合点がいくのだけど、『ふたりのMilkyway』はなぜ??(笑)
どっちも今、育てたい曲なのかな??
『ふたりのMilkyway』を唄う時にね、絶対に「エロい手拍子をください」とか言うのよ。
で、一部からは「言うほどエロくないじゃん」なんて声も聞くのだけど・・・。
アタシはエロいと思うよ。( ̄▽ ̄)
言葉数の少なさがエロを際立たせてる。
「行間のエロ」っていうのかなぁ??
行間を読まされるんだよねぇ。。。
想像力豊かなアタシなんかは、色んな想像しちゃう。(*ノωノ)
「お前の秘密を俺だけに見せてくれ」って一言はドキッとするよね??
しかも、「お前」なんて言葉、いつもは使わないクセに、ここで使うことで、男の荒々しさを感じるわけですよ。
い、いかん!!このままでは、アタシがただのエロい人妻になってしまう(爆)
さて、そんな感じで(笑)、CASHでは必ず唄われる『友よ』をはさみ、ラストは『なにもないけど』をじっくりと。
全体を通して、なんだかとても優しい空気が流れていました。


最後にオールキャストで、『愛は勝つ』をセッションして、ライブは終了したのでした。。。


終演後、千綿さんとあんな話、こんな話をしまして、とある一言にじっとりとした汗をかいてしまったのでした、、、(^▽^;)
でもね、アタシが大切にしている曲を、ちゃんと憶えてくれていたことは、本当に本当にうれしかったのです(/ω\)

なんだかとっても穏やかで、やさしい気持ちになれた、そんなライブでした☆彡
どうもありがとう♪


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Voice from CASH BOX in そごう神戸 サンファーレ広場 [LIVE記録(インスト、フリー、ブッキング等)]

台風一過で、一気に秋が深まったように感じる肌寒さ。
ブログのみならず、衣替えも追いついておりません、、、(^▽^;)
半袖じゃちょい寒いし、秋物じゃちょい暑い、、、
どっちも季節外れな気がして、困っているのはアタシだけ??(;´・ω・)

さて、まだ熱さの残る神戸でのライブを少し振り返ってみるです。


2014年9月20日(土)

7月以来の神戸です。
でも、そごう神戸でのフリーライブはアタシとしても初めて。
いつもの山側ではなく海側なので(大して変わらない)、なんとなくいつもはあまり使わない阪神電車で三宮を目指したのです。
地下からそごうにアプローチして、サンファーレ広場に出ると、アレ??
唄っているのはコミックバンド??
「え?ここだよね??」なんて半信半疑でウロウロしてたら、CASHの店長を発見!!
そして、そのコミックバンドと思った二人組が、実はニューポップスオーケストラの二人だったと後で気づいたのでした、、、(^^ゞ
だってさ、日比君のイメージが思っていたものとだいぶ違ってたんだもん!!

ということは・・・彼らの後に登場するのが千綿さんということなのです。

リハーサルに登場の千綿さん♪
初めての場所ということもあってか、すでにテンションは高め♪
サウンドチェックで『Butter-Fly』をガッツリ聴かせてくれたのです(*^^)v
フルコーラスだったんじゃないかな??

迎えた本番♪

◆セットリスト
1.この声が聞こえますか
2.枯れない花
3.Dear~愛する君へ~
4.カサブタ
5.陽のあたる場所へ

フリーライブは老若男女、色んな方が観てくれるし、初めての人も多いからね。
それ用のテッパン曲が並ぶわけですよ。
そして、ちびっこに向けた、絶対アタシには向けてくれない笑顔が見れたりもするのです(笑)
いや、でも『この声が聞えますか』を唄ってる時の千綿さんは、いつもとっても優しく微笑んでくれるか・・・(´艸`*)
曇天ではあったけど、オープンエアで大好きな『枯れない花』が大空に響くのです♪
そして、お父さんのお話をしてくれたね。
実家に帰った時は、いつも駅までお父さんに車で送ってもらうらしいのだけど、気分屋で口を利かない時もあるとか。。。(笑)
そして、そんなところが、実は自分もそっくりで嫌だ~って嘆きつつ、『Dear~愛する君へ~』♪
そう言えばさ、昨年まではこの曲を唄う時に、よく、「自分の″ありがとう″には心がこもってないんじゃないか?ってコンプレックスがある」みたいな話をしてたよね??
それが、今年はまだ一度も耳にしてないなぁ・・・とか、曲を聴きながら考えてたよ♪
いいねぇ。。。なんて思いながら、ニヤリとするアタシなのでした( ̄▽ ̄)
そして、気分屋の千綿さんが想像ついてしまうし、可愛くて笑える( ̄m ̄)
『カサブタ』で盛り上がった後は、じっくりと『陽のあたる場所へ』♪

千綿さんも「楽しい~♪」って叫んでたし、とてもあったかい笑顔いっぱいのひとときでした☆



ライブ後は「また後で♪」って声だけかけると、そのままランチに向かうのでした。。。
夜のライブ会場であるCASH BOXの近くに、ちょっと良いお店を見つけたの★
今回はランチでお邪魔したけど、どっちか言うたら夜にお酒を飲みに行きたいお店。
お店のお兄ちゃんも気さくな楽しい人だったしね(^_-)-☆
CASHが早く終わった時には、軽く一杯ひっかけて帰るのもアリだな・・・( ̄▽ ̄)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

CHI-WA-CAFE ~ミルクセーキとヒデシマライスの会~ @ミール珈屋凪 [千綿偉功/LIVE記録(ワンマン)]

台風接近に伴い、色んなライブやイベントが中止とか、、、
何してくれとんねん!!って感じですが、、、

この3連休の間に、遅れをなんとか取り戻そうと目論んでいたのですが、嗚呼、、、
原因不明の頭痛でどうしてもPCの前に座る気になれず、、、
でも、連休最終日の今日は、ウソみたいにスッキリしているので、楽しかった記憶を思い出してみるです!(^^)!


行こうかどうしようか、直前まで迷っていたCHI-WA-CAFE♪
いつもならあっさりと諦めるところ、なぜか諦めきれないものがあって、、、
それはそう、きっと『ただ君を待つ』事件があったから。。。(笑)
で、申込み締め切りの10分前に滑り込んだわけです(笑)。

ってことで、今年3度目になるのかしららん??
佐賀にピュンっと飛んできましたよ☆彡


2014年9月15日(月)

向かうは、千綿さんの青春時代がたくさん詰まったここ!!

ミール.JPG

ミール珈屋凪


カフェと言うよりは、いわゆる昔ながらの喫茶店。
受付には千綿さんのお友達、中にも千綿さんのお友達と、地元感あふれまくり(笑)。
お店の中はお客さんでいっぱいだったよ♪

イベントは、千綿さんのミニライブから始まるのです♪
実は、このシリーズは初めての参加だったのです(*^^)v

◆セットリスト
1.SPILT MILK
2.カラス
3.君がもしいなければ
4.GARAGE(カバー/アースシェイカー)
5.メロディー(カバー/玉置浩二)
6.春夏秋冬(カバー/スガシカオ)
7.ス・ト・リ・ッ・パ・ー(カバー/沢田研二)
8.僕らをつなぐアイコトバ(セルフカバー)
9.GLORIA(カバー/ZIGGY)
10.Dear~愛する君へ~

まずはロックな曲からってことで『SPILT MILK』♪
ゆ~ったりとしたイベントだから、そのつもりでいたんだけど、意表を突かれたわ。。。
そして、ここでまさか聴けるとは・・・
密かに聴いてみたいと思っていた『カラス』♪
さすがにこの空気感では、CDでのイメージほどの切実さとか、もがいてる感じは伝わっては来なかったね(笑)。
この曲を作った時と今では、マインドがだいぶ違うんだろうなぁ。。。なんて想像してみたり。
これはね、是非バンドで聴いてみたい曲なんだ~♪
そして、これも初めて聴かせてもらった『君がもしいなければ』♪
千綿さん、唄いながらあっちこっちに視線を飛ばしてくれていて。
初めてCDで聴いたときのあの「な、何があった??」っていうドキハラ感は全く感じなかった。
むしろ、千綿さんの表情から、あったかさを感じたなぁ。。。
と、ここまでは千綿さんの曲。
こっからは怒涛のカバーコーナー♪
まずはシェイカーの『GARAGE』♪
ミディアムバラードだったんだけど、知ってるような、知らないような、、、
こんな曲あったんだね。。。今度実家に帰ったらCD借りてこよ(笑)。
そして、アタシも大好きな1曲、玉置さんの『メロディー』♪
千綿さん、曲の後半で涙声になっててね。
唄い終わった時に「友達のことを思い出しちゃって、、、」って照れ笑いしつつ、でも、涙が止まらなくなっちゃって。。。
きっとそうなんだろうなぁ・・・って思ってたから、なんだかとっても優しい気持ちになって、微笑みながら千綿さんを眺めてるアタシがいたよ。
この感じ・・・そうだ、あん時の、Never too late Rockin'での、あのシーンと一緒だなぁ。。。なんて思いながら。。。
気を取り直しては『春夏秋冬』をきっちりと歌い上げたよ♪
ずっと「なんだっけ?誰の曲だっけ?」って考えてた。
アタシ、スガシカオさんは通ってないんだなぁ。。。
そしてそして、あら、そうきましたか!?
ジュリーの『ス・ト・リ・ッ・パ・ー』になるほど~、とニヤリ( ̄▽ ̄)
『ふたりのMilkyway』のあの昭和感はこのあたりの流れを汲んでるのjかな??とか勝手に想像してみたり。
「俺のすべてを見せてやる お前のすべてを見たい♪」
力強くそう唄うと、「見せて~!!」って叫んでたよ(笑)
「お前の秘密を俺だけに見せてくれ♪」ってか??(笑)
何気に唄える自分がおかしかった(笑)。
何を隠そう、ジュリーはアタシの小学校時代のアイドルだったのだ!!(爆)
つまり、歌はシェイカー並みかそれ以上に入っておるのだ(-。-)y-゜゜゜
「ロイヤルストレートフラッシュ」(←ジュリーのベストアルバム)だって、ちゃっかり我が家にあったりするのだ!!(^^ゞ
ムードはガラッと変わって、『僕らをつなぐアイコトバ』をラブリーに♪
この曲は、今年の栄ミナミ音楽祭の企画で、千綿さんが大須のご当地アイドルOSUの為に書き下ろしたもの。
栄ミナミ音楽祭のステージで共演もしてるんだよね。
ってことで、コールアンドレスポンスなんかもあったんだけど、そんな可愛い声でるわけないやん!!(^▽^;)
だけど、隣で友達が気色悪い声で唄ってんだよ、、、笑ろた~~(爆)
正直ね、この日は湿疹とかいろいろあって、体調が思わしくなく、テンションもやや低めだったんだけど、友達のそのバカっぷり(爆)に元気が出たわ!!あんがと☆彡
で、青春時代がぶわ~っと蘇る『GLORIA』に静かなる興奮を覚えるのです。
懐かしかった~!!
これ流行ってたのって、高1?高2?そんくらいだよね??
カラオケに行けば誰かが唄ってたし、ボーリング場でも必ずかかってた。
アタシはバイトに明け暮れてたっけ。。。千綿さんはバンドに明け暮れてたのかな??
なんだか、おもしろいね☆
ラストは「一緒に唄いたい」って、皆の反対を押し切って(笑)、『Dear~愛する君へ~』♪

ライブは本当にゆったりと楽しめました。
この日のアタシには、このムードがとても優しかったんだよね。。。

この後は、お楽しみのお食事タイム♪
まずは大皿でどど~んと!!

ヒデシマライス.JPG

ミール珈屋凪名物 「ヒデシマライス」


これは、ドライカレーのオムライスの上にカレールーをかけて食べるのです。
昔、常連さんがオムライスもカレーも食べたいってことで、作ったのがこれだそうで、その常連さんが「ヒデシマさん」っておっしゃる方だったのだとか、、、
これは4人分なんだけど、1人前でも相当なボリュームがあるのです。
とっても美味しかったんだけど、悔しいかな、この日は食欲があまりなくて少し食べたらもうお腹いっぱい(*_*;
千綿さんがひとつひとつのテーブルに声を掛けにきてくれて、「もうお腹いっぱ~い」って言うと、「それは良かった・・・。」って、、、あはは(^▽^;)

つづきましては、これ。

ミルクセーキ.JPG


昔懐かしのミルクセーキ☆
でもね、アタシが知ってるそれとはやっぱり違っていて。
アタシが知ってるミルクセーキは完全に飲み物だったんだけど、これはシャーベット。
牛乳に卵と砂糖だけの素朴な味。
これを氷と一緒にクラッシュしてるから、シャリシャリのシャーベットみたいになってるのよね。
甘すぎることなく、さっぱりといただけました。
ごちそうさまでした。

この後、アタシは物販に向かったのだけど、クーラーの前でミルクセーキを食べてた影響で身体に震えがきてて、ちゃんとしゃべれないの!!(笑)
だけど、気が付いたときには震えも止まってて、アタシのハートはホカホカしてたよ(笑)
とてもあったかいひとときでした(´艸`*)
いつもありがとね~(*^^)v


この日は日帰りの旅だったので、すぐにお店を後にしたよ♪
帰りは白いカモメだったんだけど、まあ、揺れる揺れる~(^^;)
やっぱ黒カモメでいいや。。。


でさ、大阪に帰って来て、なんばのプラットホーム歩いてる時に、ふと思ったんだ。
数時間前までは同じ場所で一緒に楽しんでたのに、もうこんなに遠くに離れちゃったな。。。って。
だけどね、アタシは初めての感覚を憶えたんだ。

距離が愛おしい。。。

って。


そこに逢いたい人がいる。聴きたい唄がある。
この距離があるから、その時を大切にしたいと思うし、逢えた時の喜びも、聴けた時の喜びも大きくなるんだなぁ・・・って。
そう思うと、そういう気持ちにしてくれるこの距離が、愛おしくて愛おしくてたまらなくなったの。
不思議な感覚だったなぁ。。。



そして、そんな風に感じられる自分も悪くないなって・・・思った夜でした☆彡


いつも本当にありがとうね~☆彡




と、そうこうしているうちに台風が岸和田に上陸したとか・・・。
その割に静かだな。。。と思った瞬間、土砂降りの今です。。。

どうか、大事ありませんように。。。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

靭公園 MUSIC FESTA FMCOCOLO~風のハミング~ @靭公園センターコート特設会場 [LIVE記録(インスト、フリー、ブッキング等)]

さてさて、今年も行って参りました!!
もはや、大阪の秋の風物詩となった風のハミング!!

今年は憎たらしいくらいの秋晴れに恵まれましたよ♪

なんかさ、なんか、このイベントに似合わないんですけどーーー!!(笑)


2014年9月13日(土)

靭公園.JPG


今年の出演者は以下の通り。

スターダスト・レビュー
KAN
馬場俊英
杉山清貴
槇原敬之

豪華でしょ~??(*^^)v

オープニングアクトには、エリック・フクザキ君が登場!!
エリック君は、今年の栄ミナミ音楽祭で観てるんだ♪
あの時はカバーでスタレビの『追憶』を聴かせてくれたから、今回もそれを期待しんだけど、今回はKANちゃんの『すべての悲しみにさよならするために』だったんだよなぁ、、、(苦笑)
ま、これはこれで素敵な曲だよね。。。
今回エリック君が呼ばれたのは、結局そのあたりのつながりなのかなぁ??って勝手に想像(笑)

さて、ブログが追いついてないので、ちょっと端折って書くことにする(^^ゞ

オープニングはやっぱりこの三人、要さん、KANちゃん、馬場さんのステージから♪

1.Seaside Bound (カバー/ザ・タイガース)
2.靭のハミング
3.Hotel California (カバー/イーグルス)

このイベントのテーマソングでもある『靭のハミング』♪
KANちゃんがまさかの「スポーン」を忘れ、会場は爆笑!!
演奏を一旦ストップさせ、初めからやり直すというハプニング!!(爆)
いいねぇ、いいねぇ。こういうハプニングは大好物だよ☆彡
「ラストのピアノの音まで聴いて」って言ってるのに、我慢できないオーディエンスたち(-_-;)
『Hotel California』では出演者が全員集合!!

そして、個々のステージへと→→

ますは馬場さんから♪

4.今日も君が好き
5.スーパーオーディナリー
6.金曜日の天使たち

『スーパーオーディナリー』はKANちゃんとマッキーも参加。
ん~、やっぱ竹善さんじゃなきゃヤダーー!!(;´Д`)
と、ここで、このメンツなのに竹善さんがいないことにかすかな違和感を感じたり(笑)
なんか居てそうでしょ??(笑)


2番手はKANちゃん♪

7.REGRETS
8.東京ライフ
9.ときどき雲と話をしよう
10.よければ一緒に

『REGRETS』は馬場さんと♪
『東京ライフ』はマッキーと♪
そして、『ときどき雲と話をしよう』では杉山さん、スタレビも加わって、馬場さんはグロッケンを担当していたよ♪
このグロッケン、KANちゃんがこの日のために購入したのに、KANちゃんは叩いたことがないんだとか(笑)
『良ければ一緒に』は、曲の入りがミディアムなんだけど、いきなり手拍子を始めたオーディエンスに「最初は手拍子なしで!!」と注意する場面も!!
そうやで、そうやで!なんでも手拍子したらええってもんちゃうで~!!
良く曲を聴いてや~!!


休憩を挟んで、ステージには杉山さん、スタレビ、KANちゃん、馬場さんが登場!!

11.大都会(カバー/クリスタルキング)

フルコーラスではなかったけど、ややモノマネも入った『大都会」♪
懐かしすぎてウケる~!!(笑)
杉山さんの声はやっぱすげぇや☆彡

そして、そのまま杉山さんのステージへ☆彡

12.さよならオーシャン
13.Livin' in a Paradise
14.最後のHoly Night
15.君のハートはマリンブルー

『Livin' in a Paradise』はあまり記憶にない曲だけども、それ以外は往年の名曲たちにテンションが上がる!!
『最後のHoly Night』は馬場さんとのセッション♪
そしてそして、アタシの大好きな『君のハートはマリンブルー』も唄ってくれたのです!!
この曲はKANちゃんとスタレビと一緒に♪

16.Alone Again

そして、『風のハミング』と言えばこの曲!!
この曲を唄うと土砂降りになるというジンクスがあったのだけど、去年あたりから降らなくなっちゃって、演者もオーディエンスもなんとなく物足りなさを感じていたりして(笑)
要さんもなんだか残念そう(笑)

これも恒例となった要さん、KANちゃん、馬場さんが展開するコント♪
この流れは・・・来るな( ̄▽ ̄)

そう、シークレットゲストが登場する前触れなのだ!!
ヨン様の姿をした馬場さん。
冬ソナのあの名曲のイントロが流れる・・・

「ん?」

この声は??

めちゃくちゃネイティブなハングルで唄われる『最初から最後まで』♪
ホンモノが出てきたのかと思えば、なんとK君が登場!!
開場がどっと沸いたよ~♪
今回のシークレットゲストはK君だったのでした☆

17.641

K君は去年?今年?兵役を終えたところなんだけど、兵役についていた時のことを歌にしたのが、この『641』という曲。
意外にもカラッとした曲だったように思う。


続いてはマッキーのステージ♪
だいぶ陽も傾いてきていて、風がとても心地よい♪
この感じが大好きなんだ~☆彡

18.ANSWER
19.もう恋なんてしない
20.四ツ葉のクローバー
21.世界にひとつだけの花

『もう恋なんてしない』は要さんとのコラボだったんだけど、正直、マッキーだけで聴きたかった、、、(;^ω^)
なんか、二人のハーモニーがあんまり合ってない気がしたんだよねぇ、、、
『世界にひとつだけの花』は皆で振付ながら唄ったよ♪
みんな普通に踊れるから、これは本当にすごいことだなぁ・・・って思った。


休憩を挟んではいよいよトリのスタレビのステージ♪t
太陽はもう完全に沈んだマジックアワー♪

22.昔話を繙くように
23.Magic〜手をつなごう
24.ブラックペッパーのたっぷりきいた私の作ったオニオンスライス
25.今夜だけきっと

『昔話を繙くように』はKANちゃんが製作に参加したってことで、KANちゃんと♪
で、この曲の時だったかなぁ??
オーディエンスが手拍子を初めて、要さんが「お客さんの手拍子がうるさい!!」って(爆)
いやぁ、気持ちよかった~~!!
やっぱさ、曲の世界観ってあるやん??
アタシは常々思ってるけど、オーディエンスはもっとちゃんと曲を聴かなきゃいけないよね??
手拍子するような曲でしないのは気にならないけど、手拍子のいらない曲ですると、世界観を崩すからね(;´Д`)
要さんみたいにはっきり言ってくれると、スッキリして良い!!
で、隣のご夫婦の会話が聞こえてきてね。
旦那さんがスタレビを知らないって言っていて、奥さんが「聴いたら絶対知ってるって!」って言ってるんだけど、何気にマイナーな曲が並んじゃって、それがなんだかお気の毒で、、、(笑)
『今夜だけきっと』はさすがに知ってると思ったら、それも知らないらしく、、、じゃあ無理よね??って密かに苦笑、、、(^▽^;)
で、この『今夜だけきっと』はマッキーとのコラボだったんだよ♪

さてさて、ライブも佳境!!
ここからのステージは圧巻だった☆彡

26.ボーイズ・オン・ザ・ラン
27.どんなときも
28.ふたりの夏物語
29.愛は勝つ
30.愛の歌

それぞれの代表曲を間髪入れずどんどん唄っていってくれて、大興奮!!
こういうの、ホントたまんねぇ~~!(^^)!
いやぁ、最高に盛り上がったねぇ~♪
でも、この演出は今回が初めてなんじゃないかなぁ??
これ、いいよ!これから毎回やって欲しい!!

31.靭のハミング
32.家路(ドボルザーク)

最高に盛り上がった後は、再び『靭のハミング』でスポーン、スポーン♪

いよいよクライマックス!!
丸いステージをぐるぐる回りながら、ドボルザークの『家路』をハミング。
何度観てもシュールな光景(爆)
一人、また一人と消えていき、ステージには要さん、KANちゃん、馬場さんだけが残る。
最後のあいさつをすると、今年の風のハミングも盛大に盛り上がって終了となったのでした♪


やっぱり最高に楽しいイベント☆彡
聴かせるところは聴かせて、ふざけるところは全力でふざけて。
だけど、どのシーンもちゃんとお客さんを楽しませてくれるんだよね♪
バカな大人がかっこいい☆彡
来年もまた絶対参加したいな~!!


最高に気持ちの良いライブをありがとう~♪
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

朝日新聞 チャリティーコンサート 2014 ~空はみんなとつながっている~ @フェスティバルホール [LIVE記録(インスト、フリー、ブッキング等)]

随分と過ごしやすくなってきて、今日なんかは北側と南側の窓を開けて風と通していたら寒いくらい。
夕方には空一面が夕焼けに染まり、圧倒されました。。。
モーレツな秋に、アタシの心が悲鳴を上げております。。。(^▽^;)

秋・・・好きなんですよね。
たまらなく切なくなる感じが・・・(笑)
そういう意味では、″M″なのかもしれません、、、

さてさて。
9月の初めの話です。
チャリティーイベントに馬場さんが参加するってことで、なかなか急なお話だったけども、スコーンと予定が空いていたので、ピュッとチケットを取ったらアナタ!!
想定外の最前列!!(^▽^;)

ってことで、ゆる~い気持ちで参加してましたのん♪

でも、フェスへ向かうその前に、うちの人が「折角やから見ておきたい」と言うので、道頓堀へ立ち寄ったのです。

グリコ.JPG

期間限定の綾瀬はるかちゃんのグリコ看板(笑)
うちの人、別に綾瀬はるかちゃんのファンではありません。
ただ、「期間限定」という言葉に弱いだけ(苦笑)
彼の本命はガッキーだったりするのです。。。( ̄▽ ̄)

ってことで、ちょいっと寄り道をして、いざ、フェスティバルホールへ→→

2014年9月7日(日)

チャリティーライブ.JPG


席に座ると、完全に馬場ヘッズにり囲まれていて、その温度差の違いにアウェイ感を感じるアタシたち(爆)
いたたまれない思いで開演を待っておりました。

今回のイベントの出演者は次の通り。(登場順)

human note.
夏川りみ
山田雅人
馬場俊英

馬場さんと山田雅人さんがイベントのホスト役として大活躍!!
馬場さん、緊張しているのか、なんとなくギクシャクな感じだったけど、ふたりであったかいムードを作っていましたよ♪

最初に登場は寺尾仁志さん率いるhuman note。
総勢300人くらいいるコーラスグループ・・でいいのかな?
この日は大体130人くらいのメンバーの方が参加されていた。
でね、この”human note”という名前をどこかで聞いた気がしていたのですが、寺尾さんの口から「広沢タダシ」という名前を聴いて「ああ!」となったわけです!!
最近一緒に楽曲を製作しているみたいで、広沢君と作った曲を聴かせてくれました。
メロディにはばっちり広沢君のエッセンスが入っておりましたよ。。。
100名を超える人たちの唄は迫力がありました。
みなさん本当に楽しそうに唄われていたのが印象的でした。

次に登場は夏川りみちゃん!!
りみちゃんのライブを観るのはいつ以来かなぁ??
「風に吹かれて2007」以来かな??
変わらない、のびやかな心地よい唄声は安心して聴いていられます。
『さようなら ありがとう』が聴けたらいいなって期待してたんだけどね。。。
『涙そうそう』が聴けたからいいか♪

そしてそして、山田雅人さんのステージ。
山田雅人さんと言えば、アタシの中では「おはよう朝日」の山田君のイメージしかなくて。
なんでも、今はスポーツ選手の生き様を聞かせてくれる「語り」が注目を集めているそうで。
今回も、目の不自由なあるラガーマンのお話をしてくれましたよ。
最初、それにどういうマインドで向き合ったらいいのかわからなくて戸惑ったんだけど、気づいたときにはその話に引き込まれていたの。
時々クスっと笑えるジョークを挟みながら、気持ちのこもった熱い語りでした。
そして、最後にユーミンの『NO SIDE』をBGMに、そのお話の主人公のスライドを流すわけですよ。
びっくりしたことに、アタシ、気づいたときには泣いてました、、、
ノンフィクションでこれだけのお話を作って聞かせる・・・
山田雅人さんの人への興味の持ち方とか、愛情の深さを見せつけられた気がしました。

で、トリを飾るのが馬場俊英!!
サポートでBABIさんも来てくれていました♪

◆セットリスト
明日の旅人
右と左の補助輪
最後まで
スタートライン~新しい風

チャリティーライブということもあってか、とても優しい曲が並んだ印象。
『右と左の補助輪』では、鼻をすする音があちこちから聞こえてきてましたよ。
『スタートライン~新しい風』はhuman noteとコラボレーション!!
分厚いコーラスに、いつもよりも重厚感を感じたのでした。
ゆったりと聴きたいと思っていたので、ちょうど良い感じのセトリでした♪

最後はオールキャストで『翼をください』を!!
ステージ上は大変なことになってましたね(笑)。



いつもはなかなか観る機会がない人たちのステージを観れたりして、とても新鮮な気持ちが感じられたイベントになりました。

ありがとう~♪
タグ:馬場俊英
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

たけしとうたこ生誕祭2014~京都編~ @SOLE CAFE [東京60WATTS/LIVE記録(ワンマン)]

9月の間に溜まったものをすべて綺麗にしたかったのに、、、
もうキンモクセイの香りが漂う季節なのに、まだ夏のことを書いているのです、、、

いつ以来かな??
久しぶりに京都はSOLE CAFEにたけし君のうたを聴きに行って来たよ~(^^)/


2014年8月30日(土)

sole cafe.JPG


そしてそして、開演前に久しぶりのパスタをいただいたのです♪


sole cafe パスタ.JPG

ベーコンと枝豆のトマトソース


ここのパスタは本当に美味しいのです!!
パスタの茹で加減はまさにアルデンテ!!
ソースは素材の味をしっかりと残しつつ、それでいてピリ辛!!
ボリュームも結構あって、大満足なのです♪
ビールが写りこんでいるのは見なかったことにしていただいて・・・(笑)
とってもおいしくいただきました☆

お腹が満たされた後は、たけし君のライブ♪

一人、ふらっと姿を現すと、ギターを構え、軽く爪弾きつつ、マイクの前で何度も深呼吸して、「緊張する・・・」とボソッとこぼした。
今まで、たけし君のそんな姿、あんまり見たことなかったなぁ・・・。
だけど、緊張するほどちゃんと演ろうと思ってくれているのかと思うと(爆)、うれしくなってきたし、そんなたけし君がちょっぴりかわいらしかったの♪

◆セットリスト
1.夏の前日
2.8月のベースボール
3.サマータイムブルース
4.夏は終わりぬ
5.うちわ風
6.夕焼け
7.その日暮らし

東京60WATTSのナンバーがズラリ!!
たけし君としても、夏の曲をそろえてきてくれたみたい。
「8月にしか唄えない歌」って言いながら爪弾くイントロに興奮!!
友達の大好きな曲で、お喜びかと思ったらまだ気づいてない(^▽^;)
やや遅れて「ああ!!」って、頭上に電球が光ったのが見えたよ(笑)。
『8月のベースボール』って、アタシ過去にライブで聴いたことあったっけかなぁ??
そんくらいレアな1曲なのです(´艸`*)
たどたどしいギターが、これまたたけし君らしくて微笑ましい(笑)。
『サマータイムブルース』もワッツらしい大好きな曲♪
そして、『夏は終わりぬ』♪
ものの見事に夏が終わっていく淋しさとか切なさを表現した、抒情的な詞が大好き☆

ここまできて、カツミ君が登場!!
今回もパーカッションで参加してくれたのです♪

『うちわ風』の「デュワ デュワ」も、もう恥ずかしくなくなったのかな??
前は「恥ずかしい」って照れながらコーラスしてたもんね(笑)。
そしてそして・・・ここで来ましたよ、『夕焼け』f!!
これねぇ。。。ちょっと気負い過ぎていっぱいいっぱいになってる人に是非聞いてほしい1曲なんだよね。
良い意味で開き直れる、優しい曲なんだよ。。。
前編ラストは、お約束の『その日暮らし』♪

ここで休憩が入るのです。

そして後編。

◆セットリスト
1.わかってる
2.つむじ
3.(仮)朝の音楽
4.僕と君のうた
5.さよなら東京
6.60Wの灯りの下で
7.だんだん
EN.宝物

後半もまずはたけし君だけのステージ♪
いきなりの『わかってる』で、動けなくなったよ。
まさかの・・・でした。
この曲に弱いのよね。
そうだなぁ・・・これね、千綿さんの『正体』みたいなテイストを持った曲。
ま、ただもともとはイチローが出演するCMソング用に作ったから、二人称の詞にはなってるんだけどね。
だけど、うん。。。「君」と言いながら自分に言い聞かせてるような気がするんだ。。。
自分と向き合いながら、自分をちゃんと認めてる・・・そんな詞がめちゃくちゃ胸を揺さぶってくるのよね。
それでいて、とても優しい。。。
心震えた後は、かわいくて切ない『つむじ』にキュン。
そして、新曲。
タイトルはまだ仮で、『朝の音楽』♪
ん~、どんな曲だったかなぁ??
確かね、たけし君らしい穏やかな優しい曲だったような気がするんだ。。。
あ、たけし君をよく知らない人からしたら「穏やか」とか「優しい」って表現はピンとこないのかな??(笑)
でもね、たけし君はああ見えて、とても穏やかで優しくてあったかくて、綺麗な詞を書く人なんだよ( *´艸`)
次の『僕と君のうた』も優しいラブソング♪
前にも一度聴かせてもらったことある(^^♪
随分前に作った曲なんだけど・・・あ、そうだ!!
「曲を作って相方に渡したら、素晴らしい曲になって返ってくるんです」って言ってたな。
相方はもちろん琢雄君ね♪
で、この『僕の君のうた』もずいぶん前に渡してるんだけど、まだ返ってこない・・・みたいなこと、ぼやいてたような・・・(笑)
そんな話がなんだかうれしかったりもするのです♪
そして、このあたりで再びカツミ君が登場したんだったかな??
胸にぐっとくる『さよなら東京』と『60Wの灯りの下で』♪
なんかね、なんか・・・やっぱり胸にくる。
本編ラストはうたちゃんへの想いを綴った『だんだん』♪
今回のライブは「たけしとうたこ生誕祭」だからね(^_-)-☆
もうつかまり立ちするって、嬉しそうに笑ってた。
すっかりパパになっちゃって。。。
ワッツを演る時は、あのやんちゃなたけし君のままでいてよ!!(笑)

アンコールは『宝物』♪
これも新曲なんだけど、これはファンへの想いを歌にしてくれていて、アタシはそれがうれしいのです(´艸`*)


久しぶりのSOLEで、久しぶりのたけし君のライブ♪
東京60WATTSの曲もいっぱい唄ってくれてうれしかった☆彡
とてもほっこりした夜になりました。
ありがとう☆彡


ライブ終了後、さりげなくマスターに忍び寄るアタシ( ̄▽ ̄)
ムフフな話にムフフな反応。
やっぱりね、大切でしょ?? ″根回し″って・・・(笑)
なんとなく、「いけそうな気がする~~!!」とか思いながら、ムフフな気分で、たけし君が出てくるのも待ってやらないで、サクッとお店を後にしたよ♪


さて、そろそろ東京60WATTSも新しい作品が出てきそうだよね??
「活動再開」なんて、うれしい報告を今か今かと待っておりますよ。

今度こそ、今度こそ会うときは「東京60WATTS」として会いたいです♪
楽しみにしてるからね~(^^)/
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽