So-net無料ブログ作成
検索選択

2011年の軌跡。 [アタシの音楽活動♪]

アタシが駆け抜けた2010年の記録[足]

*********************************************************************

1月07日(金) 新春 ジャニスの音初め @心斎橋JANUS
1月20日(木) KING OF ROCK'N ROLL @OSAKA MUSE
1月23日(日) 広沢タダシ 新年ベストライブ! @SOLE CAFE
2月05日(土) 岡野宏典 Cafe Live vol.1 @SOLE CAFE
2月11日(金) 僕もボクモで弾き語り vol.3 ~広沢宏典バージョン~ @ボクモ
2月25日(金) 広沢タダシ カフェライブ @SOLE CAFE
3月19日(土) 広沢タダシ SPRING TOUR 2011 ~あたたかい季節~ @心斎橋JANUS
3月25日(金) おおたけしのひとり旅 @SOLE CAFE
3月26日(土) ロマンチップス レコ発 TOUR 2011 「ロマンチックが止まらない」~レインボー特急編~ @南堀江knave
3月27日(日) ナチュラル天国 @martha
3月28日(月) SSW @南堀江knave
4月16日(土) 馬場俊英15周年記念コンサート2DAYS「ロードムービー ~追憶のハイウェイ 96-11」
4月17日(日) 馬場俊英15周年記念コンサート2DAYS「ロードムービー ~追憶のハイウェイ 96-11」
4月23日(土) 広沢タダシ SPRING TOUR 2011 ~あたたかい季節~ @martha
5月13日(金) ワライナキ with 岡野宏典 @LIVE HOUSE D'
5月14日(土) 岡野宏典 Cafe Live vol.2 @SOLE CAFE
5月28日(土) KOBUKURO LIVE TOUR 2011 “あの太陽が、この世界を照らし続けるように。” @静岡エコパアリーナ
5月31日(火) & SACHI vol.HOPE @umeda AKASO
6月04日(土) 馬場俊英 LIVE TOUR 2011 ~HEARTBEAT RUSH~ @明石市立市民会館
6月11日(土) KOBUKURO LIVE TOUR 2011 “あの太陽が、この世界を照らし続けるように。” @サンドーム福井
6月26日(日) 広沢タダシ カフェライブ @martha
7月02日(土) ナチュラル天国 @てん
7月03日(日) 馬場俊英 LIVE TOUR 2011 ~HEARTBEAT RUSH~ @神戸国際会館こくさいホール
7月09日(土) アリオ八尾JACK vol.50 @アリオ八尾
7月23日(土) 広沢タダシ カフェライブ @SOLE CAFE
7月24日(日) KOBUKURO LIVE TOUR 2011 “あの太陽が、この世界を照らし続けるように。” @大阪城ホール
7月25日(月) KOBUKURO LIVE TOUR 2011 “あの太陽が、この世界を照らし続けるように。” @大阪城ホール
7月31日(日) 馬場俊英 LIVE TOUR 2011 ~HEARTBEAT RUSH~ @兵庫県立芸術文化センター KOBELCO 大ホール
8月20日(土) 広沢タダシ 10th Anniversary Tour @心斎橋JANUS
8月21日(日) 内野ひまわり祭り ~SUNRISE '11~ @浜松市浜北区内野
          千綿偉功と出逢う!!
8月26日(金) 夏の記憶 @晴れたら空に豆まいて
9月03日(土) 馬場俊英15周年記念コンサート 「スタートライン~新しい風」 @渋谷C.C.Lemonホール
9月10日(土) 岡野宏典 Cafe Live vol.3 @SOLE CAFE
9月17日(土) 靭公園MUSIC FESTA FM COCOLO ~風のハミング~ @靭公園
9月19日(月) たけし祭り @martha
9月23日(土) CASH BOX Presents 「Our music in CULMENI」 @CULMENI正面玄関 キリンの広場
9月23日(土) Our music @CASH BOX
9月24日(日) フリーライブ @三井アウトレットパーク大阪鶴見
9月25日(日) 堀江音楽祭2011 @湊町リバープレイス
10月01日(土) 広沢タダシ 「ジャメヴ」リリース記念 ミニライブ&サイン会 @タワーレコード梅田大阪マルビル店
10月16日(日) MINAMI WHEEL 2011 @club★jungle
10月30日(日) 藤枝フレッシュ・ミュージック・フェスティバル @玉露の里
11月13日(日) ココロニ響くオト vol.2 @LIVE HOUSE D'
11月20日(日) 広沢タダシ Winter Tour 2011 ~ジャメヴ~ @心斎橋JANUS
11月27日(日) HIRO T'S 60th BIRTHDAY Daddy's Reborn Jam @大阪城ホール
11月30日(水) New days vol.8 @SHIBUYA LOOP annex
12月01日(木) おおたけしたち × ドンコルたち @南堀江knave
12月04日(日) 君と僕の音心~蒼空への回廊~ @CASH BOX
12月09日(金) 馬場俊英 LIVE TOUR 2011 ~平凡なヒーローたちによろしく~ @SAYAKAホール 大ホール
12月17日(土) SDD TOWN MEETING in ハービスPLAZA ENT @ハービスENT
12月25日(日) 岡野宏典 Cafe Live vol.4 @SOLE CAFE
12月29日(木) 馬場俊英 LIVE TOUR 2011 ~平凡なヒーローたちによろしく~ @神戸国際会館こくさいホール
12月31日(土) 馬場俊英 LIVE TOUR 2011 ~平凡なヒーローたちによろしく~ @大阪国際会議場メインホール


ざっと53本!!
我ながら動いたなぁ。。。

まずは、毎月必ず広沢君の生唄を聴きに行ってたってことに驚く!!
広沢君がそれだけアタシに生唄を聴くチャンスをくれたってことで、ホント、ありがとう・・・だね♪
自分の信念を貫いた音楽活動をする広沢君を本当に素敵だと思う。

今年は東京遠征が3回。
去年6回も東京に行ったことを思えば、これは意外な結果。。。
だけど、これくらいがホントは丁度いいのかもしれないなぁ。。。


◆2011年 アタシの音楽ニュースランキング

 1位 千綿偉功と出逢う!!
 2位 岡野宏典アルバムのレコーディングに入る!!
 3位 コブクロ活動休止!!

千綿さんとの出会いは本当にうれしい出会いで、衝撃だった。
きっと長い付き合いになる!!
耐えに耐え、待ちに待った岡野君のうれしい発表には胸が震えた!!
コブクロの活動休止は淋しいことだけど、自分の中のコブクロへの思いに改めて気付くことが出来た。
コブクロらしい声が戻ってくるなら、アタシは待てるぞ!!


激動の2011年だったよ。


アタシを楽しませてくれた全てのミュージシャンに感謝!!
アタシに付き合ってくれた全ての音楽仲間に感謝!!
そしてそして・・・
アタシを自由に飛び回らせてくれる旦那に感謝!!


年明けからやたら悩ましいライブが東京でいっぱいあるけれど・・・
さすがに厳しい!!(泣)
5月~7月の広沢君や馬場さんのライブも怖くてなかなか手が出ない!!

だけど、来年は決めてるんだよ!!

来年は“ヒ〇ノリシフト”を敷くことにした!!(爆)
〇は、時には「ロ」、時には「デ」が入るわけで・・・
そんなわけで、ブッキングライブでの遠征は控えようと思ってる。
近場のブッキングライブも、よく吟味しようと思ってるから、きっと今年ほどは動かない。

岡野君と千綿さんのアルバムリリースと、それを引っさげてのツアーに期待して!!

うぉぉぉおおお!!なんかワクワクしてきた!!!!

2012年、かかってきやがれ!!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

岡野宏典 Cafe Live Vol.4 @SOLE CAFE [岡野宏典/LIVE記録(ワンマン)]

今年のクリスマスは旦那をほったらかして京都へGO!

前夜は冬ならではの警報出まくりで、雪でも積もろうもんなら岡野君に文句でも言ってやる!!なんて思いながら眠りに就いた。
目が覚めたら、まあなんて気持ちの良い青空が広がってるんでしょ!!
ほっとしつつも、これじゃあ文句も言えねぇ!!残念!!(爆)
ただ、風は容赦なく冷たかった。。。

SOLE CAFEに来たのが7月以来ってのが地味に衝撃!!
そっかぁ、千綿さんの出現により、広沢君が1回飛んで、たけし君も来れなかったんだなぁ・・・(笑)
なんだかんだで岡野君がここでライブをするのももう4回目。
すっかりSOLEの常連さんになりつつあるのが、密かにうれしい。


2011年12月25日(日)[晴れ]

20111225sole.jpg


もういきなりセットリスト書いちゃう!!

セットリスト♪

【昼の部】
 1.スロウ
 2.ハジマリノウタ
 3.凪
 4.雨空
 5.新曲(タイトル未定)
 6.ちいさなバラード
 7.毀誉褒貶
 8.何時も心の中に
 EN.心の鐘

【夜の部】
 1.ハジマリノウタ
 2.スロウ
 3.凪
 4.雨空
 5.新曲(タイトル未定)
 6.ちいさなバラード
 7.毀誉褒貶
 8.何時も心の中に 
 EN1.心の鐘
 EN2.家路

一部順番が入れ替わった部分もあるけど、昼夜同じセットリスト。
夜の部だけ、Wアンコールに応えてくれた☆彡

今回もサポートには、チェロの五十嵐あさかさんが参加♪

五十嵐さんの後に拍手で迎えられた岡野君。

も~~っ!!
一応クリスマスのライブだっつーのに、なんてテンションの低い挨拶!!(爆)
もうちょっとテンション上げてこうよ!!


オープニングの『スロウ』『ハジマリノウタ』にアタシは苦笑いするしかなかったよ、、、
「オイオイ、なんでやねん!!(苦笑) どうした、岡野君??」
アタシん中ではずっとこんな想いが駆け巡っていた。
ひどい歌詞とびがあったのはあったけど、それはたいしたことではなく、問題は声だよ!!
ここ最近のライブでは、とても良い調子だったからアタシん中の期待値も高くなっててさ。
良い時と悪い時では、声の飛び出し方が全然違うから、いきなり肩透かしを食らってズッコケたわ!!(爆)
こうなると、ピッチもフラフラしちゃんだよなぁ、、、

ま、でも序盤だからこっからエンジン掛かってくるかなぁ?って自分を誤魔化してみたり。
つか、やっぱりライブへの導入のテンションの低さが大きく影響してる気がしてならないんだけど、、、
アタシらの迎え方がアカンかったんやろか??(汗)
もっとヒューヒュー言わなアカンかったんやろか??(笑)

そんなだから、『凪』でもなかなか歌に集中できないアタシ、、、
この『凪』は9月以来になるのかな??
もっとライブで唄われる曲だと思ってたんだけど、意外と耳にする機会が少ないのよね。
とても好きな世界観で、これからどんどん唄い込んでもらって、どんな風に育ってくのかを楽しみにしよう♪

『雨空』は激しく。
楽曲としては大好きなんだけど、クリスマスにこんなに悲しい失恋ソングですか・・・。
さすがです!!(爆)

新曲を持ってきてくれたのはうれしかったぞ♪
春をイメージした曲ってことで、タイトルはまだ決まってないとのこと。
とってもポップな曲で、とりあえずは詞やメロディーよりもギターが印象的だった。
なんて言ったらいいんだろう??
メロディアスで、とてもアグレッシブな感じ。
サビのファルセットの分量が多い曲で。
1サビ2サビはファルセットで、ラストサビは地声というパターンなんだけど、ラストはかなりキツそうだった(汗)
「キラキラ輝く夢のカケラ」だったっけな??
そんなフレーズがあって、全体的にポジティブな世界観にニンマリ♪

デモ音源はわりとポップなアレンジになってる『ちいさなバラード』だけど、今回はしっとりと。
アタシはポップな方が好きだな。。。
この曲が持つあったかい世界観が好きなんだよねぇ。。。
だからこそ、岡野君には笑顔で歌って欲しいって強く思うんだよ!!
笑顔で歌ったら、声にもニュアンスがついて絶対にもっと素敵になると思うんだよ・・・。

まさかの『毀誉褒貶』!!
重厚感も迫力もあって、ライブで聴くのは好きだけどね、、、(汗)
いつもとても力強い唄を聴かせてくれるし・・・。
ただ、本人も言ってたけど、ホントに空気を読まない人だなぁって・・・(爆)
にしても最近よく歌ってるね。
もしかして、アルバムに入れてくんのかな??
だとしたら、どんな風に料理されて出てくるのか楽しみだわ♪

本編を締めくくるのは『何時も心の中に』。

アンコールには『心の鐘』。
ある意味、今年の締めくくりにとてもマッチした選曲だね。
サビの熱のこもった岡野君の声にいつもドキドキするんだ。
「偽善だらけのLove & Peaceなんて 信じられないし信じたくもない」
この曲の肝だと思う。
岡野君はピュアで素直な人に思われがちだけど、アタシは実はそうは思ってなくて。
実直だけど、少し斜に構えてる部分がある人だなって見てる。
この曲は反戦歌にもとれるけど、もちろんそういう一面もあるんだろうけど、アタシの感じ方はそうじゃない。
表面だけの綺麗ごとを認めない岡野君の人間性を感じて、とても共感するところがある。
だから、今年震災っていう大きな出来事があったときも、特別な言葉を発さなかったんだと思う。
もしかしたら言葉に出来なかったのかもしれない。
そんな岡野君に少なからずイライラした人もいたみたいだけど、そういうことは周りがどうこう言う問題じゃないし、アタシはあれでよかったと思ってる。
あれ??なんか話が横道にスキップし出してる(汗)。

そう、それで岡野君の声にエンジンが掛かる前にライブは終了。
ずっと「あれ~?」って思いを抱き続けた1時間ちょっとだった。(泣)
もちろん良い部分もいっぱいあったけどね。
ただ、感覚としては、率直に残念な気持ちの方が大きかったの。

こうなったら「夜の部」で盛り返してもらうしかない!!

で、迎えた夜の部。


『ハジマリノウタ』と『スロウ』を入れ替えてきたんだけど、なんとなくこっちのがしっくりくるスタートだ♪

昼に比べると、幾分良くはなってた。
それでも、やっぱり悶々とするものがあってね、、、
こんなもんじゃないだろーーーっ!?って、ずっと心ん中で叫んでたよ。

時折、岡野君らしい良い声が出るだけに、なんだかとってももったいない感じがしてね。
何か、心を解放できてないような、、、
あえて声を抑えてるようにさえ見えたよ。
しかも、いつもの悪い癖で、マイナス発言連発で、どこか自信無さ気でさ、、、
なんでなんだよ、、、

なんて、やるせない気持ちを抱きながらも、それでも考えてたんだ。

今まで何回こんな思いを繰り返してきたんだろう??
それでもアタシは岡野君を信じることをやめられないし、やめようと思ったこともない。
どんだけ外野から厳しい言葉を食らったとしても、、、
やっぱり岡野君の歌が、声が大好きだから。。。
例え10回中9回満足できなくても、ものすごい1回を知ってるから・・・。
きっとこれからもずっと岡野君のことを見てくんだろうなぁ。。。

ってね。

自分の歌が聴いてくれる人の日常に彩を与えて、心が豊かになるように。
そんな歌を唄い続けていきたい。

そう語った岡野君の想いは本物だって思ってる。
実際、もう何年も前からアタシの日常を彩ってくれてるるしね。
心が豊かになったかどうかはわからんけど(爆)


それにしても、MCはつっこみどころ満載やったね!!(笑)

「京都の冬は淋しい」とか。
「五十嵐さんも僕も根暗です」とか。

「語彙が少なくてすみません」・・・にしてもひどすぎる!!(爆)


そうそう!!今回も岡野君の手作りスイーツがあったんだった☆彡
「前回、最後って言ったんですけど、クリスマスなのに作らない理由はないと思って」だって(笑)
うれしいよ。大変なのにありがとねん♪

バナナケーキ.jpg


アレルギーの人がいるかもしれないからってことで、原料を全部教えてくれたよ(笑)
しっとりしたバナナケーキ。
バナナの食感が少し残っててとってもおいしかったよ♪
「バナナ嫌いな人がいるかも知れませんが、、、」って心配してたけど、数あるフルーツの中でアタシが最も好きなフルーツがバナナです!!

「歌で唸らせることができればいいんですけど」には大きく頷いてしまったわ(苦笑)

ホント、その通りだよ!!
歌で唸らせてくれ~~!!(爆)



アンコールでは、しばし考え込んだ挙句、『心の鐘』。
結局それかい!!って感じで、あちこちでクスクス笑いが起こってたよ(笑)
『心の鐘』を唄い終わった後、拍手が鳴り止まなくてね。
「じゃあ、もう一曲。」って言った時の岡野君はとてもうれしそうだった。

『家路』か。。。
さっきはこれとどっちにしようか迷ってたのかな??なんて思ったよ。
元々「一期一会」のアンコール用に作った楽曲だから、良い感じに締まるね。。。


ワンマンでアンコール含めて9~10曲。時間にして1時間ちょっと。
5、6組参加するブッキングライブでも5~6曲聴けることを思ったら、やっぱり少ないよ~(泣)
きっと、今回はカレンダー持って来てたこともあって、サインする時間を考慮してのことだと思うんだけど、、、
歌も残念な感じだったし、やっぱり物足りない!!

この1、2年は岡野君の心が折れてしまって、唄うことをやめてしまったらどうしよう??ってそればっかりが心配だった。
だから、とにかくライブがどんなにひどくても、唄ってさえくれてればそれで良かった。
でも、今はレコーディングも開始して、ひとつ目標が定まったわけやん??
トンネルをひとつ潜り抜けたって思ってるのね。
そうなってくると、こちらも求めるものが変わってくるわけで・・・。
これからはライブの質にも拘るよ!!
良くないものは良いとは言えないからね。
例えそれが大好きなアーティストであったとしても!!
むしろ大好きだからこそ、客観的に観る目を忘れたくない!!
盲目的にはなりたくない!!
そういう意味では、今回は岡野君に言ってやりたいことがいっぱいある!!(笑)
だけど、今のアタシは色々あってやさぐれてるから、さすがに危険な気がしてガマン!!(爆)

「岡野君に言ってやりたいことはいっぱいあるけど、今は何も言わへん」って言うアタシに、

「怖いですね」だって、、、あはは(汗)

アタシが何を言おうとしてたのか、いっぱい想像して頂戴!!

でも、ひとつだけ我慢出来ずに言ってやったわ!!

「東京ばっかりやな!!」ってね(笑)

「ズドンときましたね」
「ストレートな人間に出来てんねん」

で、アタシの記憶が確かなら、「そう思います」的なことを言ってん!!
岡野君が言ってん!!
どさくさに紛れて、コラーーーッ!!!!

ま、でも、少しはにかみながら、アタシの名前を口にしつつ、サラッと書いてくれたから許す~♪(爆)

素敵な笑顔くれたしね☆彡


帰りはホントに冷えて、雪が舞って来たよ。
なんとなく、やっぱり悶々としながらの帰り道だったけど、今このブログかいたらスッキリした(笑)

来年はまた新たな気持ちで、岡野君の音楽を楽しめそうだ♪
来年もよろしくね~♪


そして、かなりさり気なくSOLEのアンケートに「千綿偉功さんをブッキングしてください。焦るほど凄い歌唄いです」って書いて渡してきた(爆)
nice!(0)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

SDD TOWN MEETING in ハービス PLAZA ENT [LIVE記録(インスト、フリー、ブッキング等)]

すこぶる天気に驚きの色が隠せない[目][exclamation×2]

今年最後の広沢君の生歌を聴きに行って来た[るんるん]

2011年12月17日(土)[晴れ]

とりあえず友達とランチでもして、ゆるく盛り上がろうかと・・・。
でも、現地に到着したら広沢君が丁度リハ中で、計らずもリハを楽しむことができたのん[わーい(嬉しい顔)][手(チョキ)]
広沢君、いつもにも増して調子良さそうで、良い感じ~[るんるん]

のんびりランチを楽しんだ後に現場に戻ってきたら、ずいぶんと人だかりが出来てて、もうすでに共演の村松宗継さんのライブが始まってた[あせあせ(飛び散る汗)]


で、このハービスENT B2F 東エントランスってのは、屋根はあるものの吹き抜けになってて、ホントほぼ外の環境。
そんなだから、登場した広沢君は指先が開いた手袋してた。
そのデザインがレディースっぽくて、なんだかかわいくて仕方がない(笑)

[るんるん]セットリスト
 1.I love you, You like me
 2.雷鳴
 3.スイマー
 4.あたたかい季節

こういうフリーイベントでの広沢君はいつも人見知り感満載で、借りてきたネコみたいになるんだけど、今回は随分リラックスしてて、良い意味でいつものゆる~い雰囲気作ってたよ[手(チョキ)]
『スイマー』では、「みんなで歌う?」って、笑顔で煽ってたし[わーい(嬉しい顔)][るんるん]
圧巻は『あたたかい季節』[exclamation×2]
寒い中で聴く『あたたかい季節』は、いつも以上にぐぐっと胸にしみこんでくる。
しかもこの場所、音が良い感じに響くのね。
広沢君の伸びやかな声が広がりまくってた[ぴかぴか(新しい)]
あらためて、ホント良い曲だなぁって思ったよ[黒ハート]
何度聴いても飽きないのよねん[ドコモポイント]

ホントに短い時間だったけど、とってもいい時間になったよ[いい気分(温泉)]


今年はねぇ。。。
1月から12月まで広沢君の生歌を聴かない月がなかったの[exclamation×2]
毎月必ず一度は広沢君の生歌聴いてた。
驚きだよね~[目][exclamation×2]
でもさ、これってそれだけ広沢君が歌を届けに帰ってきてくれたってことなんだよね。
東京で活動してるアーティストさんで、こんだけ地元に帰ってきてくれる人はなかなかいないよ。
聴きたいって思ったときには広沢君が歌を届けにきてくれるもん。
すぐそばにある音楽・・・そんな感じ。
本当にすごいことだと思うし、ありがたいなぁって思う。
素敵なアーティストさんだね。
大切に応援したいと思うよ。。。

広沢君、ホントにありがとね~[もうやだ~(悲しい顔)]
また来年もよろしく~[わーい(嬉しい顔)][るんるん]

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

「rule」を語る♪ [千綿偉功♪]

そう言えば。

この間、千綿さんに宣伝部長の一人に任命されたにも関わらず、なんにもしていないアタシ、、、(苦笑)

ここらでちょいっと仕事させてもらおっかなぁ??(笑)

まずは千綿さんの作品をご紹介など出来れば・・・
と言っても、完全なアタシの主観的感想でしかないけどね(笑)

やっぱりまずは一番最初に手にしたアルバム、「rule」がいいかなぁ・・・♪

rule.jpg

rule / 千綿ヒデノリ


これは、アタシが一番最初に千綿さんに薦められたオリジナルアルバム。
歴史のあるアーティストさんって、昔と今では声や唄い方が変わってたりするから、最近のものからアプローチする方が入り易いと思うんだよね。
そういう意味で、アタシ的には一番良いアプローチが出来たなぁ・・・って思ってる♪

このアルバム、ジャケ写がかなり気に入ってる!!
「なんでそんなとこで寝てんの??」なんて突っ込みたくなるけど(笑)、ビジュアル的にとってもステキだと思うんだよね。。。

ま、そんなことはさておき(笑)
1曲ずつ簡単にアタシの感想などを。。。


1.友よ

ライブでの鉄板曲!!
アレンジがかなり効いてると思う。
なんだろ。空を飛んで、過去の記憶を遡ってるような壮大なムードが気に入ってる。
そうだ!ジャケ写のイメージだ!!
ちょっとしゃがれた荒々しい千綿さんの声もステキで。
こんな声も出せるんだ~ってわくわくした♪


2.愛のカケラ

これは静かに興奮を覚える曲!!
こういうファンクっぽい曲って大好物なんだよ!!
どうしようもない孤独感を、肌を寄せ合うことで誤魔化そうとする大人のずるさ。
馬場さんで言うところの『涙がこぼれそう』的な、大人の悲哀を感じるの。。。
そんなアダルトな世界観とセクシーな歌声がたまらなくて。
みんなが想像する以上にアタシにとってはツボな曲♪
こういう曲をサラッと演っちゃう歌い手さんってステキだよね☆


3.rule

どっちか言うたらとロックな曲だよね??
でも、これはとにかく詞だね!!
まずはやっぱり、「例えば 笑顔の裏に隠された涙があるって どんなに苦しいんだろう?って思うんだ♪」ってとこ♪
笑顔がトレードマークで生きてきた人間には、かなり胸に沁みるフレーズだよ!!
特に「どんなに苦しいんだろう?って思うんだ」って、そこに切り込んでくれますか??って言うか、そこを分かろうとしてくれるんだ・・・っていうね。。。
そこまで切り込んではっきり言葉にしてくれるような歌って、今までありそうでなかったなぁって。。。
別に求めてた訳じゃないけど、不意打ちだったから、かなり響いたんだよねぇ。。。
2番以降はもうどこを切り取ってもビンビン胸に響いてくるフレーズが目白押しでさ。
自分の姿を客観的に俯瞰で見つつ、自分らしさを探してる。
自分ルールが目白押しなアタシのB型の部分をめちゃくちゃ刺激してくる1曲!!
「って思うんだ」が妙に印象的で、これがあることによってより想いをリアルに受け止められる気がする。


4.あなたに逢いにいこう

ん~、正直言うと、最初はちょっと退屈な曲だなぁって思った。
優しい曲だなぁとは思ったんだけど、メリハリがあまり感じられなくてさ、、、
だけどね、これがまた不思議なもんで。
千綿さんのブログを遡って読んでった時に、この曲のことにちょっとだけ触れてた記事があってね。
それを読んでから自分の中で受け止め方が変わったんだよね。
だったらこのムードだよなぁ。。。って(笑)
楽曲のバックボーンって知らない方が良いこともあるけど、アタシはやっぱり知りたい・・・って思うんだ(笑)


5.君と僕の間には

失恋ソングなんだけど、千綿さんのファニーな声とポップなメロディーで、とってもかわいらしくて優しい印象を受けた♪
背の高い千綿さんならでは世界観だよね。
こぶっちゃんならこうはいかない(爆)。
色んなことに気付いてあげられなくて、それを後悔しつつ・・・。
でも、失恋してちゃんと気付くことが出来る男って、間違いなく良い男になるよね??(笑)
なぁんて考えながら、実話なのかフィクションなのかは知らないけど、ちょっと胸がキュンとしたよ(笑)。


6.What’s going on?

タイトル見て東京60WATTSを思い出したのは言うまでもないけれども・・・(汗)
ミディアムロックな曲調がとっても心地よい。
千綿さんには珍しく、二人称の詞なんだよねぇ。。。
アタシには難しい詞。どう捉えたらいいんだろう??
ネガティヴなようでポジティヴな楽曲と言うか・・・
若者の気持ちを代弁しつつも鼓舞してるような・・・そんな印象。


7.カラス

メロディーと詞と声のマッチングが最高!!
微かにしゃがれた声がホントに素敵で♪
憂いのあるミディアムロックなんだけど、渋くてカッコ良いんだ~☆彡
混沌とした世界でもがいてる感じや、素直な心情を吐露したような詞が胸に刺さるんだよ。


8.追憶のメロディー

東京に出てきて煮詰まった時に作った曲って言ってたっけ、、、
イメージとしては“陰”だ。
当時の等身大の千綿さんがめいっぱい詰まってんだろうなぁって思うと、胸が痛い。
ギュッて抱きしめて「大丈夫だよ」って言ってあげたくなる。。。
搾り出すような声がせつなくて、聴き応えのある1曲。


9.逢えない夜を越えて

この曲も、搾り出すように唄う感じがとってもせつないんだよね。。。
なぜかはわからないんだけども、「もうひとりにはしないよ 淋しがらせて ごめん」の「ごめん」が妙に好き!!
とっても深い愛が感じられて、胸にキュンとくる素敵なラブソング。


10.三日月の下で~thinkin' about you~

ポップだよね~♪
このポップさが大好き!!
なんか、ウキウキしてきちゃうんだよね~♪


11.明日への光

これ、このアルバムの中でアタシが真っ先に墜ちた曲!!
総合的にアタシの直球ど真ん中な曲。
こういうミディアムロックは大好物で、ビターーッて波長が合っちゃったんだよ!!
心と身体に千綿さんの歌がじわぁって入ってくるのが分かるんだよね。
全てを委ねたくなる、いや、委ねてしまう感じ。
ホント、あったかい光に吸い込まれていくような感覚。。。
とにかく心地よくて仕方がないんだよなぁ。。。


12.君がいた景色

基本的にアコギの弾き語り。
千綿さんの穏やかで優しい声が存分に楽しめる曲。
千綿さん、すっごい笑顔で唄ってるよ♪
途中で入ってくるリコーダーの素朴な音色がとてもあったかいんだよね。
ノスタルジックなあったかいラブソング。





千綿さんが書く詞って、一人称の詞が多いのね。
だから、押し付けがましくなくて素直に曲に寄り添える気がするんだ。
馬場さん的に言えば、一緒にマラソンを走ってる感じって言うの??
自分だけじゃない、千綿さんも一緒なんだって思うと、心強いよ。。。
そんでさ、どの曲にも根底には「愛」があるんだよねぇ。。。


いやぁ・・・ホント良いアルバムだよ~♪
千綿さんが言うように、色んな色の楽曲が詰まってて、ホントに面白い!!
大好きだし大切にしていきたい1枚だなぁ。。。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

馬場俊英 LIVE TOUR 2011 ~平凡なヒーローたちによろしく~ @SAYAKAホール 大ホール [馬場俊英/LIVE記録(ワンマン)]

いやいやしかし。

すごいすごいとは聞いていたけれど。(タダシ風)

新生 馬場俊英 44歳!!

その1発目のツアー初日に参加してきた~♪


2011年12月9日(金)

sayaka.jpg

SAYAKAホール


個人的に、このSAYAKAホールの公演が発表された時は鳥肌がたった。
丁度まだ「HAERTBEAT RUSH」のツアーの頃だったと思うけど、別件でこのホールに訪れたアタシ。
こぢんまりとした綺麗なホールが気に入って「馬場さん、ここでライブ演ってくれへんかなぁ」ってツイッターでつぶやいたの。
当時のマネージャーである波多江さんにフォローされてるのをいいことに、これ見よがしに(爆)
もしかしてアタシのツイートが影響したんでは??って思いたくなるようなタイミングでの発表に、「こりゃぁ、意地でも行かなあかん!!」って思ったよ(汗)。
ま、偶然なんだろうけども(苦笑)。




続きを読む(以下ネタバレ)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

君と僕の音心~蒼空への回廊~ @CASH BOX [LIVE記録(インスト、フリー、ブッキング等)]

実は、アタシの悪妻ぶりはまだまだ続いていて・・・

今度は神戸三宮にアタシの姿はあった。
今年最後の千綿偉功さんのライブだ!!

もうねぇ、腹括って“悪い嫁”やってんのよ!!
当分は「悪い嫁」と後ろ指指されても、甘んじて受入れようと思ってる(爆)


12月4日(日)[晴れ]

1曲でも多く聴きたいと思っていたアタシにとっては、総勢5組というのはちょっと複雑で、、、
ホント、人間が小さくて嫌だ嫌だ(苦笑)
でもね、“ところが!!”の展開だったんだ~♪

今回の出演者(登場順)

Will (O.A)
アダチケンゴ
ken
岩枝利幸
千綿偉功


いつものように簡単に感想など。


Will

はじめましたのアーティストさん。
コブクロスタイルのデュオ。
まだまだこれからの二人って感じなんだけど、もしかしたら彼らはコブクロに憧れてるのかな??
ケンゴ君って言ったかな??
彼の仕草がやや黒田俊介だった(笑)
わからないけどねぇ~。
一生懸命盛り上げようと、そして自分達を知ってもらおうとする姿が微笑ましかった。
あめちゃん、ありがとね~♪


アダチケンゴ

こちらもはじめまして。
アコギの弾き語り。
なんでも、ちょっと前に交通事故に遭われたらしく、まだ首や腰が本調子でない様子。
今回が復帰ライブだったみたい。
その割には結構声出てたよ!!


ken

アコギの弾き語り。
9月にココで聴いてる。
あの時からちょっと見ない間に、かなりふくよかになられたご様子で・・・(笑)
あ、お互い様??(爆)
今回は『白い恋人達』と『からっ風の帰り道』をカバー。
どうしてだろう??岡野君の声が聴こえる・・・。


岩枝利幸

今回唯一のピアノマン。
もちろん初めてのアーティストさん。
若いのか若くないのか謎な風貌だったけど、やっぱりアタシよりも若かった(笑)
彼も『白い恋人達』を唄って、鍵盤とアコギの違いを楽しんでみました(笑)
で、この彼が後々ええ仕事するんだなぁ☆


千綿偉功

トリはやっぱり千綿さん!!
『友よ』のSEにあわせて、ステージ上で照明が踊ってる。
ステージ袖から飛び出すように、笑顔で登場の千綿さんに会場が一気に盛り上がる。

「あたたかい!」

そう言いながらマイクの前に立つ。
既にテンションは高い!!

OH~ YEAH!
OH~ OH~ OH~ OH~

いきなりのコールアンドレスポンス!!
「使えるもんは何でも使う!」と言いながら、やっぱりカッコ良いボイパ!!
1曲目は『Cry』だった。
ライブで聴くのは初めて。
ロックな千綿さんもこれまたステキなんだ~!!
語尾がこぶっちゃんみたい上がる唄いグセも好きだなぁ。。。
間奏では一人でメンバー紹介(笑)
PAさんに「ドラムっぽい音ください」って言って、「ドラムス 千綿偉功!!」ってボイパを披露。
今度は「ベースっぽい音ください」からの「ベース 千綿偉功!!」ってギターでベースっぽいフレーズを!!
ホント、色んなことして楽しませてくれるわけよ♪
こんなん盛り上がるに決まってるやん!!
唄い終わった時には千綿さんも息が上がってたよ(笑)

「12/1は何の日か知ってますか?」って、ブログにも書いてくれてたRED RIBBON LIVE での山本シュウさんが話された内容を話してくれて・・・。
それに関連するような曲ってことで、『rule』を。
アタシ、密かに「キターー!!」って思ってた。
1番はしっとりと、2番からテンポを加えて演ってくれたよ!!
もうねぇ、この曲の世界観がアタシの直球ど真ん中!!
♪例えば笑顔の裏に隠された涙があるって 
 どんなに苦しいんだろう?って思うんだ
初めてこのフレーズを聴いた時は震えたね。
つか、どのフレーズを切り取っても、すごく共感できる楽曲なんだよ。
唄ってくれてうれしかったなぁ~♪
あ、そう言えば唄う前に「はるな愛さんのすっぴんを見た!!」ってどや顔してたっけ(笑)
めちゃくちゃかわいかったんだって。ふ~ん。。
で、あのブログでのツーショットの人のことにも触れてたけど(苦笑)
千綿さんがエロに見える~(汗)男だね~、いいよいいよ(爆)

さてさて、MCを挟まず、口笛吹き出す千綿さん。
初めて聴く曲で、なんだろう??って思いながら、千綿さんの言葉とメロディーに耳を傾けてたら、なんだか泣けてきちゃって(汗)
必死で堪えたよ。
途中のフレーズで『それが僕に出来ること』だって気付いたんだけど、もちろん初めて耳にした曲で、CDもまだ持ってないやつだから買って帰ろうって心に決めたよ!!(笑)

ここで千綿さんがギターを置いた。
岩枝さんが千綿さんの古い曲を好きでライブで唄ってくれてるってところから、それを二人でセッションしてくれるって言うのね。
「千綿偉功名義じゃない古い曲」って言えば・・・と思って、でもCHASEじゃないなって直感がしたの。
ま・さ・か・・・?って感じで。
岩枝さんが持ってきてたCDを手にとって、千綿さんが「これ知ってる人いる??」って見せてくれたのは、やっぱり!!
MARIVE LOVEの『730回のkiss』だったよ☆彡
これは1996年に千葉限定でリリースされた楽曲で、千葉だけで2万枚売れたらしい。
「東芝がもっと頑張って全国で売ってくれたら・・・」って千綿さんが吠えてたよ(爆)
しかも、リリース日がなんと「1996年12月4日」!!
「鳥肌がたったよーーーっ!!」ってテンション上がりまくり。
ホント、奇跡的!!
ちなみに、この曲は今でもiTunes storeでダウンロード出来るんだよね。
なんせ1996年当時の歌声だから、どっちかと言うと音楽的にはCHASEなのよ。
でも、詞が、荒削りながら胸にキュンとくる世界観なんだよね。。。
「15年たってこうやって唄えるなんて」ってホントにうれしそうな顔してた。
遠距離恋愛の歌なんだけど、「ほぼ実話です」って言葉にドキッ。
で、これを岩枝さんの鍵盤で唄ったの。
もちろん岩枝さんも歌に参加してね。。。
今の千綿さんが歌う『730回のkiss』は想像したとおり悶絶ものだったよ。
「19の頃に書いた詞というか、その時の思いを書きなぐった」って言ってたから、荒削りなのも納得だよね。
唄い終わってから、「後日談として、この恋は成就したんですけどね。」だって。。。うふふ。
なんだかステキだなぁって思ったよ。(本当)

興奮さめやらないまま、今度は新曲を。
タイトルはまだ決まっていなくて、「今日の気分は・・・」ってことで、今回のタイトルは『ラブレター』。
以前仮で『Time flies』だった曲だよ(笑)
やっぱり優しくって良い曲だ♪ 
好きだなぁ。。。

ここで、鉄板の『友よ』。
盛り上がったよ~♪


最後は『なにもないけど』。
この曲はアルバムに入れたいって言ってたね。
以前に一度聴いたことがあるはずなんだけど、全然覚えてなくて。
でも、「君がいないと僕は死ぬ」ってところで、「ああ!」って記憶が蘇えった。
なんだろう??
もうちょっとじっくり聴いてみたい曲だ。


気が付いたら7曲!!
これはうれしい誤算だったなぁ♪

♪セットリスト
 1.Cry
 2.rule
 3.それが僕に出来ること
 4.730回のkiss
 5.(仮)ラブレター
 6.友よ
 7.なにもないけど

ステージから客席に投げかけてくれる優しい目線とか、時折見せるギョロ目とか、もうたまんないよ!!

ホント、毎回毎回、いちいちステキなステージで楽しませてくれんだよ。。。
参ったよ。。。


最後は演者全員で『上を向いて歩こう』をセッション♪
相変わらず無計画なセッションで(笑)

でも、とっても楽しいステージだったよ!!


ライブの後、物販の列に並んでたら、後ろから「イエ~イ」って言いながらお客さんとタッチしながら千綿さんが走ってきて、アタシもどさくさに紛れて「イエイ」って手を出したら「イエイ」ってタッチしてくれて走り去ってった(笑)
その軽さがやけにおかしかった(笑)
一緒にいたお友達がボソッと「アタシも千綿さんも絶対に人見知りじゃない」って、、、(笑)

なんか、千綿さん、やり切った感満載なスッキリした顔してたなぁ~♪

でさ、いつものことなんだけどさ。
ホント、千綿さんってお客さんとのコミュニケーションを大切にしてくれるよね。
だから、例え待たされたとしても全然嫌じゃないの。
むしろ、「どうぞどうぞごゆっくり」って気分になる。その分自分もゆっくりできるからね?(笑)

今回はちゃんと『それが僕に出来ること』が収録されてるシングル『逢えない夜を越えて』を購入。
アタシの宝物のペンを使ってサイン書いてもらっちゃった☆
いよいよアタシの名前を覚えてくれちゃったみたいで。
うれしいんだけどさ、なんかちょっとつまんない(笑)
誰かーーーっ!!千綿さんの爪の垢を煎じたのを奴に届けて~!!(爆)

「今日はもううるうるしちゃったよ~」って言ったら「俺もうるうるしたよ~」って。
知ってるーー!!(笑)

そんで、色々お話をさせてもらって、でも一番重要なことを確認するのを忘れたんだよーーー(汗)
バカバカ!!
ま、でも、伝えたかったこともいっぱい伝えられたからいいか。。。
いっぱいステキな笑顔もらえたし。
「来年もよろしく!」って言った時のあの笑顔はもう忘れらんないわ!!
とってもHAPPYだよ。


さて、いよいよ千綿さんもアルバム制作に本格的に入ってくね。
順調に行けば3月ごろリリース♪
それを引っさげて、絶対神戸でワンマンするぞー!!って。
大阪でもやってよ~!!

ってことで、アタシはそのツアーまでは千綿さんには逢えないのかな??
1月の東京は色んなことを鑑みて見送るべきだろうからね。。。
むぅ、ちょっと淋しいけど、来年は今年よりも慎重にライブを選定しないとなぁ。。。


なんだか、ワクワクがいっぱいだ☆
nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

おおたけしたち × ドンコルたち @南堀江knave [LIVE記録(インスト、フリー、ブッキング等)]

江戸からぷらっとこだまで揺られること約4時間。

自宅にたどり着いたアタシは、急いで旦那の晩御飯を作り、今度は南堀江へ向かった。。。

本当は諦めようと思ってたライブ。
でも、どうしても行きたい理由があった。。。
それは、1年ぶりに森さんに会えること。
会場限定販売のCDがあること。

そして、そんなアタシの願いを聞き入れて、わがままを許してくれた旦那。。。
愛してます。ホント、ありがとう★彡


2011年12月1日(木)[曇り]

開場時間丁度に現地に着いたら、まだ入場は始まってなくて。

入場してから開演まで、1時間もある。
どうして時間をつぶすか??
とりあえずトイレを済ませておこうとトイレに行って戻ってきたら、物販のところにいつもの水色のダウンを来たたけし君の姿があった。

「たけし君、今CD買えるの~??」

びっくりするくらい自然な流れで声をかけていた。
もはや緊張というも文字はアタシん中にはないようだ(笑)

「今日東京から帰ってきたとこで、ヘロヘロやねん。目の覚める様なライブよろしく~♪」って言ったら、「眠くなるよ」なんてイジワル言うのよ。
思わず「いや~ん」って言ってたわ(笑)
でもね、「ビール飲んで寝てりゃあいいよ」って言ったたけし君の顔はとっても優しかったぞ!!
「昨日東京で今日またここ来てるから、いよいよ離婚って言われるわ(汗)」って言ったら、「離婚を俺のせいにしないでよ~」だって(笑)

とか、まあ色々どうでもええ話をサインしてもらいながらしつつ。
「たけし」ではなく「おおたけし」ってサインもちゃんとあんだね~(笑)
なんかさぁ、やっぱたけし君ってぶっきらぼうに見えるけど、とっても気さくで優しいんだよねぇ。。。
あのちょっと甘えたようなタルいしゃべり、心地よくって好きだなぁ。。。


始まる前からなんだか楽しい気持ちになっちゃった♪


今回はドンコルとのツーマンライブ♪
これはドンコルの主催だったのかな??


まずはおおたけしたちのステージから始まった。


今回の「たち」は次のとおり。

Dr. 森利昭(fom 東京60WATTS)
Gt. 石垣“ガッキー”亮太(from ストライクカンパニー)
Ba. 山川浩正(from THE BOOM)


まずは一発、『おおたけしたちのテーマ』のイントロにあわせてたけし君がご機嫌に登場!!
こんな風にステージを動き回るたけし君を見るのは久しぶりだけど、でもまだまだ大人しい(笑)
けれど、こっちだってシッティングだから、そんくらいが丁度良い。

久しぶりの森さんのドラムの音にハッとしてうれしさがこみ上げた。
ちょっと硬くて渇いた音。
やっぱこの音が好きだなぁ・・・なんて思いつつ、前をウロチョロするたけし君が煩わしい(爆)

2曲目がエレキのフレーズが印象的な、やたら爽やかなポップチューン♪
なんて曲??とか思ってたんだけど、森さんのブログによると『34』だったみたい。
前に一度聴いた時と印象が全然違うんだよなぁ。。。
こんな曲だったっけ??
でも、かなり好きな感じ~♪

続いては『春は自転車に乗って』♪
たけし君、こんなにハープ上手かったっけ??

千葉出身のたけし君。
千葉にはピーナッツしかないから、子供の時にはご飯をおかわりしたらピーナッツが出てきたなんて話でオーディエンスを楽しませる。
久しぶりに地元の友人と会って出来た曲って言ってたかな??
ヘロヘロだったから、とにかく記憶が曖昧で、、、
『なつかしのピーナッツ』は初めて聴いた。
どんな曲だっけ??あんまり印象に残ってない(汗)

『入間の借家で犬と暮らしてる』と『僕はたったひとりの女の子さえ幸せにできない男なんです』は最近の鉄板。
この2曲、どっちもたけし君らしくて大好きな曲。

で、このあたりでバンメン紹介とかあったのかな??(汗)
とにかく、ユースト入ってんのにたけし君が森さんと山川さんのホテルの部屋番号バラしてたのは覚えてる。
森さんが「たけし、ユーストリーム!!」って注意してたもん(笑)
ちょいちょい森さんがぼそっとチャチャ入れてくる感じがなんだか懐かしくて。。。

『イッツオーライベイヴ』では、コールアンドレスポンスんとことたけし君の語りがツボ!!

「色んな恋がありますが、一番憧れるのは行きずり・・・じゃないでしょうか?」に会場、やや失笑(笑)
山川さんと作ったどうしようもない曲、『男と女のラブストーリー』。
アタシは結構気に入ってるよ~♪
なんだかほっこりする曲だなぁって思うよ。
でも、歌ったあとに「お客さんドン引き」って苦笑してた。
それから、『男と女のラブゲーム』ってガチで言い間違うのはどうかと思うで~(爆)

最後は『デザートムーンライト』。
やっぱりレゲェチックなアレンジだった。


どの曲だったかは忘れたんだけど、森さんが山川さんに向けてニッコリ微笑んだり、ふいに「Hey!」って掛け声かけたりするシーンがあって、これがとってもステキだったんだよ~☆彡
ホント、前にいるたけし君が・・・

って、もうそれはいいか(爆)

いやいや、ちゃんとたけし君のこともしっかり観てたよ!!
やっぱギター持たずにスタンドマイクに覆いかぶさるように唄う瞬間のたけし君が一番好きかも☆
たけし君の唄を聴きながら、「アタシってバランス良く色んなミュージシャンにはまってるなぁ・・・」って思った。
アタシん中では皆がそれぞれ唯一無二な感じで、我ながら良い趣味してると思う(笑)

そう言えば、今回はワッツの曲は1曲もなくて。
完全に「おおたけしたち」という形でのライブだったんだけど・・・。
うん。なんかそれで良いような気がするなぁ。。。
別に唄ってくれても全然アタシはうれしいけどね(笑)
今はとにかくやりたいと思うことを好きにやったらいいよ!!

なんて。

そんなこと考えてたらやっぱ東京60WATTSのライブが観たくなったぜ!!
んで、再開した時の一発目はアタシ多分うれしくて泣くよ(爆)


セットリスト♪
 1.おおたけしたちのテーマ
 2.34
 3.なつかしのピーナッツ
 4.入間の借家で犬と暮らしている
 5.イッツオーライベイヴ
 6.男と女のラブストーリー
 7.デザートムーンライト



次に登場はドンコルたち。
ドンコルっていうギター&ヴォーカル、パーカッションの二人組みのユニットに、ギター、ベース、鍵盤がサポートしてた。
それぞれに個性のキツい人たちばっかで、良い演奏するんだけど、疲労困憊のアタシには正直うるさすぎた(汗)
やっぱ音楽の響き方って体調が大きく影響すんだねぇ、、、
それに、あのキャラがアタシと相性が合わないみたいで、、、
どっと疲れた、、、
体調万全の時に聴いたら、またちょっと感じ方も違うのかも・・・
ごめんね。


最後はたけし君とドンコルたちが『デイドリームビリーバー』をセッション♪
たけし君、ハモってんだけどハモれてない(爆)
自分でも「ハモれてんの~?」って首傾げてたっけ(汗)
つか、君の声はハモリに向いてないと思うぞ!!
けど、たけし君が再登場したら、アタシのモチベーションも復活!!(爆)
何?結局瞳孔が開くか開かんかって話なのかしら??(苦笑)


ライブ終了後はとにかく森さんにだけはご挨拶させてもらおうと・・・。

ふと見ると、これまた物販のとこで森さんがスタッフさんといらっしゃって、思わず駆け寄ったよ。

「森さん!!」って声かけたら、「おおーーーっ!!」ってすっごい笑顔で迎えてくれてうれしかった~♪
気付いた時にはアタシ、森さんの腕をガッチリ掴んでて、まだ両手には森さんのスカジャンの質感が残ってる。

「会いたかった~!!1年ぶりですよ!!憶えてくれてますか??」
「憶えてるよ~。ありがとう。うれしいなぁ。。。」

言ってもアタシはまだまだワッツ暦が短くて、森さんと直接お話させてもらったのも3回程度なのよね。
だから、アタシという個人を認知してもらえてる自信がなかったの。
だからこの明らかに憶えてくれているムードを感じてとってもうれしかったんだなぁ。。。

2度3度、「憶えてくれてますか?」って確認して、「会えてうれしい~!!」って叫んだ記憶がある(爆)

開演前に買ったCDにサインしてもらいながら、あつかましくもツーショット写真をおねだり(笑)
快く受けてくださって、スタッフさんが撮ってくれた♪

もうねぇ、森さんがアタシの肩をガッチリ抱き寄せてくれて、二人でピースサイン!!
こんなに密着してもいいんですか??
ドキドキしちゃったよ~(照)
しかも、フラッシュありとなしで2回撮ってくれたから、2度肩を抱き寄せられたわけで・・・
それは、アタシの肩に残る千綿さんの感触が森さんに塗り替えられた瞬間でもあったわけで(爆)

「ほんと、ごめんね。待たせたまんまで・・・」

森さんのこの言葉に、アタシなんて返したんだろう??
多分、「全然大丈夫ですよ。でも、やっぱ森さんのドラムの音が好きだわ~」みたいなことを言った気がする。

6月のいつって言ってたか忘れちゃったけど(一番大事なとこ・汗)、森さんJANUSに来るって!!
「何でくるんですか?」って聞いても、それ以上はまだ言えないのか、森さんもスタッフさんも教えてはくれなかった。
「ソロ?」って聞いたら「俺がソロ~?」って笑ってたけど(笑)
うん。なんだかとても楽しみだ♪

最後にガッチリ握手して、その向こうにたけし君が見えて。。。
開演前に「ライブ後にまた・・・」なんて言っちゃったけど、森さんとステキな時間が持てたから、もういいかってそのまま帰ってきちゃった(爆)
だって、開演前に一応会ってるし、時間も遅いし、疲れてるし、順番待ってまでは・・・ねぇ??(笑)


アタシさぁ、自分が思ってた以上に森さんのことが好きだったみたい。
とにかく、初めて言葉を交わした時からすごく自然体で接することが出来る人なのよね。
ま、それはきっと森さんがそういう空気を作ってくれてるからなんだろうけど。
アタシの一方的な感覚だけど、ホント、馬が合う気がするよ。


お店を出てから駅までの道のりがなんだかとっても気持ちよくって。
身体は随分疲れてるんだけど、心はとってもHAPPYで♪
わがまま言ってこのライブに参加して、ホント良かった♪

旦那にはホントに感謝!!頭が上がりません!!
そろそろ良い嫁に戻らなければ・・・(笑)




ちなみに購入したCD「入間だより」は、メディアこそCD-Rだけど、楽曲そのものは完全に商品だったよ。
想像以上のもので、感慨もひとしおだよ。。。
ちなみにシリアルナンバー付きだよ!!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

New days vol.8 @SHIBUYA LOOP annex [LIVE記録(インスト、フリー、ブッキング等)]

注目の11/30のアタシ。。。

これでも一応人妻だし、大阪人だし。。。

京都にはたけし君が森さんを連れてやって来るんだぜ!?
しかも、ライブ会場限定でCD販売だってあるんだぜ!?
森さんにだって逢いたいし、音源だって欲しい!!


もう答えは出てたんだよ(笑)

渋谷.jpg


アタシはこの景色の中にさりげなく溶け込んでいた(笑)
どう見ても渋谷!!(爆)
いつもは誰かと一緒だから土地勘なんてものは育ってないと思ってたんだけどね。。。
今回、事前に地図をチラッと見て、スルスル~って歩いてったらポンっと目的地に到着!!
深刻な方向音痴のアタシだけど、それなりには渋谷の街がアタマに入ってるみたい(笑)

そう、目指したのはSHIBUYA LOOP annex!
今夜はココで岡野宏典君と臼井嗣人君の生唄を楽しむのだ!!


2011年11月30日(水)

ゆっくりめに会場に向かったんだけどねぇ、、、
会場前にはまだ数人の方しかいなくて、参ったよ(汗)
入場待ちの場所がエレベーターの目の前でさ。
あまりガツガツしてるように見えたら恥ずかしいな、、、って思ってエレベーターに背を向けてた。
何気に振り返ったら、チンってエレベーターが開いてさ。
中からスタッフさんと出てきた岡野君。

「あ、、、」(汗)
「こんにちは」(汗)
「ありがとうございます」

入場したら、会場入ってすぐんとこに岡野君がいて、思わずツンツンしてた(笑)
軽く挨拶などして、アタシが一番好きなポジションを確保した。

ちなみにこのハコ、ごく最近出来たライブハウスらしい。
D’くらいのコンパクトなハコだったよ。


今回の出演者は次のとおり。(登場順)

小川恭平
構康憲
月の203号室
臼井嗣人
岡野宏典
Diamond Dust Five

岡野君と臼井君以外ははじめましてのアーティストさん。
最近、イベントライブでも結構いいアーティストさんがいるので、今回もちょっと期待(笑)
いつものように簡単に感想など・・・。


小川恭平

アコギの弾き語り。
1曲目からいきなり弦切ってて、臼井君にギター貸してもらってた(笑)
でもね、やっぱギターってそれぞれ音が違うんだね。
臼井君のギターの音のほうがクリアな音してた気がしたよ。
本人も最初にジャラ~ン♪って音鳴らしたとき、「好きな音~♪」ってうれしそうな顔してたもん。
けど、随分緊張してるみたいで、声がちょっと震えてて、なんだか初々しさを感じたよ。
悪くはないけどあっちこっちにいそうなタイプ。
POPな曲よりミディアム調の曲のがいい感じだった。
途中からアコーディオンとピアノを操る中条君のサポートも入ったけど、この中条君の力の抜け具合にちょっとイラッ(笑)
演奏は悪くないんだけどねぇ・・・


構康憲

アコギの弾き語り。
タッパがあって、わりとガタイがしっかりした人。
ハスキーな特徴ある声してた。ちょっと意外・・・。
楽曲的にも、わりと聴かせるタイプなのかな??
しっとりした曲が多かったような・・・


月の203号室

ボーカルと鍵盤の二人組で、タイプの違うイケメンズ!!(笑)
ボーカルの彼は男くさくてギラギラしてるんだけど意外と爽やか。
鍵盤の彼はクールでスタイリッシュなタイプ。
ボーカルの方が良い意味で自己陶酔型に思えた。
じぃって目を見てくるから、「負けるか!」って思って絶対目をそらさんかったもん、アタシ(爆)
ものすごい目力だなぁって思ったら、なんでも今度舞台の主役を務めるみたいで、稽古の真っ最中とか。
なるほど、そういうことかぁ~って感じで。
熱い歌を唄うとても良いユニットだったよ。


臼井嗣人

セットリスト
 1.キャンドルナイト
 2.サボテンのせい
 3.花吹雪
 4.渋谷零時五十二分
 5.風色の街
 6.あした晴れ 

8ヶ月ぶりの臼井君の生歌!!
しかも、今回はベースとパーカッションが入った3人編成!!
『キャンドルナイト』のアタマサビ聴いて、「あ~、この感じだよ~」ってゾクゾクした。
そんで、じっくり身体に臼井君の声を沁みこませた。
どの曲もアコギ1本で聴くのとはまた趣が違ってて。
特に『渋谷零時五十二分』は圧巻!!
すんごい迫力で、カッコ良かった~!!
俄然フルバンドでのライブが見たくなったよ。
近くにいた、おそらく初めて臼井君の唄を聴いたであろう人たちが「すごい」って感嘆の声を上げてたよ。
アタシ、多分どや顔になってた(笑)
最後の『あした晴れ』は臼井君がギター1本で。
正直あまり好きな曲ではないんだけど、生で聴くと思ったよりも良い感じだった。
1番は生声で届けてくれたよ。
元々9.11の時に作った曲なんだけど、今回の震災があって最近またよく歌ってるんだって。

MCも爆笑した。
小川君のサポートでアコーディオンが入ってたことに触れて、とんだ失言を!!(爆)
臼井君が以前事務所に所属してた時に、その社長から「ギター弾き語りはいっぱいいるからインパクトがない。アコーディオン弾きながら歌ったらどうだ?楽器屋でどんなもんか見て来い」って言われて、楽器屋に値段見に言ったんだって。
そしたら、アコーディオンが結構高くてその話が流れたって。
で、「僕も一歩間違ったら・・・」まで言って、あわてて「間違いじゃない。アコーディオンは間違いじゃない」ってフォローしてんだけど、会場大ウケで(爆)

いやぁ、久しぶりにええステージ見せてもらったよ♪


岡野宏典

セットリスト
 1.キャンバス
 2.ハジマリノウタ
 3.毀誉褒貶
 4.レモネード
 5.何時も心の中に

なんとなく・・・なんとなく太った??(爆)
腰周りや太腿あたりが随分どっしりしたように見えたけど(汗)

岡野君はやっぱり座るのね(笑)
今回はアコギ1本の弾き語り。
やっぱさぁ、岡野君ギター上手くなったよなぁ。。。なんて思ったりして♪

さすがレコーディングに入っただけあって、1曲目から声がめちゃめちゃ出てんの!!
声はめちゃめちゃ出てんだけど、めちゃめちゃ緊張してるみたいで(滝汗)
うまくブレスがとれないみたいで、ややアップアップしてる序盤。
声は震え、ピッチもズレるズレる(爆)
『ハジマリノウタ』では歌詞トビも(爆)
なんか、かなり昔にこんな光景見たよなぁ・・・って感じだからびっくりはしないけど、ただひたすら「落ち着け~、落ち着け~」って念を送ってた(笑)

「久しぶりに渋谷でのライブなので、初心に帰った気持ちなので、昔に作った歌を」って話からの『毀誉褒貶』。
これがね、ほんっとに凄かったの!!
サビではどこまで声が出るんだ??ってくらいでさ。
あの声量が完全に戻ってきた感じでさ。
「完全に戻ったなぁ~」って思いながら岡野君の唄を聴いてたら、無性にうれしくなってきちゃって、気が付いたら視界が滲んでんの(汗)
参ったよ~(苦笑)
これ、他の人に見られたら、アタシ完全に心病んでるよね??(爆)
近くの人も「すごい声出てる」って言ってたんだよ~!!
この感覚久しぶりだよ~!!(泣)

「臼井君はいつもエッジの効いた歌を歌うので、一緒の時は僕もそういう歌を唄いたくなるんです」だって(笑)
「こんな一面もある“岡野”です」って。。。
で、最近のマイブームが、ツイッターで「岡野」を検索することらしい。
個人的に「岡野」っていう苗字が気に入ってるんだって。
自分以外の岡野さんがどんな感じなのかを見てるらしいよ(笑)
で、岡野って人はやっぱり自分みたいな人が多いってさ。
ったく、何やってんだか・・・(苦笑)
「それだけなんですけど」って、相変わらずオチのない話に会場爆笑よ!!
そう、なんかMCで「岡野です」って言うシーンがいっぱいあっておかしいの!!
岡野君、珍しく舌好調だったよ(爆)

何か思うことがあったのか、おもむろに「照明さんすみません。曲を変えます。明るい曲を唄います」って、珍しいことに岡野君が予定外のことを!!
「明るい曲」って言うから、『風待ち』か『はなうた』あたりくるかな??って思ったら、意外にも『レモネード』。
やっぱ1曲くらいは鉄板曲も聴きたいからうれしい☆
でも、この声で『レモネード』を?って思ったらまた視界が滲むのよ(汗)
ホント、頼むよ、アタシ、、、
ところで本当は何を唄うつもりだったんだろうね??そっちも気になる。

そして、ちょっとうれしそうにレコーディングを開始した報告を。
リリースはまだいつになるか決まってないけど、来年にはリリースしたいって♪
さらに、カレンダーの宣伝も。
「1月は富士山での御来光を持ってきました」って♪
「富士登山が好きで、今日来てくれてるスタッフさんはいつも一緒に登ってる人です。富士登山の話をフリつつ、買ってみてください」みたいなこと言うから、爆笑よ!!
もうねぇ・・・ちょっとずつ蓄積されたツッコミどころ満載なMCがアタシのツボを刺激して仕方がない(爆)
アタシ、次の曲に気持ちが立て直されへん(苦笑)

「曲って自分が思ってもない方向に育ったりするんだなってことを感じます。自分の大切な人やもの、ペットのことを思いながら聴いて貰えるといいんじゃないかと思います」
この言葉を聞くと、やっぱり千綿さんの『証』が頭をかすめる。。。

『何時も心の中に』はいつも安定して良い唄を聴かせてくれるけど、今回のはもう絶品!!
MCが大ウケしたから緊張がほぐれたのかな??(笑)
完璧だったよ!!

なんだろうなぁ??
全体的に、緊張にやられてピッチがフラついててさ。
歌の出来としては、まぁボロボロだったけど、でも声だけはホントに凄かった。
あともうちょっとしたら、あの頃の凄い唄が聴けるんじゃないかって。。。
今は期待で胸が膨らんでるよ~~☆彡


Diamond Dust Five

ボーカル、ギター、パーカッションの3ピースバンド。
ボーカルの人が結構ファンキーな風貌してるから、ソウルフルな曲でもやるのかな??って思ったら、意外にも爽やかな声でPOPな曲を歌ってる。
パーカッションの人が「もう手が痛いから叩きたくない」とか言い出して、自分が作った歌を歌ったんだけど、これがまあ下手くそで(爆)
唄わない方がよかったよなぁ、、、と思わずにはいられない(汗)



ざっと4時間!!
長かったけど、楽しかった。

大好きなアーティストが2人も出演してるんだもんね。
最高だよ!!

ライブの後はやっぱりご挨拶したいじゃん??
どっちから攻めようかな??って話よ。。。

ふと見ると丁度臼井君が空いてたから、まずは臼井君にご挨拶。
8ヶ月ぶりだったんだけど、アタシが近づくなりすぐに分かってくれて、もう手を出してくれてるのね。
まずは握手から入るのがいつもの臼井君のパターン。
うれしそうな笑顔みせてくれるんだけど、とりあえず嫌味のひとつでも言ってやりたいわけで(笑)
「いっこも大阪来てくれへんからさぁ、もうアタシのことなんて忘れてんじゃないの~??」ってね。
したら、「覚えてますよ。今日もあそこ座ってたでしょ??見えてましたよ」だって。
大阪に来てくれないこと、関西でのワンマンがないこと。
文句いっぱい言ってやったわ!!
でも、3人編成がすっごいカッコ良くて、俄然フルバンドが見たいって言ったら、うれしそうな顔しつつも「バンド引き連れて大阪へ行くのは・・・」って困ってた。
「いやいや、身、ひとつで来て!!」ってね(笑)
それから、とある人からの伝言もしっかりと伝えたし。笑ってたよ(笑)
本当はシングルを購入してサイン貰おうと思ってたんだけど、アルバムしかなくてね。。。
残念。
もうシングルもないみたいね。
今度手持ちの持ってったらサインしてくれるって♪
今度っていつだよ~~!!(苦笑)
最後にもう一度ガッチリ握手。これもいつものパターン。
久しぶりに会っても、こうやって気さくにお話が出来るのはやっぱうれしいなぁ。。。


さてさて、今度は岡野君。
岡野君の横にはスタッフさん。
このスタッフさんがまた気さくなお方で。。。

「カレンダーください」
アタシの第一声。
「今日はサインしてくれないの??」
って言ったら、岡野君とスタッフさんがおよよってなってて。
まだ誰もサインとかおねだりしてなかったみたい(笑)

「ペンがない」って慌ててるから、「持ってるよ~」って(笑)
サイン書いてもらいながら岡野君をいじめる(爆)
いや、いじめられたのはアタシの方かもしれない、、、
でも、あのひとことと、あの感じは密かにうれしかったんだ。。。

とりあえずライブの感想などを・・・って思ってさ。
「声がめちゃくちゃ出てたね~」って言ったら、スタッフさんも「出てた、出てた」ってうなずいてるの。
「声が戻ってきたね~。アタシうれしくて視界が滲んだわ」って言ったら、岡野君崩れ落ちてた(爆)
あん時のあのなんとも言えない表情が忘れられない。。。
「今日はアップアップしたね」って言ったら「めちゃくちゃ緊張しました」って。
「でも、『何時も心の中に』は絶品でした」って言ったらうれしそうに「もっと精進します」って(笑)
とりあえず、ごめ~ん(汗)
歯に衣着せるの苦手やね~ん(滝汗)
でも、ずっと岡野君を見てきたから出ちゃった言葉達だよ!!わかってくれるよね??(笑)

あとまあ、スタッフさんに、「以前にどっかでお会いしたような・・・」なんて話もしつつ(笑)

今まで言いたくても我慢してたことを岡野君の手を握りながら言ったよ☆
「アルバム楽しみにしてます!!」って♪

ついでに「アルバム引っさげてのツアーとかはあるの??」なんて聞いてみたら、岡野君がどっちつかずな雰囲気で、スタッフさんが「いや、まだわからないです!!」って(爆)
だから、「こっちにもいろいろ予定があるから、決まったら早めにアップしてね!!」ってお願いしといた(爆)

あともうひとつお願いをしたの。
SOLEでのライブ、演奏に影響がないなら立ってやって欲しいって。
「座りだと後ろは見えないからストレスになって楽しめないのよ」ってハッキリと、そして真面目に言ったわ。
ここはちゃんと伝えとかなきゃいけないって思ったんだよねぇ。。。
やっぱ、オーディエンスの率直な意見ってのもたまには必要でしょ??
みんなが楽しめた方がいいもんね??ライブ後の印象も全然違うし。。。
さて、岡野君、次のSOLEは立ってやってくれるかな??(笑)

最後に「これから夜の街に消えるわ」って言ったら笑われたけど(汗)
「またね」って手を振った時に見せてくれた笑顔が、とっても可愛いかった。
その笑顔でアタシは次のライブまで頑張れます!!(笑)


で、もちろんその後、美味しいお酒をひっかけて。。。


ライブの余韻とアルコールでなんだかとってもHAPPYな気分。
ふわふわしながら大好きな歩道橋の真ん中でちょっとだけボ~っとしてた。。。
危ない??
大丈夫。すぐそこがホテルだから。。。



nice!(0)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽