So-net無料ブログ作成
検索選択

MUSIC BUSKER IN UMEKITA 2013.11.15 @グランフロント大阪 [LIVE記録(インスト、フリー、ブッキング等)]

秋ってやっぱりセンチメンタルになるよね~??
なんだか、とにかくラブソングが無性に聴きたくなった時があってさ。
そしたら、ちょうどアダっちゃんがGFOでストリートやるっていうじゃない??
だったら・・・買いたいものもあるし、ふらりと梅田へ行くのも悪くはないかと・・・。

2013年11月15日(金)

ストリートの前にロフトでお買い物を済ませて、現場にたどり着けば、既にライブは始まっていたよ。
ま、でも多分、まだ1st.ステージ??
丁度『異邦人』を唄ってる真っ最中。
その後唄ってくれたのが『Love is...』ってことで、ラブソングが聴きたかったアタシにはどストライク!!

これ以降のセットリストは次のとおり。

◆2nd.セットリスト
1.クリスマスキャロルが流れる頃には(カバー/稲垣潤一)
2.大阪エレジー(カバー/シャ乱Q)
3.ハルカトオクヘ
4.Stranger

◆3rd.セットリスト
1.僕のそばに(カバー/徳永英明
2.メッセージ
3.初恋泥棒

◆4th セットリスト
1.Winter song(カバー/キロロ)
2.恋に落ちて(カバー/小林明子)
3.Stranger

◆5th セットリスト
1.常套句(カバー/Mr. children)
2.Love is...
3.HEY!

◆6th セットリスト
1.ハルカトオクヘ
2.Love cycle
3.Don't stop the bus music
4.Stranger


タイムリミットぎりぎりまでガッツリ唄ってくれたよ~♪
だけど、一番最初のブレイクの時にちらりと声をかけに行ったら、何の脈略もなく、ちょっと弱気発言。
あん??アタシはそんなこといっさい気にもしてないし、ぶっちゃけどうでもいいんだけど??
ま、ちょっとそんな“心の声”的なものを吐くことで気が楽になるなら、それはそれで構わないんだけどね。。。(苦笑)
うん、、、アダっちゃん、ちょいちょい予防線張ったりもするし、わりと気弱なとこがあるんだよねぇ。。。

ま、そんなことはさておき、唄の方はええ感じやったよ~♪

『Love is...』は本当に聴くたびに味わい深くなってくよ。
完全なスルメソング。好きだなぁ。。。

でさ、やっぱり音確認で『愛のカケラ』を演るのよ!!
今回はワンフレーズ唄ってくれたんだけどさ、あのどや顔がなんか悔しかった!!(爆)
後で「どうせならフルコーラス唄って!!アタシが許す!!」って言ってやったわ!!
何の権限もないけど(爆)
ホントはね、ちょっとうれしかってん☆彡

新曲の『ハルカトオク』は、こないだのワンマンのブログで“『遠くまで』的な曲”って書いたんだけど、全然違ってた!!(滝汗)
大きな思い違いをしていたみたいだね。。。
うん、ポジティブなメッセージソングだったよ!!
ど頭の「少し♪」って入る音が、岡野君の『フォトグラフ』と一緒だから、毎回一瞬「んんっ??」ってなるんだよね(笑)
だけど、好きなタイプの曲であることは間違いね♪
唄い込んで、いろんな人に聴いてもらうことで、どんどん大きくなっていきそうな曲だよね??

そして、飽きるくらいの『Stranger』を!!(爆)

それで思い出したけど、最近の風潮なのかな??
みんな手拍子のテンポ、早くね??(汗)
アタシなんかは、ウンパン、ウンパンが染み付いてるから、慣れなくて、、、(汗)
最初からあんなテンポで叩いてたら、ココって時はどうするんだろう??
メリハリ効かへんやん!?って思うんだ、、、
ま、そもそも、アタシは元々そんなに手拍子をしないんだけどね。
集中して聴きたいときは、ポップな曲でも手拍子しないもん!!(笑)
手拍子より、身体揺らしてる方が好き~♪

でさ、ふとギターの音に「っ!!??」ってなったの!!
あれ?このざらつきつつも煌びやかな音色は・・・??って。
アダっちゃんのギター見たら、新しいギター抱えてて。
この音色で、そのピックガードの形は・・・テイラー??
ネックにはチューナーがついててロゴが確認出来ないの。。。
ずっと「テイラーだよなぁ??」って思いながら聴いてた。
で、本人に確認したら、やっぱりテイラーだったよ☆彡
やっぱり、アタシ、テイラーの音が好きみたい♪



うん、そうね。
全体的に、ニューアルバムを中心としたセットリストやったね♪
当たり前か??(笑)
でも、本音を言うと、『You』とかも聴きたかったんだけどな。。。
カバーよりもオリジナルをもっと唄って欲しいんだよなぁ。。。
人の曲に頼らず、オリジナル曲でお客さん惹き付けようぜ!!
なあ?せやろ??(笑)


ちなみに、「アダっちゃんの唄を聴くために来た」って言ったのは、ホンマやでぇ♪

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

「Lithograph」発売記念・ミニライブ&サイン会 @タワーレコード梅田NU茶屋町店 [LIVE記録(インスト、フリー、ブッキング等)]

出たよ!出たーーーー!!
 
岡野宏典、5年ぶり2枚目のアルバム「Lithograph」が!!
「作ります」って聴いてからどんだけの月日が経ったんだ~~??(笑)
いやぁ、お待たせされました♪

で、その発売記念のイベントに参加してきたよ♪


2013年11月9日(土)

今回は5年ぶりに岡野君の生唄を聴く友達と、初めて岡野君の音楽触れる友達を連れての参加。
ライブを観てからアルバムを買うかどうか決めるという二人。
心なしか緊張してしまったよ。。。
そして、岡野君のライブでいつも会う友達には「今日はオーラが優しい」とか言われちゃって(爆)
アタシ、そんな怖いオーラ出してたんかしら??(汗)
ま、確かに、最近の岡野君のイキイキした姿に目を細めているのは確かやけどね♪

さて。
今回のインストも、FM802のDJ、内田絢子さんがMCで登場!!
内田さんに呼び込まれた岡野君は、相変わらずダサイ!!(爆)
誰かーー!!岡野君にファッションのアドバイスをする人はいないのかい??
ビジュアルも大切だってこと、教えてあげて!!

オープンニングトークで阪急電車の話をし、ある程度リラックスしてライブへ突入!!


◆セットリスト
1.スロウ
2.フォトグラフ
3.ちいさなアラード
4.蒼
5.旅路

いやいや、そうですか。。。
つかみは『スロウ』でしたか、、、
だから、お友達二人連れてきてるねんってば!!
つかみにしては、マニアック過ぎんねん!!(苦笑)
この曲で、初めての人やたまたま居合わせたような人の心をつかむのは難しいだろうよ。。。
と思ってたら、岡野君の代表曲とも言える『フォトグラフ』を持ってきてくれて、「おや!?」っとニヤリ☆
ん~、でも、ちょっと力入っちゃったかな??
そして、ここでまたもやバラード、『小さなバラード』♪
とてもあったかい曲ではあるけれど、盛り上がりには欠ける曲。。。
「インストなんだけど、、、」って気持ちがどうしても消えない。
『蒼』は納得!!
最後の曲。
「どっちにしようか迷ってるんですけど・・・」と言いながら、チョイスしたのは『旅路』♪
ずいぶんぶりな感じがするね。
だけど、これまたしっとりした曲だから、ん~~って唸ってしまったわ。
と同時に、もう一曲はなんだったんだろう??って気になる(笑)
ん~、今ひとつ盛り上がりにかけるセットリスト。。。
全体的に身体に力が入ってて、ちょっとハラハラしたわ(汗)
ここ最近は結構良いステージを見せてくれてたんだけど、ちょっと気負っちゃったのかな??
ま、でも、表情はイキイキしてたから心配はいらないね。
ただ、これでは友達の心はつかめてないだろうな、、、って思ったのは事実。

そんなことはさておき、サイン会の列に並ぶ。
大和田さんに今度のツアーでは椅子が出るのかどうか聞いたのね。
「まだわかりません」の一点張りでさ、相変わらず愛想もクソもない!!(怒)
別に期待してないからええねんけど、曲がりなりにもマネージャーなら、もうちょっとなんとかならんもんかい??(苦笑)

そうこうしている間にアタシの番が回ってきたよ。
小さく手を振りながら近寄っていったら、岡野君照れ笑い。

「力作が出来たね~♪」
って、まずは優しく声をかけたよ。
そして『雨空』『セレナーデ』『メッセージ』が好きだって伝えてきたよ。
『プロローグ』も好きなんだけど、忘れちゃった(苦笑)
インストで唄った曲はひとつもないという事実!!(爆)
ま、そんなもんよね。

でね、見て!!

Litohgraph.jpg

ついに、「ちゃん」の後の「さん」が消えた!!(爆)
そうよ、アグネスチャンじゃないんだから、、、
これがたまたまなのかどうかはわからないけど、なんだか少しだけ距離が縮まった気がしてうれしいんだよねぇ・・・。


ところで、気になるお友達の反応だけども。
第一声、「肩こったわ」だって!!(爆)
ま、まあね、慣れてない人はそうでしょう、、、かく言うアタシも、肩こった!!(爆)
厳しい意見、たくさんもらったよ~(滝汗)
だけど、ここでアタシが岡野君を擁護するのも違うなって思ったし、岡野君をあまり知らない人の客観的且つ率直な反応だなって思って、甘んじて全部受け止めたよ。
やっぱね、「インストのセトリじゃない!」と。。。
「『スロウ』は落ちてた時の唄??あれではつかみにならん!!どうしても唄いたいなら、中盤に持っていくべき。もっと盛り上がる曲を唄わんと!!」
はい、いちいちごもっともなご意見でございます。。。
でもね、これは裏を返せばちゃんと聴いてくれていたってことんなんだよね。。。
だって、確かに『スロウ』はマインド的に一番まいってたころの曲だし、曲の世界観、ちゃんと感じてくれてるもん。
ちゃんと聴きもしないで、あーだこーだ好き勝手言われると頭くるけど、ちゃんと聴いてくれての厳しいご意見なら、納得できる。
つか、アタシ自身も同じこと感じてたからねぇ、、、(苦笑)
もちろん、チクチクはするよ~。
で、最後に、「これではCDを買おうとは思われへん、、、」と。

そういうこと。そういうことやねんで!!
インストは新しいファンを増やしたり、より多くのCDを売るための最も重要なプロモーション活動!!
だから、やっぱりセットリストはキャッチーでなければいけない!!
「狙う」ことをいやらしいと思いがちな岡野君だけど、そうじゃないからね!!
もっともっと狙うべきだと、アタシは思うよ。
まずはCDを手にとってもらわなきゃ始まらないんだから!!

ちょっと残念な結果になったけど、友達も期待するから辛口になるんだと、、、
何事も前向きに捉えておりますよ。。。


尚、アルバム「Lithograph」については、また別途レコメンド的なものを書きます!!(←いつやねん!?)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

2013佐賀インターナショナルバルーンフェスタ MUSIC CAMP 2013 34th バルーンスペシャル @嘉瀬川河川敷 バルーン会場 イベントステージ [LIVE記録(インスト、フリー、ブッキング等)]

前日の「紡~つむぎ~」終演後、佐賀の夜の街に消えたアタシたち。

とってもステキなお店に出逢ってしまい、うっかり深夜2時前までお酒を飲んでしまったバカタレたち。
慌ててホテルへ戻ったら2時半。
シャワーしてベッドにもぐりこんだのが3時。

そんな状態の中、「折角だから・・・」ってことで、バルーンの早朝一斉離陸を目撃しようと目論んでた。。。

なんとか5時に起床したはいいが、完全に浮腫んだ顔、、、(苦笑)
二日酔いはないものの、ぼ~っとした状態でバルーンフェスタ会場である嘉瀬川河川敷へ向かった。

バルーン.JPG

朝もやに霞むバルーン♪
しかし、風があるため一斉離陸は中止という残念なお知らせが会場に響く、、、

それでも係留中のバルーンの真下まで接近することが出来たよ!!
人生初の生バルーン!!
想像よりもでかいバルーンにテンションも上がる~☆

バルーン2.JPG


バルーンを堪能した後は、「MUSIC CAMP」の会場に向かった。
1000人くらいは入りそうな、想像以上にデカい会場!!ステージも広い!!

千綿さんの出演は昼からのステージで、まだだいぶ時間はある。

適当にアンテナショップなどを巡り、朝ごはんを確保し、客席で食べてると、なんだか周りの空気がおかしい、、、
気付いた時にはややオタク系の男性に囲まれていたよ!!(汗)

何が始まるのかと思ったら、ご当地アイドル(?)になるのかな??
AKB的な女の子のアイドルグループがステージに登場すると、野太い歓声がうねりを上げたよ!!(滝汗)
そんな中に入り込んでしまったのは初めてで、戸惑ってしまったけど、“郷に入っては郷に従え”!!
さすがに声援を送ることはないけど、一緒になって踊ってみた(爆)
これが結構楽しくて、友達と爆笑!!
だけど、1曲が限度やな、、、
2時間してか寝てないから、気付いたら舟漕いじゃってたよ(苦笑)

アイドルグループのステージが終わったら、民族大移動な感じで、今度は女子中高生たちの波がぐぐーーっと押し寄せてきた。
すると、ステージにははなわが登場!!
なんでも、はなわがプロデュースしてる「風男塾」っていう男装アイドルグループのステージがあるらしい。
そして、このアイドルグループ、オリコンでも上位に食い込むくらい人気があるもよう・・・。(全然知らんかった、、、)

5、6人の女の子が男装して出てきたんだけど、少女マンガから出てきた男の子みたいにかわいかったよ。
ファンの女の子がキャーキャー大騒ぎで、名前を絶叫してた!!
これはアレか??
タカラヅカ的な感覚なのかな??
きっと彼女たち(?)は、普通に美形の女の子だと思う。
無理やり「僕」とか「オレ」ってしゃべってる姿に、やや違和感を感じたけど、一生懸命な姿に「がんばれよ~」って思えたなぁ。。。

ここで、お昼の部まで休憩。
13時になって、昼の部が開演!!
朝の7時くらいからここにいるから、ここまでが長いのなんのって!!(笑)

千綿さんの登場は5番手!!

直前リハに登場した千綿さんからふわりと漂ってきたプロポリスの香りに、「千綿さんの匂いがする!!」って思わずニヤリ(爆)
リハーサルは『Butter-fly』をワンコーラス♪
一旦ステージ袖に引っ込むと、今度はSEで登場!!
笑顔いっぱいだ☆
さっきまで寝不足で頭痛かったのに、一気に吹っ飛んだぜ☆彡

◆セットリスト♪
1.カサブタ
2.枯れない花
3.この声が聞こえますか
4.アイブミ~Love Letter~
5.HOME
6.夢の中へ(カバー/井上陽水)

まずは名刺代わりに、オケで『カサブタ』を!!
ハンドマイクで広いステージを走り回ってるよ!!
いきなりすんごい笑顔で自由に楽しそうにノリノリな千綿さんに、こっちも嫌でも笑顔になっちゃう♪
やっぱり広いステージが似合うんだよなぁ。。。
笑顔の千綿さんと目が合うと、クシャッて笑ってくれるから、アタシもつられてクシャッ☆
いや、アタシが笑うから千綿さんが笑ってくれるのか??
めくるめく幸せなひととき。。。
自意識過剰にも程があるけど(爆)、とても良い循環が生まれていたんだよ。。。
「願いがひとつだけ叶うとしたら、何をお願いしますか?」
いつもの曲説。
「宝くじ?」って言葉に大きく頷きつつも、内心ドキッ!!
昨日、浪漫座前の八坂神社内にある宝当神社でお参りしてたの、見てたんじゃねぇの??(爆)
会場がどんなに大きくなっても、ひとりひとりの顔を見ながら唄ってくれる千綿さん。
そして、どんなに大きな会場でも、生声を聴かせてくれるんだね。。。
ステージの真ん中、前に出てきて聴かせてくれた生声は、すごい響きだったよ!!
千綿さんもドームの後ろまで生声を届けられるアーだな、きっと。。。
すっごいあったかくて、笑顔いっぱいのキラキラした『枯れない花』だった。
そして、「声出してみようか」ってコールアンドレスポンス。
客席が4ブロックに分かれていたから、ブロックごとにやったんだけど、ちゃんと自分のファンが固まってるブロックをチェックしてるんだよね。
アタシらがいたブロックだけ、「ちわた」って煽ってるし(笑)
「ちわた~」って言ってくれたら「ひーでーのーりー」って言えたのにぃ~!!←どんだけやりたいねん!!(爆)
ニッコニコ笑顔で『この声が聞こえますか』を唄うと、これまたあったかく包み込んでくれる『アイブミ~Love Letter~』にほわぁぁあっとなる♪
「大切な人のことを思い浮かべながら聴いてみてください」っていつも言うけど、ムリやから!!(爆)
だって、目の前にあんな優しい表情した千綿さんがいるねんで!?
むしろ胸がぎゅうって痛くなって切なくなっちゃうよ。。。
ぶっ飛びそうになる理性を踏みとどまらせるのに精一杯!(苦笑)
何度聴いても飽きるどころか、いろんな感情を刺激してくれる珠玉のラブソングだね。。。
そして、故郷佐賀への想いを語り、『HOME』を。
この曲はノスタルジックなムードを誘いつつ、色んな想いが溢れてくるステキな曲。。。
そして、核となってるのは、やっぱり“愛”なんだよなぁ。。。
だからホッコリあったかい気持ちになる。
最後はみんなで唄って、会場全体があったか~い空気に包まれてたよ。
最後にもう1曲!!
このイベントのナビゲーターでいらっしゃる、木原慶吾withスピリッツさんとセッション♪
木原さんは千綿さんが高校時代からお世話になってる方らしく、木原さんの前に出ると、「41歳になりました!当時はリーゼントで・・・」って言ってる千綿さんが、まるで高校生くらいの男の子に見えたよ(笑)
聴かせてくれたのは井上陽水さんの『夢の中へ』♪
「それより僕と踊りませんか♪」ってとこで、千綿さんがお尻をフリフリするの!!
それがとってもキュートで超ツボ!!☆彡
可愛らしいんだけど、腰つきが妙に悩ましい(笑)
やっぱ魅せ方を知ってるなぁ・・・ってニヤニヤしちゃったよ☆

時間にして30分ちょっと??
短い時間だったんだけど、めちゃくちゃ楽しくて、すんごい充実感たっぷりなステージだった!!
佐賀で観る千綿さんは、他で観るのとはやっぱりちょっと違うんだ。
笑顔がいつも以上にイキイキしてて、とってもリラックスして楽しんでるのが伝わってくるよ。
だからアタシもホントに楽しかった♪♪
やっぱ、佐賀で観る千綿さんのライブは最高だな。。。
佐賀だよな、佐賀!!(笑)
佐賀、大好きだよ♪

帰りは新幹線だったから、千綿さんのステージ終了とともに会場を退席。
でも、買って帰りたいチケットがあって、物販に行ったんだ。
比較的すぐに物販に姿を見せてくれる千綿さんだけど、ちょっと待っても気配がなくてね。
あんまりゆっくり出来ないこともあって、呼んで来てもらっちゃった(汗)
「疲れてるのにごめんなぁ。」ってあやまりつつ、「急いで帰らなあかんからさぁ・・・」って言うと、そこまで焦る必要は全くないのに、2人そろってせわしくわちゃわちゃ(爆)
「昨日も今日もカッコ良すぎてまいったよ。。。昨日のセトリは凄かったね!!」なんて、さらっと感想を伝えたら、「セットリストはその日の気分だよ」って言いながら、ご機嫌な笑顔みせてくれたよ☆

「また来るね」。
「うん。大阪で」。
「うん。待ってる。じゃぁ、大阪帰るね」。
「ありがとう。気をつけて」。
「ありがとう、またね」。

次の約束をさり気なく確認し合って。。。
最後に交わしたのはどうってことのない会話だったけど、この普通さが逆になんかいいなぁって思えて。。。
アタシはとても満たされた気分で帰路に就くことが出来たんだ♪

ホントに楽しくてハッピーな2日間でした♪

どうもありがとう☆彡

また、遠くない未来に佐賀に来たいな☆彡

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

千綿偉功ワンマンライブ 紡~つむぎ~ 第四節 @浪漫座 [千綿偉功/LIVE記録(ワンマン)]

午前3時、目覚まし時計がジリリ鳴り響いた。
外はまだ真っ暗。

おはよう・・・

ってか、今は夜なん?朝なん??
油断したら意識が吹っ飛びそうな中、歯を磨き、顔を洗い、髪を整え、顔を作る(笑)

この数時間後には、人生初の一人フライト(汗)

そう、アタシは佐賀へ飛び立つのだった。。。

佐賀の旅を安く押さえるための強い味方、桃!!
桃があるから、佐賀が近く感じられる。。。
もう「飛行機怖い~!!」とか言ってらんなくて、命がけで佐賀に向かうのです(笑)

何のために命を賭けるのか??(←大げさ)
そりゃあもう、千綿偉功しかないわけで。。。
そう、アタシは念願の「千綿偉功ワンマンライブ 紡~紡~ 第四節」に参加すべく、命を賭けて佐賀に飛んだのであった。。。

佐賀でのライブ以外の楽しい思い出は別途書くとして、まずは「紡」のこと、書かして!!


2013年11月3日(日)

まさかの雨。
ここ最近、千綿さんで遠征すると雨に祟られるアタシ。。。
おかしい、アタシはスーパー晴れ女だったはず!!
なんの祟りだ?奴か?やっぱり奴なのか??(爆)

浪漫座2013.jpg


雨の浪漫座。
少し早めに現場に到着すれば、リハの音が漏れ聴こえてくる。
イカン!ネタバレ厳禁!!
嗚呼、それを唄うことは本番まで知りたくはなかった、、、(苦笑)
慌ててその場から退散し、近所の「肥前 通仙亭」に逃げ込んだ!! 

開場時間が近づき、入口に列を作り出す。
リハはまだ続いていて、予定よりも少しおして開場。

ドキドキ、わくわく・・・
いよいよ開演♪

階段から千綿さんがニッコニコ笑顔で降りて来た!!

◆セットリスト
1.明日への光
2.モザイク~見えない星~モザイク
3.beginning
4.rule
5.遠き山に日は落ちて(カバー)
6.ボクハナニモトッテナイヨ
7.(仮)作りかけのラブソング
8.アイブミ~Love Letter~
9.Butter-fly
10.1秒のカケラ
11.キミが教えてくれたこと
12.カミヒコーキ進化論
13.One and Only
14.友よ
15.ねがい

EN1.Cry
EN2.ほこり


まさかのオープニングだった・・・。
「ええっ!?マジで??」
アタシが千綿さんの音楽に引きずり込まれることを確実なものとした、『明日への光』!!
今でしたか!!(先日のパーティで密かにリクエストしてたんだよ・・・)
心の準備もなく、いきなり震えだすアタシのハートは、身体ごとあったかい光に包まれた。
そして一気に盛り上がる!!
『モザイク』のイントロにオーディエンスがスタンダップ!!
2曲目でのこの盛り上がりに千綿さんのテンションもグンっと上がった↑↑
おそらく予定外だと思うんだけど、『モザイク』の間に『見えない星』を挟み込む☆
なかなかファンキーやないかい!!
こういうイレギュラーは大好物よ!!
「まだ2曲目やで・・・」とうれしそうにキラキラした笑顔で、「とりあえず座ってください」って、オーディエンスを落ち着かせる(笑)
「鳩間島で出来た曲です」と言って、語りかけるように、優しい表情で聴かせてくれた『beginning』。
一度クールダウンといったところか??(笑)
しゃべろうと思ったら、口に異物が・・・(苦笑)
「実家にビーグルがいるんですよ」
アタシの中で電気が走り、アイツの姿が脳裏に浮かんだ。
夏に天に召されたうちの子もビーグルだったんだよ。。。
そんなことを心の中でつぶやきながら、予想外の偶然に呆然とするアタシ。
「口開いてるよ。」、友達の言葉にはっとして我に返る。
『rule』ではいつもそうだ。。。
1対1の世界。千綿さんのウタにビリビリ共鳴している自分を感じて、動けなくなる。
その様は友達から「ピクリとも動いてなかったよ・・・」と言われてしまうほど。
この曲はね・・・痛いの。チクチクと痛いんだけど、アタシの心に出来た綻びをしっかりと繕ってくれる曲だ。
ここからは「紡」ならではのムード。(アタシが勝手にそう思っただけ)
佐賀市内では夕方のある時間になると、『遠き山に日は落ちて』が響くんだって。
ちなみに、アタシが通ってた小学校も、下校時間になるとこの曲が流れてたよ♪
千綿さんが子供の頃にはなかったらしく、最近鳴るようになったんだって。
で、「良い曲だなぁ」って思って唄ってみようと思ったらしい(笑)
唄い終わった後、「ちょっと知ったかぶりしますけど、ドボルザークの曲なんです」ってどや顔!!
惜しい!!知ってたわ。。。
しかも、リハでこの曲唄ってるのが聴こえてきて、「これドボルザークの『家路』やなぁ。」なんて会話を既にしていたのだぁ~!!わはは~!!
「この街でたくさんうそをついてきました!」って唄ってくれたのが『ボクハナニモトッテナイヨ』♪
これよ!!リハで聴いてしまって、知りたくなかったって曲は!!(苦笑)
だってね、初めてライブで聴くんねんもん。「うわぁ☆」ってなりたいやん??(笑)
なんだかかわいらしい曲なんだよねぇ。。。
「よくお母さんの財布から100円盗ってました」・・・ってオイッ!!(汗)
実はアタシも経験ある・・・(爆)
千綿さんがしてくれる子供の頃の話は、なんだかわくわくするんだよね。
なんてったってタメだから、自分の子供の頃と重ね合わせちゃって、親近感ハンパない感じでさ。
なんだっけ??“ブーデカばあちゃん”って言ったっけ??(笑)
きっと千綿さんたちが勝手につけたあだ名なんだろうけど、想像ついてウケる(爆)
子供らしいネーミングに心がほっこりするね。
もう亡くなっちゃったんだけど、そのブーデカばあちゃんとこで“ちくわ焼き”買って食べてたって。。。
ちくわ焼きっていうのは、たこ焼きのたこの替わりにちくわがはいってるものなんだって。
たこ焼きは子供には高くて買えないから、ちくわを使って1個10円くらいだったって。。。
フフフ(笑)
アタシが子供の頃、地元ではたこ焼き10個100円だったのだよ(どや顔)
つまり、たこが入って1個10円!!さすがたこ焼きの本場、大阪やで~♪
って、そんなことはさておき。
そのちくわ焼きが美味しくて、今でも食べたくなるんだけど、自分で作ってもあの味にはならないんだって。。。
とかね、そんな子供の頃の話をたくさんしてくれてからの、『作りかけのラブソング』♪
ほっこりした気持ちで聴くこのラブソングは、とってもあったかく感じたよ。
そう、あったかく感じながらアタシは戦っていたんだ。。。
モーレツな、あのエヅキそうになるほどの喉の痒みと、、、(滝汗)
「こんなステキなラブソングを唄ってくれてるのを邪魔したくない!!」その一心で、今にも出そうな咳を必死に我慢。
途中から唄どころじゃなくなったんだけど、それでもちゃんと最後のあのフレーズはしっかり聴かせてもらいました。
一番ぐっとくる、“核”みたいなところだからね☆
でもね、次の『アイブミ~Love Letter~』に入ろうとして、千綿さんが「ちゃんとチューニングして唄いたい」って、一旦手を止めて、ギターのチューニングを始めたの。
「咳は今のうちにしといてくださいね」って。。。
「ごめん!」って思った。(実は1発だけやらかした)
「やっぱり邪魔しちゃったよね」って思ったん。(汗)
ところが、アタシが苦しんでたのに気付いてた友達の「千綿さん優しいなぁって思った」ってひと言にはっとした。
そっかぁ、優しさだったのかぁ・・・。
アタシは自分の“やっちゃった感”にさいなまれてしまっていて、その優しさに気付けなかった、、、
アタシ、小さかったよ、、、ありがとね。。。
おかげ様で、どっぷりと『アイブミ~Love Letter~』の世界観に浸ることができたよ♪
「あなた」って唄ってくれたら、後はどこをどういじってくれても平気なことに気付いたよ(笑)
こういう想いが詰まったラブソングでは、そのくらい「あなた」とか「君」っていうニ人称単数にとても重みがあるんだね。
そう、他でもない“あなた”・・・なんだよね。。。
さてさて、ここからは盛り上がっていくよ☆彡
『Butter-fly』を唄っていた、病気療養中の和田光司さんが活動を再開したってことで、今度ツーマンライブ演るって!!
その他にも、佐賀で地元ミュージシャンを集めて文化ホールでのライブも予定してるとか。
東京からバンドを引き連れていくっつってたよ!!
さらにさらに、バンド再結成の波に乗って、昔組んでたバンドを復活させてライブ演るって言うじゃない??
あん、どれもこれも魅力的でたまらんやないかい!!
全部行きたいけど、全部は無理だな、、、最低でも、THE EDGEは観たいなぁ。。。
赤い皮パン見たいやん??(爆)
ってことで、『Butter-fly』で会場の熱が上がったところで、オーディエンスがスタンダップ!!
『1秒のカケラ』『キミが教えてくれたこと』に続いては、「みんな忘れてるんじゃない??」って。
『カミヒコーキ進化論』、演るのね??(笑)
リハで漏れ聴こえてきた時に「しまったぁぁああ!!」って思ったのよ(笑)
しかぁ~し!!お友達のお裾分けをいただいて、無事に千綿さんめがけてカミヒコーキを飛ばすことが出来たよ☆彡
そして、キターーーッ!!!
アタシのフェイバリット、『One and Only』!!
どこでスイッチが切り替わるのか、これを唄う千綿さんはハンパない!!
唄い方もギターも動きも、全てがロックでファンキーで、荒々しい千綿さんがめちゃくちゃカッコええ!!
千綿さんもオーディエンスも大興奮!!
千綿さんもステージで「まいった!」、「まいった~!」、「も~、まいった~~!!」って、うれしそうに「まいった」の三段活用!!(笑)
なんかさ、ニヤニヤしちゃった(笑)
地元佐賀で聴く『友よ』は、他で聴くのとはちょっと違うマインド。
なんだろうなぁ。。。「千綿さんの想い、今、届いてるね。。。」、そんな風に、一歩下がったところから見守ってる感じ。。。
本編最後に唄ってくれたのも、アタシの大好きな『ねがい』♪
この曲を聴くとすんごいハッピーなオーラでふわ~っと包みこまれちゃうんだよね。。。
ホントにでっかいラブソングだよ。。。大好き☆

大きく手を振ると、降りて来た階段を上っていく。。。
オーディエンスからはアンコールを要求する手拍子が!!

ありがとう~!!
再び千綿さんが会談から駆け下りてきた!!

ギターを肩にかけると、「盛り上がっていくよ!!」って煽る。
煽られて立ち上がると、「と言っても、静かな曲なんですけど・・・」って(汗)
ズッコケるお客さんに、「アップテンポな曲とどっちがいい?」。
「どっちも~!!」
当然のレスポンスに、かき鳴らすギターは『Cry』!!
がしかし、弦が切れた!!
ストロークをかき鳴らしながら、「江口さん、ギターの弦を替えてください」と業務連絡(笑)
さすがのコンビネーションで、瞬きしてる間に予備のギターとチェンジ(笑)
『Cry』で一気に盛り上がる!!
お約束のメンバー紹介!!
「ドラムス、千綿~、ひーでーのーり!!」がやけにご機嫌!!
「ベース、千綿~」
今度はオーディエンスも一緒に「ひーでーのーり!!」!!
これね、これ良いよ☆彡ホントご機嫌で、超ツボなノリ!!
踊って叫んで、とっても楽しかった♪
ギターも戻ってきて、オーラスはしっとりと優しく語り掛けるような『ほこり』。
会場に響き渡る生声。
最後の音が消えるまで、ずっと耳を澄ましてたよ。。。

全てを唄い終わり、髪の毛をぐっちゃぐちゃにして汗を拭いた。
「その頭は・・・」って声に、「別にいいじゃん!」ってイラッとしてる姿もかわいくて(笑)
いつかも見たな、この光景(笑)
そして、お決まりの

押忍!!

で締めた!!
千綿さん、精も根も尽き果てたのか、最後は四つんばいになって階段上ってたよ(笑)
おつかれさま。最高のステージでした!!ありがとう☆

浪漫座2013-3.jpg


ホントにあっという間!!
素晴らしいライブであればあるほど、時間はあっという間に過ぎてくね。

それでも、千綿さんのあったかくて熱いウタに酔いしれて、ハートは幸せ太り。
みんな晴れやかな顔して、会場を後にしてたよ!!
もちろんアタシもね☆
千綿さんのウタに酔った後は、やっぱりアレしかないよね??(笑)
そう、夜の街に消えたアタシたちは、今度はアルコールに酔いどれるのであった・・・(笑)



しかしまぁ、なんですか!?このセットリストは!!
古い曲から新しい曲までってだけじゃなくて、聴かせる曲、盛り上がる曲、全てのバランスが絶妙!!
キュンときたり、ほっこりしたり、懐かしんだり、滾ったり、興奮したり・・・。
色んな感情がメリーゴーランド状態で、ホント、まいったよ~♪♪
それに、さすが地元だけあって、千綿さんがいつも以上にリラックスしてて、楽しそうで、うれしそうで。。。
そんな千綿さんを見てるだけでも、とてもハッピーな気分になれる。
でもって、このセットリストだから、終わった後の充実感がハンパなくて。
本当に凄いステキな夜になったなぁって。。。
今も思い出してはハッピーな気持ちにつつまれてるよ♪

ステキな夜をありがとう。。。
もうね、次の第五節も絶対参加するんだから!!
そして、佐賀をもっともっと身近に感じたい!!
って思うんだ♪


あ、そうそう。

☆紡~つむぎ~限定 スペシャルサイン☆

紡サイン.jpg


しっかりゲットしてきたよ~♪
これはこれでとっても味のある千綿さんらしいステキなサインだね☆彡
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

アダチケンゴ リリースパーティー「サイコロの目」~oneman live @CHIKEN GEORGE [その他アーティスト/LIVE記録(ワンマン)]

なんか、ブログのペースが一向に上がらず、焦る。。。
自分のための覚書みたいなものだから、自分のペースで書けば良いとは思っているのだけど、記憶との勝負になってきてるのよね、、、(汗)

LIVEのこと、CDのこと、書きたいことが大渋滞だよ~!!(滝汗)

とりあえず、今月のど頭にあったアダチケンゴ君のライブの記憶を辿ってみよう。。。


2013年11月1日(金)

アダっちゃんの喉の不調により延期となっていたミニアルバム「サイコロの目」が、無事11/1にリリースされたよ!!
そして、それをお祝いするワンマンライブに行ってきた!!

平日ってこともあって、集客は振るわなかったけど、それでも90人のお客さんが集まったの。
90人?? あれ?アタシのチケット・・・なんでーーーっ!?(爆)
まあええ、まあええ。。。


開演時間になり、会場の照明が落ちると、ステージのスクリーンに映像が流れ出す。
インタビュー形式でってことで、アダっちゃんに幾つかの質問をぶつけて答えてるんだけどね。
初恋は?とか初キスは?とか趣味とかね。。。
ま、ぶっちゃけアタシの立場だと「どっちでもええわ!」って話だけど(爆)、若い人たちにしたら興味津々だよね??
うれしそうに楽しそうにスクリーンに釘付けでさ。
なんかね、そういうの全部ひっくるめて”可愛らしい”って思ったよ♪

そして、いよいよアダっちゃんが登場!!


◆セットリスト
1.妄想少年
2.テレフォンナンバー
3.秋風
4.Love Cycle
5.Hey!
6.Dear;~ママはいつでもあなたの味方~
7.ハルカトオクヘ(新曲)
8.ピュア
9.初恋泥棒
10.セッション!パッション!
11.メッセージ
12.Love is...

En1.Stranger
En2.Tell me
En3.Don't stop the bus music


頭3曲はアダっちゃんがギター1本で弾き語り。
3曲とも初めて聴いた曲。
『妄想少年』『テレフォンナンバー』はポップな感じだったかな??
うん、出だしはほわんとあったかい感じ。
そして、しっとりと『秋風』。
“冬の始まりを告げる風”・・・そんなフレーズがあって、「良い表現だなぁ。。。」って思って印象に残ってる。
「秋が一番好きな季節」というアダっちゃん。
実はね、アタシも秋が一番好きなんだよね。。。
せつなくてたまらなくなっちゃうこともあるけど、やっぱり秋が好きだな。。。
秋に恋が成就したことが多かったからかな??(笑)
バンメンが少しずつ増えてきて、気が付いたらギター、ドラム、ベース、ピアノ、コーラス、トランペット、サックス、トロンボーンと、豪華な編成!!
新曲の『ハルカトオクヘ』は、ミディアムテンポのアダっちゃんらしい曲だった。
うん、アタシの記憶が確かなら、ラブソングとかメッセージソングって感じじゃなくて、今のアダっちゃんの想いを唄ったような曲だったと思うんだけど。。。
そうね、『遠くまで』的な匂いの曲だったような。。。
好きな感じの曲だったよ。
また今度じっくり聴いてみたいな♪
そして『セッション!パッション!』!!
これも初めて聴いたんだけど、盛り上がったね~!!
大好物なファンクな曲で、特にホーンセクションがカッコいいの!!
サックスをガン見しちゃったよ~☆彡
アダっちゃんもぴょんぴょん飛び跳ねてたよね??(笑)
楽しそうだった~♪ もちろん、アタシも楽しかったよ♪
で、そっからの『メッセージ』!!
この流れは圧巻だったね☆彡
最後はしっとりと『Love is...』。
この『Love is...』は聴くたびにどんどん好きになる。
心がほわんとするやさしいラブソング。

アンコールはもう盛り上がるしかないよね??
最後はタオルをぐるぐる振り回して楽しんだよ~♪

皆で記念写真もパチリと撮ってライブは大盛り上がりで幕を下ろしたよ。


うん、そうね。
アダっちゃん、前回のワンマンに比べると、本当に気持ち良さそうに唄ってて、楽しそうだった~♪
笑顔はじけてたね~!!
声の心配なんて全くいらなかったもんね。
“完全復活”って言ってもいいんじゃない??
ただね、声の調子がどうとか関係なく、やっぱところどころ唄がバンドに負けてるなぁ・・・って感じる部分もあってさ。
そこんとこをもっともっと磨いて欲しいなって思った。
アダっちゃんの“唄”がバンドを引っ張れるようになったらいよいよ本物だね。
とは言え、ポップな曲、スウィートな曲、メローな曲、ファンクな曲と色んな表情が楽しめた、メリハリの効いたとってもステキなライブだったよ☆彡

とっても楽しかった!!ありがとうね♪


ライブ後はニューアルバムにサインを貰うべく、列に並ぶ。。。
前の女の子のマネをしてギャルっぽく手を振りながら「アダっちゃ~ん♪」って寄ってったら苦笑いされたわっ!!
ま、ガラじゃねぇよな!?(苦笑)
で、とりあえずチケットの謎(わかってるくせに)をチクリ(笑)
なんやと!気付いてたやとーーー!?
「プラチナチケット渡してもうた」ってアアタ、上手いこと言うやん!!(笑)
ホンマ、憎めなんやっちゃやで。。。
いやぁ、しかし。
10も下の男の子に普通に「〇っちゃん」って呼ばれるのが、なんか心地よいというか、うれしいというか。。。(笑)
ちょっとニヤニヤとしちゃうね(爆)
って言うか、ちゃんと名前を呼んでくれるのがうれしいんだよね、きっと。。。
そう、他のアーにも名前を呼んでもらうとやっぱりうれしいもんね??
アダっちゃんはアタシの顔を見ると、まず名前を呼んでくれるんだよねぇ。。。
あれはごく自然のことなのか、意識的なのか・・・
どっちにしても、うれしいことだよねぇ。。。
「いつもありがとうございます」って言ってくれたけど、こちらこそいつもありがとう。。。

ガッチリ握手をすると、アタシの手はやっぱりアダっちゃんの匂いに包まれていて、その匂いを纏って電車に乗り込んだのだ。。。


そうそう!
「サイコロの目」、これがまたとっても良い作品なんだよ~!!
これについては、またレコメンド的なものが書けたらいいなぁって思ってる。
先は長いぞぉ~♪
がんばろっ!!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。