So-net無料ブログ作成
検索選択

『アイブミ~Love Letter~』が待ちうたに!! [千綿偉功♪]

「待ちうた」って知ってる??

知らない・・・。

だろうね(笑)


千綿さんに、『アイブミ~Love Letter~』がレコチョクの待ちうたに追加されてるよってことを教えてあげたら、思った通りの反応で、、、(;´∀`)
と言うか、″待ちうた″を知らないから、反応できなかったみたいで(笑)
あれってアー側には連絡いかないんだね~。
でも、千綿さんが働きかけたんじゃないとすると・・・??
ムフ~♪( ̄▽ ̄)


そうなんです!!
レコチョクの待ちうたにラインナップされてたのです!!

千綿偉功の

『アイブミ~Love Letter~』

が!!!

見つけた瞬間、うれしくって速攻で設定したよ(*^^)v


あ、千綿さんみたいな知らない人(笑)の為に「待ちうた」をちょいっと説明すると・・・

電話の呼び出し音(トゥルルルr~ってあれ)を好きなメロディに設定できる有料サービスね。
電話をかけてきてくれた人には嫌でもその曲を聴かせちゃうことが出来るのです!!
設定方法はそれぞれの会社で違うかもしれないから、確認してくださいね♪
あ、もちろんガラケーにもあるサービスだからね!!(爆)

音が良くないのが玉に瑕なんだけども、でも、その曲を知ってもらう良いきっかけにはなるよね??(笑)
みんなが設定したら、なかなかのプロモーションになると思うんだなぁ~(^^)/

実際、アタシの電話にかけてきたツレが、開口一番「今の誰??」って訊いてきたもん!!( ̄▽ ̄)

ってことで・・・。
アタシのiPhoneに電話をかけてくれた人には、もれなく『アイブミ~Love Letter~』を聴いてもらっています。
ちょっとでも長く聴いてもらいたいって気持ちが働いて、もしも電話に出るのが遅くなっていたとしたらごめんなさい(´艸`*)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

チワガシタヒデユキ 七夕Special~天の川で逢いましょう~其の弐 [千綿偉功/LIVE記録(ワンマン)]

今年もやってきましたよ!!
文博の季節が!!(って、20日も前の話やん・汗)
今回も昨年に引き続き、松ケ下宏之さんとのユニット、チワガシタヒデユキでのライブとなったのです!!

2014年7月6日(日)

今年はね、千綿さんのハコライブを初めて観る(過去インストで見たことが1度だけある)お友達をお連れしての参加だったから、変な緊張感があったのですよ、、、
彼女も例にもれず耳が肥えているし、自分の「好き」にブレがない人。
良いものは良い、良くないものは良くないって遠慮なく言ってくれる人なのです。


さてさて、今年の千綿さんの短冊だけど・・・

短冊1.JPG


やだ!なんだかワクワクしちゃうなぁ。。。
そして、やっぱり・・・

短冊2.JPG


せやね~??そうなるよね~??(笑)

ってことで、開演ですよ!!ドキドキ・・・
お友達にはどんな風に千綿さんの歌が届くのだろうか??


二人そろってステージに登場すると、いきなりロックに決めてくれましたよ!!
『モザイク』からまっちゃんのロックな曲。
そして、二人でギターをかき鳴らしての『流星』!!

おっと、今日はロックな感じでガンガン攻めてくれるのかしら??と思いきや・・・

この日は雨が降ってたんだよね。それも結構激しいやつ。
だから『rain』がはまるのです。。。

千綿さんの唄を聴きながら、アタシは友達の気配を探っていたよ。
アタシはある程度友達の好みも知ってるから、千綿さんが何を用意してきてくれたのか、とにかくドキドキしていた(笑)

まっちゃんのソロステージはしっとり系2曲。

それに続いての千綿さんのソロステージは、ホッコリ系2曲。
『あなたに逢いに行こう』はやっぱり七夕を意識してのなのかな??
一言一言、とっても丁寧に唄ってくれたね♪
そして、ふんわりさわやかな風を感じる『君がいた景色』。
こないだは「彼女との思い出を歌った曲」とか言ってたのにね(笑)
千綿さんの優しく響く低音と、にっこり笑顔にとってもあったかい気持ちになるのです。。。

さて、まっちゃんがステージに戻ってきて、今度は交互に二人の曲を聴かせてくれたよ♪
今回ね、場所の問題もあるのかもしれないけど、まっちゃんの声が聴き取りづらくてね、、、
滑舌の問題なのかはわからないんだけど、歌詞が全然わかんなかったんだよ~(泣)

文博は本当によく響くハコだからね。
千綿さんの口笛の上手さがより際立つのです!!
でも、『それが僕に出来ること』・・・に「違うねん!」って思ったのは事実。
何が違うかと言うと・・・。
「その曲では友達のハートを掴めない!!」ってこと。
曲が可愛いすぎるのよねぇ。。。
彼女はもっと大人のラブソングだったり、人間臭い曲を好むから。
前段の流れからいっても、ここはそれじゃない!!(笑)

って言っても、それはこっちの勝手な話だからね、、、仕方ないよね(^^ゞ

いつくるか?って思ってた『モノクローム』。
やっぱり好きだな。この曲。。。
未だにちゃんと咀嚼出来てないけど・・・だから良いのかもしれない、とか思う。

で、ですよ!!
こっからはロックに攻めるわけで、お客さんもスタンダップ!!

新曲2曲がもうね、アタシのどストライクな感じで!!
1曲目は『Safe?』♪
気持ち悪いって思う一歩手前のメロディーラインが妙にカッコよくて。。。
こういうのって、じわじわくるんだよねぇ~♪
これ絶対まっちゃんが作った曲だ・・・って思ったよ。
2曲目は、ファンキーなメロディーにニヤニヤして、どんどん興奮してくる自分を感じた。
でもね、途中でなんとも言えない気分になったんだ。。。詞がねぇ。。。
「これ、絶対千綿さんが作った曲だ!」って思った。
だって、聴いてて気持ちが良いんだもん♪
「間違いない!」って思ったらやっぱりそうだったんだよねぇ。。。
『ふたりのMlkyway』。意味深(笑)
こういう曲、待ってた!!ありがとう!!

密かに熱く興奮しているアタシだから、『Cry』もノリノリな感じで(笑)

盛り上がったあとは、平和を願っての『変わり往く世界で...』で。

もちろん間にまっちゃんの曲も入っていて。
千綿さんがギターとコーラスで参加してたんだよ♪

まっちゃんが今年も言ってた。
「唄う人のギターは良いんです。」
それって、唄う人の気持ちがわかるからなんだろうなぁ。。。
どう来たら唄いやすい・・・とかね♪

いよいよアンコール♪

まずはまっちゃんの曲を皆で唄って、オーラスは『星降ル夜ニ』♪
とっても簡単な優しい曲なんだけど、去年はこの曲に泣かされたっけ(;'∀')
今年は大丈夫・・・だったけど、やっぱりちょっと胸にくるものがあったな。。。
弱いんだよね、この曲に。。。

終わったよ。今年の七夕ライブ。。。
ライブ後は気持ちを残さないように、すぐに会場を後にしたんだ。

で、ライブの友達の感想。
「千綿さん、ロックな方がいいね」
そして、『君がいた景色』と『変わり往く世界で...』を「良い曲だった」って褒めてくれたよ♪
九州出身だからね、『君がいた景色』を唄う前に話してくれたことがすごくよくわかるんだって。
遊びに行くって言ったら海だったり、線路が廃線になっていったりとか、、、
郷愁を感じながら聴いてくれてたんじゃないかな??

さて、こっからが本番!覚悟!!(爆)

「清廉潔白な曲が多いね。そういうのは数曲でいいよ。もっと年相応のラブソングとか、人間臭い曲を聴きたい!今日のでは心掴まれへんかった。わかるやろ??」
まっちゃんからの流れもあって、余計にそう感じたらしい。

「わかるやろ??」って、、、(;^ω^)

アタシがわかってるってことをわかってたってことなのよね。。。
それはそれですごいよね。お互い。

アタシは静かに「はい、、、」って言うしかなかったよ(;^ω^)
うん。確かに、聴いてる方も体力使うようなドカーン!!とくる曲はなかったもんなぁ。。。
これが歯痒いところやねんなぁ。。。いろんな色を持ってても、その一部しか観てもらえないからね、、、
やっぱワンマンくらいのボリュームがないとなぁ、、、
ライブ自体はとても良いものだったし、「上手い」ってことは認めてくれてるのにね。
ただ、この時のセットリストが彼女には甘すぎた、、、
アタシみたいに何度もライブを観てる人間は「今日はそんな気分なのね?」とか、「七夕だから優しいセトリ?」って理解しちゃうんだけど、初めての人はやっぱり自分好みの曲がドカンッとこないとなかなかねぇ、、、
『それが僕に出来ること』、ここやったな。
ここを『作りかけのラブソング』か『魔法のことば』にしてたら、またちょっと違った感想になってたかも??
あと、『証』ね。彼女にとったら、この曲は波動砲並みの威力があるから・・・(笑)
ま、これも巡り合わせよね??しゃあない、しゃあない。

まあ厳しいことも言われたけど、「バンドで聴いてみたい!」とも言ってくれたんだよ!!
さすがに東京までは来てくれないけど(笑)、関西でワンマンなら来てくれそうな感じだし、まだ繋がってる♪
京阪神でワンマンやってくれたら絶対に連れていくから!!

にしても、″清廉潔白″には色んな意味でウケたなぁ~( ̄▽ ̄)


さて。
次はバンドでチワガシタヒデユキだね♪
あの曲をバンドで??
想像しただけで燃えてきちゃうぞ、コノヤロ!!
オールスタンディングってのはやや不安だけども、きっとすごい夜になる。
もう今から楽しみでしかたがなのである。。。



★セットリスト(千綿さんのみ)
モザイク
流星(チワガシタヒデユキ)
rain
あなたに逢いに行こう
君がいた景色
それが僕に出来ること
モノクローム
Safe?(チワガシタヒデユキ・新曲)
ふたりのMilkyway(チワガシタヒデユキ・新曲)
Cry
変わり往く世界で...
EN.
 星降ル夜ニ(チワガシタヒデユキ)

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

千綿偉功 & 大橋タカシ MUSIC LIVE @ゼスト御池 河原町ステージ [LIVE記録(インスト、フリー、ブッキング等)]

1年ぶりのゼスト御池。
あのフリーライブらしからぬ熱いライブを見てからもう1年。
早すぎて焦るわ(;'∀')
でもね、横浜ベルズのワンマンからのこの1か月はかなり長く感じてたのん。
首を長~くして、待ってましたよ~ん♪


2014年7月5日(土)

地下鉄の改札を抜け、ふらふらと歩けば、会場はもう目の前!!
物販の席には、ギターを抱えた千綿さんが座っていた。
「お久しぶりです。お元気でしたか?」
なんて、照れ隠しに敬語を使ってのご挨拶(*ノωノ)
目が開いてない千綿さんに、「えらい眠そうな顔して。。。」って言うと、「今日、寝てないんだよ~」って。。。
ありゃりゃ、大丈夫かいな(;^ω^)

ステージでは大橋君がギターのセッティングをしていて、しょーもない話でひと笑いして、リハーサルを待つ♪

そうそう、今回は大橋タカシ君と一緒のフリーライブだったのです!!

大橋君のリハーサルに続いては千綿さんのリハーサル♪

客席側からステージに向かって音のチェック。
ギターやマイクの音の調整。
そして、まず聴かせてくれたのが『ゆりかご』♪
ずっと目をつむって唄ってたよ。自分の音を確認している感じだったな。。。
リハなのに最後の♪ララララ ラララ~までガッツリ♪
続いて『Butter-Fly』も珍しくフルコーラスだったんじゃないかな??
ん~、やっぱちょっと体が重そうな感じがしたね。
でも、声の出は悪くはない感じ♪


まずは大橋君のステージから♪
セットリストはわかんないけど、ポップな曲や、しっとりとした曲、そして、ちょっぴりファンクな曲なんかもあって、バラエティに富んでてよかったんじゃないかな??
ま、でもぐっと惹きつけられるものは感じなかったな、、、
人柄はとってもよいお兄ちゃんなんだけどね(笑)


そして千綿さんのステージ♪

◆1st..セットリスト
1.カサブタ
2.枯れない花
3.この声が聞こえますか
4.アイブミ~Love Letter~
5.Dear~愛する君へ~

まずは目覚ましに『カサブタ』で盛り上がる♪
そして、フリーライブと言えばこの曲!!『枯れない花』♪
声が出てないわけじゃないんだけど、まだ温まってなかったのかな??
いつもならマイクオフで聴かせてくれるところ、オンマイクだったね(笑)
完全なフリーライブ仕様のセットリストだったけど、とってもあったかいステージだった☆彡
大橋君がずっと「千綿兄さん」って言うから、「歌のお兄さんみたい」って照れてたっけ。
でも、〝敬愛する千綿兄さん″なんて慕ってくれて、なんだかうれしそうだったし、アタシもうれしかった★



◆2nd.セットリスト
1.モザイク
2.逢えない夜を越えて
3.友よ
4.Butter-Fly
5.陽のあたる場所へ

おや?いよいよエンジンかかってきたみたいで(笑)
フリーライブで『逢えない夜を越えて』って珍しいね。
つか、最近よくこの曲を歌ってる気がする。
なんかそんな気分なのかな??
そして、最近は『友よ』や『Butter-Fly』、『カサブタ』をフルコーラスで聴かせてくれることが多くなったね♪
カットされるのが好きではないアタシとしては、うれしい限りなのです☆彡
最後はあったかい『陽のあたる場所へ』♪
ラストサビ前のOh~がね、あの声がね、大好きなの♪
なんか爽快で、胸がすっきりするんだよねぇ。。。

そして、大橋タカシ君が登場!!
二人でサザンの『真夏の果実』をセッション♪
1年前にタイムスリップしたみたいだったね。。。

予定ではここまでだったんだけど、オーディエンスからのさらなる要求で、再びステージに現れた二人。
「もうギターを片しちゃった・・・」ってことで、アカペラで『上を向いて歩こう』をワンフレーズ聴かせてくれたよ(^^♪
わがままなリクエストに応えてくれてありがとう★
とっても楽しくてあったかいステージでした♪


ライブ後は久しぶりの友達がいたから、一緒にCD販売の列に並んだよ。
着替える暇がなかったってことでタンクトップでサインしてる千綿さんに、「ランニングやし、、、」って突っ込んだら、「ランニングて、、、タンクトップって言って!!」って逆に突っ込まれる始末、、、(-_-;)
無意識に出た言葉だけに恥ずかしい、、、


そう、それで、今回は大橋君のシングル「サイン」を連れて帰ってきたよ♪
もう何度か顔を合わせてて、良い奴だし(笑)、1枚くらいあってもいいかな?って思ってね。
これが結構良い作品で。。。
やっぱりバンド向きなんだよねぇ。。。
大橋君の声に、前にライブを見て感じたことと同じことを感じたよ。



さて、なんとなくまっすぐ帰りたくないアタシは、友達と京都の町へ繰り出すのです。
「和」を欲してて、直感を頼りに入ったお店は、趣のあるええ感じのお店★
お料理もおいしくて、極力さけている日本酒に手を出してしまったのでした。。。


その後、まさかあんな目に遭うとは、誰が予想したでしょうか??(;´Д`)

あ、言っとくけど、泥酔系ではないから!!(爆)
酒の飲み方は心得てございます。。。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

馬場俊英 CLIMAX BAND LIVE 2014 @大阪城音楽堂 [馬場俊英/LIVE記録(ワンマン)]

数日前に夏風邪を拾ってしまったアタシ、、、

薬局のおばさんに勧めてもらった″早めのコルゲン″で叩いてやったから、大事には至らず、、、

それでも喉に痛みを残しつつ、今回のツアーでは最初で最後の参加となった大阪野音にやってきたよ♪

2014年6月28日(日)

大阪野音20140628.JPG


馬場野音と言えば、青空がお決まりだったのに、前回あたりから様子がおかしい、、、(^▽^;)
前回の野音は2年前??
あの時も雨が降り、カッパを着用してのライブだった。
そして、今回も雲行きが怪しい、、、
雨に濡れたら治りかけの夏風邪が・・・とか思ってたら、ライブが始まったよ♪

♪セットリスト
1.風になれ
2.青い風の招待状
3.ただ君を待つ
4.思い出のレストラン
5.金曜日の天使たち
6.向かい風は未来からの風
7.ラストフライト
8.スタートライン~新しい風
9.青空
10.幸せのウェイティングリスト
11.いつか君に追い風が
12.ラーメンの歌
13.平凡
14.野蛮人になって
15.最後まで

EN1.世界中のアンサー
EN2.いちばんぼしも遅刻中
EN3.ひとつだけ
EN4.弱い虫
EN5.ボーイズ・オン・ザ・ラン


ライブは『風になれ』でさわやかに始まった。
イントロ聴いてそわそわするも、なかなかタイトルが出てこない『青い風の招待状』♪
この曲を聴くのはずいぶんぶりだね。
ファイティングポーズのツアー以来じゃないのかな??
馬場さんらしいメッセージソングが心地よい。こういう曲が好きなんだよなぁ。。。
そしてそして、本家の『ただ君を待つ』!!(笑)
イントロのアレンジがなんだか新鮮だったなぁ。。。
「本家の」って書いたのは、こないだ千綿さんがライブでカバーしたから。。。
アタシはそのライブを観れなかったんだけど、馬場さんの唄を聴きながら、どんな感じだったんだろうなぁ??って、ちょっとだけ想像しちゃった(#^.^#)
『思い出のレストラン』はたぶんどっかで一度聴いてるよね??
うっすら記憶がある気がするし、未音源化の曲ってことは・・・そうだよね??
新曲の『金曜日の天使たち』はポップなやさしい曲だったような・・・もう記憶が定かでは、、、
6曲演って、ようやく座らせてもらったよ。。。
『ラストフライト』はねぇ。。。
なんでだろ??初めて聴いたときほどの惹きこまれ方はしなかったんだよね。。。
なんか集中できなくてさ。
それでね。『スタートライン~新しい風』なんだけど、もう何度も唄って来てて今更って感じなのに、馬場さんが感極まってる感じがあったんだよね。。。
それが、なぜか「ん・・・??」って心に引っかかったんだよね。
後になって「そういうことだったのか。。。」と。。。
3曲座って聴いたら、『幸せのウェイティングリスト』でオーディエンスが立ち上がっちゃって。。。
「もうちょっと座らせて~~!!」って、心の中で泣きべそかきながら立ち上がったよ(笑)
それにしても、この時期に『幸せのウェイティングリスト』かぁ、、、
ん~、前も夏のツアーのセトリに組み込んできたよなぁ。
なんかね、季節感を大切にする馬場さんだけに腑に落ちないのよね(;´Д`)
気持ちも入って行かない。。。
『いつか君に追い風が』ももはや懐かしい感じがしたな。
こっからはどんどん盛り上がって行くんだけど、どうしてもアタシの心が周りに追いついていけないんだ。。。
取り残されてる・・・っていうのとはちょっと違う。
うん、、、ベクトルが違う方向に向いちゃってるんだよねぇ、きっと。

それでも風船を膨らませる時は楽しくて♪
いつも自分で膨らませることが出来なくて、旦那に膨らませてもらうんだけど、今回はバッチリ自分で膨らませれたよ(^^)v
空に舞い上がる無数の風船を見上げるのは、何度経験しても圧巻!!
これがなきゃ馬場野音じゃないんだよ!!
だけどね、この風船飛ばしも、会場側からは止めて欲しいって話があったんだって。
だけどキョードー大阪の方が「どんなところに飛んでも絶対回収します!」って頑張ってくれたんだって!!
風船飛ばしを守ってくれてありがとう☆彡

そして、アンコール♪
アンコール1曲目は『世界中のアンサー』♪
これも久しぶりだし、懐かしいよね。。。
なんだろ、ワーナーに移籍したときのことを思い出したよ。
波多江さんは元気かな??とかね。
アンコールでも新曲を聴かせてくれたけど、もうどんな曲だったか覚えてない、、、嗚呼、、、
オーラスはやっぱりこの曲、『ボーイズ・オン・ザ・ラン』♪

途中雨がパラリときて、カッパを着るシーンもあったけど、それもほんの一瞬で、天気も何とか持って、馬場さんも「暑すぎず、雨もそんなに降らないでちょうどいい天気」ってにっこりしてたよ(笑)

来年は20周年。
来年に向けて、いろいろ考えてることがあるって。
「いいね!」って言ってくれるスタッフもいる。。。
そんな馬場さんの話を聞いてると、勝手に想像してしまう。
ふわっとたまねぎの香りを感じたのはアタシだけじゃないはず!!
たとえ空席がいっっぱい出たとしても演るつもりなんじゃないか??
馬場さんならありえる!!
そんなことを強く思ったし、応援したいって思った!!
もしも、もしもそれが現実のものになったら、馬場さんが観る景色の構成要因のひとつになりたい!!

今回の野音自体はアタシがイメージしたものとはちょっと違ったけど、でも、そんな風に思える自分がいたのは事実。。。

ライブ後にアップされた「BABA VOICE」。
馬場さんの心を想像した。
見えないところで、どんなことがあったのかも想像した。
不安もあるし、心配もするし、想像しかできないから、とても心が軋んだ。。。
ここ最近のあれやこれや、ステージで時折見せた感極まる瞬間とかが頭ん中ぐるぐる回ったよ。
でもね、結局最後に思ったのは、「馬場さんなら大丈夫!!乗り越える!!」ってこと。
今はまだ音楽の方向性がアタシが望むものとは違うけど、応援する気持ちは変わってない。たぶん(笑)
だから、アタシは馬場さんを信じてますよ☆彡

ま、こんなヘッズがいてもいいじゃないか!!(笑)
タグ:馬場俊英
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

KOBUKURO LIVE TOUR 2014 ″陽だまりの道″ @大阪城ホール 2日目 [コブクロ/LIVE記録(ワンマン)]

期待に胸が膨らむ翌日。

生憎の雨の中、アタシは再び大阪城ホールにいた。


2014年6月4日(水)

今度はアリーナだ!!

お城でアリーナに下ろしてもらったのはいつ以来かな??

いつもならステージが組まれているであろうあたり。
ステージからも花道からも微妙な距離、、、(^▽^;)
まあ、ええ。まあ、ええ。
一応、正面(?)、ステージを見上げるのも今ツアーでは初めてのこと。


照明が落ち、SEが流れ出す。
バンメンが姿を現し、オーディエンスがスタンディングで二人を迎える!!
大阪城ホールのファイナルが始まったよ♪


続きを読む(以下ネタバレ)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽