So-net無料ブログ作成

桜が咲くまでは・・・。 [あんなこと、こんなこと。]

2月ももう終わろうとしてるね。
“早く4月になれ!”って気持ちと、“時を止めたい!”って気持ちの両方がアタシん中にある。

でもね、時間は確実に進むし、止められない。

だから、実家行って来た!!

ポンタ.jpg


コイツに会いに(笑)
コイツ、悪いんだよ~~(汗)
父親の手を何度も噛んで、あわや親指切断か??、ってとこまでいったことがあるのよ(滝汗)
ホント、おバカなんだけど、それがたまんなくかわいくてね。。。

この子と初めて出逢ったのは、まだ生後数週間の頃。
会社の上司の知人に譲ってもらうことになって、どの子をもらうか見に行ったんだ。
オスが良いって思ってて、この子と目があったんだよね。。。
その後、ある程度成長したころにもらいに行ったんだ。
アタシが胸に抱いて、実家まで連れて帰ったんだけど、幼いうちに両親から離されて怖かったんだろうね。。。
アタシの腕の中でプルプル震えてキュンキュン泣いてた。。。
あれから9年とちょっと・・・。

昨年の12月に癌が発覚。
リンパ腫が肺に転移して、既に手がつけられない状態。
その時点であと2、3ヶ月って命の期限を切られたんだ、、、
リンパ腫とか、甲状腺癌はビーグルが罹りやすい病気だって言われたよ。
思い起こせば、結構前から「あれ?」って思うことがあったんだよ、、、
散歩してる時に、豚みたいにブヒブヒ言ってたり・・・。
だけど、毎年受けてる健康診断でも特に問題ないって言われて、あまり気にしてなかったんだ、、、
でもそれって、診てるところが違ってたんだよね・・・。
もっとちゃんと調べてもらうべきだったんだよね、、、
なんでもっと早く気付いてあげられなかったんだろう??って、悔しいやら、申し訳ないやら、、、

こうなったら思いっきりかわいがってあげることしか出来なくて。
だから、昨日はこの子とトコトン遊んでやろうと思って、何されてもいいような服着て行ったの(笑)

ポンタ2.jpg


痩せてはいたけど、まだまだ元気でさ。
全力の体当たりに、よろめいて地べたに崩れ落ちたアタシの上に乗っかってきて、顔をベロベロ舐めてくんのよ!!(汗)
髪の毛はぐちゃぐちゃになるし、もう、えらい目に遭わされた!!(爆)
こんなにジャレ合ったのは仔犬だった頃以来じゃないか??ってくらいねにね♪
ホント、かわいい奴だわ☆彡
楽しかったね♪


本当にこの子、居なくなるのかな??
今はまだまだ想像できなくてさ、、、
もうすぐやってくる桜の季節。
その景色の中にこの子はいるのかな??いないのかな??
そう考えると胸が締め付けられる想いだよ。
なんとか。。。なんとか、桜を見せてあげたい!!
近所に桜が綺麗な公園があって、よく散歩したんだ~♪
今は体力温存で散歩も儘ならないけど。
最後にもう一度、あの公園で一緒に散歩しながら桜を見れたらいいな。。。


今年の桜はどんな風に映るんだろう??
きっと、いつもとは違って見えるんだろうね。。。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

モッコとタダシ、マクとゆう @Cafe Room [LIVE記録(インスト、フリー、ブッキング等)]

広沢君がやって来ているというのに、朝からめっさええ天気にビックリ!!
で、油断させといてめっさ寒いし、、、

2013年2月16日(土)

初めてのCafe Room♪
その店構えはボーっと歩いてたら見逃してしまいそうなほどさり気なく・・・。

Cafe Room.jpg


今回は広沢君とわたなべゆうくんの絵本出版記念ライブ♪

Cafe Room welcom.jpg


広さはそうだなぁ・・・。
UP & ALLくらいのサイズかな??
シッティングで40~50くらい。
落ち着いたムードが良い感じ。
とりあえず、凍えた身体をあっためようとハイネケンを流し込む(笑)

開演時間になり二人が姿を現す。
まずは広沢君から今回のライブの趣旨を含んだご挨拶があったよ。

ってことで、まずはわたなべゆう君のステージ♪

わたなべゆうくんは言わずと知れたギターの名手。
ゆうくんは広沢君よりも先に「マクのクリスマス」という絵本をリリースしているのだ。
今回ゲストに初田悦子さんというシンガーを招いて、この「マクのクリスマス」の朗読と、唄を聴かせてくれたよ。
曲のタイトルはわからないんだけど、多分最初に唄ったのが『マクのクリスマス』だったんじゃないかと思う。。。
なかなかステキな歌声をお持ちのシンガーだった。。。
絵本の世界観をメロディーにしたゆうくんの柔らかくて心地よいギターの音色が、アタシを眠りの世界に誘う・・・
イカンイカン!!と思ってると、おもむろに広沢君がステージに登場した!!
なんて曲かは分からないんだけど、とても優しくてせつないバラードを、広沢君ならではの空気感で歌い上げていくのがたまらなくて!!
声がめちゃめちゃ伸びてて、広沢君のステージが俄然楽しみで仕方がなくった!!
にしても、あれはなんて曲だったんだろう??
ステキな曲だったなぁ。。。
絵本の中にわたなべゆう君がミュージシャンとして登場するのがとっても微笑ましかった☆
で、そのコンサートって体で『ルパン三世』を演奏してくれたよ♪
ちょっとキュンとくるけど、ほっこり優しい目線のステキなお話だったよ。。。


そして、広沢君のステージ♪

歌う前に割と長い時間をかけて、丁寧に絵本のイラストを描かれた少路和伸さんとの出逢いの話をしてくれたよ。
今回リリースされた絵本「きぐるみのモッコくん」は、自分らしさやアイデンティティを持つために、自分探しをしていくうちに、挫折をしたり迷ったりする。
でも、人と助け合いながら、自分を見つけるという内容になっていて、今回は“その挫折したり、迷ったり・・・”というのをテーマにセットリストを組んでくれたってことだったの♪

そのセットリストがコレ!!

1.君がくれた空の絵
2.LAST TRAIN
3.君はハートに穴を空けている
4.弱いとこ(新曲)
5.晴れた空の絵(with わたなべゆう)
6.虹のつづき(with わたなべゆう)
7.夢の中で君が泣いてた

EN1.二人でギターセッション(タイトル不明)
EN2.スイマー(オールキャスト)


いつものマーチンとは違うギター。
ツイッターでつぶやいてたガットギター☆
その音色は、ボロンボロンとノスタルジックな味のある響きをしていたよ♪

『夢の中で君が泣いてた』とアンコールの『スイマー』意外はしっとりとした曲での構成!!
これがこの日のムードにすごく合ってて、ホントにステキだったんだ☆彡
広沢君がJR大和路線の話をしだした時、「久しぶりに『LAST TRAIN』が聴ける!」って思って、胸が高鳴ったよ☆
新曲の『弱いとこ』はなでなでしてくれるような優しいバラード♪
そんで、ゆう君とってことで、「自分のアルバムでもカバーしてくれてる」って言葉に、胸がざわつく!!
ゆう君がカバーした広沢君の曲と言えば、アレしかないやん!?
そう、アタシが広沢君にどっぷりはまるキッカケとなったあの曲!!
間違いなくアタシの中のフェイバリット、『虹のつづき』♪
そっか、そうだったね。ゆう君もこの曲が大好きなんだったんだよね。。。
♪君が描くすべての色に 空は笑ってくれる
このフレーズがたまらなく胸にくるんだよね~!!
で、この『虹のつづき』と『晴れた空の絵』では、唄いながらゆう君のギターに聴き惚れて歌詞が飛ぶというハプニングも!!(笑)
ガットギターでの『夢の中で君が泣いてた』もなかなか新鮮で。
久しぶりにアタシがツボな広沢君の右手の動きを見たわ☆彡

そうそう、広沢君のステージでももちろん「きぐるみのモッコくん」の朗読があったんだよ。

モッコクン.jpg


朗読にやってきてくれたのは、西村愛ちゃん☆
なんだかカッコかわいい人でしたよ。。。
でね、朗読の間はずっとゆう君がギターを弾いくれていて。
絵本の世界観にマッチしたギターと、愛ちゃんのかわいらしい声がすごく良くて、自分で読んだ時よりも内容がぐぐーって心に入ってきた気がした。。。
最初の印象よりも、良いお話だなぁ。。。って感じられたんだ♪


アンコールでは広沢君とゆう君がギターセッション!!
聴いたことある曲だと思うんだけど、タイトルがわからないの~><
気になるーーっ!!(笑)
二人ともギター上手いから、すっごいステキだったよ~☆彡

そして、演者全員で『スイマー』を♪
女子パート、久しぶりだったけど意外と記憶に残ってて唄えたよww
ま、声は男子パート的な!?(泣)


うん。
こういうライブは初めてだったんだけど、絵本の世界と唄、ギターをと~ってもゆっくりと堪能できるライブだった♪
広沢君の声、めちゃくちゃ伸びてて、唄が心にビリビリ響いてきたよ☆
広沢君の唄は、やっぱりこの距離感の弾き語りが一番良いのかなぁ??なって思ったり(笑)
ホントにステキなライブだった~☆彡


帰りにライブアルバム「Cafe RecordingsⅡ」を購入!!
広沢君にサイン入れてもらいながら、ちょっと絡んでみたり(笑)
照れてる広沢君がかわいかったなぁ・・・(笑)

で、この「Cafe RecordingsⅡ」が想像以上に素晴らしい!!
とにかく音がすこぶる良いのよ!!
新曲の『長い夜の夢』も『アンサー』もとってもステキな曲でさ!!
広沢君ならではの唄いグセが声や堪能できる興奮の一枚!!
ライブアルバムでこんだけ興奮したのは、千綿さんの『The ライブ盤』以来かも!?


来る3月9日、トルバと広沢君のライブが被って、どっち行こうか迷ってたけど、このライブで広沢君の唄聴いたら答えが出たかもしんない(笑)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

心が幸せになる料理。 [あんなこと、こんなこと。]

一人でも気負わず、「こんにちは~♪」って気軽に入れるお店があったら素敵だと思うんだ。。。
扉を開けたらいつもの笑顔に迎えられて、ホッと落ち着ける場所。。。

アタシにはそんなお店があるんだなぁ♪
そう、ここ最近紹介するのをもったいつけてた“あの”お店(笑)
いよいよご紹介しちゃうよ~♪

ここ数年、おしゃれな街として注目を集めている堀江の街に、あったかい光を灯すお店が2軒、仲良く隣り合わせて佇んでいます。(よくライブに行かれる方ならご存知の、「南堀江ZERO」というライブハウスの真向かい。「knave」からは、アメ村方向に徒歩2、3分。)
実はこの2店は系列店なので、中はカーテン一枚で仕切られているだけという造り。
そういうわけで、2つのお店をはしごするお客さんも少なくない。
かく言うアタシも、ちょいちょいそんなことをしてたりして??(笑)
スタッフさんの相互乗り入れもあるから、別のお店なんだけど別々には語れない感じで(笑)。

折角なので、ちょっとずつお店のことをアタシ目線でご紹介しましょう!!

まずは向かって左のホリエテッパンバールから。
IMG_2296.jpg


カウンター10席と幾つかのテーブル、ロフトにはソファ席もあるよ。
トータルで50席程度のこぢんまりとしたお店。
天井からぶら下がった丸い照明が柔らかく店内を照らす、とても温かみのある空間。

このお店、ジャンルとしてはイタリアンバールになるのかしら??
ビールにワイン、カクテル、ハイボールなど様々なお酒と、魚介類からお肉、パスタまで色んな料理がリーズナブルなお値段で楽しめちゃいます♪
イタリアンの勉強をしっかりなさったシェフが作ってくれるので、味は本格派!!
“こんなに美味しいもん腹いっぱい食べて、こんだけーー!!??”
みんなきっとそんなうれしい悲鳴をあげることになるんだろうなぁ。。。

食べたことがあるメニューの中から、アタシのハートを掴んで放さないお料理をご紹介♪

アタシのテッパンオーダーがコレ!!

IMG_2187.jpg

鮮魚のアクアパッツァ

なんのお魚が食べられるかはその日のお楽しみ♪
写真はホウボウ!!
ガーリックが効いたほど良い塩味。
シンプルなんだけど、これが圧倒的に美味い!!

か~ら~の~!!

IMG_2188.jpg

パスタ

これね、アクアパッツァをいただいた後に残る、魚介エキスたっぷりのスープを使って作ってくれるのん♪
美味ないわけがないや~ん!!??(笑)
やや裏技的オーダー(?)ながら、先日もお願いしたらどや顔で「待ってました~!!」って作ってくれたよ♪
もうキュンときちゃう(笑)
この空気感がより一層料理を美味しくしてくれんだよなぁ☆彡

そして、あまりにも美味くて思わず“おかわり”してしまった逸品がコレ!!

IMG_2186.jpg

スモーク盛り合わせ

スモークサーモンとスモークベーコン。
どっちもお店でスモークしてるらしいんだけど、この燻り感(笑)が絶妙で☆彡
きっと燻されながら思ってたんやろね。「俺はめっさ美味なる!めっさ美味なったる~っ!!」って。。。
だから、口に入れた瞬間美味さ爆発!!
ただね、スモークベーコンはいつもあるわけではないみたいなので、出逢えたアナタはラッキーかも!?(笑)

そして、ある日のこと。
名古屋への日帰り遠征から疲れ切って帰ってきて、ふらぁっとお店に立ち寄った時に出してくれたのがコレ。

IMG_2207.jpg

メニューにはないアタシだけのスペシャルプレート♪
「ちょっとずつ色んなもん食べたい」っていうアタシのわがままに応えて作ってくれたのん♪
こういうわがままな相談にも気軽に応えてくれるお店なんだよ。。。
お客さんに寄り添って料理を提供してくれる・・・そんなお店。。。

ちなみにコレを作ってくださった下島シェフ(あ、名前出して・・・良いよね??・笑)。
線を細くした伊藤英明さんって感じで(笑)、キュートな優しい笑顔に、いつもホッとさせてもらってます(本当)。
カウンターの向こうからお客さんのこと、ちゃんと見てくれてるんだよね。。。
そして、当初一人で来るのを躊躇していたアタシに、「僕がお相手しますよ」って言ってくれたの。。。
もう、ステキ過ぎる☆彡

さてさて、やっぱりビール好きはこういうのも食べたいわけよ!!

IMG_2131.jpg


さらに、写真はないけれども、「アンチョビキャベツ」に「牛タンのへべれけ煮」、それと「マルゲリータ」も是非もの!!
マルゲリータはタバスコではなく、お店特製のとうがらしオイルで!!
こいつがバリウマ!!クセになるよ~♪


ワイン.jpg


ってことで、大切な人とわいわい楽しい時間を過ごすならホリエテッパンバールがオススメよ~!!


続きましては右側のNiku Teria カルネバッカ
IMG_2295.jpg

こちらは、カウンター席が10席くらい??と、テーブル席も少しあるんだけど、ホリエテッパンバールを半分くらいにしたようなコンパクトなお店。
でも、そのコンパクトさがお店の人との距離を縮めてくれて、会話を楽しみながらお酒も料理も楽しめるのねん♪
シェフの解説付き(笑)で料理してる姿を間近で見られるのも楽しいよ♪

こちらのお店はビストロになるらしい。
“カルネ”はイタリア語で「肉」を意味するらしく、実はこの店名、「肉ばっかり」と「肉馬鹿」のWミーニングになってるの♪
“名は体を表す”とはよく言ったもので、こちらのお店では牛、豚、鶏はもちろん、猪や馬など、とにかく色んなお肉料理が楽しめるのだ!!
お肉をガッツリ食べたいなら、こちらがおすすめ!!
あ、言うまでもなく、お味は絶品!!(笑)
美味いからって調子乗って食べ過ぎると、そこそこのお値段になるから気をつけて!!(笑)。
アタシなんて、いっつも”アチャー><”ってなってるよ!!(爆)
でも、食べなかった後悔はあっても、食べた後悔は一切ないから!!
あ、そうそう、お酒の方はお隣さんと相互乗り入れしてるから、同じように楽しめるよ~♪

こちらもアタシが食べたものを少し、アタシ目線でご紹介★彡

このお店で初めてオーダーしたのがコレ。

IMG_2236.jpg


料理名が難しくて、、、何だっけ??
自家製ソーセージと鶏モモ肉、豚バラのシュークルート、そんな感じ(笑)。
素朴な優しい味に身も心もあったまるぅ♪
少し時間がかかるので、オーダーは早いうちにしておくのがオススメ!!

そして ↑ これが出てくる間にコレ。

IMG_2253.jpg

国産牛イチボのタタキカルパッチョ

なんかさ、「イチボ」って聞いただけでテンション上がるよね!?(爆)
よくある酸味系のカルパッチョとは違ってしょっぱくて、驚いた(笑)
でも、これが本来の姿なのかも??

そう、ココはお肉をガッツリいくお店だったね??
これ見て!!

IMG_2257.jpg
お肉三種盛り

左から、ホロホロ鶏、牛タン、クラシタ肉の炭火焼。
あ、そうだ!!ここ、炭火焼のお店なのよ!!(今でしたか??・笑)
ホロホロ鶏は外はかりっと、中はじわっと。。。
牛タンとクラシタは特製のソースを付けていただいたら、悶絶の美味さ!!
まさに“肉食った~!!”って感じで、興奮すら覚える始末!!(笑)。

お肉だけじゃないよ~!!

IMG_2239.jpg


ヤバイ!!オマール海老!!
結構なサイズで、身がボロっと!!イヤン!!//▽//

か~ら~の~!!
パスタっていう流れもアリだったみたいなんだけど、この時は既にお腹がいっぱいという痛恨のミス!!(汗)
なんて勿体無いことを、、、(泣)
この裏技は後日談で聞いたんだけど、お腹がいっぱいな様子を見てあえてオススメしなかったという、シェフの優しい眼差しを感じました。

そうそう、ここではパスタももちろん食べられるんだよ~♪
その一例。

IMG_2237.jpg


なんだっけ??イノシシのラグーパスタだったかな??

女子はやっぱりスイーツも欲しいでしょ??
あるよ~!!ほら!!

__.jpg

バナナのキャラメルソテーラム風味 シェルチョコバニラアイス添え

見るからに美味そうなんだけど、やっぱり美味かったよん♪
でね、バナナが苦手な友達のリクエストにより、「作りましょう!」って作ってくれたのん♪(孫さんか!?爆)

じゃ~ん♪

りんご.jpg


なんと、りんごバージョン♪
ふわんと口の中で広がるバターの風味とりんごの甘酸っぱさがどうにもたまんなくて、いよいよ昇天!!(笑)
ここだけの話、バナナより美味かった(本当)。
甘いものが大好きなのに苦手という面倒くさいアタシでも、ペロンリと食べちゃったよ~♪
あ、でもこれ、バレンタインまでの期間限定メニューだった(汗)
きっとね、これからもその時その時でいろんなスイーツが登場すると思うんだ。。。
次はどんなスイーツが??って期待しちゃうね☆彡


IMG_2240.jpg


ちなみに、このシフォンケーキは多分いつもあると思うよ♪


カクテル.jpg


そういう訳で(どういう訳?)、密な時間を過ごしたい(笑)、そんなアナタはカルネバッカへ!!
差し飲みするには丁度良いお店だよ。。。


とにかく言える事は、どっちのお店も、料理が美味しい上にスタッフさんが素晴らしいってこと。
お客さんのことよく見てるから、グラスが空いてきたら呼ばなくても「お次、どうされますか?」ってオーダー聞きに来てくれるし、オーダーに迷うとあれこれと相談に乗ってくれる。
ひとしきりお酒を飲んで休憩しようかなって時には、さっとお水出してくれたり、ホント気が利くんだよ。。。
ちょっとした会話にも楽しく付き合ってくれて、いつも笑顔で対応してくれるから、めちゃくちゃ居心地が良いのよね。。。
だから、いつもお店を後にしたときに、とてもハッピーな余韻に包まれるの。
それはまるで凄いライブを観た後のよう。。。
アタシって音楽好きだからどうしてもそれに例えてしまうんだけど。
ライブごとに余韻って違ってて、時には消化不良みたいな感じになることもあるんだけど、凄いライブを観た後は胸が熱くなって、言葉に出来ないくらいの幸福感に包まれるの♪
ここに来れば、いつだってそれと同じようなウォームでハッピーな気分が味わえるんだ♪
だから、また来たくなる。。。

実を言うと、アタシは今まで食にあまりこだわりがなくて。
何を食べるか?どこで食べるか?よりも、誰と食べるか??が重要だったの。
大切な人と一緒なら、不味くなけりゃ何でも良かったし、どこでも良かったの。
でもね、このお店を知ってからは、大切な人とだからこそ“このお店で”って思うようになった。
大切な人には同じようにハッピーな気分を味わって欲しいと思うから、いろんな人(誰でもじゃないよ)を連れてきたくなっちゃう♪
ここはどっちもそういうお店。
大好きな、大切にしたいお店なんです。。。
そして、きっとたくさんの人に愛されてるお店に違いない☆彡


そして、そういうお店を語る上で忘れてはいけない人がこのお方!!

ta.jpg


「なんでやねん!!顔見せて!!」って声が聞こえてきそうだけども、、、(笑)
この方、作る料理が美味しければ、絵まで上手いときたもんだ。。。ちなみに書道も嗜まれるみたいよ。
きっとアレだ。ミュージシャンに絵や字が上手い人が多いのと同じで、脳を見たら同じ分野が発達してるんだろうね(笑)

ってことで、はい!!
お待たせしました(笑)
これがこのブログでちょいちょい登場してきたあの“イケメン店長”だ!!(笑)

IMG_2256.jpg


カルネバッカの店長 兼 料理長、岩倉達樹さん☆彡
「イケメン店長として紹介します」と言ったら、このどや顔!!(苦笑)
若干手振れ、ゴメン!!(笑)
昨年の12月頭までは、お隣のホリエテッパンバールの店長さんだった方だよ。
でね、その時は料理だけじゃなく手が空いた時にはホールにも出てらしたから、てっきりホール担当の方だと思ってた(笑)
実を言うと、アタシとこのお店との出会いは、2年以上前の2010年の秋だったりする。
ライブ帰りに何度かふらっと立ち寄ったことがあって、当時からおしゃれな良いお店だとは思ったけど、それでもアタシの中では数あるお店のひとつでしかなくて。
そんな中、昨年の秋に久しぶりに訪れたホリエテッパンバールで、この岩倉さんに出逢ったの☆
居て欲しい時にそこに居て、オーダーを聞いてくれたり、オススメを紹介してくれたり、痒いところに手が届くというのはまさにこのことで。
人見知りのアタシ(もはや大嘘)が、初めから心全開でお話できる空気感がとても心地く、その接客に惚れ込んじゃったんだよね。。。
正直、飲屋(この時はそんな感覚)のスタッフさんの接客に期待なんてしてないから、感激しちゃったんだよ~☆彡

とは言っても、本業は料理人。
牛の生肉を見ては「セクシーや。。。」と妖しく微笑む肉フェチ(爆)。
「この肉をどう料理すれば美味しくなるのか?どんなソースと合わせると味が生きるのか??それを想像するとムラムラする」って(笑)
料理人ならではの感性は新鮮で面白い。
味をイメージし、描ける人の発想なんだろうなぁ。。。でなきゃ、ただの変態だ!!(爆)
基本的な作り方はあるけれど、そこからどうアレンジして自分の味を作っていくのか??
さらには、自分の発想で新たな料理を創り出す。
料理人ってクリエイターであり、アーティストなんだなぁって、岩倉さんを見ているとつくづくそう思うよ。。。

とにかく料理に対して熱いハートを持った方なんだ!!
本人は気付いてるかどうかはわからないけれど、料理やお店の話をする時には顔が変わるの!!
真っ直ぐな目をして、笑顔が消える。真剣な表情になるの。
自分の目指すものに真剣に向き合ってる人の話は聞いてて面白い。
「牛のと殺の現場から解体されて食肉になっていく全ての工程を見てみたい」って言葉には一瞬ギョッとしたけど、一呼吸置いたら、それは素材に対する愛情なんだなって気付いたよ。
いつも愛おしそうに食材を見てるもんね??(笑)
岩倉さんにとっての料理は、ただおいしいものを作ればいいということではないんだろうね。
その料理を通して、ハッピーな時間をみんなと共有することをとても大切にされているように感じる。
美味しい料理で会話が弾み、楽しい時間が流れる。
笑顔が笑顔を生み、あったかい幸せな空気が生まれる。。。
そういう空気を作ることも含めて丸ごと料理だと考えているんじゃないかな??
アタシはそう感じてるよ。
「自分の料理を食べた人が少しでも幸せになりますように・・・」
岩倉さんのそんな願いが込められた料理に、いつも心を幸せにしてもらってる。
これぞ究極のおもてなし!!
そして、そのマインドがスタッフさんにちゃんと受け継がれ、息づいているから、あんなに素晴らしいお店が出来上がるんだろうな。。。

そういう店だから安心して大切な人を連れてこられるし、連れてきたくなる!!
誰を連れてきても、みんなうれしそうに楽しそうに食べて飲んで、笑顔がいっぱい咲くんだ♪
その光景を目の当たりにすることが、アタシにとっては至福の時でもあるわけよ。
千綿さんの言葉を借りれば、

僕からキミへ、キミから誰かへ、誰かからまた僕のもとへ
そうやって きっと 笑顔は巡ってくるんだなぁ…

そんな風に、とても良い循環がここにも生まれるの。
まるで自分のご贔屓ミュージシャンを薦めて、気に入ってもらったのと同じ感覚だ!!(笑)
その循環の中に居られることが、アタシはうれしい♪

いつもホントにありがとう♪


にしても・・・
本音とは言え、ちょっと褒めすぎて気持ち悪いから、ひとつだけ言わせて!!

ホットコーヒー飲ましてくれ~~!!(笑)



でね、これを書いててふと気付いたよ。
最初はお店の紹介をしたかったのに、気付いたら“人”のことを書いてる。
お店よりも人を紹介したくなってる自分がいて。
アタシは熱いハートを持った人、心を届けてくれる人が大好き。
一生懸命頑張ってる姿を見ると、全力で応援したくなる。
うれしいことも、楽しいことも、悲しいことも、悔しいことも。
ん?なんかの曲みたいだ♪(笑)
結局、どんなことも、すべては“人”なんだなぁ・・・。
アタシ、“人”が好きなのかもしれない。。。


そう。ここは人の心が感じられるあったかいお店。
そのあったかい光をずっと灯していて欲しいなぁ。。。
て思うんだ♪


ホントにステキなお店だから、“行きたい”と思ったら迷わずGOよ!!

でも、アタシの席は空けといてね~!!(笑)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

岡野宏典 『AOZORA』 リリース♪ [岡野宏典♪]

aozoro.jpg

AOZORA  by 岡野宏典


待ってたよ~~!!
岡野宏典、待望のニューシングル、『AOZORA』!!
2009年3月にリリースされた『奇跡』以来だから、実に4年ぶり??
岡野君も随分うれしそうだね~♪
そんな岡野君見てるの、なんかうれしい☆彡
で、これ、先日1/19のAOZORAライブの開場限定で販売されたんだけど、浜松のCDショップ、IKEYAさんの通販で買えるのねん♪
収録曲は、『AOZORA』とそのインストゥルメンタルの2曲だけで、価格も500円!!(送料別)
数量限定らしいから、希望される方は急いで!! →コチラ


で、この『AOZORA』なんだけども。。。
岡野君のセルフフロデュースで、作詞作曲から楽器演奏までまるっと全部岡野宏典!!
「空の表情に力をもらい、果てのない空のように無限に夢を描いていきたいという想いを込めて作った」というその言葉通り、イントロから壮大な広がりを感じるんだ。
空がぐんぐん迫ってくるイメージ♪
ほら、アタシってよくもみじ川芝生広場で寝転がって空見上げては、「空に吸い込まれる~~!!」とか言ってるやん??まさにそんな感じ(笑)

余談だけど、千綿さんが「星空に落ちそうになって怖かった」ってどっかで話てたんだけど、アタシその感覚すっごい分かるねん。。。
見てる空が青空か夜空かで表現が変わってくるのが面白いね~☆彡

っと、話を戻して・・・(笑)
聴いてるとね、いつものとは違う、なんだかとってもあったかいギターの音が響いてるのん。
多分ね、ガットギターだと思うのん。
コブクロの『エピローグ』で鳴ってるのと似た音だったんだよね。。。
そしたら、やっぱり。。。岡野君が「これです」ってツイッターで紹介してくれてた♪

ってことで(笑)、アレンジは「青空」って言葉にドンピシャな仕上がりになってると思うのん♪
Bメロからサビへ流れてくところのムードは好きな感じ♪
シンプルな言葉だけで綴られた歌詞からは、今岡野君が感じてることや力強い意気込みがストレートに伝わってくる。
ただね、その力強さとか熱が唄声からそんなに伝わってこないんだ、、、(汗)
力強い歌詞なのに、サビがすべてファルセットってことで、パンチ力がなくて、、、
落ちサビくらいは地声でなんとかならんかったかなぁ??(苦笑)
ファルセットだとどうしても言葉がぼやけちゃうんだよ、、、(汗)
もうひとつ言わせてもらうと、ん゛~~~。
唄にメリハリがないんだな。一番強く伝えたいのは何なのか??
声から表情が見えてこないよ。
岡野君はこの曲をどんな風に届けてくれようとしたのかな??
アタシの感覚では、この曲はもっとキラキラしてるイメージ☆
同じ空をイメージさせてくれる『風待ち』や『キャンバス』と比べても、キラキラ感があまりない。
文字数の少ない曲だから、表現力で勝負しなきゃいけない曲だと思うんだけど、声がこの曲の世界観を表現しきれてない気がして仕方ないんだ。
だけど、岡野君はこれで良いと判断した。
てことは、つまり、アタシが岡野君の唄をキャッチ出来なくなったのかな?って正直焦る。

率直に言って、初めて聴いた時に「好きだ」って思えなかった。
ま、それは仕方ないよね??
全部が全部好きって方が、逆に気持ち悪いし(笑)
ただ、この曲を聴いたときに真っ先に感じたのは“物足りなさ”だったんだ。

自分の感覚を確かめるために何度も何度も聴いたよ。
でも、やっぱり“物足りなさ”は払拭できなかった。

その物足りなさはどこからくるんだろう??って考えた時に頭に浮かぶのがやっぱり“声”なんだよね。
あの胸にビリビリ響いてくる声・・・。戻ってきてないなぁって、、、
結局、唄いこみが足りてないんじゃないのかな??って思うんだ。
“この曲の”ってことではなくて、“唄そのもの”のね。
今さ、客観的な率直な感想とか、アドバイスとか、そういう刺激、受ける機会あるのかな??
もっともっと実践で唄を磨いて欲しいなぁ・・・って思うんだ。
もっともっと色んなところで、色んなシチュエーションで、色んな人と対バンして、色んなことを吸収して、“唄うこと”をもっと身体に叩き込んで欲しい!!
やっぱ、年間に何十本とライブを演り続けてる人の“唄”は、声の迫力や抜け感、表現力から、何から違うよ。
同じようにしろとは思わないけれど、でもさ、もっと出来ること、あると思うよ。
環境や立場を言い訳にせず、来る話を待ってるんじゃなくて、自分からどんどん動いてって欲しいなぁって思うんだ。
もっとガツガツして欲しい!!

ちょっとネガティブなことを好き勝手に書いてしまったけど、でもね。
この曲には今の岡野君の大切な想いが詰まってる。
そこのところはしっかりと受け止めてるつもり。

最近の岡野君、すっごい前向いてて良いよね??
ブログとかツイッターとか見てても、マインド的にすごく充実してそうだし、音楽を楽しんでるムードをすごく感じるよ!!
岡野君から最近よく発せられる「熱」って言葉に、アタシはニヤニヤしてるよ(笑)
以前に比べると、ファンの方にも随分目を向けてくれるようになった気もするし。
うん。とっても良いムードだ♪
ブログにアップされた「一期一会 その6」での写真も、キリッと引き締まった良い顔してるもんね??
あんな顔見せられたら、やっぱり期待することをやめられない!!(笑)
実はそろそろ貪欲に動き出してくれるんじゃないかって、期待してるんだよ♪


と、その前にアルバムか!?
そのアルバムはアタシを満足させてくれるだろうか??
ちょっと不安(爆)
いやいや、“力作”だと力強く言ってくれた岡野君の言葉を信じよう!!

そして、アルバムが完成したら、もちろんそれを売らなきゃいけないよね??
うん。動くな。きっと。。。
これで動かんかったら、先はないと思いなさい!!(キッパリ!!)


岡野君、がんばれーーー!!


と、やっぱり優しいファンにはなれないアタシなのであった、、、トホホ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。