So-net無料ブログ作成

脳天気なスタッフに拍手!! [東京60WATTS♪]

いやいや~[わーい(嬉しい顔)]
朝から駆け巡ったね~[右斜め上]

超刺激的なビッグニュースが[exclamation×2]

そうですか。
東京60WATTS[ひらめき]ミナホ出演ですか[るんるん]

うんうん。
ええよ、ええよ[黒ハート]
活動休止宣言してようが、してなかろうが。
どっちでもええわ[exclamation×2]
そんなちっちゃなことは気にしな~い[るんるん]
つか、アタシにゃ関係ねぇ[わーい(嬉しい顔)][手(チョキ)]


久しぶりに届いたメルマガもええやん[グッド(上向き矢印)]
たけし君らしいメッセージにニヤッとしちまったぜ[ドコモポイント]
“変なヤツ”ってことには定評のあるアタシ[手(チョキ)]
ガンガンに盛り上がって、人一倍楽しんだる[手(グー)]

スケジュールをちゃんと空けてたアタシって天才[手(チョキ)]

ったく、望むところだぜ[手(グー)]


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

広沢タダシ 「雷鳴」リリース記念インストアミニライブ @タワーレコード神戸店 [LIVE記録(インスト、フリー、ブッキング等)]

っと、忘れるとこだったけど、ちゃんと神戸のインストも観に行ってたんだよ~[手(チョキ)]

2010年10月24日(日) [雨]

さすが、ここに来て雨が降ったね(笑)

この日のリハは『フィッシュマン』を唄ってかな??
広沢君、唄う前に必ず「リハーサルです」って宣言してから唄うの。
本番さながらにガッツリ演ってくれるから、確かに宣言しないと勘違いしそうだもんね(笑)


[るんるん]セットリスト
  ヘアーカッター
  大切な日はいつも雨
  ファミリーレストラン
  雷鳴
  スイマー

アンリミのドディ君も観に来てて、『スイマー』では一緒に唄ってた[るんるん]
なんだったらステージに上がっちゃえばよかったのに[exclamation×2](笑)


広沢君がさ。
とにかくステキなんだよな[ぴかぴか(新しい)]
なんだろう。。。
あの威風堂々とした佇まい。
自分の演りたい音楽が出来てるってことなのかな??

これ[右斜め下]読んだ時、さすがアタシを引きずり込んだアーティストだって思ったよ[手(チョキ)]

http://musicshelf.jp/blog/selector/2010/10/special-interview-8.html

こういうのって、やっぱりその佇まいに表れるのかしら??
アタシが大好きなアーティストの姿がそこにあるんだよ[ぴかぴか(新しい)]

つくづく、人気だけがグッドミュージックのバロメータにはならないってことを実感するよ。
音楽は波長だよね[exclamation&question]
自分と波長が合う音楽、これを見つけ出す楽しさと、出会ったときの喜び。
大切にしていきたいなぁ。。。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

広沢タダシ New Album 「雷鳴」 Release party @酔夏男 [広沢タダシ/LIVE記録(ワンマン)]

今年5度目の酔夏男は、なんとオールスタンディング[あせあせ(飛び散る汗)]
たくさんのオーディエンスが犇めき合う。
皆、広沢君の3年ぶりのオリジナルアルバムのリリースをお祝いしに駆けつけた人たち[るんるん]

会場では「雷鳴」にちなんで、「フィッシュマン」、「ファミリーレストラン」の2種のスペシャルドリンクが用意されたいたよ[バー]
「フィッシュマン」はクールなブルーのお酒。シークァーサー的な柑橘系の味がした。
「ファミリーレストラン」はオレンジベースのノンアルコール。


2010年10月23日(土) [曇り]

予定開始時間から、30分くらい遅れてFM802のDJ、尾上さとこさんが登場[exclamation×2]
この時のライブは、なんとUSTで全世界に生中継[映画]
尾上さんのご挨拶の後、ようやく広沢君とかっちゃんが登場[exclamation×2]


セットリストは、ニューアルバム「雷鳴」の収録曲を全て歌うってものだった。

[るんるん]セットリスト(順番を憶えてない為、順位不同)
  心の宇宙
  雷鳴
  LAST TRAIN
  フィッシュマン
  スイマー
  ブルースの神様
  ヘアーカッター
  ファミリーレストラン
  メガネ
  ブラブラブ
  大切な日はいつも雨
  フレンド

 EN
  明日なんて分からない
  夢の中で君が泣いてた


たしかねぇ。。。
頭2曲は『フィッシュマン』、『ヘアーカッター』で盛り上げたような気がする。
かっちゃんが一旦下がって、広沢君の弾き語りで『ファミリーレストラン』。
序盤に『メガネ』、『LAST TRAIN』だったよなぁ。。。
とにかく『ブラブラブ』歌った後の広沢君の発言が(爆)
「みんなアホヤなぁ・・・」的な発言に、誰が言わせた[exclamation&question]って声がチラホラ(爆)
おまけに「なんかの宗教か思うわ」って、アァタ[exclamation×2][ふらふら]
全世界生中継ですから[exclamation×2]
放送コードぎりぎりちゃうのん??[あせあせ(飛び散る汗)]
でも、やっぱ楽しいのよね[るんるん]
で、この後、ゲストでアンリミからドディ君とルース君、そして陽子ちゃんが登場[exclamation]
ドディ君、「『ブラブラブ』歌いたかった」って。。。
そんで、ブラジャー付けて出てくるのにて、、、
あ、そうそう。
広沢君、この曲でブラジャーのCMタイアップ狙ってるから、そっちの業界の方がいらっしゃいましたらよろしくお願いします[黒ハート]
さて、ライブも後半戦。
このゲストを迎えて聴かせてくれたのが、『心の宇宙』、『スイマー』[るんるん]
あれ??『大切な日はいつも雨』もだったかな??
アカン、分からん。忘れた[あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)]
とにかく、アンリミのコーラスがめっちゃステキで、思わずCD買ってみようかと思ったわ[わーい(嬉しい顔)]
そんで、『スイマー』では、陽子ちゃんの歌声になぜか安心したりして[わーい(嬉しい顔)][あせあせ(飛び散る汗)]
うん。やっぱ女声だったら陽子ちゃんの声がいいな[るんるん]
本編ラストは『フレンド』[るんるん]
[るんるん]大阪酔夏男に会いにくるよ~
ってしめてくれたんだっけかな??

そして、広沢君が一旦ステージを後にする。

オーディエンスからはアンコールの手拍子が入るも、ステージに姿を現したのは尾上さとこさん(笑)

今回のライブは、リリースパーティってことで、アルバム「雷鳴」についてのインタビューや質問コーナーが用意されていたの。
再び尾上さんに呼び込まれて登場した広沢君は、グレーのツアーTを着ていた。
登場と同時にオーディエンスのあちこりから「うす~っ[exclamation×2]」っていう驚嘆の声が[exclamation×2](爆)
もちろん、その中のひとつはアタシなんだけど。。。[わーい(嬉しい顔)][たらーっ(汗)]

「人間を形容する言葉やない[むかっ(怒り)]

って、ややスネてる広沢君がかわいい[黒ハート]

ここからは、尾上さんをインタビューアーとした、アルバム「雷鳴」についてのインタビュー。

その後、オーディエンスからの質問タイム[るんるん]
ちょいとうろ覚えなんで、嘘にならない程度にざっくりと(苦笑)

Q.アルバム「雷鳴」の中で広沢君が一番好きな曲は?

A.決められない

Q.曲を作る時、詞とメロディーのどちらが大変?

A.詞が出来たらメロディもできる。詞で悩むことの方が多い。

Q.アルバム1曲1曲に物語を感じるが、エッセーなどの出版をしてはどうか?

A.出版関係の方ですか?書くのは好きなので、チャンスがあればやってみたい。

Q.『スイマー』と聞くと『スイミー』を思い出してしまいますが、かっこいいPVを作る予定はないですか?

A.映像関係の方ですか?作りたいですねぇ。。。

Q.『ブルースの神様』に登場するロバートとは誰?

A.ロバート・ジョンソン


最後にサイン入りのエコバッグ、Tシャツ、アルバム「雷鳴」が当たるお楽しみ抽選会があった。

あ、もちろんアタシは落選[バッド(下向き矢印)]


アンコールには、またまたアンリミの二人と陽子ちゃん、そしてかっちゃんが登場[exclamation×2]
ドディ君の胸が膨らんでた(爆)
そんで、みんなで『明日なんて分からない』を歌った[るんるん]

オーラスは広沢君が一人で『夢の中で君が泣いてた』で締めてくれた[るんるん]


演者たちもホントに仲が良くて、とってもあったかい、そんなライブだったな。
みんなでお祝いできてよかったな[かわいい]



そんで。
ライブ終了後、広沢君が入り口でCD売っててさ。
「さっきはどうも」って、思わず声かけちゃった[手(チョキ)]
「さっき」ってカフェで出会ったことを指してるんだけど、ちゃんと通じたみたい[手(チョキ)]
「声かけたらあかんかった?」って聞いたら「どんどんかけてください」って。
「スターのオーラ出まくっとったでぇ~」って言ったら、「いやいや、頑張ります~」って苦笑してた[わーい(嬉しい顔)][あせあせ(飛び散る汗)]

帰り際には握手してもらって、「SOLEのライブ行きますから[exclamation×2]」ってサムズアップして出てきたの。

そしたら、お店を出たところにドディ君とルース君がいて[目][exclamation]
気がついたら握手してた(爆)

そんで、陽子ちゃんもいたから、「『スイマー』は陽子ちゃんの声じゃなきゃ聴けなくなったよ~[あせあせ(飛び散る汗)]」って本音をチラリ。
そしたら、うれしそうな顔しつつも、「小谷さんが・・・(その先言葉聞こえず)」って言うから、「気まずいね(笑)」って笑って帰ってきたわ[わーい(嬉しい顔)][あせあせ(飛び散る汗)]


とにかくさ。
色んな意味で、楽しかったんだよ~[るんるん]

こんなにリラックスというか、ちゃんと会話らしい会話を広沢君としたのは初めてかもしれないなぁ。。。


SOLEのTKTも無事に取れたし、次はまたまたSOLEで広沢君の弾き語りだ[るんるん]

楽しみ、楽しみ[黒ハート]

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

広沢タダシ 「雷鳴」リリース記念インストアミニライブ @タワーレコード梅田マルビル店 [LIVE記録(インスト、フリー、ブッキング等)]

2010年10月23日(土) [曇り]

広沢君のニューアルバム「雷鳴」リリース記念のインストアライブに行ってきた[るんるん]

インストよりも先にツアーやってるから、妙な感じだけど・・・(笑)


ライブ前に時間つぶしでちょいっと某カフェへ[喫茶店]

カウンターで出来上がりを待っていて、何気に振り返ったらそこに、スターがいた[目][exclamation×2]
あ、かっちゃんも・・・。

いつものシックな装いとは違い、メガネをかけ、ちょいとラフな感じのスター[ぴかぴか(新しい)]
それでも一目見てハッと気付くほどの、強烈なオーラを身体から放ち、ギターケースを抱えたスターがそこにいた[exclamation×2]


「広沢君[exclamation×2]

あまりの眩しさに、声をかけずにはいられなかった[黒ハート]


この予期せぬうれしいハプニングに、ハートがビートを刻み出す[揺れるハート]
この興奮をつぶやこうとするのだけど、手が震えて文字が入力できねぇ[あせあせ(飛び散る汗)]
タッチパネルの弱点に気付いた瞬間だった(爆)


さてさて、


気を取り直して。

リハから楽しむために、ちょっと早めにタワレコへ入店。
さっき出会ってしまったから、なんだかちょいと気まずいというか照れくさいというか、とにかくとまどう(爆)

なんて思ったのはほんの一瞬だけだったけど。


リハでは『フィッシュマン』と、『手のなるほうへ』をガッツリ聴かせてもらった[るんるん]
『手のなるほうへ』は、かなりおいしかったなぁ~[グッド(上向き矢印)]


[るんるん]セットリスト
  1.フィッシュマン
  2.ヘアーカッター
  3.ファミリーレストラン
  4.雷鳴
  5.スイマー


インストなのに、かっちゃん(風味堂 ドラム)がサポートに入ってて、豪華だよね??
かっちゃんは足首に鈴を巻いて、カホンにまたがる。
そして、もちろんコーラスも[exclamation×2]
『スイマー』のBメロはかっちゃんが担当。歌えるドラマーだったのね[わーい(嬉しい顔)]
つい岡野君のBメロを思い出してしまったアタシ。。。[わーい(嬉しい顔)][あせあせ(飛び散る汗)]

『ヘアーカッター』、『雷鳴』は本当にカッコいいね[手(チョキ)]
コードを押さえる広沢君の左手は圧巻[exclamation×2]
惚れ惚れしちゃうわ[黒ハート]

もう、ホント観るたび、聴くたびいちいち素敵やわ[黒ハート]


CDはツアーで手にしてたから、残念ながら握手会には参加出来なかったけど[バッド(下向き矢印)]
さすがにもう1枚ゲットする財力はアタシにはない[ふらふら]
それ1枚で、ライブひとつ行けるもんね[exclamation&question]

あ、野暮なことは言いっこなしよ[パンチ](爆)


そんなこんなで、アタシ達は次のリリースパーティに向けて、さっさと梅田を後にした。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

その後・・・。 [あんなこと、こんなこと。]

自分でも笑えるんだけど・・・。


iPhoneが快適で、今めっさウキウキしてる(爆)


いつもは取説とかほとんど見ないアタシなんだけど、今回は早くiPhoneに慣れないと生活と言うか、色んな活動に支障をきたすってことで(笑)、マニュアル本を買ったのね。
最初買ったやつは、iPhoneに初めて触れたアタシにはあまり役に立たなくて、新たに買ったのがコレ[exclamation×2]

CARTIASP.jpg

はじめてのiPhone4


これが、分かりやすくていいのよ~[るんるん]
(「はじめての一太郎」とか「はじめての花子」とか思い出す・爆)
これのお陰でもうすっかりiPhoneを使いこなしてる・・・つもり[わーい(嬉しい顔)][あせあせ(飛び散る汗)]


とりあえず、アタシ好みにカスタマイズしようと、着うたをいくつか作ってみたり[るんるん]
これが、めっちゃウキウキするんだよね[わーい(嬉しい顔)][手(チョキ)]
レア音源炸裂[exclamation×2][exclamation×2]

壁紙も以前の携帯で使用していたものに変更したし[黒ハート]


タダ残念なことは・・・

着うたは作れても、効果音は作れない[あせあせ(飛び散る汗)]
いや、違うか。
作った音を効果音として利用できないこと[ふらふら]

あと、ストラップが付けられないこと[バッド(下向き矢印)]


機種変する前に集めた情報の中には、「使いにくい」とか「慣れるのに3ヶ月かかる」ってのがあったんだけど、そんなことは全然なくて。
もしもそのあたりで躊躇してる人がいたら、声を大にして「心配ないぜ[手(チョキ)]」って言ってあげたいわ[わーい(嬉しい顔)]

基本的な操作方法さえちゃんと頭に入れたら、あとはサックサクよ~~[手(チョキ)]
前の記事で書いてた「ストレス」って、いったい何??って感じ(爆)

アタシ、もう携帯電話には戻れないかもしれないなぁ、、、[わーい(嬉しい顔)][たらーっ(汗)]


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

iPhoneデビュー♪ [あんなこと、こんなこと。]

したはいいが、、、


近所のソフトバンクショップで予約したから、2週間かかるって言われてさ。

携帯からiPhoneに機種変するだけで、チームの決済方法を変更しなきゃいけない、Clubは解約になる、携帯サービスが全て受けられなくなる・・・云々で。
そんでもって、この最先端の文明の利器を、この超ローテクなアタシが使いこなせるのか甚だ疑問で[たらーっ(汗)]
心の準備をするには、この2週間って期間が丁度いいやって思ってたの。

そしたら1週間で入荷しちゃって[目][exclamation&question]

うれしいのはうれしいんだけど、まだ心の準備が出来てないわけよ[あせあせ(飛び散る汗)]

とは言え、やっぱり連絡貰ったらすぐに取りに行きたくなるじゃん??[わーい(嬉しい顔)][あせあせ(飛び散る汗)]

で今、手にiPhone握り締めながら、ものすごいストレス抱えてる[ふらふら]

取り急ぎ、電話、メール、ツイッターくらいは適当になんとかできる状態。


しかし、アレやね[exclamation&question]

タッチパネルってのは、油断すると危険だわ[あせあせ(飛び散る汗)]

ツイッターいじってたら、知らぬ間にリツイートしてたり、文章入力中に投稿してしまったり[あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)]
アドレス帳いじってたら、姪っ子に電話かけてたり(爆)

便利さと危うさ、表裏一体って感じ[ふらふら]


一応マニュアル本的なものを買ってきたのだけど、セレクトをミスッたようで、、、[たらーっ(汗)]

アタシに必要なのはもっと初歩的なものなんだよ[exclamation×2]って感じだし、、、(苦笑)





はぁ、、、[ダッシュ(走り出すさま)]



なんか、身の丈にあってない気がして、落ち着かないし不安[バッド(下向き矢印)]
iPhoneを使えてる感覚はまるでないし、むしろ使われてる、、、いや、見下されてる感じがする[ふらふら]

アタシ好みにカスタマイズした携帯が恋しいよ~~[もうやだ~(悲しい顔)]

スライドを上下したら「岡野宏典が・・・全力投球!」って言ってくれたんだよ[もうやだ~(悲しい顔)]
いろんな着信はいつも岡野君やワッツ、馬場にぃさんにコブクロが知らせてくれた。。。
電話をかけてきてくれた人には岡野君やワッツの曲を聴いてもらえた。。。
待ち受け画面にはムフフな写真が・・・。

便利さを手に入れるのと引き換えに、失うものも多いわ[もうやだ~(悲しい顔)]



とにかく、今日は扱いづらいコイツをいじくり倒して、少しでも早く馴染むように頑張るよ[手(グー)]
実際、PCメールとかもチェック出来たり、かなり便利なものであることは間違いないしね。
生かすも殺すも自分次第っつーことねん[ドコモポイント]
アプリとか利用しつつ、おもっくそ使いこなして、アタシ好みにカスタマイズしたる[手(グー)]
必ず見返したるねん[パンチ]


でもその前に、コイツの身を守るためのアクセサリー関係をちょいっと見に行ってくるか[るんるん]


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

馬場俊英 「私を必要としてくれる人がいます」リリース記念フリーライブ @阪急西宮ガーデンズ4F スカイガーデン [LIVE記録(インスト、フリー、ブッキング等)]

2010年10月13日(水) [晴れ]

スカイガーデン.jpg


前回の『待ち合わせ』のインストには、訳あって参加出来なかったアタシ・・・。
初めて足を踏み入れたスカイガーデンは、とてもステキなロケーション[ぴかぴか(新しい)]


スカイガーデン空.jpg


ステージの頭上にはこんな空が広がってる。。。

爽やかに登場した馬場にぃさん[黒ハート]
心地よい風に吹かれながら、リハーサル[るんるん]
歌詞を誤魔化したり、声が思いっきり裏返ったりに、ニヤニヤするアタシ[わーい(嬉しい顔)]
リハだから、こっちも気楽だww

「リハーサルなんで、あんまりお構いもできませんが・・・。」

とか言いつつ、譜面台の洗濯ばさみにイチャモンをつけて場を和ませてくれるんだよなぁ。。。


「あともう少しお待ちください」

そう言って、リハーサルは終了した。


続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

アイルトン・セナ -音速の彼方へ- [あんなこと、こんなこと。]

セナ.jpg


観た。

泣いた。
とくダネ!で小倉さんが「泣きました」って言ってたけど、ホンマに泣いたわ[もうやだ~(悲しい顔)]

憂いある端正なマスクに、改めて見とれてしまった2時間[ぴかぴか(新しい)]




兄貴が観るからなんとなく一緒に観てたF1。
セナ×プロ時代真っ只中の頃。
まだまだ人に影響を受けやすい多感な時期。
日本から唯一参戦していた中島悟を応援しつつ、このセナ×プロ対決からも目が離せなくなってたのが高校生の頃。。。
二人の仲が険悪になっていく様を、TV画面を通してみてた。

プロストがF1を去り、少しずつF1への興味が薄れ始めていたある日の朝。
アタシは社会人になっていた。
朝早く出勤するアタシに、寝室で寝ていた母親が急にむくっと起きて、アタシを呼ぶ。
そして衝撃的な言葉を口にした。
「セナ死んだ[exclamation]
「そうなんや・・・。」
変に平静を装いつつ、ドキドキしながら出勤したっけ。



その辺のセナが辿ったF1レーサーとしての足あとを、プロスト、記者、監督、家族、セナの言葉と、当時の映像で綴られたドキュメンタリー[カチンコ]


セナがどんだけ孤独の中で戦っていたのか・・・。
当時はあまり理解できてなかったことが改めて理解できた。
プロストがかなりヒール的扱いになってたけど[たらーっ(汗)]


初めての母国ブラジルでの勝利のシーン。
マシンの中で奇声を発して喜ぶセナ。
痙攣して、痛くて上がらない肩。
それでも、その痛みを堪えて頭上高く掲げて見せた優勝トロフィー。
過去に何度も目にしたシーンなのに、涙が溢れて止まらなかった[もうやだ~(悲しい顔)]

最期のレース。
1日目、バリチェロが大事故を起こして、2日目にはラッツエンバーガーが死亡。
その度に、不安でやりきれない表情を見せるセナ。
グリッド上、ポールポジションでマシンに乗り込んだセナは、これから起こることを何か予期しているような・・・
そんな表情をしているように見て取れた。
もう随分昔に起こった過去のことなのに、心の中で「セナ、そのレースには出場しないで[exclamation]」って叫んでしまう。
もういい、もういいからって。。。

そして運命の時。

あと15cmずれてたら・・・。






皆が泣いている。
家族も、恋人も、ライバル達も、監督、メカニックも・・・
今宮さんも、川井さんも、三宅アナも・・・。



そして、アタシも・・・。













孤高の天才。

それはセナの為にある言葉だ。

それが、この映画を観たアタシの感想。。。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

読書の秋。 [あんなこと、こんなこと。]

ってことで、こんなアタシでも年間を通してこの時期だけは読書のスイッチが入るわけだ[本]
長続きはしないのだけど・・・。

そんなこんなで、2冊ほど読破したのだよ[手(チョキ)]


まずは・・・


[本]重力ピエロ  伊坂幸太郎 著

何故コレを読もうと思ったかというとね。
yahoo!のトップ画面だったと思うんだけど、そのなかのトピックのひとつに、「あなたにおすすめの一冊」みたいな感じで、性格診断から自分に向いてる本を見つけるチャートがあって、それで導き出されたのが、この「重力ピエロ」だったのね。

伊坂幸太郎とかって、名前は聞いた事あっても、読んだこと無かったしね。。。

ストーリーとしては、展開が読めてしまって、特別なにってこともない感じで。。。
ただ、登場人物が発する言葉が妙に心地よくて。。。
よくもまあ、こんだけイビツな人間ばっかり出してきたな[exclamation&question]って(笑)

斜に構えた人、シニカルな人、利己主義な人、達観した人、執着する人。

イビツな考えを持った人ばっかなんだけど、でもなんか納得できる部分もあってさ。
人が誰しも持ってる醜さ、愚かさ、弱さ、優しさ、寂しさ、etc.を突いてくる感じが、惣領冬実の描く世界観に似てるなぁ・・・って思った。
そして、それを心地よいと思うアタシ自身もやっぱりイビツなのかな??って不安になってみたり[わーい(嬉しい顔)][たらーっ(汗)]

でもね、読み終えた後、何故か爽快感があった[手(チョキ)]

うん。確かにアタシ向きの本だったような気がする。
納得。


そして、もう一冊。


[本]ラットマン  道尾秀介 著

これは、単順に本屋さんの平台に並んでいて、たまたま目が合ったの。
背表紙のあらすじを読んだら、アマチュアのバンドマンの話みたいで、興味が沸いたから連れて帰ってきたの。
そんなんだから、もちろん見るのも聞くのも初めての作家さんで・・・。

ところがよ[exclamation×2]
これがもうねぇ。。。
舞台が埼玉で、しかもグッドマンって名前のライブハウスが登場したりで、気付いたら登場人物のバンドマンにワッツのメンバーを当てはめてた(爆)
面白くって時間を忘れて一気に読んだ[るんるん]
後半に、これでもかってくらい畳み掛けてくる、いい意味での裏切りにゾクゾク[揺れるハート]
そして最後は、暖かい穏やかな余韻で満たされる。。。
表現としては正しくないのかもしれないけど、いい話だった[かわいい]

面白かった~[手(チョキ)]
とにかく面白かった~[るんるん]
これはおすすめの1冊やね[わーい(嬉しい顔)][るんるん]


今秋の読書はこれで終了かな~??(笑)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

今年4度目の酔夏男でのライブは・・・。 [LIVE記録(インスト、フリー、ブッキング等)]

なんだかやっぱり気になって仕方がない臼井嗣人君のライブ、観に行ってきた~[るんるん]
だぁれも付き合ってくんないから、ひとりでピュッとね[手(チョキ)]


2010年10月7日(木)

今回のライブは、ワゴンズっていうバンドのボーカル、梶本浩司君とのツーマン。
この梶本君、これまたお初のアーティストさんで、ライブ前にHPをちょこっとチャックすれば、なかなかかぁいいマスクしててね[わーい(嬉しい顔)]
関西で活動してる京都のインディーズバンドなのかな??
実物の彼は、若いわりには落ち着いた雰囲気を持っていて、垢抜けたいい感じの青年だった。


で、今回はツーマンなんだけど、二人で30分ずつの2部編成にしようってことになったらしい(笑)

だから、梶本君→臼井君→梶本君→臼井君という感じでライブが展開された[るんるん]
二人ともアコギ1本の弾き語り。


とりあえず、梶本君のことをサラっと・・・[わーい(嬉しい顔)]

1部、2部とも5曲ずつ唄ってくれたの。
今回のライブのテーマを「家にいる感じ」に設定したらしい(笑)

1部は友人のミュージシャンのコピーなど演りつつ。。。
2部は今度リリースされる(された?)ミニアルバムのプロモーションも兼ねて、全部そのアルバムの曲を唄ってた(笑)
しかも、[ビール]片手に(笑)
ワゴンズでも全て梶本君が曲を作ってるらしいんだけど、あんまり明るい歌はないんだって。
どうも、せつない曲が好きなご様子。
なんだけど、1部のラストにわりとアッパーな曲を唄ったのね。
タイトルは忘れちゃったけど、アタシの中での彼の一番はコレだったね[手(チョキ)]
歌い方はまだまだ荒削りなんだけど、声質や唄い癖はミスチルの桜井さん系かな??
せつない曲も悪くはないんだろうけど、アッパーな曲のほうが声が映える気がした。

臼井君の唄に触発されたのか、緊張が解けたのかはわからないけど、1部に比べて2部の方が確実に良いパフォーマンスしてたように思う。


そして、臼井君[るんるん]

ライブ前に、まぁ色々あって(笑)、声かけてきてくれたのには驚いた。
すっごい笑顔なんだよね~[わーい(嬉しい顔)]
ホント、気さくなお方で。。。

臼井君を知って間がないアタシには、どの曲もまだまだ新鮮[ぴかぴか(新しい)]
アタシん中では、黒いギブソンと言えば臼井君ってなってきた(笑)

ちょっとずつ感想など・・・。

[るんるん]第一部

1.花吹雪

いきなりの『花吹雪』。
歌ってる時の臼井君の視線は右斜め上にあって、そのせつなフェイスと曲のせつなさが相まって、景色が見えるようだった。ホント、ステキな曲[かわいい]


2.蝉時雨

曲説聞きながら「もしや[exclamation&question]」ってドキドキ[揺れるハート]
イントロ聴いた瞬間、うれしさのあまり隣の人叩いてた[あせあせ(飛び散る汗)]
8月のライブの時に「『蝉時雨』が聴きたいです[exclamation]」って臼井君に伝えたら、「用意しておきます。」って言ってくれたのね。
ホントに演ってくれるなんて、感激[もうやだ~(悲しい顔)][ハートたち(複数ハート)]


3.Express 21st. Century

誰もが経験した後ろめたさ。
それは自分の勇気の無さが招いてることなんだけど。
正直な言葉が心地よい優しいメロディにのっかって。
それを唄う臼井君の声もまた、すごく優しいんだよなぁ[ぴかぴか(新しい)]


4.if (表記があってるかは不明)

これって、過去に2回くらいしか唄ったことがなくて、“幻の曲”って言われてるとってもレアな曲らしい。
数年前に唄ったきり、長い間唄ってなくて。
しかも関西では初披露なんだって。
“反戦歌”っていうのとはちょっと違うけど・・・
世界のあっちこっちで起こってる戦争。
もしもそれが身近なところで起こっているとしたら・・・
ミディアムテンポなんだけど、妙に刺さる曲だった。
曲調は全然違うんだけど、なんとなくコブクロの『この指とまれ』を思い出させる世界観。。。
もっとじっくり聴きたいのだけど、今度はいつ聴けるんだろう??[たらーっ(汗)]


5.独立記念日

アタシの印象としては、ちょいと薄かったりしたんだけど、ライブでじっくり聴いてみると、うん。
なんかやっぱいい感じ[ぴかぴか(新しい)]


第一部は男前な感じで演りたかtったらしく、MCも抑え気味で。




[るんるん]第2部

1.左隣に贈る詩

未音源化の楽曲なんだけど、ライブではよく唄われているのかな??
どうやら人気の高い曲みたい。
アタシもこれで2度目か3度目だからじっくり聴くことが出来て。。。
とっても優しい愛が溢れたラブソング[黒ハート]


2.サボテンのせい
3.渋谷零時五十二分

激しい曲を2曲。
臼井君のジャカジャカギターをかき鳴らして唄う感じも好き[るんるん]


4.キャンドルナイト

これも未音源の曲。
というか、新曲って言ったほうがいいのかな??
以前に出演したキャンドルナイトっていうイベントに出演した時に即興で作った歌らしいのね。
そん時は即興だったこともあって、とても短かい曲だったんだけど、今回はそれを最後まで作ってきたって[手(チョキ)]
『キャンドルナイト』ってことで、ロマンチックにローソク1本の光で唄おうとしたんだけど、後ろのお客さんから、「見えない[あせあせ(飛び散る汗)]」って声が(爆)
想定外の状況にモンリーさん(酔夏男のマスター)に助けを求める臼井君(笑)
ほんの少しぼぉ~っとするくらいの灯りとロウソクの光で唄ってくれたのは、優しくて、美しい・・・そんなイメージの曲。
反射的に「好きだ・・・」って思った[黒ハート]
最後はローソクの火をフッと息で吹き消して終わった・・・。


5.ウソツキ

10/20、配信限定ってことでリリースされる新曲[るんるん]
女性目線なのかな??って思ったら、そうじゃないのね。
もともとせつない曲なんだけど、男性が女性を「あなた」って表現することによって、さらに切なさに拍車が掛かる感じ。
「あなたについた嘘で傷つけていたのは自分のほうだった」
このキャッチがまたステキだよね~[もうやだ~(悲しい顔)]


6.春紫苑

これはやっぱ『花吹雪』とセットで、絶対に聴きたい曲。
唄ってる時の優しい表情もステキ[ぴかぴか(新しい)]


EN.偶然

アンコールをもらえると思ってなかったらしく、何を唄おうか迷った結果、「出会いを唄った曲」ってことで、これがセレクトされた。
なんだろうね。。。
CDで聴いてると、そんなに心に留まる曲ではないんだけど、やっぱ生で聴くとじわ~っと広がってくる何かがあるんだよねぇ。。。
ライブってやっぱいいもんだねぇ。。。


第2部はいつもの臼井嗣人君に戻って(笑)、MCも絶好調[手(チョキ)]

爆笑してしまった話を記しておこう。


大丸のトイレに行った臼井君。
その時、女子トイレが混んでいて・・・。
臼井君が男子トイレに足を踏み入れようとした時に、おばさまが普通に入ってきたらしい。
どう考えても男子トイレで・・・。
そのおばさまは一目散に個室へ入っていったらしい。
とりあえず臼井君は自分の任務を遂行すべく、まあ仕事してたわけよ。
したら、そのおばさまのお連れさんが、トイレの入り口から叫んでるんだって。
「〇〇ちゃん、そこ男子トイレ[exclamation×2]
そしたら、その個室から
「やっぱりか[exclamation&question]
っておばさんの叫び声が[exclamation×2](爆)
臼井君、こういう「やっぱりか」の使い方もあるのかって勉強になったらしい[あせあせ(飛び散る汗)]

まちがってもそれを大阪の象徴に思わないでね~~[あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)]


「大阪はお世辞ではなく、ホントに大好きです」

うれしい言葉。
大阪に来ると、かならずいつも来てくれる人がいて、それがすごく心強いって。。。

やっぱりか[exclamation×2]

友達が言っていたことは、どうやら本当のようだ。。。




で、改めて・・・。
臼井君の唄はねぇ。。。
梶本君も言ってたんだけど、全身全霊、魂で唄ってる感じがするのよね。
唄だけじゃなく、表情でも感情を伝えてくるっていうかねぇ。。。
ホントに素晴らしい歌唄いだよ。。。
今回改めて実感した。


ライブが終わったのは23時。
アンケートを簡単に記入して、直接臼井君に渡しに[次項有]
そん時に、確認したの。
「憶えてないかもしれないけど、前に『蝉時雨』を聴きたいって言ったんですよ」って。。。
そしたら、「憶えてますよ。アンケートにも書いてくれてましたよね。。。」って[目][exclamation&question]
「だから今回セットリストに入れたんです」って。。。[もうやだ~(悲しい顔)]
もう、「うそん[黒ハート]」って感じで、本気でうれしくて、舞い上がってしまったわ[あせあせ(飛び散る汗)]
感激だよ~[ぴかぴか(新しい)]
ここは素直にホンマやと信じよう[exclamation×2](笑)
「遅いのに最後まで聴いてくれてありがとうございました」
そう言って、すっごい優しい笑顔で、手を差し出してくれて。。。
しっかり握手までしてもらっちゃった[黒ハート]

こういうのホントたまんないよね[黒ハート]


まだまだ様子見って感じの臼井君だったんだけど、どうやら雷が落ちたみたい[雷]

“いつも来てくれる人”、そのうちの一人になる日も近いかもしれない[わーい(嬉しい顔)][あせあせ(飛び散る汗)]











nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。