So-net無料ブログ作成
検索選択

広沢タダシLIVE @umeda AKASO [広沢タダシ/LIVE記録(ワンマン)]

おっとーーー!!
なんだか随分空いてしまったけれども、元気が漲っておりますよww

広沢君のことを書かなきゃ、書かなきゃと思いつつも、映画行ったり、ライブ行ったり、新たなライブ告知に胸が躍ったりでバタバタしててなかなか落ち着かなくて、書くモードになれなくってさぁ~♪


さてさて。
2週間近く前の話になるけれど、半年弱ぶりに広沢君の生唄聴いてきたよ~ん♪


2012年5月18日

奇跡的にめちゃくちゃええ天気でさ。
わくわくしながら入場したら、まるで“僕らの音楽”のような景色が広がっててさ☆
ステージが本来客席の真ん中に作られてて、それを360度取り囲むように座席が並べられててね。
ギター、鍵盤、ベース、ドラムが中心に向いてセッティングされてて、どこに座れば美味しいのか・・・(笑)
やっぱり広沢君を正面から見たいよなぁ・・・って思いながら、半ば賭けみたいな気持ちで座席に腰をおろしたけど、なかなか良い感じで楽しめたよ♪

今回はドラムに中村優規君、ベースに山口亜子ちゃんのサポートが入ったトリオスタイル。
広沢君もギターはアコギではなくエレキのみを使用!!
ストラップが短いのなんのって・・・“鶴かっ!?”って突っ込みたくなったわ!(爆)


まずはセットリストから・・・

今回は、もう順番を全然憶えてなくて、、、(滝汗)
なんとなく書いたので、めちゃくちゃです、、、抜けもあるかも、、、

1.パーフェクト
2.ヘアーカッター
3.Party
4.door(新曲/表記不明)
5.I love you, you like me
6.ダウンジャケット
7.二重人格(新曲)
8.Smile again
9.君に会いたくない
10.Slow
11.アンソニー
12.遠い記憶
13.雷鳴
14.夢色バス
15.最後の日(新曲)
16.手のなるほうへ
17.流れ星
EN1.ブルー
EN2.星の願いを(新曲)
EN3.悲しみのぬけがら


ステージに姿を現した3人。
アタシの視界からは、左のすぐ前に亜子ちゃん。やや右斜め奥に広沢君、右奥に中村君。
中村君の姿はお客さんで殆ど見えてなかったよ。
でさ、この亜子ちゃんが、黒いシャツに黒のミニスカート、ラメの入った黒いタイツに黒のエナメルのヒール。
これでグルーブに乗って揺れるから、やたらエロくってさ!!(笑)
けど、それがまたなんだかカッコいいんだよねぇ☆彡
最初の数曲はこの亜子ちゃんのエロさに気がいってしまって集中出来んかったよ!(爆)
なんてね。。。


こっからは憶えてることを羅列していくよ。


オープニングはアタシが以前からバンドで聴きたいと切望してきた『パーフェクト』!!
やや遅いテンポで、一気に盛り上げるというよりは、じっくり聴かせるといった感じ。

エレキのみの弾き語りで聴かせてくれたのが『I love you, you like me』。
初めて聴いた時は琢雄君のピアノが印象的で、それ以降はずっとオートハープの弾き語りだったから、とても新鮮だった。
アタシはオートハープよりもこっちのが好きだな♪

『ダウンジャケット』では今回あのコーラスが!!(爆)
だけど、亜子ちゃんのコーラスはパンチ不足で、むしろホッとした(笑)。

新曲の4曲はあまり憶えてなんだ、、、
『door』はポップな曲だったと思う。
『二重人格』は、それを音で表現しようってことで、テンポの違うベースとドラムの融合。その狭間で広沢君が唄う・・・といった感じで、なかなか斬新で面白いと思った。
『最後の日』は・・・きっとミディアムバラードだったかと思うんだけど、駄目だ。憶えてない、、、
『星の願いを』は、星にお願いする曲はよくあるけど、星が何を望んでるか?っていう、星側の立場の歌がないなぁってところから出来た曲だって言ってた。
「星になった人の願いをイメージして作った」って言葉にキュンとして、きっと壮大なバラードがくるのかなって予想したんだけど、予想外にポップな曲だったよ!!
で、今回ステージの作り方が影響してるのか、アタシの座ってた場所の問題か、良くも悪くも楽器の音がダイレクトに聞こえてきててさ。
知ってる曲では気にならなかったんだけど、新曲の歌詞がちょっと聴き取りにくかったんだよね、、、
だから、なかなか曲に入っていけなくてねぇ、、、ちょっと残念。

鍵盤で何を聴かせてくれるのかと思ったら、なんと!!
『Slow』は大好きな曲で、まさか聴けると思ってなかったから、曲のムードと相まってウルウルきてしまったよ(汗)
しっとりと歌い上げる広沢君にぐぐぐっと惹き込まれていったよ。

幻想的なブルーのスモークの中で響いたのは『アンソニー』♪

からの『遠い記憶』に、一度引っ込んだ涙がまたまた登場!!(滝汗)
この曲、とてもせつないんだけど、じっくり聴くととっても大きくてあたたかい曲に感じるんだよね。。。
だめだなぁ・・・弱いんだよ・・・。
次から次に溢れ出てくる涙にまいったまいった。。。

完全に涙のツボに入っちゃったアタシ。
『夢色バス』でも泣けてくんのよね(笑)

本編ラストは『流れ星』。


アンコールではジャメヴTシャツを身に纏い登場!!
広沢君は黒いの着てて、「いいでしょ?」って推してくる(笑)
アタシの仲間内でそのTシャツが“サイババTシャツ”と呼ばれていることは伏せておこう、、、(爆)


アンコールではまた広沢君が鍵盤の前に座る。
広沢君の鍵盤で聴く『ブルー』ももちろん初めてで☆彡
そこにベースとドラムが加わってくる感じで、ステキだったなぁ。。。

オーラスは『悲しみのぬけがら』で締める!!
いやいや、実にファンキーでグルービン♪


ファンキーな曲もあり、ポップな曲もあり、しっとりと聴かせる曲もあり。
大好きな曲が目白押しの、とてもバラエティーに富んだ最高のセットリストに胸が躍ったよ♪
アコギを一切持たない広沢君も新鮮!!
でもさ、折角こんだけエレキ弾き倒してんだから、もっとゴリゴリのギターソロとかも聴いてみたかったなぁって・・・思うんだ。
女の子のベースは初めてだったんだけど、なんかいいね!
弾いてる様がいいわ。男にはないしなやかさを感じたよ。


バンドなのにゆったりと音を楽しむ・・・。
今回は、そんなアダルトな雰囲気のライブって感じだったよ。
たまにこういうのも良いけど、今度はいつものスタイルで楽しみたいな。。。
トリオじゃなく、ピアノも入れてドカンと盛り上がりたいわ~!!



ライブ後はエッセイにサインを入れてもらった。
ここ最近のアタシは千綿さんに慣れきってたからさ、アッサリ過ぎる広沢君との触れ合いに拍子抜け!!(爆)
そうやん!広沢君はいつだってこうやん!!・・・って一瞬で我に返ったよ。
でも、とってもスッキリした顔してて、「やりきったんだなぁ。。。」なんて感じたよ。
そんで、「また来てください」って、めずらしくすんごい笑顔くれたしね(笑)。
そう、これが普通。千綿さんが特別なんだよね、きっと。。。


さてさて。
次回は10/20、心斎橋JANUS!!
今回みたいなスタイルになるのか、どうなるのかはまだ分からないって。
とりあえず10月は怖くてチケットに手が出せなかったけど、この日は千綿さん福岡だし、次の先行かなんかで手に入れるかな??(笑)


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ファッションショーの舞台裏か!? [あんなこと、こんなこと。]

祭りのあとの淋しさ・・・


なんて、感じてる暇もなく、アタシの思考回路は動きっぱなし(汗)


栄ミナミ音楽祭の誘惑と闘いながら、そっちは岐阜の友達に任せて。。。
その裏で、広島から来阪した例の友達とランチ・・・からの、呑み!!
彼女の中の千綿熱が冷めないようにしなきゃいけないって思ってたから、絶好のタイミングでの来阪だったよ!!
ざっと10時間、しゃべり倒したった~~(爆)
途中、栄からの速報が入ったり、色んな音楽の話で盛り上がたね~(笑)
約半年振りだったから話が尽きなくて、音楽以外にも色んな話ができて楽しかった~♪
あ、岐阜の友達も、初めての千綿さんの生唄に心持ってかれたみたいーー!!(嬉)
「ヤバイ!」ってメールにニヤニヤしたよ(笑)。
アルバムもお買い上げいただき、ありがとう!!(笑)


で、今度アタシを待ってたのは、今年後半のライブスケジュールの組み立て(笑)

まずは無事に岡野君のSOLEを押さえ、一安心。

馬場さんの野音と秋冬ツアーのエントリーにアタマを悩ませる。
というのも、やっぱりどうしてもコブクロの存在がチラつくのよ!!
まあ、まず今年のライブはないだろうなぁ・・・と思いつつも、高を括ることは出来ず、、、
ベストアルバムもリリースされるし、ファンフェスでドカンと復活!!なんてのもなくはないよな・・・とか。
ある程度は想定に入れとかなきゃ。。。
野音が7月ってのも悩みどころ。
だってさ、「ワンマンの前に7月に神戸入れるよ」みたいなこと、千綿さんがポロッと言うんだもん!!
この時点でアタシの7月のスケジュール押さえられたようなもんでさ。
早く告知してーーーっ!!(滝汗)
ハラハラしつつも、賭けで馬場さんは野音と堺をエントリー。
神戸はペンディング。

岡野君にリクエスト入れなきゃなんないし、臼井君とたけし君のチケットも買いに行かなきゃなんない。
そうこうしてるうちに、岡野君の浜松でのライブ告知があって・・・。
SOLEの翌日だけに、即「行く!!」とはならないんだなぁ、、、(汗)
まだ発表されていないであろうライブを思うと、資金を置いておきたい。(切実)

いよいよ頭沸いてきたーーーって思ったら、身体に異変(汗)
唇が腫れたと思ったら微熱、、、
マジか??

そろそろ広沢君を身体に入れなきゃと思って、昨日DVD観てた。
そしたら、琢雄君のピアノがやっぱり超カッコよくってさ。
そうなんだよ。。。アタシん中では鍵盤は琢雄君がナンバー1なんだよ!!
だからね、琢雄君の鍵盤で千綿さんのライブが観たいーーー!!なんて欲望が渦巻くわけで(汗)
なんとなく、それは言ったらアカン気がしてガマンしてたけど、昨日ついにガマンできずに吠えたわ!!(爆)
気が付いたら、また微熱、、、おいおい(汗)


そして今日は朝からずっと広沢君を部屋に流してる♪
今年はなかなかタイミングが合わず、気が付けば去年12月以来の広沢君ライブになるんだよ!!
ドキドキワクワク♪
しかも、今日は椅子があるからね!!
オールスタンディングが苦手なアタシには、不安要素ゼロで臨めるバンド(と言ってもトリオだけど)ワンマン!!
今、想像以上に気持ちが盛り上がってきてるよ!!
早く夜が来ないかな~~♪
そんで、きっとライブ後には次の約束のチケット販売とかあったりするんだろうなぁ・・・。
でも、今日のところはそれもペンディングだ!!


あ、千綿さんの大阪ワンマンの日程も出たね。
名古屋の翌日ですか、、、
名古屋も視野に入れているアタシとしては、もうちょい離してくれた方がうれしかったんだけどなぁ・・・(苦笑)



とかね。
今もぐるぐる今年後半のライブ予定が目まぐるしく頭ん中で回ってるよ~(汗)


嗚呼、万博公園に逃げたい(爆)。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ゆあみと一緒! @UP&ALL [LIVE記録(インスト、フリー、ブッキング等)]

GW中の千綿さんとの思い出、もう全部書いたと思ったら、まだ残ってた(汗)

神戸エコール・リラのフリーライブ終了後、アタシはあるところにサクッと電話を入れたのん♪(笑)
そして、旦那に「夜のLIVEも観て帰ります」ってメールをすると、友達からもらったうれしいひと言を胸に、CASH BOXの姉妹店、UP&ALLへ向かった。
実は、千綿さんが飛び入り出演するライブイベントに、飛び入り参加することにしたのねん♪


2012年5月6日(日)

このライブイベントは、アニメソングを唄う「ゆあみ」ちゃんていう女の子3人組のボーカルユニット主催のイベント。
事前にどういうライブなのかってのは千綿さんからザックリ聞いて、確実にアタシの路線ではないことを認識してたから、ある程度覚悟して足を踏み入れたんだけど・・・。
踏み入れた瞬間、ここはどこ??アタシは誰??と激しく動揺!!(爆)
あまりにも毛並みが違いすぎる空気感に怯んだ~(滝汗)
でも、受付してくれたゆあみの3人が、受け答えのちゃんと出きる礼儀正しい元気な女の子たちだったから、好感が持てたのよね。
とは言っても、いわゆるアニオタのムードが充満していて、場違いな所に来てしまったと、いたたまれない気持ちで開演時間までじっと息を潜めていたよ、、、

出演者は次のとおり。

松moco
よもた
SADDY & MA-SHI-
ゆあみ
千綿偉功


みんな、駆け出しも駆け出しの子たちだから、こっちもめちゃくちゃゆる~い感じで観てた。
一応、紹介がてら簡単に感じたことでも書いときましょうかね??
(路線が違ってても、ちゃんと聴いてたし、観てたのよん♪)


松mocoちゃんはこの出演者の中では一番プロを視野に入れて活動してる感じがした。
ちゃんと、歌を唄ってた。
MCも自分なりに一生懸命工夫しながらやってんだろうね。それは分かる。
だけど、アタシは若い子が無理やりタメ口とかで慣れ感とか、親近感を出そうとするのは好きじゃない。
今はまだ、ちゃんと丁寧にお話した方が好感が持てると思うよ。
ま、アタシがよく知らない世界だから、それで別にいいのかもしんないけど(苦笑)。

よもたちゃんはダンスの子。
と言っても、ヒップホップとかではなく、あれは・・・なんだろうね??
アニメソングに合わせて踊ってるんだけど、よくわからん(汗)。
とりあえず「シャキッとせえ!!」って言いたいね(笑)
どんだけ自信がなかろうが、緊張してようが、ステージに立ったらシャキッとしなきゃ、見てるほうが恥ずかしくなるよ(汗)

SADDY & MA-SHI-は、男の子二人のユニット。
と言っても、ギターを弾いたりとかそういうのは一切ない。
歌は正直、酷かったねぇ、、、(苦笑)
カラオケの域を出てない感じで、合わないピッチと、上がりきらない高音に、ストレス甚だしく、、、
向かって右の子はもっそい笑顔なんだけど、超つくり笑顔!!(爆)
怖くて顔見れんかった(滝汗)
左の子は、お客さんの反応が怖いのか、MCの時は客席を一切見ず、ずっと相方見てしゃべってた(汗)
それはアカンわ、、、

ゆあみちゃんは、ホントにキャピキャピしてて、アタシもどうしてよいのやら・・・(汗)
天然キャラと、しっかりキャラと、かわいいキャラで役割分担が出来ていて、あまりにもアタシと世界が違いすぎて、逆に興味を持って楽しむことが出来たよ。
こういうのにハマる心理ってのがわからなくもないな・・・って思ったり(笑)。
ま、だからと言ってアタシがハマることはまずないだろうけどね・・・。


とまあ、あれこれ好き放題書いたけど、それぞれどの演者さんも本当に一生懸命で、それが十分に伝わってくるステージだったよ。
なんだかアタシの知らなかった世界が、ある意味怖いもの見たさ的な気持ちを呼んで、結構楽しんでる自分がいたよ(笑)。
自分の趣味と違いすぎて面白い・・・そんな感じ(笑)。


そしてそして。
ゆあみの3人からスペシャルゲストとして紹介されて登場したのが千綿さん!!Yeah!!
「金色のガッシュベル」とか「デジモンアドベンチャー」をオンタイムで観てた人もいたみたいで、すごい盛り上がりで迎えられた千綿さん。
ま、当たり前なんだけど、千綿さんがギター持って出てきた瞬間空気が変わったね。
この一気に熱を帯びる感じは、こういうライブでも同じなんだね。


◆セットリスト
カサブタ
逢えない夜を越えて
アイブミ~Love Letter~
Butter-Fly

アタシはね、千綿さんが唄う前からそうなるって予想してた。
「♪明日へ続く坂道の途中で」
『カサブタ』をワンフレーズ唄っただけで、会場がどよめいたよ。
そりゃぁそうだ、今までのステージとは次元の違う声が響いたわけだからね。
アタシの後ろに座ってた女の子、「カッコ良い~!!すご~い!!」って大興奮のご様子。
そんな中、「そうだろよ、そうだろうよ」と、優越感に浸っているアタシ(爆)。
「『Butter-Fly』唄っちゃったら僕のアニメソング終わっちゃうんで・・・」ってことで、映画「夜のピクニック」の挿入歌として使用された『逢えない夜を越えて』を歌ってくれるって言うじゃない??
もう、これだけで思い切ってこのライブに来てよかったって思った♪
熊本で生まれた曲なんだよね。
でっかい夕陽の前に浮かび上がったビルの影。
その陰影がとっても綺麗で、時には光になって、時には陰になって、そんな風に愛することが出来たら・・・そんな想いを込めて作った歌だって曲説してくれたよ。
この日は、幾度となく千綿さんの口笛を聴いたけど、やっぱり『逢えない夜を越えて』の口笛は圧巻の鳥肌もの!!凄かった~☆彡
MC中には、千綿さんが子供の頃に好きだったアニメってことで、『アルプスの少女ハイジ』と『トムソーヤの冒険』をワンコーラス聴かせてくれたよ。
アタシが子供ん時観てたのとドンピシャ(同い年なら当然・笑)で、笑えた~♪
でさ、『アルプスの少女ハイジ』では、ヨーデルの部分を口笛で演ってくれたんだけど、後ろの女の子が「おしゃれなハイジ~♪」ってうれしそう(笑)。
そんな声聴きながら、アタシまたまたニヤニヤ(笑)。
『トムソーヤの冒険』はアタシも大好きなアニメだったなぁ。。。
当時のエピソードとして、佐賀の地元のドブ川をミシシッピー川と思ってこの曲を唄いながら登下校してたって話が、どうにもこうにも微笑ましく、想像してキュンとなったよ。。。
久しぶりの『トムソーヤの冒険』、超なつかしかった~☆彡
そして、やっぱりアルバムからも1曲、『アイブミ~Love Letter~』を。
多分出演者のお知り合いの方だと思うんだけど、アタシと同世代くらいの女性が、この曲で号泣されてた。
その方が日頃どういう音楽を聴かれてるのかはわからないけど、良い曲はジャンルを越えても届くんだなって実感した瞬間。
なんだろう?いつもの切実感はあまりなくて、最初から最後まで優しい穏やかな『アイブミ~Love Letter~』だったような気がする。
ラストは『Butter-Fly』!!
イントロで口笛を吹くのはいいけど、「なんだっけ??」っていきなり歌詞が吹っ飛んで皆に助けてもらう始末、、、(汗)
一番ならず2番まで!!(爆)
「ウカレタ蝶になって」が出てこず、結局「神戸の風に乗って」って歌詞を変えちゃって、でも会場は大喜び☆彡
自由やわ~♪♪
やっぱ、この場ではこの曲が一番盛り上がったよ!!
一緒に口ずさむ人、千綿さんのいつものライブん時より確実に多かったもん(笑)
アニメの影響力は凄いね!!
短い時間だったけど、すんごい楽しいステージで、充実感いっぱいもらったよ♪


ライブ後は気持ちが盛り上がってたから、そのまま帰りたくなくて千綿さんの元へ(笑)。
タイミングが良かったのか、結構たっぷりいろんなお話が出来て・・・。
なんだろうねぇ、興味を持って話を聴いてくれてるのが分かるから、アタシもついつい色々話しちゃうんだよね。。。
ナチュラルな空気感もとっても心地よいの♪
自分の話、友達の話、出逢った頃の話・・・etc.
ホント、笑顔いっぱいで色々お話したなぁ。。。
笑われたりしたけど、とってもうれしい言葉ももらったり。
ガッチリ握手して、別れ際にはわざとらしく「ほな、また!」ってニッコリ(笑)
やっぱりアタシ、“The 大阪”なイメージなんかな??(爆)
でも、その感じもうれしかったり☆彡


お店を出る時には、ゆあみちゃんが元気に「ありがとうございました!」って。
それがとっても気持ちよくて、アタシも社交辞令でもなんでもなく、ホントに自然に「楽しかったよ♪」って言葉が口から出てきたよ。
そしたら、ゆあみちゃんがとってもうれしそうで、かわいいなぁって思った。
まさかアタシからそんな言葉が!?って感じたったのかもしれないね(笑)。


とまあ、そんなこんなで、帰り道はなんだかとってもHappyでさ。
帰りの電車でもニヤニヤしながら千綿さんと話したことを反芻してたら、あっという間に大阪に着いたよ!!


このGWは、千綿さんの生唄を友達に聴いてもらう機会が多くて緊張の連続だったんだけど、みんな気に入ってくれたみたいでとってもうれしいの♪
千綿さんも見事にアタシの期待に応えてくれたってことなのねん!!(←アタシ何様??爆)
ホントに充実した素晴らしいGWになったよ♪
いろんな人に、心からありがとう・・・だね。

ホントにありがとう☆彡

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

フリーライブ @神戸エコール・リラ [LIVE記録(インスト、フリー、ブッキング等)]

ゴールデンウィーク後半戦は、人妻である限り避けては通れない“嫁活”から始まる(笑)
決して嫁姑関係に問題があるわけでもなく、いたって良好なんだけど、やっぱりまだまだ気を使うのです。。。
でも、お義母さんもお義父さんをおいて結構海外旅行とかにいらっしゃるから、アタシとしては心強い味方!!(爆)
ビバ!B型!!(爆)

ってことで、無事嫁活を経て、アタシは神戸とは名ばかりの神戸エコール・リラへ→→
とりあえず西宮まで行って、そこで友達にピックアップしてもらい、車で現場へ向かう。
そう、今回はこの西宮のお友達に初めて千綿さんの生唄に出逢ってもらうのです!!
そしてこの方、仲間内では一番手強いと言っても過言ではないお方で、アタシの緊張もおびただしく、、、
だって、B型やねんも~~ん!!(汗)


2012年5月6日(日)

ドキドキしながら会場に向かって歩いていると、視線の先にギターを背負ったデッカイマスクを着けた男がひとり。
ほぼ同時に手を上げるその男とアタシ。
「友達がいたんかと思った」。
友達にそう言わせたのは、紛れもなく千綿さん(笑)。
「会場どこ?」って訊くアタシに「わかんない!」って。
「なんでやねん!!」って突っ込むのは大阪人のクセだから!!(爆)。
ここで、もちろんまた千綿さんに友達を紹介しつつ、プレッシャーをかける(笑)。
風邪は「いや、まだなんかちょっとねぇ、、、」って、治ってはいないご様子。
千綿さんは認めたくないだろうけど、それはきっと花粉やと思うで。ヒノキや、ヒノキ!!
とりあえず会場も確認でき、「富山から遠かった~!!」なんてほんの少し歓談し、「じゃ、また後で」と別れた。


今回のフリーライブもフライトさんとのジョイントライブ♪


ランチ後会場に向かうと、なんだかよく分からない不穏な空気(滝汗)。
千綿さんもブログに書いてたけど、ホントひどい仕切りでさ=3

フリーライブの後に同じ場所でキッズダンスフェスティバルってのが予定されていて、そのリハをやっていて、キッズたちやその親御さんたちがごった返してたの。
ステージ前の段々にはレジャーシート敷きっぱなしで、3脚構えた親御さんたちがズラリ(滝汗)。
もちろんライブだからってそこを空けてくれるはずもなく、、、
ライブを観に来た人はその脇から観るしかなくて、、、(汗)
フライトの開始時間になっても、キッズたちや親御さんでざわついてるし、横ではキッズがジャグリングやダンスして騒いでるし、、、
そのダンスフェスティバルを仕切ってるオッサンが、全然協力的じゃない感じがして、イライラしたよ、、、
正直、アタシはオッサンに心ん中で中指立ててたよ(笑)。
とにかく、歌を唄うにしても、聴くにしても劣悪な環境で、、、
フライトの二人が本当に気の毒で仕方がなかったよ、、、
でも、文句も言わずに頑張ってたから、ちょっとでも盛り上がればいいなと、手拍子などしてみました(笑)。
で、フライトが終わればすぐに千綿さんのリハが始まると思いきや、またダンスキッズたちがステージに出てきちゃって、はい~~っ??って感じよ(爆)。
結局、ライブ、ダンスリハ、ライブ、ダンスリハ、ライブって感じでステージを使いまわしてて、唖然、、、

いやいや、そんな中でもやっぱ千綿さんはヤル男やね!!
そんな劣悪な環境にあっても、直前リハで一気に空気を作り変えて、皆を自分の世界に惹き込んでたよ!!

◆1st.セットリスト
直前リハ カサブタ(ワンコーラス)
1.枯れない花
2.Dear~愛する君へ~
3.アイブミ~Love Letter~
4.カサブタ(ワンコーラス)

◆2nd.セットリスト
1.モザイク
2.いのちのたね
3.アイブミ~Love Letter~
4.Butter-Fly(ワンコーラス)

この日の『枯れない花』は特に凄くて。
あ、言うまでもなくアタシの一番思い入れの深い、フェイバリットな曲ね♪(笑)
2サビ後の間奏聴きながら、心ん中で「生声カモン!!生声カモン!!」なんて思ってて(笑)。
是非千綿さんの生声でのアカペラを友達に聴いてもらいたかったの!!
そしたら、キタね♪
多分ね、今まで聴いてきた中で一番すごい生声だったよ。
そしたら、友達の挙動がなんか怪しくってさ(笑)
友達曰く、千綿さんの身体、360°から声が響いて、抜け感が半端ないと力説。
そう、まさにサラウンドスピーカーのような千綿さんの声にいたく感動し、涙が出てきたんだとか(嬉)。
1曲目にして見事陥落。早かった(爆)
やっぱりね、ツボがアタシと似てるんだよね。。。(笑)
『枯れない花』、恐るべし!!
『モザイク』では、友達も躊躇せず「大好きーー!!」「大っキライ!!」って叫んでて、流石!!(笑)。
とある友達には絶対に知られたくないハプニングや、千綿さんの歌詞が若干怪しかったりで、なかなか印象深い『モザイク』であった。。。(笑)
友達は『アイブミ~Love Letter』のド頭の声にもやられてたみたい。
この曲をとても気に入ってくれてるみたいで、アタシとしてもうれしい♪
上から見てた女の子たちに声かけたり、ちびっ子いじったり。
気が付けば、あの酷い環境が完全に千綿さんの世界になってたよ。

ライブ後、友達にドキドキしながら「どうですか?」って聴いたら、すっげぇ良い反応で!!
ライブ直後の「各方面にはご迷惑をおかけしますが、ライブ行くと思います」ってツイートには爆笑と同時に渾身のガッツポーズ!!!
皆にも見せたかったなぁ♪♪♪
もちろんCD販売の列に並んで、千綿さんになにやらアピールしてたみたいよん♪
アタシもドサクサに紛れて声だけかけに・・・(笑)
そう言えば、まだアルバム「サンキュー」の感想をひと言も伝えてなかったなぁって思ってさ。
今更だけど、ようやくアルバムの感想を伝えることができたよww
「いつもホントにありがとう」って、うれしそうに微笑んでくれた千綿さんに、ちょいっとじわっときちまったぜ(照)。


帰りの車ん中。
六甲山を越えながら、アタシは叫びたい気持ちでいっぱいだった。

いや、もはや叫んでたかもしれない。。。

真実は、友達だけが知る。。。(笑)

とにかくうれしくて仕方がなかったんだ。
この日のことも、その前のことも全部全部うれしかったんだ!!
自分が大切にしてる音楽が友達の心にも届くって、本当にうれしいことだなぁって、改めて実感したよ♪

友達が別れ際に言ってくれた言葉。


「良い出逢いになりました」


泣いてもええかーーーー!!??(爆)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

☆CHI-WA-KAI @大阪☆ @D' STYLE [千綿偉功/LIVE記録(ワンマン)]

GWも終了して数日が経過しとりますが、ブログが全く追いつきません!!(滝汗)
やや、魂抜かれた感覚があって、なかなかPCの前に座れないのよね、、、
ま、そんだけステキな時間だったってことなんだけど♪


でも、のんびりもしてらんないので、ちょいっと遡ってみますよん☆彡


GW前半の最終日4/30(月)には、千綿さんのト「CHI-WA-KAI」というファン親睦会に参加してきたよ♪


どこまで書いていいのかわからないんだけど、やっぱり書いておきたいのよねん♪
知りたい人だっていると思うしね。。。

アタシにとってこういうファンクラブ中心のイベントは千綿さんのファンクラブに入会して初めてのこと♪
昔からのコアなファンの方々がいらっしゃる中に単独で入っていくのは、やっぱりどこか不安、、、
ましてや、アタシのような生まれながらにして人見知りの人間には、ある程度の勇気が必要なのですよ(本当)。
とか言いながら、どのアーティストさんのファンの方とも一定の距離を保つアタシだから、ホントのとこどうという事もないんだけど・・・。あは~

開場を待ってる時は、やっぱり人見知り感満載な感じで!!
だけど、怖いオーラだけは出さないように心がけたよ(笑)。



さてさて。
この「CHI-WA-KAI」なんだけども。
会場となったD’STYLEは、キャパが、シッティングで大体40~50人くらいというコンパクトなハコ。
ステージと客席の距離もとても近い!!
そうだなぁ・・・距離感で言えば、SOLE CAFEみたいな感じだ。

ステージはこんな感じ。
D' STYLE STAGE.JPG



ここからは一応隠すよ♪

続きを読む


タグ:千綿偉功
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

circle of love vol.10 @南堀江knave [LIVE記録(インスト、フリー、ブッキング等)]

そしてそして。

千綿さんのライブ終了と同時に、ダッシュで大阪は南堀江へ向かう→→→

そう、実は4/29はWヘッダーだったのよ(汗)。
しかも、現地ではまた別の友達と合流して、これまた初めて臼井嗣人君の生唄を聴いてもらうことになってたのねん♪
「心は晴れ~♪」を口ずさんでる友達にも、今度は臼井君にモードをチェンジしてもらって・・・(笑)
アタシの緊張はまだまだ続くのです(笑)。

今回のc.o.lのゲストは、ナカノアツシ君と@wayの2組。
ナカノアツシ・・・ナカノアツシ・・・ナカノアツシ・・・
なんかどっかで聞いた事があるなぁ・・・って思って引っ掛かってたの。
そしたらアナタ!!「千ノ羽」の一人であることを思い出ししたわけよ!!
初めてのアーティストさんって、楽しみもあるけど、不安もあるのよね。
だけど、千綿さんとツアーするくらいの方なら間違いない!!って一安心(笑)。
むしろどんなステージを見せてくれるアーティストさんなのか、期待値があがっちゃう♪



そんなこんなで迎えた開演時間。


オープングを務めるのは@wayの二人。
彼らのステージを観るのは随分ぶり。
伸び盛りのアーティストさんだとは思うんだけど、前に観た時と変わってなくて、、、
なんかカラカラカラカラ空回りしてる音が聞こえてくるねんなぁ、、、
ん~、やっぱりアタシん中では“もひとつ”な感じ。


そして、期待のナカノアツシ君登場!!
MCの内容から察すると、アタシと同世代とみた!!(笑)
めちゃくちゃ元気のいい方で、芸人みたいなしゃべりでおもろい!!(爆)
見た目、高橋和也さんなんだよね。
実は、ジャニーズで唯一アタシを夢中にさせた男!!
って言うと、皆から「マニアック」と言われるのだけど(爆)、中学生の頃、高橋和也さんに夢中になってた時期があったんだよねぇ(笑)。
だって、当時大好きだった人に似てたんだも~ん♪//▽//
って、どーでもいい話(爆)。
彼の唄はめちゃくちゃパワフルやね!!声が太い!!
きっと良い歌い手さんなんだろうとは思うけど、ただ、アタシのタイプではなかったなぁ。。。
でも、決して嫌いな感じじゃないし、楽しいステージ見せてくれたし、イベントとかではウエルカムだ♪
ナカノ君の唄を聴きながらアタシが惚れる声の特色が見えた気がしたよ。

ステージ後は臼井君とトーク。
ナカノ君とは、もう何年ぶりかの共演らしく、臼井君、過去に犯したナカノ君への失礼をこの場で謝罪(笑)。
当時所属していた事務所から、アーティスト同士でメアドの交換はしたら駄目って言われていたらしく、馬鹿正直にその言いつけを守って、ナカノ君にメアド訊かれても教えなかったらしい(爆)。
ナカノ君に「よくそれで電話してきたなーー!!(笑)」ってするどく突っ込まれる!!(汗)
なんか臼井君のどぎまぎ感がこっちにも伝わってきてて、面白かったなぁ(笑)。


さてさて。
いよいよ臼井君のステージ☆彡

まずはセットリストから♪

1.キャンドルナイト
2.サボテンのせい
3.群青
4.渋谷零時五十二分
5.風色の街
6.恋のダイス(新曲)
7.勝手にしやがれ(カバー/沢田研二)
8.ワールド イズ マイン(新曲)
9.お元気ですか?
10.花吹雪

順番やタイトル表記は違ってる可能性あり!!


今回のステージはギター、パーカッション(小宮山斉さん)、ベース(蛇石徹さん)、の編成。
この編成は去年東京で観て、カッコイイって思ったんだよ!!
大阪でもこの編成で演ってくれたのはうれしかったなぁ↑↑

ここ最近のアタシが観てるライブは、『キャンドルナイト』始まりが多いんだよね~♪
さあさあ、今日連れて来た友達にどう届くのか??
ドキドキワクワクのステージの始まり!!
『サボテンのせい』のイントロ聴いた時は、思わず友達の顔を覗きこんだよ!!
友達が気に入ってくれてた曲だから、「キターーッ!!」って感じで、友達も満面の笑み。
『群青』はレズビアンの主人公が登場するマンガを読んで作った曲って言ってたよ(笑)。
本当の話らしい。
この曲、アタシ多分一度聴いてる。初めて臼井君の生唄聴いた時のc.o.l.だったんじゃないかなぁ?
ロックっぽいんだけどちょっと陰気なムードで、「アナタの望むアタシ」ってフレーズだけが妙に残ってるんだよね。
そして、ここでまたキターーッ!!『渋谷零時五十二分』!!
これも友達が好きで、ずっと聴きたいって言ってた曲なのよん♪
案の定うれしそうな顔してるで~~(笑)
新曲の『恋のダイス』は正直あまりピンとこなかったなぁ、、、
って言うか、歌詞がちゃんと聞き取れなくて歌に入っていけなかったの。
今度聴いたらまた印象が変わるかも??
カバー曲の『勝手にしやがれ』についてはひとこと言ってやりたい!!(爆)
メロディーも歌詞も間違いすぎだから!!
さらに言うなら、これをステージで歌うなら帽子を飛ばすくらいのことやってもらわないと!!
言っとくけど、アタシが物心ついて初めて好きになった男性アーティストがジュリーやで!!
千綿さんじゃないけど、『勝手にしやがれ』は物心ついた時から歌ってたし、どれだけ赤白帽を飛ばしてたか知れん(笑)
ジュリーのベストアルバムも持ってるし、今でも空でフルコーラス歌えるっちゅうねん!!
あ、でもでも、オンタイムってわけじゃないからね!!(滝汗)
ほら、アタシには年の離れた兄貴がいるからさ・・・。
もうひとつの新曲『ワールド イズ マイン』は前回のc.o.l.で初めて聴いた曲。
メッセージ性の強いポップな曲なんだけど、前に聴いた時のほうがビビッときたなぁ。。。
鍵盤が似合う曲なのかな??
でも、ちゃんとアレンジとかして音源になったら絶対良い曲になると思うな♪
『お元気ですか?』、これも友達が聴きたいって言ってた曲でさ。
臼井君、前回のリベンジ出来てよかったね!!(笑)
最後は鉄板の『花吹雪』。
やっぱりこれを聴くと心が落ち着くのよねん♪
好きだなぁ。。。
ホントは『春紫苑』や『大人になった僕たちは』とかも演って欲しかったんだけど、それでも友達が聴きたがってた曲をいっぱいやってくれたからいいや!!
って、アタシ今回自分のことより友達のことが気になってた感じ(笑)。
あ、もちろんしっかり楽しんだよ♪

アンコールでは『circle of love』を演者全員でセッション♪
わきあいあい、楽しいステージでした。


ライブ後は友達が臼井君のCDを買いに。。。
やっとやで・・・
やっと臼井君の元に友達を連れてくることが出来たよ。。。
なんとなく、ひとつ肩の荷が下りた気分。(って、そんな大げさな!!爆)
臼井君と友達がお話してるのを横でチャチャ入れながら、ニヤニヤして見てた(笑)
臼井君の唄もだけど、その気さくな人柄にも触れてもらって、とっても気に入ってもらえてアタシもうれしい☆彡

そんで、アタシはと言うと、やっぱり臼井君に言ってやらなきゃ収まんなくて、言ってやったわ!!
「ジュリー、間違えすぎ!!」って!!(爆)
でも、歳のことで必死になってしまったアタシは、敗北感にさいなまれる結果に終わった、、、(泣)


さてさて。
臼井君、6月にも大阪にくるね!!
6/15はまたまた南堀江knaveだ!!Yeah!!

この日はなにかと都合がよろしいので、また逢いに行っちゃうつもりだよ~♪♪♪





それにしても、1日で2アーティストのライブを初めて友達に観てもらってさ。
どっちもとっても気に入ってもらえて。
千綿さんも、臼井君も、友達も、皆うれしそうで、楽しそうで♪(少なくともアタシにはそう見えた)
アタシにとってこんなにうれしいことはないんだよなぁ~♪

なんだか、とっても良いゴールデンウイークのスタートが切れたよ。

後半もこんな感じで行きたいなぁ♪
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

フリーライブ @須磨パティオ [LIVE記録(インスト、フリー、ブッキング等)]

いやいやいや、やっぱ緊張するね~(汗)
自分が大切にしてるアーティストさんのライブを、初めて友達に観て貰うのって。。。

GW前半の3日間の間で、お友達2人に初めて千綿さんの生唄に触れてもらったんだけどさ。
そのうちの一人は千綿さんの曲を全くもって聴いたことがない真っさらな状態の方で。
ジャケ写のムクちゃんに興味を持ってくれて、それを突破口に、今回のインストを薦めたのん♪(爆)
広島の方だから、アタシが一緒に着いてくことも出来ず、もちろん無理強いも出来ないから、その動向をiPhone握り締めてドキドキしながら見守ったよ(滝汗)。
でもね、この方が想像以上のレスポンスを見せてくれて、アタシ今ホントうれしいね~ん♪
アタシが今まで色々薦めてきたアーの中で一番だって言ってくれたよ☆彡
翌日も朝から「サンキュー」聴いてくれてたみたいだし、広島のワンマンも都合がつけば行こうと思うって。。。
くぅ~~っ!キターーーーッ!!≧▽≦

さてさて、そんな中ですよ。

今度は歌は聴いてもらったことがあって、ある程度土壌は作っておいたお友達と一緒に、須磨へ→→


2012年4月29日(日)

朝からアホみたいにええ天気で(苦笑)。
ライブ会場は屋外で、しかもどこ探しても客席に影なんてないし、、、
ある程度UVケアはしてたけど、こりゃぁ太刀打ちできねぇぞ!!(滝汗)
さすが、アタシ!!いや、さすが千綿さん・・・なのか??

ライブ前にたまたま千綿さんと顔が合ってね、手を上げてくれたから手を振り返したよ。
わおっ!なんかこの感じ、ステキだなぁ・・・なんて思ったり。。。
でちょっとお話させてもらってね。
「初めての友達連れてきたよ。あとは千綿さんに任せたから!!」
友達も「めちゃくちゃ期待して来ました~!」って。
まずは千綿さんにプレッシャーをかける(笑)。
デッカいマスクして鼻をグシュグシュいわしてる千綿さんに「風邪でもひいた??」って訊いたら、「わかんない。昨日あたりから鼻がおかしい」なんて言うから、「黄砂じゃない?」って。
そしたら「ううん。多分風邪かな?」って言うから、思わず「マジで!?ちょっと、頼むわ!!」って言ってしまったよ(汗)。
だってね、行きの電車で友達と「千綿さんのことやから、顔つぶされることはないと思うけど、今日たまたま風邪ひいたとかやったらどうしよう!!」なんて話をしてたとこだったのよ!!(爆)
何か予期するもんがあったんかな、アタシ、、、
でねでね。ひとつ謎が・・・。
アタシの薦めで福岡のインストに参加してくれた方がいるって言うのよ!!
はて??身に覚えが・・・。福岡に友達なんていたっけ??
いなくなくはないけど、もう何年も連絡とってないしなぁ、、、誰ですか??(爆)
ここ覗いてくれた方かなぁ??とも思ったけど、それだったらアタシが誰かは知らないと思うしね。
ま、きっと千綿さんの勘違い。。。でないなら、ちと怖い、、、
とまぁ、あーだこーだと他愛のない話に付き合ってくれて、アハハハ~と笑ってくれる千綿さんがステキだったり☆彡
でも、話の途中で「そうや!神戸のワンマン決めんと!」っていきなり走り去っていくところがなんとも千綿さんらしく、残されたアタシはポカーンやで(爆)。

そんなこんなで、太陽の光が容赦なく燦燦と降り注ぐ中、フリーライブは始まった♪

今回のフリーライブはフライトさんとのジョイント。
フライトさんは若い男の子のコブクロスタイルのデュオ。
ハーモニーが綺麗でね、悪くないって思ったよ。
ギターの子が「桜」の頃のこぶちゃんっぽかった(笑)。
コブクロ、好きなのかな??
MCも爽やかで、若い子特有のへんな空回り感もなくて(笑)、好感が持てたよ。

そして千綿さん。

まずはセットリストをドバッと♪

◆1st.ステージ
 1.枯れない花
 2.この声が聞こえますか
 3.いのちのたね
 4.アイブミ~Love Letter~
 5.カサブタ(1コーラス)

◆2nd.ステージ
 1.枯れない花
 2.モザイク
 3.アイブミ~Love Letter~
 4.Dear~愛する君へ~
 EN.Butter-Fly(1コーラス)


1st.の直前リハの際、いつものように「この声が聞こえたアナタ~」って叫んでる千綿さんに、友達が驚嘆の声を上げる。
わかる、わかるよ!!その驚き(爆)。
斬新でしょ??アタシも初めて目の当たりにしたときは“ワオッ!!”って思ったもん(笑)。
リハでは『道化師のソネット』と『カサブタ(TVサイズ)』を聴かせてくれたよ。

迎えた本番。

マイクに立つと、「なんか遠い」って言ってステージギリギリまで出てきてくれたよ。
少しでも客席と距離を縮めてくれようとする心遣いがうれしい☆彡
千綿さん、今回の旅ではパンツを6枚持って来てたんだって。←いらん情報(爆)
ホント、パンツネタ好きね(汗)。

空があって風があったら一発目はこの曲しかないよね??
そう、『枯れない花』♪
陽の光を受けて、風を感じながら聴く『枯れない花』は格別。
目の前まで出てきてくれて、生声で聴かせてくれたアカペラは圧巻で。アタシのハートビートが激しい☆★☆
友達はこれで心奪われたよ!!
軽快でやさしい千綿さんの声はとても心地よくて。
コロコロ変わる表情がやっぱ好きだなぁ~♪
『アイブミ~Love Letter~』では、2サビで千綿さんが歌詞を間違ったんだよね(笑)。
「そのすべてが~」を「このすべてが~」って歌っちゃって。
微かに動揺した顔を見せたように思うのは気のせいかな??(笑)
アタシが今まで気付いてないだけかもしれないけど、千綿さんのそんなシーンを目にしたのは初めてで、「やっとこんな時がきた!!」って思って、ちょっとニヤっとしてしまったよ(笑)。
こういうフリーライブでは幅広いお客さんが集まるから、ちゃんとそれに合ったセットリスト組んでくるんだよね。
最後の『カサブタ』はきっと予定外。


2nd.ステージのリハは『Butter-Fly』を1コーラス♪

1st.ステージを観れなかったというお客さん。
その方から「自分の結婚披露宴で『枯れない花』を歌ったんです」って話を聞いて、2nd.でも『枯れない花』からスタート♪
大好きな曲だから、被っても全然OK!!(笑)
今度のアカペラは生声じゃなかったんだけど、色々考えちゃった。
「やっぱ喉、つらいのかな??」ってネガティブな発想と、「さっきのは友達へのサービスだったのか?」ってポジティブな発想・・・。
『モザイク』では友達に「大好きー!って叫ぶんですよ!」って煽る煽る(笑)。
ちゃんと叫んでる友達がかわいい!!(爆)
「大好きーー!!」「大っきらい!!」って叫ばれて、「そんなもんですよ」っておどける千綿さん。
『Dear~愛する君へ~』ではみんなでブラブラブ~♪(って違うかっ!?)
で、ステージを降りた千綿さんに、客席からアンコールの要求!!
唄ってくれたのが『Butter-Fly』♪
タイトルコールの時、客席から悲鳴が上がってた!!
女子高生だと思うんだけど、きっとど真ん中だったんだろうね。
そう言えば、なんかの「カラオケで歌うと盛り上がるアニソンランキング」ってので、この『Butter-Fly』が堂々5位にランクインしてたよ!!


MCの途中で咳払いしたり、決して調子良い訳じゃないのに、それを感じさせないステージはさすが!!
内心「調子が良くない時に千綿さんがどんなステージを観せてくれるのか?」ってことに興味を持ってたんだけど、改めて千綿さんの凄さを知った気がした。
そんな千綿さんを見てて、以前、黒ちゃんが話してたことを思い出したよ。
正確ではないけど、松坂大輔の言葉で、「調子の悪い時は80%の力で、調子の良い時に100%の力を出すのは素人。調子の悪い時は100%の力で、調子の良い時に120%の力を出すのがプロ」・・そんなようなことだったと思う。
アタシもこの話を聴いた時はすごいプロ意識!!って感心した。
そして、アタシはそれを地で行く唄うたいに出逢ったんだなぁ。。。


そうそう。初めて千綿さんの生唄に触れた友達はと言うと・・・
「唄も、魅せ方、楽しませ方もめちゃくちゃ上手い。ステージがかっこいい!!凄い」と大絶賛!!
ガッツリ心を捕まれて、アルバム「サンキュー」のみならず、DVDまでお買い上げ。
ありがとうございます!!(笑)
千綿さん、「途中で帰っちゃったらどうしようかと思っちゃいました~」ってニッコリ。
それを見ながら、アタシもニッコリ。
でも、「大阪のインストはない」って言葉に絶句。
「出来る場所が見つからなかった」って、、、
「関西で大阪を押さえなくてどうする!?」って気持ちはもちろんあるんだけど、でも色んな事情もあるだろうし、何も知らないアタシが気持ちのまま言葉をぶつけるのはどうだ??とか、一瞬で色々考えて、返す言葉が見つけられなかったんだよね、、、
大阪でもインストやってくれたら、もしかしたら連れて行ける友達がいたんだけどなぁ・・・
アタシとしてはそれが残念なんだよね、、、
でもね、真っ先に「大阪でもワンマンやるから!」ってドヤ顔で言ってくれたのはうれしかったよ♪
なんだろ??そのドヤ顔が妙にうれしいんだけど。

帰りの電車では友達の中で「心は晴れ~♪」が回ってたみたい(笑)。
ずっと口ずさんでたもん♪

あ~ん、でも良かった~♪
友達が本当に気に入ってくれたから、とにかくそれがうれしい。
しかも、広島の友達からもうれしいメールが届いてたりして、アタシ、とってもハッピーだよ☆彡
種から芽が出て、蕾が膨らんできた感じ。
二人ともワンマン行くって言ってくれてるんだよ~!!
この二人をなんとか来年のO-EASTまで引っ張っていけたらいいんだけどなぁ・・・(爆)

うん、あきらめずに頑張ってみるよ♪

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽