So-net無料ブログ作成
検索選択

別冊UTA-KAI Tour 2012 「別冊UTA-KAI vol.50」 @OSAKA MUSE [LIVE記録(インスト、フリー、ブッキング等)]

かなり密かに、食欲不振、倦怠感、頭痛に襲われおりましたよ。
まさかと思って熱を測ってみたら・・・あれあれ??
熱があるどころか、むしろ熱が低すぎるという訳の分からない状況で・・・。
体温が上がらずにしんどいということを、初めて経験しましたよ、、、
完全にMUSEの冷房にやられましたな、、、

冷房は寒かったけど、初めて参加した別冊UTA-KAIは、ステキなアーティスト達が熱いステージを魅せてくれましたよ!!
15時に開演し、終了した時には21時半を過ぎていたという、長丁場!!
幸いにも座席を確保することが出来たから、貧血の恐怖におびえることもなく最後まで楽しむことが出来ました♪
もうね、ホント、プチパニックを持ってる人間には、スタンディングはかなりのプレッシャー(滝汗)
体力に自信のない人は・・・って言ってくれても、見た目元気だからなかなか・・・ねぇ??(苦笑)


2012年6月24日(日)

出演者(登場順)

大橋タカシ
千綿偉功
真田暎人
ササキオサム
ZILcoNIA
秋休
下地正晃
SIO


千綿さんと下地さん意外は初めましてのアーティストさん。

開演前に知り合いの方と談笑していたら、不意に会場の照明が落ちた。
ステージにSIOさんが姿を現し、出演者を呼び込む!!
SIOさんに呼び込まれた千綿さん、簡単に挨拶をすると、ぐるーっと会場を見渡す。
きっと自分のファンがどこにいるのかを確認してたんだろうね。
その視線はまるでサーチライトのようだったよ(笑)


大橋タカシ

オープニングセレモニーで、千綿さんが背比べしてたんだよね。
タッパのある人で185cmって言ってたかな??
ギターの弾き語り。
ビジュアル的にギターをかき鳴らして男くさい歌を唄う人かと思ったんだけど、意外にキャッチーな歌を唄う人で。
歌声に特別特徴があるわけではないけど、なんだか言い感じに楽しめたよ。
手フリとか、一緒になってやっちゃったよ~~!!(笑)
MCもなかなか面白く、楽しいステージだった♪


2番手に登場は、なんと千綿偉功!!

♪セットリスト
 1.モザイク
 2.遠くまで
 3.アイブミ~Love Letter~
 4.友よ(1ハーフ)
 5.なにもないけど

『モザイク』のイントロで、千綿ファンの方がポロポロと立ち上がってくれてさ、それに乗じてアタシもスタンダップ!!(笑)
会場は一気にオールスタンディング状態になったよ♪
いつものように「嘘でもいいから言って~!!」って(笑)
一発盛り上がって、「座ろっか」って千綿さんに小声で促されて、着席。
高校卒業してすぐに、お父さんとケンカしながら反対を押し切って東京に出てきた千綿さん。
だけど、「母ちゃんだけは最初から応援してくれてて。不安な気持ちとか、母ちゃんは全部分かってくれてた。僕はいつも紅白に出たいって言ってるんですけど、それが何でかって言うと、母ちゃんが絶対喜んでくれると思うから」。
なんだかすっごい温かいものを感じたよ。
いくつになっても、お母さんって大きくて特別な存在なんだなぁ。。。
今までお父さんの話はちょくちょく出てきてたけど、お母さんの話を聞いたのは初めてなんじゃないかな??
そんな話を聞かせてくれたあとの『遠くまで』は、ふわ~っとあったかい空気に包まれていくような感覚があったよ。
そしてそして、やっぱりいつ聴いても胸にぎゅっとくる『アイブミ~Love Letter~』♪
大好きだなぁ。。。ホント、名曲です!!
『友よ』は千綿さんのブログによると、1ハーフしか唄ってなかったんだね?
全然気が付いてなかった!!(爆)
最後は『なにもないけど』。
ここで話してくれたことは、アタシがこの曲を聴いて感じとったことそのものだった。。。
ホントにひと言ひと言丁寧に唄うよね。。。伝わり方が半端ない。
短い時間だったけど、しっかりと千綿さんの温かさ感じることが出来たよ。
唄いながら客席に視線を飛ばす千綿さん。
事前に誰がどこにいるか確認してたらからなのかな??
“来る!”っていうのが分かるんだよね(笑)
色んなアーティストのファンの中に混ざってても、ちゃんと見つけてくれる。
それってうれしいことだよね♪
もしかしたら・・・いやいや、ほぼアタシの勘違いなんだろうけど(笑)、でもそう感じることが出来たらそれで良いのだ~~(笑)
最後だったかな??長い拍手もらって、ちょっと“ふえ~ん”って感じになってる千綿さんがかわいかったな☆彡


真田暎人

サポートにパーカッションが入ってた。
ギターとパーカッションで、どちらかというとアンニュイなタイプ。
楽曲はアタシのタイプではなかったんだけど、うれしいこと言ってくれたよ~!!
「今回別UTAに参加することになったのは、僕が出して欲しいって言ったんじゃないんです。実は、僕は千綿さんに会いたかったんです。SIOさんが千綿さんと仲良いから、SIOさんに『千綿さんに会わせて下さい』って言ったんです。そしたら別UTAに出演する?って言ってくれた」
だってさ。
そうなんだよなぁ。。。
真田君に限らず、千綿さんに影響を受けたり、千綿さんをリスペクトしてるミュージシャンって、ホントにたくさんいてさ。。。
アタシもリアルにそんな声を耳にすることあるし。
プロが惚れるプロってやっぱ凄いと思うから、こういう声を聴くと、もううれしくてたまんない!!
唄うたいとしての凄さってさ、「実績」じゃなくて「実跡」。
聴いた人の中に何を残せるか?・・・ってことなんだと思うんだ♪


ササキオサム

いやいやまいったよーー!!
この方、言わずと知れたあのMOON CHILDのヴォーカルだったお方。
何でか持ってんだよね、『ESCAPE』♪
ギターだけかと思ったら、鍵盤もお弾きになるのよ♪
見た目、難しそうな雰囲気漂ってない??(笑)
これが、もう独特の空気感持ってて、おもろくておもろくて、ずっと笑いっぱなしだったよ(爆)
唄いながらフェイクとか入れてる間に着地点見失うこと数回(爆)
ネタか!!??って突っ込みたくなるくらい(爆)
何がどう面白いのかってのは、もう観てもらわなきゃ分からない!!
『サザエサン』のコールアンドレスポンスもめちゃくちゃシュールでさ(爆)
でも、ちゃんと『ESCAPE』も唄ってくれて。
あ~、おかし(笑)。あのステージもう1回観たい!!


ZILcoNIA

名前だけは以前から知ってたの。
馬場さんの大阪城ホールのアンコールに出てきたよね??
あん時はバリバリのロックバンドな印象があったんど・・・。
でさ、ヤングなバンドマンと思ってたんだけど、そうでもないのね??(笑)
もう10年以上活動してるって聞いてびっくりしたよ。
ギター&ボーカルの今津さんと、ベースの藤田さんの二人組み。
今津さん、よく響く声してたよ~♪
楽曲もキャッチーで好きな感じだった。
ただ、今回はこんな感じだったけど、本来はもっとバンドっぽい音楽するんだよね??違う??
でさ、この人がまたしゃべるしゃべる。しかも面白い。さすが大阪のバンドだわ(笑)
よく「2.5枚目」って言われるって言ってたけど、よく分かるよ!!(笑)
うん。アタシん中ではなかなかのヒット☆彡


秋休

二人組みのコブクロスタイルのユニット。
なんとなく生み出す空気感とか、ファンとの関係性がワライナキっぽいと思った。
先輩ミュージシャンたちからも「かわいがられてます」って自分で言ってたけど、うん、そんな感じがしたよ。
大阪人らしくしゃべりが達者やし、話の返しも上手い!!
先輩達の手のひらの上に乗せられて、上手いこと転がってる感じがしたよ♪
たしか、ギターの子が今ちょっと喉痛めてるんだっけ??
特に気になったわけじゃないけど、注意して聴いてると、やっぱり一時のこぶっちゃんみたいな声の出し方してるなぁ・・・って思ったよ。
でも、不調を全然感じさせないステージだったね。。。
ファンの方がサイリウム付きのうちわを持っててさ。これが結構派手にキラキラ光るやつ。
それをね、しっとりとしたバラードの時に振るのよ。
曲の世界観つぶしてるなぁ・・・って思ってさ。もったいないよ。
アッパーな曲で振るのは盛り上がるし良いと思うんだけど、あのバラードではどうだろうね??


下地正晃

navy & ivoryのボーカル♪
三木道三と少女時代とさだまさしさんのカバーを。
中でも、少女時代の『gee』をブルースっぽくアレンジして、ソウルフルに唄うのが面白かった♪
さださんの『風に立つライオン』や、下地さんの愛犬を思って作った曲に、客席からは鼻をすする音があちこちから聞こえてきたよ。
全体的にしっとりとしたムードを作っていった。


大トリのSIOさんを前にSIOさん以外の演者が全員出てきて、「座ってる人もお尻が痛くなってきたころでしょ?」ってみんなでストレッチ。
千綿さんも両腕上げておなか丸出しで大きく伸びしてんだけど・・・パンツ見えてるぜぇ~~♪(爆)
ギャランドゥはね・・・なかったよ(笑)


SIO

大トリは全曲みんな完全にスタンディングで。
なんだかんだ言っても、良い意味でSIOさんのイベントなんだって意識がどこかにあるんだと思う。
ちょっと前からツイートやブログをチェックしてたんだけど、SIOさんって繊細な方でさ。
正直ね、ネガティブでちょっと卑屈な印象を持ってた。
何をそんなに小さなことを気にしてるんだろう??って。
唄を聴いて思ったよ。
そんな小さいこと気にする必要全然ないじゃん!!って。
つまりそれは、良い歌を唄う人だったってことなんだけど。
楽曲も良いし、歌声もステキだったよ。
もっと自信を持ったらいいのに。。。
あ、生意気書いちゃった(汗) ごめんなさい。
オーディエンスに語りかける口調が結構独特で、ちょっとクサイんだけど嫌じゃないんだよね。
ワンマンへ・・・とまではいかないけど、ブッキングとかで聴けるならうれしいかも・・・。


最後はオールキャストで、このイベントのテーマソング『君がくれた約束は』をセッション♪
コールアンドレスポンスではみんな自由だし!!
ああいうノリ、大好きだな♪
youtubeとかで最後のセッションのシーン観ても、あまりピンと来てなかったんだけど、あの中に入ると違ったよ♪
皆と一緒に唄ったり手フリしたり、笑ったりで、楽しかった~!!
とっても充実感があったよ。。。



いつもは割りと前に出てくる印象がある千綿さんだけど、今回は少し退いて後ろから皆を見守ってる感じで、そんな千綿さんもいいなって思った。
もしかしたら、キャラの濃い大阪人に切り込んでいけなかっただけかもしれないけど(爆)
うん、大阪人のキャラの濃さは際立ってた!!(爆)


噂には聞いてたけど、とっても楽しくてあったかい、良いイベントだった。
椅子が出るなら、是非また参加したいな~♪



ライブ後は千綿さんに声を掛けに行ったよ。
ホントは「ありがとう!!」って思ってるんだけどさ、「もう~!!」とか言っちゃって(苦笑)
だけど、握った手に念を込めるように「ありがとう」って言ってくれる千綿さんに胸が熱くなる。
手を離したくなくて、ついつい握ったままお話ししちゃうんだよ(汗)
千綿さんってなんでこうなんだろう??
ホントに。
いつもホントにありがとう。。。


少しぼーっとした身体にビールを流し込み、戎橋筋をゆっくり歩く。
しとしと降る雨がなんだかせつない帰り道だった。。。



あ、体調は無事に戻ってます!!
nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

knave 10th Anniversary 「今宵、堀江で」 @南堀江knave [LIVE記録(インスト、フリー、ブッキング等)]

いやいや、焦ったね~(汗)

もうね、てっきり 18:30 open/19:00 start と思ってて、開場時間ギリギリに会場に到着したら、並んでるはずのお客さんがいないの!!(驚)
アレ?って思ってウエルカムボード観たら 18:00 open/18:30 start ってなってんの!!(滝汗)
まさか!?と思って慌てて会場に駆け込んだよ!!
ま、無事に良席を確保出来て、開演にも間に合ったけどね、、、
アタシにはあまりないミスだったよ。。。
時間の確認は怠ったらあかんね。ひとつ勉強になりました。。。


2012年6月15日(金)

出演者は以下のとおり。(登場順)

和多田雄介
Soulcolor
臼井嗣人
ロクセンチ


はじめまして、が二組。
その二組を簡単に。。。


和多田雄介

見た目二十歳そこそこ(実際のところは知らない)の線の細い男の子。
バックバンドがやけに豪華で☆
フルバンドにブラス(トロンボーン、アルトサックス、トランペット)まで加わって、ホント贅沢!!
曲もね、悪くなかったよ。
全体的にキャッチーで聴きやすく、見た目通りの音楽をする人だった。
だけど、やっぱりブラスが気になって、途中からそっちばっか注目してたよ(笑)
上手いのかどうかはわかんないけど、この距離感で聴くブラスの音色は新鮮だった♪


Soulcolor

もともとWyoricaってグループで活動してた人らしい。(アタシはそのグループを知らない)
アコギの弾き語りだったんだけど、弦を押さえる音がキュッキュ鳴るのが気になった、、、
アタシ、あの音苦手なのよね、、、
へちゃぁってした声で歌う人で、それもアタシにはノーサンキューな感じで、、、
ま、シースルーのおばちゃん話は大爆笑やったけど(爆)
なんか不思議というか、独特の空気感を持ってる人だった。



お目当ての臼井嗣人君は3番目に登場!!
髪が少し伸びてて、アタシ的には丁度良い感じ(笑)。
ま、臼井君の場合、そこにこだわりはない!!(爆)

まずはセットリスト♪

1.春紫苑
2.ウソツキ
3.Express 21st Century
4.circle of love
5.大人になった僕達は
6.花吹雪
7.あした晴れ

どうよ?このセットリスト!!


『春紫苑』から始まるのは予想外。
春をイメージする楽曲だけど、季節を選ばないあったかくてせつないステキな曲。
久しぶりに聴かせてくれたのは『ウソツキ』。
ひと言ひと言が胸にズッシリと降りてくるようだった。。。
「電車の中が地球の縮図のように感じることがある」と言って聴かせてくれたのが『Express 21st Century』♪
久しぶりだったからか、歌詞がぶっとんだみたいね(笑)。
適当に誤魔化して、そっからはなんだか歌詞を確認しながら歌ってるみたいだったよ(笑)。
明るい歌をってことで『circle of love』♪
COL以外でこの曲を歌うのは意外だった。

ここからは、恒例の臼井君に起こった面白ハプニング話!!(爆)
前日は京都をひとりで散策した臼井君。
清水寺に行ったんだって。
この時期だから、修学旅行生もたくさん来ていたんだとか。
清水寺には“胎内めぐり”というのがあって、臼井君も入ってみたんだって。
まあ、ものの見事に前後を修学旅行生に挟まれて・・・。
中は、真っ暗な中を手すりづたいに歩いていくらしく、見えないから先が詰まってきちゃう。
そのうち、後ろの女の子がぶつかってきたんだけど、なんせ真っ暗で見えない。
女の子はテッキリ友達と勘違いして、「〇〇(友達の名前)!!」とか言いながら、臼井君の両脇腹をツンツン(爆)
臼井君もどうしていいものやら・・・
で、奥に辿り着いた所にお参りする所があるらしく、そこは明るいもんだから、女の子達が事の事情を察して、ものすごい異様なムードに包まれたんだって(笑)
臼井君は結局そこで「このムードを何とかしてくれーーー!!」ってお願いしたらしいよ(爆)
その場に居たかったーーー!!(笑)

そして、そんな面白話だけではなく。。。

京都の前日は広島のライブイベントに参加した臼井君。
せっかくなので、平和記念公園や原爆資料館も観てきたらしい。
それで、広島の方が言うには、原爆資料館に展示されている内容が昔とはだいぶ変わって来ているということ。
昔はそのままを展示していたから、エグいものもあって気分を悪くする方も出たらしいんだけど、今の子にそういうのを見せるのはどうだろう??ってことで縮小傾向にあるとか。
それが良いことか悪いことかはわからないけれど、物事は時間と共に変化していく。

そんな話から、『大人になった僕達は』。
アタシもだけど友達も大好きな1曲で、その友達がやっと参加出来た4月のライブでは聴くことが出来なかったんだよね。
だから、なんかその友達の顔が頭に浮かんじゃった。。。
しかも、すごく良い“唄”だったから、ホントに観てもらいたかったよ(泣)
臼井君の大切な1曲、『花吹雪』ときて、ラストは『明日晴れ』。
アカペラでのサビ始まりなのに、音を外しちゃって・・・(汗)
クスッとか出来るムードの曲じゃないから、ちょっと妙な空気感になったね(笑)。
ギターで音を取って、やり直し。
1番をガッツリアカペラで、2番からはギターを入れて。
実はこの曲、アタシはあまり好きでないってことはココだけの話、、、(苦笑)
でもね、大好きな曲をいっぱい演ってくれて、大満足なステージだったよ♪


ラストを飾ったのがロクセンチ!!
何ですか??ロクセンチを聴くのは2008年のトルバ以来ですよ!!
メンバーが入れ替わってからは初めて。
懐かしい気持ちもあって、結構楽しみだったんだけど、ステージ観てちょっとびっくりした。
アタシが抱いていたロクセンチのイメージって、“クール”だったのよ。
良い意味で裏切られたわ(喜)。
ボーカルの中原さんが、とってもうれしそうに、楽しそうに唄うのね。
間奏とかでは、お客さんの顔をぐるーっと見回して、こみ上げる笑顔が抑えられないって感じで笑うの!!
この人、こんなに笑う人だっけ??って思ったよ。
それと、こんなにパンチの効いた声だったっけ??って思ったよ。
今まで可もなく不可もなく・・・って感じで聞き流してたアーティストさんが、今になってアタシをこんなに楽しませてくれるなんて!!
『レイトショーを観に行こう』を唄ってくれた時は、ホント懐かしい気持ちでいっぱいになったよ。
でも、一番胸にグッときたのはファン投票1位に輝いた『にび色の向こう』だった。
なんて曲かは憶えてないけど、皆で唄った曲もあったな。
どんどん声が大きくなって、中原さん、うれしそうだった~♪
やっぱりさ、表情が見える場所からライブを観るっていうのは、演者の心の動きとか息遣いとかを感じることが出来るからいいよね。
歌の聴こえ方や感じ方が違ってくるよ。
今回ロクセンチとは本当にいい再会になったな。
なんだかうれしくなっちゃって、金欠なのに『にび色の向こう』が収録されているミニアルバム「rabbit song」をお買い上げする始末・・・(笑)

ロクセンチ.jpg


名前入りでサインもしてもらい、感じたことをそのままぶつけてきた!!(笑)
終始「いろいろあったんですよ・・・」って苦笑してた(爆)
買って来たCDを家で聴くと、ん?あれ?印象が以前と同じなんだけど・・・(汗)
ってそりゃそうだ。だって、2008年の作品だもん!(苦笑)
最新のアルバムを買うべきだったかなぁ・・・?
でも、『にび色の向こう』はやっぱ良いからいいか♪


あ、もちろん終演後は臼井君に声かけて帰ったよ!!
会話の中で、アタシのことを普通に「〇っちゃん」って呼ぶのは、千綿さんと臼井くんだけやで!!
なんか、いいよね?このフレンドリーな感じ(笑)
臼井君、SOLEは一度行ってみたいって言ってたな・・・。
でも、繋がりがないんですよねぇ~って。
繋がりあんじゃん!!(笑) 口効いてもらいなさ~い!!(笑)
ま、とりあえず今度行ったらアンケートに名前書いとくよ!!(笑)
そんでね、一番言いたいことを言い忘れるところだったんだよ!!(汗)
「今日のステージ、すっごい良かった!!」って、サムズアップ付きで力強く言ってきた!!
うれしそうだったなぁ。。。
「疑似餌」にもサイン入れてもらって、これでコンプリートしたよww
いつもありがとねん☆彡


ハコを出たら雨が降ってたけど、鼻歌交じりの帰り道~♪
ステキな夜になりました。。。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

3rd. EP 「夏の前日」♪ [東京60WATTS♪]

もういっちょ、おおたけしたち☆

夏の前日.jpg

夏の前日 by おおたけしたち



こちらは最近リリースになったおおたけしたちの3rd.EP『夏の前日』。
ジャケットが2種類あって迷ったんだけど、やっぱ「夏は海だろ?」ってことで、バッチリ海が写ってる方をね。
収録曲は、表題曲の他に『男と女のラブソング』と『うちわ風』の全3曲入り!!
例の如く、感想などを少しずつ・・・


1.男と女のラブソング

「誰にでも一度や二度、そんな経験があるでしょ?」って・・・。
ねぇよ!!(爆)
目が覚めたら知らない女が、知らない男が寝てる、なんていうどうしょうもない行きずりの恋を歌った曲なんだけど、初めて聴いたときから結構気に入ってる!!
でも、突然登場した女の子の歌声にビックリしたよ!!
デュエット曲になってんだよね。。。
たけし君が一人で男の子と女の子を唄い分けるのが大好きなアタシとしてはやや戸惑ったけれども、何度か聴いてるうちにこれも悪くないなってね。。。
宮城美奈ちゃんっていう女の子なんだけど、チャーミングな声してるのよね♪
女声があまり得意でないアタシだけど、こういう声は好きな感じ。
最後の 男と女はルルルルル~♪ 心と身体はルルルルル~♪ ってのが、なんか意味深で艶っぽい!!(笑)
でね、 そんなものさ ジャジャジャジャッ Ha! の“Ha!”ってのが妙にツボで、この部分がクルクルクルクル頭ん中回るんだよねぇ(笑)
気楽に聴けるラブソングで、カラオケにあったら誰かと唄いたい!(笑)


2.うちわ風

いろんな女の子とお付き合いしてきたたけし君。
この曲はその中の3番目くらいに好きな女の子のことを歌った曲なんだって(笑)。
これも結構むかしからある曲なんじゃないかなぁ??たしか。
くそ暑い夏の歌なんだけど、どこか涼やかで。
なんか、いいよ♪


3.夏の前日

たけし君らしい哀愁を感じるミディアムバラード。
そうだなぁ・・・『陽の当たらない部屋』とか『池袋3丁目の夕陽』、『東京』みたいなテイスト。
3.11を意識してる部分もあんのかな??
アタシには、たけし君なりのエールに聞こえるよ。。。
アンニュイなたけし君の歌声も、魅力のひとつだよね。。。
そんな曲のムードを見事に表現した、セピアなMVがこれまたステキなんだ☆





完全に夏の1枚だね!!
だからってギラギラしてなくて、ホッとさせてくれる感じ。
そう、子供の頃、汗だくになって学校から帰宅した時に、氷をカラカラいわせて飲んだカルピスみたいな感じ。
↑この例え、上手くない??(爆)



このCDはまだ通販はしてないのかな??
わかんないけど、とりあえずライブ会場に行けば買えるよ~♪

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

2nd. EP 春は自転車に乗って♪ [東京60WATTS♪]

先日、やっと手に入れることが出来た、おおたけしたちのCDをご紹介♪

2ndep.jpg

春は自転車に乗って by おおたけしたち


おおたけしたちの2nd. EPは、『春は自転車に乗って』♪
ギリギリ春にリリースされたんだっけねぇ??(笑)
今回も手作り感満載!!
盤のタイトル字、たけし君の字だと思うけど、味があっていいなぁって思ってる♪

このEP2には、表題曲のほかに、『懐かしのピーナッツ』と『イッツ・オーライ・ベイブ』が収録されてるよん♪
1曲ずつ簡単に感想など・・・。


1.懐かしのピーナッツ

千葉県出身のたけし君。
子供の頃は「お腹が空いた」って言ったらピーナッツが出てきたんだそう(笑)。
この曲は、そんな地元での友達とのことを歌った曲。
自分たちをピーナッツに例えてんだけど、これがさすがでさ!!
軽快なのにどこかノスタルジックなムードがたけし君らしくて、『ブルーベリーブルー』を彷彿とさせる1曲だよ♪
そうそう、アコギがとっても印象的で、誰が弾いてんだろ?って思ったら太朗君だったよ!!


2.イッツ・オーライ・ベイブ

おおたけしたちのライブではマストな曲!!
だけど、アタシが東京60WATTSを知る前からあった曲で、ワッツではなくたけし君のソロライブや、たけお(琢雄君とのユニット)のライブで演奏されてきた曲。
これがさ、聴いて驚いたよ☆
たけし君の唄がめちゃくちゃ優しいんだ。。。
ライブで聴かせてくれる元気いっぱいの唄とはムードが違っててさ。
どっちも好きなんだけどさっ。
詞の世界観は“ケセラセラ”な感じなんだけど、ん~、そうだなぁ。。。
CDでは黙って寄り添ってくれてる感じで、ライブではやけ酒に付き合ってくれてる感じなんだよ~♪
気持ちが沈んでる時はCD、荒れてる時はライブで聴くのが良いと思う!!←個人的意見
もちろん元気な時は尚よろしい!!とにかく楽しいから~!!
つかさ、この曲、こんなに良い曲だったんだね~♪


3.春は自転車に乗って

そよそよとした風と桜の香りが漂ってくるよう。。。
ホント、叙情的で景色が見えるようだよ。。。
自転車のベルの音とか、マンドリンが良い空気作ってるなぁって思った♪
大切な人との穏やかな日常がゆっくり流れてるような、そんなあったかいムード。
さわやかで、優しくて、そして可愛らしい。
たけし君の真骨頂だね!!
この曲はMVがあるんだよ!!



たけし君の作る曲、やっぱ良いわ~!!
特に詞!!詞が好きだ!!
叙情的な表現とか隠喩の上手さはアタシの中ではナンバー1だよ☆彡
たけし君の書く詞には、匂いや温度や景色を感じることが出来るんだよね。。。
そんで、根っこのところに優しさがあるんだよね。。。
ホント、良い曲作るわ~♪
唄の表現力も抜群でさ。
たけし君もまた、良い唄うたいだよ!!ヒューヒュー!!


で、このCDはおおたけしたちのライブ会場か、たけし君の通販で買えるよ!!

詳しくは ⇒ コチラ


よろしければ是非!!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ひとり。 [あんなこと、こんなこと。]

ひとりぼっちの朝。

枕もとのiPhoneに手を伸ばし、寝ぼけ眼で色んなあれやこれやをチェック!!


もぉーーーーーーーーーーーっ!!!!!!


一気に目が覚めて叫んだよ、、、(苦笑)
この叫びにどんな想いが込められてるかは想像に任せるとして、、、

今ならどっちに転ぶことも出来るけど、世の中早いもん勝ちやからね!!(笑)
キミの負けだ!! ワハハ♪



さてさて。
旦那は昨夜ワイハへ飛んだ。
社員旅行だって。
よろしいことで。。。♪♪♪


1週間ほどひとりの生活だ。


やっぱあれやね。
いつも帰ってくる人が帰ってこなかったり。
いつも聞こえてる声が聞こえなかったり。
いつも横で寝てる人が寝てなかったり。
そういうのって、ちょっぴり淋しくて、ちょっぴり心細いね。。。


ひとりの時間は大好きだけど、ひとりの生活はきっととっても淋しくて心細いもんなんだろうなぁ。。。
ひとりが好きだって言えるのは、帰る場所とか飛び込める胸があるからだ。きっとね。。。


ってことで、旦那の居ぬ間にアタシは臼井君に会いに行くことにしよう♪
そっちのトップレス美人によろしく☆彡

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

おおたけしたち 3rd. EP レコ初ライブ! @心斎橋JANUS [LIVE記録(インスト、フリー、ブッキング等)]

生憎の雨の中、もうかれこれ半年振りになるたけし君の生唄を聴きにJANUSへ⇒⇒

2012年6月8日(金)

平日だからなのか、雨降りだからなのか、開場時間になってもお客さんがまばらで・・・。
会場に足を踏み入れて我が目を疑った!!

まさかのスタンディング!!(滝汗)

想定外のスタンディングはかなり動揺するもので、、、
スタンディングに弱いアタシは、片隅にあったテーブル席に座らせてもらいました。。。


出演者は次のとおり。(登場順)

井上ヤスオバーガー
マキタスポーツ
おおたけしたち


井上ヤスオバーガーさんは、ワッツがらみで名前だけは目にしていたアーティストさんで、歌を聴くのは初めて。
ギター1本での弾き語り。
ギターをジャカジャカかき鳴らしながら我鳴るように唄う方で、非常に泥臭い!!
個性的な声をしていたけど、アタシの路線ではない!!
だけど、MCは面白かった♪ ←そこかい!!(笑)

マキタスポーツさんはよくTVで拝見してた方。
つい先日も笑っていいとも!に出演されてるのを見てたよ♪
ステージは完全にネタで、抱腹絶倒だった!!
特に、桑田佳祐と長渕剛の『いとしのエリー』が最高にウケた!!
テレビでもおなじみのミスチルのネタとかもあったね。
ラストの「コブクロや絢香もこんなことしか唄ってません」って言いながら唄ったのは「歌うま~い ごっつい歌うま~い」ってフレーズばっかりのオリジナルソング(笑)
笑った~♪
ホントに色んなネタが観れて楽しかったよ☆
そうそう、それで、この方、ギターが上手くてビックリしたよ!!


そしてそして、おおたけしたち!!
今回の“たち”は次の面々。

Gt. 町田昌弘 (from 100S)
Ba. 山川宏正 (from THE BOOM
Dr. 森利昭 (from 東京60WATTS)

何気にごっつい豪華メンバー☆彡


♪セットリスト(順位不同)
 1.おおたけしたちのテーマ
 2.懐かしのピーナッツ
 3.うちわ風
 4.入間の借家で犬と暮らしてる
 5.夏の前日
 6.春は自転車に乗って
 7.男と女のラブストーリー
 
 EN.イッツ・オーライ・ベイブ


ひとことで言えば、とってもポップなステージだった!!
ステージに乗ってる人が皆良い笑顔で楽しくてしょうがない感じ。
たけし君の唄を半年振りに聴いての第一印象は「上手くなったなぁ」だった。
JANUSの音が良いってのもあるだろうけど、声も良く出てたし、響きが違ってたんだよなぁ♪
そんでさ、唄いながらくるくる変わる表情見てたらさ、「やっぱ良いよなぁ。。。」って気持ちが蘇えってくるの☆
声に表情が乗っかってくる唄い方をするんだよ。。。
たけし君の書く曲も好きだけど、元々はその唄い方に惚れ込んだんだよなぁ、アタシ。
そしてそこに千綿さんと共通するものを感じで、アタシはこういう魅せ方、聴かせ方する人に弱いんだなぁって思った。
アタシ、自分が思ってる以上にたけし君の“唄”が好きみたい(笑)。

そんでね。
唄いながら挟んでくる喋りの着地点を見失ったり。
気が付いたら「男はいつも待たせるだけで~♪」とかって、松山千春を唄いだしたり。(うん、似てたよ・笑)
それに山川さんが乗っかってたり。
やりたい放題のたけし君に、町田さんや森さんがつっこみを入れたり。
山川さんや町田さんって、あんなにポップな方だったんだね~(笑)
演奏できなくなるくらい本気で笑ってるたけし君や、森さんがおかしくておかしくて(爆)。
たけし君、愛されてんなぁ。。。って思って、心がホッコリしたよ。
そんで、たけし君は森さんが大好きなんだなぁ。。。ってことも感じた♪
オーラスの『イッツ・オーライ・ベイブ』のコールアンドレスポンスはもうわけわかんない状態になってたけど、最後はちゃんとたけし君らしく締めてくれたよ☆彡
ホントに自由で楽しいステージだった~♪


ライブ後は2nd.EP『春は自転車に乗って』と3rd.EP『夏の前日』を購入。
思わず「EP2とEP3ください」って言ってるアタシに「馬場さんかよ!!」って心の中で突っ込みいれたよ(汗)。
このCDについてはまた別途・・・。

でね、たけし君と森さんにサインを入れてもらって。
「久しぶり~」なんて挨拶したら「本当だねぇ」って。
たけし君に「歌、上手くなったんじゃない?」って言ったら「やっぱ、そう思う?」ってニッコリ。
いつも冷たい手をしてる印象があるんだけど、あんなにあったかい手は初めてだったなぁ。。。
森さんに感じるあの安心感はなんやろね??
「12月以来ですね」って言ったら「今年もよろしくお願いします」なんて、二人でお辞儀し合って、新年の挨拶(笑)
「次はいつ会えますか?」って訊いたら「今度は秋くらいかなぁ・・・」って言ってたよ♪
う~~ん、やっぱり森さんのあのあったかい空気感、好きだなぁ。。。


なんかねぇ。。。
正直、気持ちが盛り上がらない状態での参加だったんだけど、行けばやっぱり楽しいんだよ!!
行ってよかったってホント、心から思ってる。


色んなアーティストさんがいて、それぞれに色があってさ。
だから求めるものももちろん違うわけで。
そんな、それぞれの色を存分に楽しめる感覚を持ち続けていたいなぁ。。。

と、感じた夜でした。。。











nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

良い循環。 [千綿偉功♪]

パンパンやで~~!!もう、パンパンやで~!!(ソフランCM風)

何がって??

いやね、書きたいことがいっぱいあって何から書けばいいのかわからなくなってるうちに、ハートがいっぱいいっぱいになっちゃったってことなんだけども。。。(汗)

で、ちょっと整理してみようかなぁって思う。



応援の仕方って人それぞれだよね??(唐突だけど)
内に秘めるタイプと拡散するタイプ。
アタシは見ての通り拡散型(笑)。

こないだ馬場さんのライブ前に友達がアタシのおめでたいチワ話に付き合ってくれた。
ここには憚られて書けなかったような事とか、ちょっと真面目な話とかいっぱい聞いて貰った。
その中の真面目な話をひとつ。
千綿さんからもらった「ありがとう」について。。。
GWの最後にもらった千綿さんからの「ありがとう」がいつもの「ありがとう」とは違ってたって話。
これは五感ともうひとつの部分で感じた事で、その「ありがとう」の中にこめてくれた想いが何なのか・・・てことを話してたんだ。
友達にこんなことを言われた。

「目に見えない応援もあって、それはそれで良いと思うけど、目に見える応援って、やっぱりすごいうれしいんやと思う」

半ば自己満足的な応援しか出来ないアタシには、これは励みになる言葉だったんだ。。。

でも、内に秘めたい気持ちもすごく良く分かる。
自分が見つけた音楽を、自分だけで楽しむのは至福だったりする。。。
誰にも干渉されず、心乱されることもないから楽だ(笑)。
こんなアタシでも、時々そっちの方向に進みたくなる時がある。
でも、その度に思い出すのは千綿さんの「宣伝部長!」って言葉。
これ言われた時、背筋が伸びる想いがしたんだ。
「ファンの言葉はそのアーティストの宣伝に繋がる」ってことを初めて自覚した瞬間。
ま、その逆もあるけど・・・(汗)。
アーティストが一番の営業マンだとしたら、ファンは一番の宣伝部長。
しかも、宣伝費ゼロ!!(爆)

もともとアタシは良い音楽に出逢うと黙ってられない性質。
千綿さんに限らず、不遇のアーティストを追いかける傾向があるから、尚更!!
「こんなとこで唄ってる場合じゃねぇ!!みんな一体何聴いてんだよ!!??」
っていっつも心ん中で叫んでるよ!!(笑)
一人でも多くの人に知って欲しくて、一人でも多くの人に聴いて欲しくて・・・。
ましてや、千綿さんの頑張りを目の当たりにして、「力を貸してください」とか言われたら、応援せずにはいられないし、応援したくて仕方がない!!
CD買って、ライブ行って・・・それだけでも十分だと思うけど、でも、一人で楽しんでるだけじゃ裾野は広がらない。
出逢わなきゃ知らないし、知らなきゃ聴かないし、聴かなきゃ分からないし、分からなきゃ売れない。
だったら、先に出逢うことが出来た自分が、出逢いのキッカケを作ればいいんじゃないか?って思った。
それはつまり、ブログを書いたりツイッターでつぶやいたり、LIVEに誰かを引っ張ってったりってこと。
もちろんそればっかり考えてたら音楽が楽しめなくなってしまうから、本末転倒にならないように、適当に・・・だけども。

応援したい人がそこにいるから応援する。
その応援に応えてくれる人がいる。
その頑張りを見て、もっともっと応援したくなる。

それってステキだな・・・。
そんなことを考えてる時に目にした千綿さんの言葉。

僕からキミへ キミから誰かへ
誰かから また 僕のもとへ
そうやって きっと 笑顔は
巡ってくるんだなぁ…

音楽はとてもステキな循環を生むんだなぁ♪

千綿さんの為というよりはむしろ自分の為にやってることが応援に繋がるとしたら、こんなにうれしいことはない。




懸案事項だった7月のライブスケジュール(笑)。

千綿さんから「7月に神戸入れるよ」とは聞いていたけれども、まさか2回とは予想外!!
特に、7/8には冷や汗かいたわ(滝汗)

最初に7/29の神戸の告知があった時、馬場さんの野音と被らずにほっとしたのん♪
そんで、7/8は岡野君の浜松ワンマンがあって、正直5分5分で迷ってた。
迷いの理由は金銭面が大きくて、7/7に既に岡野君のSOLEが決まっていたし、あまり無理したくないなって気持ちもあったしね。
あと、それとやっぱりなんだか妙な胸騒ぎがあったんだ。(本当)
ここはぐっと堪えて岡野君の浜松を見送った。
そっからの7/8の神戸告知!!
やっぱりかーー!!??って感じで。
いや~、危なかった~(滝汗)
だけど、これってアタシにとっては一番良い結末。
岡野君を堪能した翌日、千綿さんを堪能できるんだから。
それも金銭面で無理せずにね(笑) ←貧乏臭くてヤダ~(泣)

ほっとして「森の音楽会」のHP見に行ったら、再び冷や汗かいたよ(汗)
だって、このイベント、開催が7/7~7/8だったの!!
ってことは、ヘタしたら千綿さんの出演、7/7だった可能性もあるってことでしょ??
そうなってたら、アタシきっと禿げることになったと思う(爆)
そう、そうなんだよ!!
あん時、千綿さんに「7/7は他が入ってるからやめて~!!7/7やったらアタシ禿げる~!!」って悲壮感たっぷりに訴えてさ。
そん時、「7/7は大丈夫」って言ってくれたから安心してたけど、これはCASHの話だったからね~(汗)
上手いこと7/8に当ててくれてホント、ありがと~♪



だけどね。こっちは上手くいかんかった~(泣)
馬場さん出演の「風のハミング」♪
去年すんごい面白くて、今年も絶対に参加しようって思ってたの。
まあ、ものの見事に千綿さんの神戸ワンマンと被った~!!(泣)
アタシは神戸に行くよ!!
この気持ちに迷いはないんだけどね、旦那の残念そうな顔がねぇ、、、
旦那も「風のハミング」は楽しみにしてたからね。。。
一人でも楽しめるけど、やっぱり二人の方が楽しいもんね??
ごめん、許して~~(滝汗)


とりあえず、以上かな??(笑)


どうやら梅雨入りみたいだね??
今日は半年振りにたけし君と森さんに会いに行くよ♪
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

馬場俊英 ACOUSTIC CIRCUIT 2012 @KBS京都ホール [馬場俊英/LIVE記録(ワンマン)]

2012年5月25日(金)

kbs京都.jpg


京都で馬場さんのライブを観るのは、2007年の冬ツアー以来になる。
当初は行く予定じゃなかったんだけど、躊躇してる間にソフィアを逃したアタシに、お友達が声を掛けてくれて参加することになったのねん♪
初めてのハコで、座席表とかも見つけらんなかったんだけど、現場に行ったらかなりの良席であることが判明!!
財政が火の車のアタシとしては、握手のためにCDを買うのは・・・って思ってたんだけど、テンション上がっちゃって気が付いたときにはCD手にしてたよ!!(爆)

でね、ここの椅子がなんとまあ、披露宴会場か!?って立派な椅子で、なんだか厳かだったよ(笑)。
ソフィアに参加した友達が、ライブ後にえらく盛り上がっててさ。
めちゃくちゃハードル上げてくれたから、それなりに期待してたのん♪


続きを読む(以下ネタバレ)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。