So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

KOBUKURO LIVE TOUR 2017 "心” @パシフィコ横浜 [コブクロ/LIVE記録(ワンマン)]

今日の大阪は朝から結構な雨です。

そんな中、明日はいよいよコブクロのお城公演ですよ!!
福岡ではとても良いステージを見せてくれたし、お城では毎回最高のステージを見せてくれる二人なので、否が応でも期待してしまいますよ!!
まあ、アタシの席からステージまでは果てしなく遠いけど、、、汗

さあ、そんな今回のライブツアーのアタシ的初日はパシフィコ横浜だったのです!!

2017年7月28日(金)

パシフィコ横浜.JPG


アタシにとっては初めての会場だったのだけど、ロケーションの素晴らしさに心が躍りました♪
会場に着くと、とりあえずお約束のツアトラを撮影しに。。。

パシフィコ1.JPG


その後、会いたいと思っていたお友達にも無事逢えて、束の間の談笑。

自分の席に着くと、何となく暗雲垂れ込める感じで、、、(;^ω^)
2Fの真ん中くらいの席だったんだけど、ここの2Fって結構前に張り出していて、ステージの前方にかぶってんのよね。
まあ、LIVE用に造られた建物じゃないから仕方がないんだろうけど、なんだかなぁって感じで。
不安な気持ちを抱えながら、LEDライトの使用方法を確認しつつ開演を待ったよ。(;^_^A


さて、ここからは少し隠しますかね。

続きを読む。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

東京60WATTSワンマンライブ~ドンコルをぶっつぶせ!~ @南堀江knave [LIVE記録(インスト、フリー、ブッキング等)]

かなりタイトな9月が終わり、ちょっとタイトな10月に突入です。
今年のコブクロの席運は散々なもので、、、
地元のお城もスタンドの奥に押しやられてしまいましたよ、、、
まあ、こんなもんなんかなぁ、、、といじけつつ。
10月はざわざわしそうな予感♪

そんな中、まだ7月のことを書こうとしています♪(;^ω^)テヘ


2017年7月16日(日)
20170716knave.JPG


前日の見放題をブッチ出来た理由の一つに、ワッツのワンマンが決まっていたからというのは、ある。
ところが、フタを開けてみたらどうよ!?
ぶっちゃけ、ツーマンやん!!みたいな!?(-"-;A ...

最初はね、ワッツのワンマンだったの。
気付いたらドンコルをぶっつぶせとか、サブタイトルがついていて唖然、、、
やりよった、、、(-"-;A ...

20170716knave2.jpg


とりあえず、ビールを飲んでもやっとしたものを抑え込む。

まずはドンコルのステージから。
これ、オープニングアクトとかじゃないからね。
あまりちゃんとわかってないんだけど、このドンコルは解散したのよね?
で、再結成なのか、この日限りのなのかはわからないけど、とにかくドンコルとしてステージにたっていた。
かつみ君がさ、ちょっと見ない間に随分と大きくなられていてビックリ!!( ゚Д゚)
顔はそうでもないのだけど、お腹から下がものすごっく立派で、何があったんだろう?と思ったわ。
1曲、たけし君も参加した曲があったね。

ようやくワッツのステージ♪
今回もサポートに山さん★

■セットリスト
1.ニューオーリンズ
2.東京60WATTSのイントロダクション
3.クローバー
4.さよなら東京
5.サマータイムブルース
6.俺は黒人だ
7.昇天
8.東京60WATTSのテーマ
9.雨上がりの空に

EN.すべてのバカモノへ

ほらね。アンコール入れて10曲。
本来ワンマンなら20曲、少なくても16曲は聴かせてくれるやん?
ホンマこれ、ワンマンじゃなくてツーマンやからね!!
ブッキングで1組増えるのとはわけが違うからね!!
最初からそう言ってくれてたらいいけど、なんかもやもやする~~!!

という気持ちもあるけれど、セットリストとしては往年の名曲がズラリと並ぶうれしいものでした。
そして、アタシの席からはたけし君、森さん、琢雄君がバッチリ見える♪
琢雄君のピアノソロでは手元をガン見していたのだけど、時折琢雄君が笑いながら弾いてる。
その感じがなんかおかしくてニヤニヤ(笑)
『サマータイムブルース』あたりからは立ち上がりたくてお尻がムズムズしてたよ(;^ω^)
なんでみんな立たないのーー!?
一人で立ち上がる勇気もなく、いつでも立ち上がれるよう浅く座って準備だけしてた(笑)
大好きな『雨上がりの空に』がうれしくて。
叙情的な切ない世界観をカラッと唄う感じが心地よくて、やっぱりこの人たちの音楽が好きだなって実感してた。
たけし君の描く世界観が好きだ。
表情豊かに届けてくれるたけし君の唄が好きだ。

だけど、今回のLIVEをワンマンとして売り出したことには文句を言いたいぞ!!(笑)

まあ、楽しいLIVEだったからいっか。。。サンキュー♪



今度はちゃんとしたワンマンを観せてよーーー!!
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

アダチケンゴ×岡野宏典×磯貝マナト @Ageha Base [LIVE記録(インスト、フリー、ブッキング等)]

9月に入り、と言うか、もう9月も終わりだけど。

札幌 → 静岡 → 福岡

と、なかなかの感じで飛び回っているのだけど、すこぶる元気!!
でもね、仕事のスケジュール管理やタスク管理に追われ、やらないといけないことが山盛りで、今までチェックできていたプライベートの諸々がおろそかになってきていて、ちょっとヤバイ。
いつかとっても大きなチャンスを見落としそう、、、汗

そして、この場所も随分とおろそかになってしまって、、、
どこまで書いたっけ?と振り返ると、まだ7月やんか!!(滝汗)

あわてて手帳を見返して、書いているのである。


2017年7月15日(土)

実はね、この日、最初は見放題を観に行く予定にしていたの。
東京60WATTSと広沢君の出演があったからね。
だけど、ワッツと広沢君の出演時間が丸被りという、最悪のパターン!!
その後決まった岡野君のLIVE♪
アタチケンゴ君と共演ってこともあって、久しぶりにアダっちゃんの唄を聴いてもいいかなってのもあってね。
あまりこういうことはしたくないのだけど、後から決まったこっちのLIVEに来ちゃったというわけ、、、許せ、、、

さて、初めてのAgeha Base♪
ageha base.JPG


3、40人で満席になりそうなコンパクトな会場で。

今回の出演は、岡野君、アダっちゃんの他には磯貝マナト君。
マナト君はきっと2回目になると思う。

この日はこの3組の地元にちなんだフードが用意されていた。
岡野君は遠州焼き、アダっちゃんは豚トロ串、磯貝君はしらす丼だったかな??
アタシはやっぱり遠州焼きをいただいたよ♪
遠州焼きは、大阪でいう所のイカ焼きの生地に、たくあんときゃべつが入ってソースで食べるという、いわゆるB級グルメ。
もちろん大阪のイカ焼きに比べると敵ではないのだけど、まあそこそこ美味しかったよ(笑)

お腹も満たされたところで開演!!

まずはマナト君のステージから。
うん!もう記憶にない!

そして、てっきり岡野君が登場かと思ったら、意外にもアダっちゃんのステージが。
記憶に残るところで言えば、『ストレンジャー』と『花のように』と、あとはちょっと思い出せないなぁ、、、汗
『ストレンジャー』は相変わらずノリノリだったね☆彡
で、『花のように』を持ってきたところにニヤリとしてしまった。
「ほほう、岡野君と共演でこの曲を唄うか、、、」って(笑)
というのも、この『花のように』のサビの部分のメロディや世界観が、岡野君の『光』って名曲にとっても似てるんです!!
あの、別に似てるからどうのってことではないのよ。
偶然にも似た曲を、本人はきっと知らないまま唄ったことが、どっていも知ってるアタシからすると面白くて。
もちろん、当人たちにそんな話はしないけど、友達はやっぱり「『光』に似てる・・・」ってびっくりしてた。
さすがはアダっちゃん!しっかりステージを盛り上げていたよ!!

そして、トリに登場が岡野君。
折角盛り上がった会場をクールダウンするのではと、申し訳なさそうだったけど、アナタにはアナタの色があるのだから、いちいちそんなことを言わなくていいから!!

■セットリスト
1.船出
2.迷いの森
3.Note
4.田園
5.南風
6.コトノハ

EN.蒼

いやぁ、アダっちゃんが『花のように』を唄ってくれたので、岡野君には是非とも『光』を唄って欲しかったところだけど、そうは問屋が卸しませんなぁ、、、汗
まあ、ここ数年聴かせてもらってないしね。
うむ、、、まあ、割とバラエティに富んだセットリストではあるけれども、、、
こういう対バンでは、せめて1曲2曲は『レモネード』や『フォトグラフ』などの代表曲を入れたいところ。
新しい曲も入れつつ、昔からの曲や、音源になってない曲なんかも入れてくれると、テンション上がるんだけどなぁ、、、
今後はそういうことにも挑戦して欲しいと、心から願います!!

今回、気を使っていただいて、アンコールも岡野君に任せていただきました!!
どうもありがとう!!

終演後はサクッと会場を後にしようと扉を開けたらそこにアダっちゃんが居てビックリ!( ゚Д゚)
「おお、みっちゃん」って。
もう2年ぶりくらいに顔を合わせたのだけど、ちゃんと名前を憶えてくれていたね。
どうもありがとうね!!
またどこかで(笑)

3者3様のステージ、しっかり満喫しました!
どうもありがとうね(^_-)-☆




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

岡野宏典Cafe Live vol.16 @SOLE CAFE [岡野宏典/LIVE記録(ワンマン)]

9月になっていましたね!驚きです!!
仕事で色々と考えないといけないことがいっぱいな中、コブクロで北海道に飛んだり、この先も西へ東へと飛び回る予定があるので、体力的にも精神的にもなかなかタイトになってきております。
だけど、モチベーションは高いので、頑張りますよ!!
頑張りたい理由があるからね、しっかりやり切りますよ!!

さて、7月の話。

7月9日(日)

20170709sole.JPG


かなり久しぶり館のあるSOLE CAFEで、岡野宏典君のカフェライブ♪
それでも、マスターも奥様もちゃんと私のことを憶えてくださっていて、なんだかホッコリする。
勝手知ったるお店で、いつものミュージシャンのLIVEを観る。
これも、当たり前のように見えて、当たり前ではないんだよなぁ・・・なんて。

さてさて、今回もサポートギターに平田崇君が参加してくれていたよ。
同い年だからって岡野君、完全に頼り切ってるよね~(笑)

今回も昼の部、夜の部、両方ともに参加してきたよ♪

◆セットリスト
≪昼の部≫
1.南風
2.スロウ
3.船出
4.風待ち
5.イキル
6.NOTE
7.ひとりごと
8.コトノハ
9.アネモネ(カバー/MOON CHILD)
10.sora
11.蒼
12.田園
EN.トワイライト

≪夜の部≫
1.ハジマリノウタ
2.NOTE
3.イキル
4.南風
5.sora
6.コトノハ
7.Love song
8.青春の影(カバー/チューリップ)
9.船出
10.風待ち
11.ひとりごと
12.田園
EN1.蒼
EN2.旅路

まあ、もうお察しかとは思いますが、ほぼほぼ憶えていません!!
お昼の部は後方から観ていたので、間からチラチラ見える岡野君を眺めながら、唄声に聴き耳を立てていましたよ。
でも、夜の部はたまには良いかと、良席で観させていただきました。
昼と夜ではカバー曲と1、2曲違うくらい。
お昼の部で唄ってくれたカバー曲。
曲を聴きながら「あれ?なんか知ってる。なんだっけ、この曲・・・」ってずっと考えていたんだけどね。
実は岡野君と平田君が偶然にも車で聴くくらいお気に入りの曲ってことで、カバーすることになったって。
で、MOON CHILDの『アネモネ』と聞いて、「そうか!」ってニヤリとしていたの。
岡野君ってそうなんだよね。こういうバンドも好きなんだよね。
最近は岡野君もCASHに出演するようになったし、ひょっとして共演もあるんじゃない?って思ってたら速攻決まるし!!
しかもツーマン!!
あのハイテンションに岡野君がどこまでついて行けるのか?
また、憧れの人を前にどんだけガチガチになるか、今から楽しみだわ♪
今回、久しぶりに『風待ち』が聞けたのはうれしかったよ。
やっぱりどうしてもデビュー当時のころの曲が好きなんだ。
あの頃のフレッシュな感じに、なんだかこっちまでワクワクするような感覚をもらってたんだ。
最近はわりと落ち着いた曲を唄いたいマインドみたいなんだよね。。。
新しい曲はもちろんだけど、懐かしい曲もどんどん唄ってもらって、その日のセトリに何がくるか読めないようなワクワクするライブを展開していって欲しいなって思うな♪

Wアンコールで唄ってくれた『旅路』も、懐かしくてちょっぴり沁みたよ。
もうすぐ10周年のワンマン♪
どんな曲を聴かせてくれるのか楽しみにしてるからね!!

ほっこりな時間をどうもありがとう♪




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

やわらかい休日 @Cafeなかちよ [LIVE記録(インスト、フリー、ブッキング等)]

最近、思考回路が完全に仕事モードに入っていて、やや可愛げを失っているような気がする。
これではイカンと思ってはいるのだけど、そういう気質なのかなぁ??
ま、今夜は久しぶりに野郎たちとの飲みの予定が入っているので、色々愚痴でも聞いてもらうかな?(笑)

そう言えば。
お盆の間にやっつけると息巻いていたものが、2個しかやっつけられなくて、、、
いろいろ楽しみになことも増えそうなので、ちょっと焦ってる。
まあ、でも、とりあえずひとつずつひとつずつ、ね。


2017年6月25日(日)

何年ぶりになるのかな?
久しぶりに2度目のなかちよに行って来た。
とってもかわいらしいカフェで、アットホームなライブが味わえるのです。
今回はここで岡野宏典君とRails-tereo君とのツーマンライブ♪
確かに過去に何度か共演はあったけれど、ツーマンとなるとちょっぴり意外に思えるね。
レイル君も何気に久しぶりだ!!一昨年あたりは何かとお目にかかっていたような気がするのだけど。

なかちよと言えば、もれなく付いてくるスイーツが美味しくて(´艸`*)
20170625なかちよ.JPG

お腹が減っていたので、開演前にペロリと食べちゃった♪
今回の焼き菓子もとっても美味しかったよ☆彡

さてさて、今回のツーマンライブ♪
意外な展開になったよね??

まずはご挨拶代わりに、スピッツの『渚』を二人でセッション♪
で、このLIVEの為に二人がCDを作ってきてくれてね。
レイル君のメロディーに岡野君が歌詞をつけた『ランデブー』。
岡野君のメロディーにレイル君が歌詞をつけた『雨の日の僕たち』。

まずは岡野君のステージで、その『ランデブー』を二人で聴かせてくれたよ。
レイル君らしいポップなメロディに、岡野君らしい言葉が並んだラブソング。
岡野君の書くラブソングは、なんか妙にキラキラしてるんだよね。
逆に、苦しい恋のことは歌にならないような印象があるね。

◆セットリスト
1.ランデブー
2.田園
3.コトノハ
4.レモネード
5.雨宿り
6.船出

『レモネード』を唄ってくれる前にね、”大阪は複雑”だって、心の中を見せてくれたよ。
大阪はデビュー当時からたくさんラジオで流してもらって、その後唄えなくなって、唄いたくない時期もあって。
そんな中でも歌ってきた曲だから、大阪で唄うことは特別な想いがあるって。
岡野君にとっては久しぶりの大阪でのLIVEってこともあり、大阪に対する想いみたいなのを話してくれたのかな?って、ちょっぴりうれしかったり。
岡野君の中では、大阪はまだ特別な存在なのかなって思うと、感慨深いよね。
この日は開演前にすごい雨が降ってね。
そんなムードもあったので、『雨宿り』がはまったね♪
なんだか、とてもほっこりするステージでした。

そして、レイル君にバトンタッチ!
今回のレイル君、今まで観てきた中で一番楽しかった♪
というのも、よくやってたステージ上でループとったりなデモがなくて、ちゃんと唄とトークで楽しませてくれたからなのかな?
今まであんまり感じてなかったけど、トークが結構楽しいんだよね。

で、アンコールの時よ。
レイル君の『走り出せ』を岡野君と一緒に唄ってくれたんだけど、あのフーフーってやるところを岡野君に無茶ぶりして。
岡野君を煽るちょっと意地悪なしかもちょっとしつこいレイル君に、今まであまり見たことがない岡野君のリアクションが見れて、とっても新鮮だったしおかしかった~♪
岡野君、「大阪ってこんな感じなんですね!?」って、真っ赤っ赤になってたね(笑)
最後は二人共作の『雨の日の僕たち』を聴かせてくれた。
雨の日、岡野君だったら彼女とこんな風に過ごすんだろうなってことを妄想して詞を書いたって。
その情景が、本当に想像できるような内容で、心がとってもほっこりしたよ。

岡野君がステージ上であんだけ笑ってるのを初めて見た。
岡野君のライブであそこまで笑ったのも初めてだったかもしれない。
岡野君のあんな一面を引き出してくれたレイル君には、ほんと、ありがとうだね☆彡

帰りにはこの日の為に作ってきてくれたCDをお買い上げして、二人にサインを入れてもらったよ♪

このツーマンライブ、なんだか続きそうな予感♪
つか、「またやりましょう!」って言ってたもんね??

次も楽しみにしています!!

いやぁ、ほんとに楽しかった!!
楽しい時間をどうもありがとう☆彡
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

BABA TOSHIHIDE BAND LIVE TOUR 2017 「GOOD LUCK」 @NHK大阪ホール [馬場俊英/LIVE記録(ワンマン)]

まだまだ体調は戻らないこの日。
だけど、この馬場さんのツアーはこの公演しか参加できなかったから、思い切っていったよ!!

2017年6月18日(日)

この日のアタシのお席は、1Fの一番奥の一番端っこ。
ある意味、そうなかなか当たらないレアな席!!(笑)
そんな隅っこから、静かにライブを見つめたよ。

◆セットリスト
1.おはようございますの歌
2.旅エンピツ
3.真面目に適当にいい加減に、でも真剣に
4.さがしもの
5.八月のレイン
6.明日に咲く花
7.青空
8.グッドラック
9.No.1
10.アスファルトに咲く花
11.スタートライン~新しい風
12.今の君がいちばんいいよ
13.オセロゲーム
14.向かい風は未来からの風
15.ボーイズ・オン・ザ・ラン
16.スーパーオーディナリー
17.ラーメンの歌
18.最後まで

EN1.一番星
EN2.オオカミの歌
EN3.大阪レイニーナイト


時期的には馬場さんにとっては良い夏。
良い感じに声が出てた。
今回のツアーはEP5「GOOD LUCK」を引っ提げた、新曲多めのセットリスト♪
スプリングキャンプでプロトタイプとして聞かせてくれた曲が、ちゃんとアレンジされてバンドで聴ける!!
『真面目に適当にいい加減に、でも真剣に』は、とても良い感じに出来上がってた。
なんかね、歌詞にぐっときた!!
『八月のレイン』には意表を突かれたな~♪
ちょっとメローな大人の雰囲気がいいんだよね。
最近は『スタートライン』も聴きたい気分だったし。
ま、でも、アタシが本当に聴きたいのは「新しい風」ではなく、オリジナルの方なんだけどね。
『向かい風は未来からの風』は、もう盛り上がりのゾーンのテッパン曲になったね。
だけど、こうやって見て見ると、馬場さんってタイトルのつけ方がいいなって思う。
タイトルだけでぐっとくるものもあるもんね。
オーラスに聴かせてくれた『大阪レイニーナイト』♪
「ふてくされてた30代に大阪のラジオ局だけが曲をかけてくれて、見つけてくれた」
そんな話をしてくれたことで、あらためて馬場さんの大阪愛が感じられてうれしかったんだ。
大阪でしか聴くことが出来ない『大阪レイニーナイト』♪
大好きな1曲!!

一番奥の端っこで、じっくり馬場さんの言葉を受け取り、馬場さんの音楽を感じることが出来たよ。
いつも色んな気づきをくれてありがとうございます!!

20170618nhkosaka.JPG


会場を出ると、外は暗くなっていて。
1年前の今頃はどんなことを考えていたかなぁ?なんて、NHKホールの景色を見ながら振り返っていたよ。



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

such a lovely place vol.14 @CASH BOX [LIVE記録(インスト、フリー、ブッキング等)]

お盆ですな。
先週、ふらりと佐賀などに行って来て、久しぶりに千綿偉功の元気そうな笑顔と、大好きな唄を浴びてきたよ~♪
そのあたりのことは、またおいおい書くとして(^▽^;)

現在、絶賛お盆休み中につき、たまりにたまったLIVEのこと、かなりはしょりながら一気にやっつけようと思う。
どのくらいいけるかなぁ~??(^_^;)


2017年6月17日(土)

そうだ、この時期だ。
身体に異変が起こって、絶不調だったのは、、、
このLIVE、キャンセルしようか迷ったんだ。
お医者さんからもやめた方がいいと言われてて、「行くなら覚悟してい行ってください」とか言われちゃってさ(滝汗)
正直、神戸まで行くにはだいぶ不安があったもんなぁ、、、
で、うだうだしてる間に時間は迫り、結局思い切って行ったの。
そしたら、やっぱりオープニングには間に合わなくて、トップバッターの田中雄也君のステージが始まってた。

この日の出演は、岡野宏典君、オカダユータ君、田中雄也君、宮本毅尚君。

田中君、宮本君は初めまして。

田中君は名前くらいは聞いたことあったかな?
まだまだ若い、爽やかで可愛らしい男の子。
お客さんを巻き込むのも上手く、とってもポップなステージを展開していたよ。

2番手は宮本君。
彼は完全に初めまして。
ヴォーカリストって感じかな?
自らは演奏せず、サポートピアノが入ってたよ。
永井真理子さんの『Keep On "Keeping On"』をカバーで聴かせてくれたのが印象的。
アタシが高校生の時によく聴いてた曲なんだよね。
好きだったな。永井真理子さんの唄声。

3番手に登場がオカダユータ君。
最近聴いて「いいな」と思っていた『100万マイルの旅人』を聴かせてくれたよ。
だけど、大好きな『希望風』は今回も聴かせてもらえず、、、ヽ(`Д´)ノプンプン
だけど、相変わらず気持ち良さそうに唄ってたなぁ~♪

そして、トリを務めたのが岡野宏典!!
もうこのCASH BOXも常連になりつつあるよね♪

◆セットリスト
1.田園
2.コトノハ
3.NOTE
4.南風
5.Love song
6.蒼

ん~、もひとつパンチのないセットリスト。
1曲、2曲、サプライズ的な曲を挟んでくれてもいいんだけどなぁ~とか覆いつつ。
しっとりとしたステージだったね(笑)


LIVE後は岡野君とユータ君に声をかけに。
ユータ君に『希望風』を唄ってくれないことの文句を言えば、あの曲は長い曲なので、対バンではなかなか・・・とのこと。
まあ、そうか。だけど、アタシの中ではあれを越える曲はまだないなぁ・・・。
『100万マイルの旅人』はとても大切にしている曲なので、音源化もこだわってやりたいみたね。
今度はいつ聴けるチャンスがあるかわからないけど、またどこかで。。。


身体に不安を抱えながらの参加だったけど、いいLIVEだったから行ってよかったよ♪

ありがとうね~!!


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ORB Premium Afternoon Set -LEONANI SAKURA × HIROSAWA TADASHI- @Billboard LIVE OSADA [LIVE記録(インスト、フリー、ブッキング等)]

今月に入って、コブクロのツアーが始まった。
アタシの初日も、もう目の前。横浜から。
今年は一人でその時を迎える。

その前に、振り返っておかないといけないLiveがたくさんあるわけで・・・。

今夜も遠い記憶を手繰り寄せる。

2017年6月」11日(日)

”格”を感じるっていうことは、理屈ではなくて。
そのものの佇まいとか、空気感から感じるもの。

このBillboard LIVE OSAKAにも間違いなくそれはあって。
そこに足を踏み入れた瞬間、なんとなく背筋が伸びるような感覚があった。

今回は広沢タダシ君とSAKURAさんのツーマンライブ!!
ステージを構成する機材は、ORBのもの。
最高の環境で、実力あるミュージシャンの唄を聴く。
そう思うだけで、始まる前からワクワクしてくるのです。

20170611billboard.JPG


こんな素敵なステージ!!(主催者側から撮影許可が出ていました)
さすが、有名アーティストもライブをしたくなるわけです。
ライブハウスでは最高峰なんだろうなぁ。。。

まずは広沢君のステージから♪

◆セットリスト
1.夜明け
2.ふわふわ
3.Nothing
4.Blue car
5.Siren
6.Tweet in the fog
7.ありふれた日々
8.旅に出ようぜ

まずはゆったりとした『夜明け』を朗々と、広沢君の声の響きをたっぶりと味わう。
別れのラブソング『ふわふわ』に胸をキュンとさせられてから、空気を切り裂くような『Nothing』。
広沢君の表情を色んな角度から眺めているような並び。
新曲『Blue car』『Siren』『Tweet in the fog』はあんまり印象に残っていなくて、、、
『ありふれた日々』を聞きながら、こういう曲がいいよなぁって思いながら、このハコにピタッとフィットしてくる『旅に出ようぜ』。
ここ最近のいろんなタイプの曲をコンパクトにまとめたセットリストだった。
Billboard1に響く広沢君の声は圧巻だった。

そして、実は以前はレーベルメイトだったSAKURAさん。
とってもパワフルな唄を聴かせてくた。
結婚、出産、離婚を「女性としてのいろんなステージ」と表現していらしたのが、なんだか妙に印象に残った。
今はLDH専属で作家をされているらしく、EXILEとかに曲を書いているらしい。
で、SAKURAさんと言えば、大阪弁のラブソング『LOVE 4 REAL』!!
これを聴かせてもらった時、とっても懐かしさを感じたのと、「ああ、この曲の人!!」って感慨もあった。
この曲を作った当時は、会社から「何を考えてるねん!!」ってPVも作ってもらえたなったらしいよ。
今では大阪弁のラブソングと言ってもそんなに珍しいものじゃなくなってるけど、それはSAKURAさんのこの曲があったからなのかもしれないね。
大阪弁ライブソングのパイオニアだね。
初めてのSAKURAさんだったけど、とっても楽しめた。

二人とも完全にお客さんを惹きつけてたよ。
やっぱり、ハコは演者を選ぶのかもしれないね。
最高のステージでした!!

ありがとう!!


そして、心の奥の方から、アタシには他にこのステージで観たい人がいるんだって声が聞えてきたよ!!
ゆっくり、ゆっくりね。。。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

神戸スタークラブ20周年&南堀江knave・15周年 合同お祝いの陣・スリーマンツーデイズ☆ @南堀江knave [LIVE記録(インスト、フリー、ブッキング等)]

会社の10コ以上も年下の男の子に言われました。

「〇〇さんって、キッチリしてて隙がない!」

コケるわ、、、

褒めてるつもりかもしらんけど、それ女が言われたらアカンやつ、、、(;´Д`)

モテへん理由がどんどん判明してきた(苦笑)
まあええ、まあええ。
デキる女はお仕事がんばろっ!!( ノД`)くぅぅぅ

さて、気を取り直して。


今年はなんだか臼井嗣人君のLIVEを観るチャンスがわりとある。
去年は一度もなかったから、余計にそう感じるのかな??

ど平日だったけど、行ってきましたよ♪


2017年6月7日(水)

20170607knace.JPG


今回は臼井君の他に、キクチユウスケ君、サナダヒデト君のスリーマンライブ♪
んっとぉ、どうだったかなぁ・・・。
だいぶ記憶が遠いのだけど・・・
オープニングにセッションとか、したのかな??
いや、してないな(笑)

確か、トップバッターはキクチユウスケ君だった気がする。
名前だけはあちこちでよくお見かけしていたのだけど、LIVEを観るのは初めて。
なんだろ?ちょっとタルい空気感があって、やる気がないように見せかけて・・・という感じ。
そういう意味では、たけし君っぽいのかな??
初めて聴いた唄は、なんかわからないんだけどけっこう心地よい感じ。
良い感じに肩の力が抜けていて、味があるんだよね。
しゃべってたと思ったら急に唄い出す、そんな切り替えが出来る人。
うん、タルいんだけど、上手いんだな。
陽水さんの『傘がない』をポップな感じに聴かせてくれたよ。
今までいろんな人のカバーを聞いてきたけど、あのテンポ感での『傘がない』は新鮮だったなぁ。
終始タルい感じで、あれで唄が下手だったら頭きてただろうけど(笑)、決めるとこはちゃんと決めてくれたので、嫌いじゃないって思った。
うん。独特の空気感だったな。

そして、2番手で登場が臼井嗣人君。

◆セットリスト
1.春紫苑
2.満月
3.花吹雪
4.アイノカタチ
5.Mother
6.
7.World is mine
8.Prism

この日の臼井君は絶好調で、艶っ艶の声だったよ。
臼井君の曲は叙情的な表現が多いので、映像が浮かぶんだよね。
優しい曲も、激しい曲も。
1曲、とてもいい感じの曲がタイトル思い出せなくて。
アルバム、ちゃんと聞こうと思ったよ。ゴメン。
だけど、とても良いセットリストだった。

トリはサナダヒデト君!!
サナダ君もかなり久しぶり。
今回で、アタシが持ってるサナダ君の印象ががらリと変わった。
ソウルフルな愛ある唄は変わらないけど、こんなにしゃべる人だったっけ??
アタシ、サナダ君は千綿さんの現場でしか見たことがなくて、いつもとってもクールな感じに見えていたのよね。
今回、大阪だし、みんな同世代ってことで、だいぶリラックスしてたのかな??
これが本来のサナダ君なんだろうなって。
めちゃくちゃしゃべるし、その話がまた面白いの!!
人をイジるしね!!おかしかった~♪

最後は3人でセッションがあったんだけど、もはや何を聴かせてくれたのかは覚えてない。
だけど、本当に楽しかったの!!

楽しい夜をどうもありがとう☆彡


ど平日ということもあり、サクッと会場を後にしようと思ったんだけど、ちょうどそこに臼井君が物販にやってきたから、一声だけかけて帰ったよ。
なんだろうなぁ・・・。
あっちこっちで書いてるけど、やっぱり顔を見るなり名前を呼んでくれるっていうのは、うれしいものだね。
向けてくれる笑顔にほっとする。

なので、ウキウキしながらの帰り道だったよ。
いつも笑顔で迎えてくれてありがとうね☆彡
また近いうちに。

20170607knave2.JPG

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

広沢タダシ 帰国Live @guittone [広沢タダシ/LIVE記録(ワンマン)]

いやぁ、、、暑いね。
こう見えて、暑いのには弱いのよ~(^_^;)
少しでも涼しくなろうと、昨日ストレートパーマを当ててきたのん♪
サラサラ流れる髪に、ちょっぴり気分があがったり♪

仕事でSNSを発信したりブログを書いていると、プライベートの方はおろそかになるね。
まあ、ブログは自分の考えや想いをしっかり書けるから今も好きだけど、あれだけ楽しんでたツイッターも今となってはなんだかなぁ・・・って感じで。
なので、ここだけはゆっくりでもちゃんと更新していきたいと思ってる。

そういうわけで、もう記憶も遠いのだけど・・・
必死に振り返りますよ(笑)


2017年5月21日(日)

レコーディングの為にロンドンに行っていた広沢君が帰国して1発目のLiveを観てきたよ!!
会場は2回目のguittone!!

サポートギターにロンドンで出逢った松浦優也君を引き連れてのアコースティックワンマン!!
出来たてほやほやの曲たちの中に、ライブで聴かせてもらってた最近の曲が数曲ちりばめられたラインナップで。
何曲か「おっ!?」って思う曲もあったんだけど、なんかねぇ、、、
最近どんどんマニアックになっていってない??(笑)

角が取れて、大人の落ち着いた音楽をするようになった・・・ということなのかな??
唄声は最高だけど、出来上がってくる曲が、少しずつアタシの好きなラインから外れていってるな~って、ここ最近はそんな風に感じてる。

アタシはやっぱりもうちょっととんがってた頃の広沢君の曲が好きだったなぁ。。。

音楽に対しては、心を誤魔化せないんだなぁ…
少しずつ離れてきてる感じがする。

ほんのりと淋しさを感じながらのひとり酒。。。
三間堂.JPG

春の篭盛り。
メニューではメインは焼き筍やったのに~~!!
「時期によりメインは変わります」って、後から気付いたよ、、、
よりによって、苦手なそら豆とは、、、とほほ(>_<)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
前の10件 | -