So-net無料ブログ作成
検索選択

FM OSAKA E-Tracks LIVE SPRING 2010 @大阪城野外音楽堂 [LIVE記録(インスト、フリー、ブッキング等)]

神様、仏様、大田和様(爆)

こないだの直談判が功を奏したのかどうかははなはだ疑問なんだけど…。
とにかく全てがうまく行き過ぎるほどうまく行き過ぎて、こわいくらいに最高の滑り出しとなった[手(チョキ)]


いやいやしかし。
晴れたね~[晴れ]
ジリジリ肌を刺すほどに。。。
日焼けが怖くて、こっそりワッツのタオル被ってた(爆)
すっかり忘れてたけど、アタシってスーパー晴れ女やったわ[わーい(嬉しい顔)]


さてさて、そんなこんなでWヘッダーの昼の部が始まったわけだ[手(グー)]


2010年4月29日(木) ピーカンだぜ[晴れ]


お陰さまで、演者の表情までバッチリ見えるお席で[手(チョキ)]

オープニングアクトの武川アイちゃん(実はタケカワユキヒデさんの娘さん[exclamation])の後、Loveに続いて2番手で登場の岡野君[黒ハート]
白シャツに久々のくるくるズボン(笑)
風に髪をなびかせながら颯爽と登場[exclamation×2]
いやん[黒ハート]なんていうの??
アタシが一番よく知ってる岡野君って感じだった[揺れるハート]

サポートには、キーボード・浮田さん、チェロ・五十嵐さん。
岡野君のギターはコール・クラーク[るんるん]



セットリストは次のとおり[るんるん]

1.風待ち
2.レモネード
3.何時も心の中に
4.届いたらいいな~Gratitude~


チラッチラッとサポートメンバーに目で合図を送る。
うん。なんだかとってもリラックスできてる表情してる[かわいい]

1曲ずつ感想など…。


『風待ち』

荘厳なイントロから始まる『風待ち』はとても新鮮[ぴかぴか(新しい)]
チェロがひとつ入るだけで、楽曲の表情がこんなにも変わるんだなぁ~って。
そして、演奏に負けない岡野君の力強くて伸びのある声に、一瞬で持ってかれたよ。。。
手拍子も入り、歌ってる岡野君の表情も和らいでた[わーい(嬉しい顔)]
ま、歌詞が飛んじゃったとこもあったけど、岡野君の動揺のない苦笑いに余裕を感じたよ[手(チョキ)]
とにかく、野音の高くて青い空、木々の緑、さわやかな風にぴったりはまりこんでた[晴れ]


『レモネード』

ギターを置いて、何を聴かせてくれるのかと思ったら…。
なんか久しぶりに聴かせてもらった気がする。『レモネード』の2番[黒ハート]
1サビ後の間奏を耳にした時、アタシがどんだけ安堵し、喜んだことか(爆)
イントロ入った時、岡野君なぜかこの曲に似つかわしくない、いたずらっ子の様な笑みを浮かべたのよね~[わーい(嬉しい顔)][たらーっ(汗)]
ふふ~ん、そういうことか。。。ってね[あせあせ(飛び散る汗)]
ちゃんと歌ってくれたね~[るんるん]ありがとう[黒ハート]
この曲の素晴らしさを改めて実感できたよ[手(チョキ)]ホント、大好きな1曲[黒ハート]


『何時も心の中に』

岡野君の声が風に乗ってどこまでも伸びてく感じ・・・[ぴかぴか(新しい)]
特にサビは圧巻で。
風を感じながらすごく気持ちよさそうに歌ってるんだよなぁ[ぴかぴか(新しい)]
もう、それ見てるだけですごく幸せな気持ちになった[黒ハート]


『届いたらいいな~Gratitude~』

ギターを置いて、岡野君がゆっくり話し出す。。。
2007年にデビューして、何度か野音のステージに立ってるけど、いつもすごく良い天気で。
この景色がずっと目に焼きついてる。
このライブに参加できてとても嬉しい。
そんなようなことを話してくれて、「感謝を込めて、だいぶ昔に作った曲です。ライブで歌うのは初めてに近いですが…」の言葉に、もう心臓のドキドキが収まらない[あせあせ(飛び散る汗)]
あの大和田さんの思わせぶりな書き込みはこれだったのかと…。
こっからはもう涙腺勝負[もうやだ~(悲しい顔)]
でも、ちゃんと見てたし、聴いてた。
岡野君の力強いファルセット、伸びのある声・・・。
そして最後のキメ[exclamation]
最後の最後、「なぁ~」の音を大きく外してしまって、さっきまで瞳に溜まってた涙が一気にどっかいったわ(爆)
岡野君の苦笑いもめちゃくちゃかわいくて・・・
最後こそ外しちゃったけど、唄そのものは本当に素晴らしかった[ぴかぴか(新しい)]
ずっと聴きたいと思ってた楽曲だから、ホントに嬉しかったなぁ[かわいい]


終わったなぁ~って思ってたら、思いがけず熊木杏里ちゃんとのセッションが用意されてた[目][exclamation×2]


相変わらずな空気感があったけど、なんだか楽しそうだし嬉しそう[わーい(嬉しい顔)]
セッション曲は岡野君のセレクト。
荒井由実(松任谷由実)の『やさしさに包まれたなら』[るんるん]
1番のAメロBメロを岡野君が歌って、あとはほぼハモリだったかな??
ハモリの岡野君も素敵なんだよね~[るんるん]
男性ボーカルとセッションする時の、闘争心むき出しでガンガンなハモりも大好きだけど、女性ボーカルとセッションする時の優しいハモりも、これまた大好きなんだな[ハートたち(複数ハート)]
最後はフェイクで静かに終わっていく・・・。
終わった・・・。


腕時計を確認した。16:30だった。


岡野君がステージを後にし、残った杏里ちゃんの声を背中で聞きながら、アタシは会場から姿を消した。


野音を出たアタシはJR森ノ宮駅に向かって走り出す[ダッシュ(走り出すさま)]


京都に向かう電車の中。


声は前に出てたし、本当にいいステージだった。
とにかく歌ってるときも、しゃべってる時も、笑顔がいっぱいで。
岡野君、本当に良い表情してた。


そんな風に、ひとり余韻に浸りつつ、Wヘッダー夜の部へと気持ちを切り替えていったのだった[次項有]
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ライブラッシュ!! [あんなこと、こんなこと。]

いよいよ始まりますね、ゴールデンウィーク[ぴかぴか(新しい)]

アタシにとっては、過去最大の怒涛のライブラッシュ[exclamation×2][exclamation×2]


特に明日。

野音で岡野君の生歌を聴き、その余韻を引きずりつつ京都に場所を替え、今度はワッツでハチャメチャに盛り上がる算段なのだけど、果たしてうまくいくんでしょうか??
岡野君、お願いやから早めに登場してください[exclamation×2]
あなたの唄を聴かずして、京都へは走れないのです[あせあせ(飛び散る汗)]

嗚呼、タイプの違う二人の男の間で揺れ動く乙女心・・・[揺れるハート]
お願いやからアタシを取り合うのはこれっきりにして欲しいと、切に願うのです。。。(←ただのバカ)


そう、明日のWヘッダーを皮切りに、5/9まではライブ三昧の日々[カラオケ]

いよいよ馬場にぃさんも動き出しますからね~~[るんるん]


まさに三都物語・・・、いや、四都物語か??(笑)



岡野君、東京60WATTS、広沢君、そして馬場にぃさん。



そりゃぁもう、大騒ぎです[わーい(嬉しい顔)][るんるん]



そして、何気に気付きました。
今年に入って杉浦琢雄を見ない月がないということに・・・[ひらめき]
この状況は少なくとも6月まで続きます。
もしかすると8月まで延長されるかもしれません。
これは、大記録です[exclamation×2]
だから何ってことはないんですが…。


とにかく、体調だけは崩さないように、ガッツで頑張ります[手(グー)]

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「VOCALIST 4」 初回盤B ♪ [その他アーティスト♪]


voalist4.jpg

「VOCALIST 4」初回盤B by 徳永英明


徳永英明、「VOCALISTシリーズ」の集大成、「VOCALIST 4」[カラオケ]がリリースされた[るんるん]
新譜はもちろん、カバーであってもCDがリリースされたら当然のように買うし、聴けばやっぱり“良い”って思う。
ライブの案内が来たら、やっぱり“行きたい”って思う。
惰性で20年・・・と疑ったこともあるけど、結局なんだかんだ言いつつも、徳永さんの唄が好きなんだなって思う今日この頃。


とは言え、正直、“カバーアルバムはもういい[たらーっ(汗)]”って思っていた。
どうしても、本家本元の唄を知ってるだけに無意識に比較しちゃって、徳永さんの歌い方に物足りなさを感じることが多かった。
でも、この「VOCALIST 4」は、想像以上に良かった[わーい(嬉しい顔)][手(チョキ)]
過去の3作の中でも、特に良いんじゃないだろうか??

アタシの一番のお気に入りは『未来へ』[るんるん]
徳永さんが一番気持ちよく歌えてるような気がするし、柔らかい曲のイメージが、徳永さんの中にある、アタシが一番好きな部分を引き出してくれてるような気がする[黒ハート]
ん~、「Girl」~[DEAR」の頃の匂いや空気を感じるというか…。
kiroroの曲だって分かってても、徳永さんのオリジナル曲のように聴こえてくる[黒ハート]

これとは対照的に、『ラヴ・イズ・オーヴァー』もかなりステキだ[ぴかぴか(新しい)]
こっちは大人の哀愁が見事に表現されている。
声のかすれさせ方が絶妙で、切なさがこみ上げてくる。
さすがだ[ぴかぴか(新しい)]

その他にも『未来予想図』、『First Love』もこれもかなり良い[手(チョキ)]


さて、そんな「VOCALIST 4」初回盤Bの収録曲は次のとおり[るんるん]

1.時の流れに身をまかせ
2.赤いスイートピー
3.First Love
4.翳りゆく部屋
5.セーラー服と機関銃
6.誰より好きなのに
7.あばよ
8.月光
9.やさしさで溢れるように
10.未来へ
11.待つわ
12.あの鐘を鳴らすのはあなた
13.未来予想図

Bounus Track
14.ラヴ・イズ・オーヴァー



うん。“集大成”と呼ぶに相応しい作品だと、納得[わーい(嬉しい顔)][手(チョキ)]
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

いつも。 [岡野宏典♪]

広沢君のエッセー、「大きな声でつぶやこう!」
これが、かなり面白い[わーい(嬉しい顔)][手(チョキ)]
ま、そんなことはアタシが言うまでもなく、一般的に知られていることだろう。。。

アタシはそんなことを言いたいのではなく…。

今回のエッセー「スターの日常~カフェ編~」(2010/04/20記事)で、ひどく共感した部分があったということ。



冒頭部分。

要約すると・・・

過去に何度か通っていたカフェで、綺麗なおねぇさん(店員)に「いつも来てくださってありがとうございます」って言われた。
数多くのお客さんがいる中、自分のことを覚えてくれていたことに感動した。


そんなところだろうか。
もしかしたら、感動の理由はおねぇさんが綺麗だったから……ということも考えられなくもないが、、、[わーい(嬉しい顔)][たらーっ(汗)]


ま、話にはオチがあって、この先まだまだ文章は続くのだけど……

でも、“感動した”のは間違いないんだろうなぁ…と理解している。


アタシはこの感動、すごく分かる[exclamation×2]
ごく最近、アタシも同じようなことをココに書いた。


「LIVE 春・歌・集・橙」での1コマ。

岡野君に「いつもありがとうございます」って言われたって。。。



「いつも」。



発した側からすると、なんてことないひと言なのかもしれない。
でも、受け取る側は、そのひと言で“憶えてもらってる”ことを実感出来るから、気絶しそうなほど嬉しい[ぴかぴか(新しい)]
広沢君のカフェでの話は、言ってしまえばごくありふれた日常。
でも、アタシにとって岡野君はスーパースター[ぴかぴか(新しい)]であって、岡野君との時間は、ごくごく僅かだけど、めちゃくちゃ特別。
そのごくごく僅かな時間を積み重ねて、ようやく記憶の片隅に残れた…(笑)


実はもう随分前から憶えてくれてることは知ってたんだけど、どうも半信半疑で(笑)
短いスパンで会えてるときはいいけど、時間が経っちゃうと忘れちゃうんだろうな…って。


こないだは随分振りだった。
もちろんライブにはちょこちょこ顔を出してたけど、直に触れ合える機会がなくて、、、[もうやだ~(悲しい顔)]
でも、アタシを見るなり言ってくれたんだよ[ぴかぴか(新しい)]

「いつもありがとうございます」

って[揺れるハート]


感動した[ぴかぴか(新しい)]

というか、

感激した[揺れるハート]




ただね、問題がひとつあって、、、

岡野君に憶えてもらってることは本当に嬉しいのだけど[るんるん]
お手紙を直接手渡せなくなった[あせあせ(飛び散る汗)]
面が割れてると思うと恥ずかしくて、書けねぇよ[あせあせ(飛び散る汗)]





嗚呼、なんか勝手なこと書いてるなぁ、、、[ふらふら]


結局、これが勘違いやったって方がもっと恥ずかしいかも…(爆)






nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『あの娘に好きと言われたい』♪ [広沢タダシ♪]

音楽ダウンロードではなく、断じてCD[exclamation×2]

でも、こないだコブクロがネット配信限定で『Layla』をリリースした関係で、不本意ながらiTunsカードを購入することになっちゃって[わーい(嬉しい顔)][たらーっ(汗)]
一番安いので1500円だったから、ず~っと1300円残ってて。。。
そんで、“何かいい曲ないかなぁ~っ?”ってiTunes Storeをうろうろしてた。
そして、掘り出し物を見つけちゃったのよ[目][exclamation×2]
それがこれ[右斜め下]


NFCD-27028.jpg

「夜のピクニック」INSPIRED BEST ALBUM


と言っても、この中に収録されている、広沢君の『あの娘に好きと言われたい』の1曲だけなんだけど[るんるん]
正直、この楽曲の存在はノーマークだった[あせあせ(飛び散る汗)]
コンピレーションアルバムにしか収録されてない楽曲があるってのも驚き[目][exclamation×2]

さすがにこういうのはネット配信があってよかったと思った[わーい(嬉しい顔)][ダッシュ(走り出すさま)]
それは素直に認めようではないか[手(グー)](笑)





さてさて、この曲がどうだったかが気になるところだ。


ズバリ[exclamation×2]


1度聴いただけで“大好き[黒ハート]って落ちた[わーい(嬉しい顔)][ハートたち(複数ハート)]

メロディーがめちゃくちゃキャッチーなんだけど、広沢君らしいドラマチックなムードもちゃんとある[手(チョキ)]

詞の世界は、片思いしてる男の子の正直な気持ちが、とってもキュートに描かれてて、メロディーとすっげぇマッチしてる[手(チョキ)]
聴いてると、なんか笑顔になっちゃうんだよね~[わーい(嬉しい顔)][ぴかぴか(新しい)]

さらに、広沢君の歌いグセがなんかもうたまんない[黒ハート]
この感じ、めちゃめちゃ好きやわ~[ハートたち(複数ハート)]



いやね。
ホントに、存在すら知らなかった楽曲だったから、まるで宝物を掘り当てたような気分で、かなり興奮したし、嬉しくて仕方が無い[グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)]


ちなみに、探してたのはホントはワッツがカバーした『あの鐘を鳴らすのはあなた』だったんだけどね(爆)
こっちはiTunes Storeにはなかったよ、、、[もうやだ~(悲しい顔)]
タグ:広沢タダシ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

万寿の月。 [あんなこと、こんなこと。]

万寿の月.jpg



これが噂の田子の月の「万寿の月」[わーい(嬉しい顔)][黒ハート]
キャラポケ聞きながら、これをほおばって喜んでるアタシが可愛くて仕方が無い[exclamation×2](爆)

こいつが、しっとりもっちりの食感と、甘すぎないあんこが絶妙で、甘いものがとんと苦手になったアタシもご満悦~[わーい(嬉しい顔)][手(チョキ)]
おいしかった~[るんるん]


やっぱり、持つべきものは静岡の友[るんるん]

もちろん近くの友も一応大切に思ってますよ~(爆)

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

TADASHI HIROSAWA LIVE 2010 ~SPRING~ @umeda AKASO [広沢タダシ/LIVE記録(ワンマン)]

どっひゃぁ~~[あせあせ(飛び散る汗)]
いやもう、凄いのなんのって[exclamation×2]
ま、いろいろあったライブだったけど、めちゃめちゃ痺れたし、笑ったし、ちょっと泣いた~[わーい(嬉しい顔)][あせあせ(飛び散る汗)]


2010年4月8日(木) [晴れ]

ありえへんことに、快晴[晴れ] [目][exclamation×2]

AKASO0408.jpg


今年2度目のAKASO[カラオケ]

オープニングアクトとして、杉瀬陽子さんが、ギターの弾き語りで2曲聴かせてくれた。
なんて曲かは忘れちゃったけど、全く色の違う2曲を、これまた全く色の違う声で歌い上げていて、そのギャップに驚かされた。


そして、いよいよ[次項有]

ここからはセットリスト順に、少しずつ感想などを挟みつつ。。。


1.キスの速さで

イントロ聴いた瞬間、鳥肌に我慢出来ず、友達と悲鳴を上げてしまったわ[あせあせ(飛び散る汗)]
まさかの・・・。まさかの『キスの速さで』[目][黒ハート]
これ、アダルトな雰囲気が漂うカッコ良い曲で、めちゃくちゃ好きな曲なんだよなぁ[黒ハート]
しかも、なんだっけ?『流れ星が消えるまでに』のカップリング曲だから、そう簡単には聴かせてもらえないだろうと思ってたけど、そうやん[exclamation×2]広沢君やんか[exclamation×2]
大いに有り得ることだったんだよなぁ。。。
いきなり白目むきそうなほどテンション上がった~[グッド(上向き矢印)]


2.夢の中で君が泣いてた

これはもう結構聴かせてもらってるからね・・・。
それでも、このアッパーな感じが爽快で、毎回テンションが上がってしまうという・・・[わーい(嬉しい顔)]
サビがいいよね[るんるん]

初っ端の2曲で、完全にテンションは上げ上げ[グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)]

挨拶がてらブレイクが入る。


3.四月の風

あらあら、これまた『右手に夕焼け 左手に朝焼け』のカップリング曲[るんるん]
そんなに思い入れのある楽曲ではなかったけど、やっぱ生で聴くと違うね[手(チョキ)]
すごく爽やかで、心地良い感じ[ぴかぴか(新しい)]
季節感たっぷり[かわいい]


4.さんざんな午後

ヘビィなイントロから、広沢君の唄が乗っかる[exclamation×2]
あらあら[あせあせ(飛び散る汗)]
めずらしいこともあるもんで、、、
音が微妙に外れてる[たらーっ(汗)]
半音下がっちゃった感じかな??
多分ね、広沢君にもあせってるような雰囲気があった。。。
立て直そうと試みてるような感じはあったけど、結局Aメロ全部ずれてたかなぁ。。。
もちろん1番だけなんだけどね。
広沢君でもこういうことがあるんだって思うと、何故か安心感が沸いてきた。(笑)
ま、そんなことはさておき、とにかく分厚かったね~[手(チョキ)]
正直あまり好きな曲ではないんだけど、ライブは違うわ~[わーい(嬉しい顔)][グッド(上向き矢印)]
ライブ映えする楽曲だわ~[るんるん]


5.869本目のアーチ

これまたイントロ聴いた瞬間テンションMAX[exclamation×2]
この曲に遭遇した時は、あの手拍子を必ずやるんだ[手(グー)]って思ってたけど、それどころじゃなかったよ(爆)
で、この曲がめっちゃ好きなお友達がいて、その人の顔が浮かんで仕方なかったよ[ふらふら]
大阪がまだやり残したこと」って何だ?(笑)
最後は広沢君がバットを構え(エアーだけど)、〆の1音でかっ飛ばすんかと思ったらバント[わーい(嬉しい顔)][たらーっ(汗)]
悔しいけど、笑ろてもうた[わーい(嬉しい顔)][あせあせ(飛び散る汗)]
「やっぱ繋いでいかなねぇ~」だって。。。


6.ファミリーレストラン(新曲)

ココから3曲は広沢君がギター1本で弾き語り。
前回のワンマンでも聴かせてもらった楽曲。
詞がとってもキュートなの[黒ハート]
んで、その詞の世界観を感じながら、ふと「たけし君が描きそうな世界だなぁ・・・。」って思った。
比較的短い楽曲だけど、でも、丁度いいバランスなんじゃないかな??
尚、広沢君はデニーズがお気に入りのご様子[レストラン]
にしても、「切羽詰まらな決められへん」って、アンタは“決められない男子”か[exclamation&question](爆)


7.I love you, you like me (新曲)

二人の温度差を唄った曲なんだけど・・・。
サビのファルセットがめちゃくちゃ印象的で[ぴかぴか(新しい)]
声帯全開って感じの唄い方がかなりツボ[手(チョキ)]
「I love you, you like me」…このリフレインを聴いてると、ものすごく切なくなってくる。
「love」と「like」。これだけで何を言おうとしてるのかがわかってしまう。。。
広沢君らしい、心に沁みるラブバラード[もうやだ~(悲しい顔)]
とても素敵な楽曲なんだけど、今度のアルバムには入らない曲だって[バッド(下向き矢印)]
んな、アホな~~[がく~(落胆した顔)]


8.メガネ(新曲)

ハープとメガネを付けて(笑)
丁寧に曲説をしてくれたんだけど、ちゃんと表現できる自信がないから割愛しよう[exclamation](爆)
これはね、もう一度じっくり聴きたい曲。
実はギターの音に注力が働いちゃってたから、今度はもっとちゃんと詞を聴きたいの[exclamation]
ぼやけた印象しか残ってないんだけど、割と深い詞だったような気がして、寄り添える部分がめちゃくちゃある気がするのよね。
いやいや、それにしても。
広沢君のギターがめっさエエ音してるのよ[ぴかぴか(新しい)]
この辺りから、ギターの音が気になって、気になって・・・(笑)


9.雷鳴

いやぁ~痺れたね~[揺れるハート]
イントロ、間奏、アウトロの広沢君の分厚いアコギ!!
強く激しく響くその音に、思わずニヤケてしまったわ[黒ハート]
楽曲自体もめちゃくちゃファンキーでグルービンやし、カッコいいにも程がある[パンチ]
で、こういう楽曲をやると際立ってくるのが琢雄君[exclamation×2]
さすがやわ~[ぴかぴか(新しい)]
今回は雷は落ちなかったけど、ホンットにカッコよくて、シビレまくったよ~[ふらふら]


10.明日なんて分からない

さっきのファンキーなムードから一変して、今度は楽しく皆で“Oh~ Yeah~[手(グー)][るんるん]


11.心の宇宙

ん~と、どんなだっけ??[わーい(嬉しい顔)][たらーっ(汗)]
「人生の歌」って言ってたやつかな??
イントロ聴いて『青い風の招待状』がふっと浮かんだアレだったかなぁ??
アカン、憶えてない[exclamation×2]


12.スイマー

もうすっかり忘れちゃってたんだけど、ここでもう一組のゲスト、Unlimited toneの登場[exclamation×2]
去年のモンフェスで一度生歌を聴いてて、歌は上手い[exclamation×2]
しゃべりの方も達者なようで、広沢君もタジタジになってた。
ルースはマジ笑いになってたっけ。。。
たしかに面白いけど、ちょっとやり過ぎ[たらーっ(汗)]
すごく良いテンポでライブが展開されてたから、そのテンポ感を乱されてイラッ[むかっ(怒り)]としたとか、しなかったとか・・・(笑)
うん、やっぱオムニバスとワンマンは違うからねぇ~。
ま、でも、あれは彼らの特徴だから仕方がないか・・・。
ってことで、彼らがレコーディングに参加したという曲を一緒にやってくれたんだけど・・・。
好きな感じの楽曲だったけど、そんなこんなであんまり憶えてないんだな・・・アハハ[わーい(嬉しい顔)][たらーっ(汗)]


13.むかしの話

今度はさらに杉瀬さんも参加して・・・。
で、この曲、実は広沢君の楽曲の中でも、数少ないアタシのスキップソングだったりするわけで[あせあせ(飛び散る汗)]
苦手なのよ、こういうダラダラ長い楽曲は(爆)
しかも、本人以外のアーティストが音をアレンジするのを「よし」と思わない性質だから、悶々とするわけで・・・。
ま、アンリミのDody君がうまいことオチを付けてくれたから、心が和んだけど・・・。
それに、やっぱ生で聴くと、生の迫力もあったりして、良い感じになるのよ[ぴかぴか(新しい)]
とは言え、完全にセッションになっちゃってたから、なんかちょっと損した気分は否めない、、、
ワンマンにゲストを呼ぶのって、一長一短だなぁ[たらーっ(汗)]


14.桜の絨毯に乗って

キターーーーッ[exclamation×2]ついにキターーーーーーーーッ[exclamation×2]
嬉しさのあまり2、3度飛び跳ねて、その後は嗚呼、もう涙で前が見えねぇ[あせあせ(飛び散る汗)]
この楽曲は、アッパーでキャッチーなのに、何故か泣けるのよ[もうやだ~(悲しい顔)]
幸福感なのか、喪失感なのか、期待感なのか、焦燥感なのか・・・。
春特有の言葉では表現できない感情が一気にこみ上げてきて、たまらない気持ちになる。
いや、やっぱり希望に胸が膨らむんだろうな。
だって、笑顔なのに涙が出る楽曲だもん[るんるん]
やっと歌ってくれたね~[るんるん]ありがとう[かわいい]


15.ブラブラブ(新曲)

今回も唄ったよ~[るんるん]
ブラブラブ ブラブラブ ブラブラブラブラブラブラブ(爆)
最前列の人、広沢君にマイク向けられてたな~[あせあせ(飛び散る汗)]
アタシなら逃げる[ダッシュ(走り出すさま)]
リフレインしてたら、そのアホさ加減に笑いがこみ上げてくる[あせあせ(飛び散る汗)]
なのに、演奏はめちゃめちゃカッコいいんだよなぁ[ぴかぴか(新しい)]


16.大切な日はいつも雨

イントロの琢雄君のピアノが好き[黒ハート]
なんか、もう随分聴きなれた気がする。。。


17.まあるい日々

イントロから歌に入った瞬間、「?」ってなって・・・。
「どんな歌やったっけ??」って・・・(爆)
涼しい顔して、「アンリミ呼ぶとこからやり直そっかぁ」って(笑)
ええわぁ、この感じめっちゃ好き[手(チョキ)]
何でも、『桜の絨毯に乗って』とごっちゃになったらしい(爆)
そうなのよね。この曲のイントロ、『桜の絨毯に乗って』とほぼ一緒よね??
アタシもシャッフルして聴いてると、よく「ん?どっちだ?」ってなる[exclamation×2]
この曲で本編終了。



アンコールで再び姿を現した時は、「晴れたら何かが起こるね」って・・・(笑)
「3ヶ月しか経ってないのにこんなにいっぱい集まってくれて・・・」って言ってたけど、それは違う[exclamation]
3ヶ月も待ったの[exclamation×2]
でも、今年はいっぱいライブするなんてうれしいこと言ってくれちゃってさ[わーい(嬉しい顔)][るんるん]
次の約束もしっかり[わーい(嬉しい顔)][手(チョキ)]



EN1.Try Try Try

再びアンリミの登場[exclamation]
広沢君もレコーディングに参加したアンリミの曲。
広沢君のリクエストだとか。。。
これをアカペラで聴かせてくれた。
このアカペラ、正直かなりカッコ良いの[exclamation×2]
それぞれに皆良い声してんだよね~[カラオケ]

アンリミがステージを後にする。
ステージには広沢君がひとり。


EN.2 もしもうたえなくなっても

圧巻[exclamation×2][exclamation×2]
濁りの無いクリアーな指弾き。ビビるくらいエエ音[ぴかぴか(新しい)]
痛いくらいに魂のこもった唄。
良い意味でピーンと緊張感が張り詰めてて、ギター1本で皆をここまで引き込むのか[exclamation&question]
アタシ、身動きが出来なくなったよ。
とにかく、なんだろ。
歌力と音圧みたいなのを凄く感じて、気付いたら涙が出てた[もうやだ~(悲しい顔)]
もうホントに凄い唄だったんだよ~[もうやだ~(悲しい顔)]
やられたな~[あせあせ(飛び散る汗)]
最後の音が消えてからの、あの静寂・・・。
鳥肌がたったよ。
間違いなく、このライブの1番だわ[exclamation×2]


EN.3 フレンド(新曲)

「手を振ったら さよなら」だっけ??
なんかそんな感じの歌詞があって・・・
ちょっとせつない感じが、ライブを締めくくるのに相応しい楽曲[るんるん]
完全に終わりだって、気持ちにケリをつけてくれる楽曲だね(笑)



会場の照明が点いて、友達と言葉を交わそうとするんだけど、言葉にならなくて[あせあせ(飛び散る汗)]
しゃべりたいのにしゃべれなくて、何度も同じ言葉を繰り返してたような気がする。
友達の瞳にも涙が満タンで(爆)

でも、「チケットの販売を行っていま~す」って叫んでるスタッフさんの声に反応して、一目散に列に並びに行ったわ[手(グー)](爆)

その後、生ビールを一気に飲み干し、居酒屋へなだれ込んだわけだけど・・・。
酒呑みのオッサンが如く、めちゃめちゃ渋いあてでお酒を飲み、ライブの余韻に浸っていた。。。



ステージ上の広沢君は、なんであんなにカッコ良いんだ??
今回もまた、そのわかりにくいカッコ良さにやられたよ[ふらふら]


ありがとね~[るんるん]




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

つぶやき。(其の八) [マインドスケープ]

たとえば…


胸の奥に無理やり仕舞い込んだ感情があったとして。。。


その感情が、ちょっとしたきっかけによって“呼ばれて飛び出てジャジャジャジャ~ン♪”したら、


その感情をぶつける場所があればいいけど、もしもそんな場所がないとしたら……。


これほど厄介なことはない。


気付かれないように、悟られないように、過ごしてきたけれど。。。


本当に気付かれていないことを実感した時、


「よかった…。」と安堵するのではなく、


思いの外、傷ついてる自分がいることに戸惑う。


自分が願ったことであるのに…。


自分の中の矛盾、、、


たとえばの話だけど、、、


そういうことって、あるよね??


それって、くしゃみで戻ってくれるんだろうか??(苦笑)




CALF8L58.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

いつもタイトルが付けられるとは限らない。 [あんなこと、こんなこと。]

CACWQV9U.jpg

なんばパークス


魚眼レンズで撮ったような写真になっているが、なんてことないタダの携帯写メである[カメラ]
丸い狭い空だけど、嫌いじゃないのよ、この感じ…[黒ハート]


CAKI8TWA.jpg


折角の桜も、こんだけ人が居たんじゃ情緒もクソもあったもんじゃない[ダッシュ(走り出すさま)]



実は、履けなかったパンツが履けるようになっていた[手(チョキ)]
かなり嬉しい[わーい(嬉しい顔)][ぴかぴか(新しい)]
おやきダイエットを始めて早2ヶ月。
シェイプした体重はほんの3kg[わーい(嬉しい顔)][たらーっ(汗)]
これが順調なのか、どうなのかはわからないが、少しずつ成果は出ているように思う。。。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

君に笑顔咲きますように・・・。 [あんなこと、こんなこと。]

とても大切なお友達が、ほんの少しだけ大阪を離れることになった。
彼女とはどれだけバカやってきたかわからない。
数々の暴言、失言を吐くアタシなのに、何かあるといつもさりげなくフォローしてくれる。
彼女の「大丈夫よ」って言葉に、どれだけ救われたか分からない。。。
無意識のうちに、とても頼りにしてしまっていたように思う。
いつも皆なの真ん中に居て、最後には話のオチになってくれる・・・(爆)

そんな大好きな彼女がもうじき大阪を離れる・・・。

これは皆で元気に送り出さなければいけない。。。

ってことで、昨夜は彼女の「いってらっしゃい会」が大阪某所の居酒屋(?)で繰り広げられた[ビール]

CAKW8EOE.jpg

馬場ヘッズなら“おやっ[目][exclamation&question]”って思ってしまうこの店名。
残念ながら馬場ヘッズとはなんの関連もない。

どの料理も上品なお味で、めちゃめちゃおいしかった~[わーい(嬉しい顔)][手(チョキ)]
過去のバカ話から、それぞれの音楽事情など、いろんな話で盛り上がり、あっという間に時間は過ぎていった[次項有]
不思議と涙なんて出ない。
だって、なんだかんだ言っても、ちょいちょい大阪に帰ってくると思ってるからさ~(笑)
お顔は見れなくても、繋がっていられるツールはなんぼでもあるしね[わーい(嬉しい顔)][手(チョキ)]
だから、安心して


いってらっしゃ~い[手(パー)]


どのくらいの期間になるのかわからないけど、とても明るい明日が広がってる・・・。
そう願いつつ、春の風のように爽やかに彼女を見送りたい。。。


CAZSXBF6.jpg


そして、大阪に帰ってきた時は、また変わらず一緒に全力でバカやるぞ[exclamation×2][手(グー)]
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。